ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「育休・産休」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

主なIT系上場企業における賃金の男女差とその理由 男性の育休取得率は? 2024年版
有価証券報告書から、男女の賃金格差や男性の育休の取得率などを見ていく。(2024/7/19)

人的資本経営に関する調査:
中小企業の6割超「育休・介休の取得事例、規定がない」 なぜ進まない?
中小企業経営者の約6割が「育休・介護休暇の取得事例、規定がない」と回答していることが調査から分かった。なぜなのか?(2024/7/16)

「時短社員」のフォローに限界……会社が今すぐ取るべき対策は?
「時短メンバーの分も働くことになってしんどい」「育休を取ることで周りのメンバーに迷惑を掛けないか心配」――。職場内で育児休業や時短勤務など、育児に関する制度を利用する社員がいる場合、周りの社員にとって業務負担が増えてしまうことがあります。働き方の多様化が進む一方で、最近は育児をしながら働き続ける層を「子持ち様」と表現するなど、“周囲の不満”も大きくなっているようです。(2024/7/11)

「毎週のように送別会をしていた」:
離職率28%からの逆転劇 サイボウズが歩んだ“働きやすい会社”への道
離職率が28%になった――サイボウズの青野慶久社長はこう振り返る。同社が「働きやすい会社」になるまでの道のりを聞いた。(2024/7/10)

パパママが「これは撮りたくなるわ」と共感した1枚が151万表示 思わず声が出る光景に「何回やったことか」「これね……!」
至難の技すぎる……!(2024/6/23)

生後8カ月の子の“思わず描きたくなる表情”をイラスト化したら……? そっくりなできばえに「さいげんど100%」「ほっぺかわいい」
ママの愛が詰まったイラスト。(2024/6/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「育休はなくす、その代わり……」 子なし社員への「不公平対策」が生んだ、予想外の結果
出生率が過去最低となり、東京都ではついに「1」を下回ったことが大きく話題になっています。結婚や出産を希望する人が、安心してその未来を選べるようにするために、企業ができることは何か。「育児休暇をあえてなくした企業」の事例をもとに、社員を疲弊させない経営戦略について考えます。(2024/6/14)

なぜ? 「残業が半減」したのに「年収27%アップ」──元ブラック企業が取った、思い切った施策
あるIT企業が掲げた「残業時間を50%減らしつつ、年収は20%アップ」という目標は、3年間でいずれも目標を上回る形で達成した。また、多くの上場企業が今なお実現できていない「女性管理職比率30%」を早々に成し遂げている