ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「育休・産休」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

育休中の榎並大二郎アナ、息子の“寝かしつけ”に挑戦 手こずる新米パパの様子に共感の声「1番難関な作業」
パパとして奮闘中。(2021/9/22)

11カ月違いの2児を育児中の光上せあら、仕事との両立に不安 幼稚園に行くまでは「働くのはやめようかなぁ」
一方で、出産休暇と育児休暇を繰り返し、社会へ出ないことへの不安も。(2021/9/19)

「元気な赤ちゃん産んできます!!」 第2子妊娠の矢口真里、幸せ笑顔ショットで“産休入り”を報告
ファンイベントを最後に産休入り。(2021/9/19)

改正のポイント:
よく分かる「改正育児・介護休業法」 男性育休は何週間? 休業中に仕事をしたら?
通常国会で、育児・介護休業法改正案が成立しました。今回の改正の柱の一つが、男性の育児休業取得促進です。改正のポイントは何でしょうか?(2021/9/17)

想像を超える“母の器のでかさ” ティッシュへのいたずらも「賢い」「かわいい」 孫への愛を描く漫画に共感の声が集まる
多くの人が戸惑う子どもの自我の芽生え。下の子の誕生で受け止められるようになるケースも。(2021/9/14)

2歳息子「早く大人になりたい、まーるいのになりたいの」 おじに憧れる息子の“謎の目標”を知ったパパの漫画に心がギュッとなる
ゆっくりでいいんだよぉぉ……!(2021/9/9)

キャリアニュース:
育児休暇の実態調査、男性は「取得した」が1割、「取得したい」が6割
ランクアップが「子育て世帯の育児休暇の実態」に関する調査結果を発表した。男性回答者のうち、育児休暇を「取得したことがある」のは1割で、約6割が「取得したいと思ったことがある」と回答した。(2021/9/9)

【お仕事楽しい】普段飲んでる薬を聞かれた患者「白い錠剤です」 →医師「1万種類くらいまで絞れました」
ヒントの幅が広すぎる。(2021/9/3)

【お仕事楽しい】転職の時に念頭に置いたほうがいい“6つの条件”が参考になる 「未経験者歓迎は危険」「アットホームな環境は地雷」
どれも大事!(2021/9/3)

【お仕事楽しい】豪州で「日本にはデッドラインとは違うシメキリという死んでも守る約束がある」と教えた結果、「これはどっち?」と聞かれるようになった
納期、大切ですもんね……。(2021/9/2)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
10%に満たない女性管理職 なぜ「上」に行けないのか
女性軽視発言やセクハラについては、多くの人たちが問題にするようになった。しかし「女性リーダーの数を増やす」ことには否定的な意見も多く、結果として女性管理職は8.9%、女性の衆議院議員は9.9%と非常に低い。なぜ女性は「上」に行けないのか。(2021/8/27)

CEDEC 2021:
ゲーム業界の“男性育休”、上司は98%が肯定 マネジャー層に課題も セガやスクエニなど4社が調査
ゲーム業界は男性の育児休暇に理解があるが課題もある──セガやスクウェア・エニックスなど4社がこんな調査結果を明らかにした。育休を取得した人に「育休を申請したときの上司の反応」を聞いたところ、98%以上が肯定的な返答をした一方、マネジャー層の育休取得率が低い現状も明らかになったという。(2021/8/25)

「夫が育休を取って気付いたこと」を描いた漫画に反響 「凄いです」「ほんこれ」
育児にママしかできないことはない。(2021/8/24)

ジョブ型導入も:
「EV100%」への変革見据え、組織をどう変える? ボルボ・カー・ジャパン人事の狙い
ボルボ・カーズは、30年までに完全な電気自動車(EV)メーカーとなることを宣言した。日本市場でも同様に、EVへの転換とオンライン販売の強化に注力する。100年に一度の大変革期の中で、経営の転換に耐えうる組織にするために必要なこととは──?(2021/8/25)

取得日数2日→1カ月以上に:
「営業は休めない」をどう解消? 積水ハウス、男性育休「100%・1カ月以上」実現のワケ
積水ハウスの男性育休取得率は100%、取得期間も1カ月以上と長い。しかし、始めからスムーズに制度が受け入れられたわけではない。従来は男性の育児休業の平均取得日数は2日程度で、「営業職は休めないだろう」という声も多かった。積水ハウスではどのように風土を変え、男性育休を定着させたのか。話を聞いた。(2021/8/17)

社労士が解説:
退職勧奨で決めるべきこと 誰を対象にするのか、対象にしてはいけないのか
退職勧奨とは、会社が雇用する従業員に退職するよう促すことをいいます。退職勧奨を行う上で、あらかじめ決めておくべきことを解説します。(2021/8/16)

【お仕事楽しい】会社に行くときは「そこそこ頑張る」「平穏無事に1日を過ごす」モードの下に第3の「給料泥棒」モードがある
どうしてもやる気が出ない日、ある……!(2021/8/14)

【お仕事楽しい】上司の強さバトルで敗れ「カードバトルに負けた小学生」の気持ちを知る
上司ガチャ、超重要。(2021/8/12)

調査データから理由を探る:
権利であるはずの「無期雇用への転換」を、多くの有期雇用労働者が希望しないワケ
働き手の権利の一つ、「無期転換ルール」。一見すると有期雇用より無期雇用の方が恵まれているようにも思えるが、このルールを希望する人は意外に少ない。なぜなのか?(2021/8/12)

【お仕事楽しい】コンビニバイトで一番テンションがあがる業務、それは「通報」
確かにテンション上がっちゃうかも。(2021/8/11)

政府目標も後ろ倒しに:
なぜ? なかなか増えない女性管理職 ファクトで読み解く「歪さ」と「根深さ」
朝日新聞記事で、「女性活躍」を報じるメディア側でも、女性管理職比率が低いことが明らかとなった。2020年までに30%という目標達成が、30年に後ろ倒しされる中、どうすれば女性活躍は進むのか。(2021/7/29)

「マネーフォワード クラウド人事管理」提供開始 従業員や組織情報の一元管理を実現
マネーフォワードは7月26日、「マネーフォワード クラウド人事管理」の提供を開始した。従業員情報の収集や管理におけるペーパーレス化と、従業員や組織情報の一元管理を実現する。(2021/7/27)

隠しきれない王国民の性 警察にドラレコの映像提供を依頼されたママの恥ずかしい体験談マンガがほほましい
できることなら渡したくない……!(2021/7/22)

たんぽぽ白鳥、出産間近でオリンピックの交通規制を体感 「陣痛きた時だったらどうしよう!」と不安吐露
白鳥さん「朝からどんよりしてしまいました」。(2021/7/22)

Microsoft Focus:
小売りDXにMSが本腰 「Microsoft Cloud for Retail」から三越伊勢丹の“24時間型VRデパート”まで、支援に生かす“強み”とは
小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。(2021/7/21)

「この子を一生守っていかないと」 古川未鈴、第1子誕生で母の顔 お産に4時間の苦闘も「母子共に大健康なのでよかった」
おめでとうございます!(2021/7/16)

妊娠9カ月のたんぽぽ白鳥、産休入りでヘアドネーション バッサリ切った髪の束を手に「女子プロの入団試験受けられそう」
「産休に入ったら」と考えていたもよう。(2021/7/12)

産休や育児からの仕事復帰 早期希望は5割にとどまる
保育研究プロジェクト「子ねくとラボ」を運営する明日香(東京都文京区)は、「育児後の仕事復帰と自治体の産後支援に関する意識調査」を実施した。仕事にできるだけ早期に復帰したいと思うかは、早期希望は5割にとどまった。(2021/7/12)

テレ東・福田典子アナ、ふっくらおなかで第1子妊娠を報告 産休入りは8月下旬「赤ちゃんと一緒に働ける貴重な時間を大切に」
著名人からの祝福も続々。(2021/7/9)

「絵に描いた餅にはしない」:
東急、男性育休率が2%→80%に! 「社員に本気を見せる」ため、人事がしたこととは?
2015年、東急は「男性育休100%」を目標に掲げた。14年度は2.1%だった取得率を順調に伸ばし、20年度の実績は80.0%に。人事担当の男性社員すら「育休を取るなんて考えもしなかった」という社風を、どのように改革していったのか。(2021/7/9)

雇用形態は「正社員」がトップ:
30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、30代で転職した経験がある女性を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。(2021/7/6)

働き方の「今」を知る:
20〜30代若手社員に人気、企業は戦々恐々 最近よく聞く「退職代行サービス」に潜む危険なワナとは
昨今よく見る退職代行サービスだが、本当に安全に退職できるのか。利用者増加の裏に潜むリスクを解説する。(2021/7/5)

古川未鈴、キュートなマタフォトの裏側公開 妊娠38週突入し「震えがとまらなく動けなくなってしまい!」
かわいらしい仕上がりになっています。(2021/7/2)

加藤シルビア、3800グラム超の“ビッグベイビー”な第3子女児出産を報告 「母子共に健康です!」
コロナ禍での無事な出産に感謝も。(2021/6/28)

犯罪? ハラスメント?:
ハラスメントブームの功罪 立て続けに起こる「就活セクハラ」報道に潜む違和感をひもとく
最近、採用担当者の「セクハラ」事件が多いが、果たしてそれらを「セクハラ」で片付けていいのか。言葉で事象を可視化するメリットがある一方、ハラスメントブームには注意点も必要ではないだろうか。(2021/6/28)

“パタハラ”の経験も:
男性育休を取得しなかった理由 「収入」や「必要性を感じない」を抑え1位になったのは?
エバーセンス(東京都中央区)が「男性育休に関するアンケート」を実施した。(2021/6/25)

雇用不安に備える女性 オンライン講座でスキルを複線化
とりわけ女性に雇用不安を招いたとされるコロナ不況。一方で、雇用不安に直面した女性たちが新たなスキルを得ようと、学び直しへの関心を高めている。都内のWebデザインスクールでは、これまであまり見られなかった職種からの受講も見られるという。(2021/6/22)

コロナ禍特有の「コロハラ」「リモハラ」なども:
社内ハラスメント「対策していない・不十分」9割 被害・加害者ともに男性
「嫌がらせ・いじめ」などの意味を持つハラスメント。19年には育休から復帰した男性社員の関西転勤を不当だとSNS上に投稿した叫びが炎上したことも記憶に新しい。女性に対するマタハラや結婚をほのめかすようなマリッジハラスメントなどを耳にする機会は減ったような気がするが、一方でパワハラやモラハラは根強く残っているようだ。今は被害者も加害者も男性が多いことが調査から分かった。(2021/6/21)

取得組でも「2週間未満」が最多:
0歳児パパ、「育児関わりたい」97% 一方、半数以上が「育休取得せず」 なぜ?
「日本で男性の育休取得が進まない」。長年の課題に対し6月3日に政府が法改正を行った。企業には男性が育休を取得を促進するための取り組みが課される。0歳児の父親の育休取得率は調査によると半分未満だった。会社の雰囲気をハードルに感じる人が多いようだ。「とるだけ育休」なども懸念されているが、日本の育休取得の実態や父親が育児のどんな点に課題を感じているか見ていこう。(2021/6/19)

【お仕事楽しい】キーボードがいつのまにか「CapsLock」オンになって大混乱 助けを求めてきた新入社員にときめいた
ARUARU。(2021/6/16)

【お仕事楽しい】研修が始まった瞬間「あ、私この会社退職する」―― 「あ、この人と結婚する」みたいなノリで退社を直感、実際その通りになった話
研修が始まったときにビビビッ! ときたそうです。(2021/6/14)

妻「ゴーさんが産むんだよ?」 初めて父親になるために“出産”することになった男の漫画が考えさせられる
男らしさだけでは乗り切れないこともあります……。(2021/6/13)

【お仕事楽しい】新入社員に「F7を押すと一発でカタカナに変換できるよ」と教えてあげたら「すごすぎる」と驚嘆された話
教えた側も気持ちよくなるほどのリアクション。(2021/6/12)

【お仕事楽しい】LINEで「副業が忙しい」と書いたら、上司や経営陣の前で「アイドルマスターというゲームのプロデューサーを……」と説明することになった
本業が副業で、副業が本業で。(2021/6/11)

「個別に説明」をどう実現?:
育休法改正でこう変わる! 「全社的に説明」のみはNG、人事がすべき“準備”とは?
6月3日、改正育児・介護休業法が成立した。今回の法改正の要点や、人事が今から進めておくべき準備とは? Works Human Intelligenceの阿弥毅氏に話を聞いた。(2021/6/11)

新たな可能性、「プロフェッショナル派遣」は日本を救えるか?
日本の終身雇用制度は数年前から崩れ始めている。市場変化の激しい今、正社員のみでは、社内の改革やイレギュラーな事象に対応できない。では、どうするべきか。筆者は「プロフェッショナル派遣」を解決策の一つと見ていて……。(2021/6/11)

【お仕事楽しい】「社長、あいつをクビに!」1500円の弁当を食べているという理由でバイトを切れと震えながらキレる同僚
おいしいものに飢えていたのかな……。(2021/6/10)

サカタ製作所流の働き方【後編】:
男性育休「渋々取得」→100%に! 社内の雰囲気が激変、サカタ製作所で何が起きたのか
サカタ製作所は急速に男性育休取得を推進し、18年には取得率100%達成、以降も100%をキープしている。当初は「我が家には必要ない」など社内の理解を得られなかった男性育休を、なぜ浸透させることができたのか?(2021/6/10)

【お仕事楽しい】「Eメールで送ってくれって言われたけど、うちGメールだ……」絶望するおじさん社員に思わず興奮してしまう
なにから説明すればよいのでしょうか。(2021/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。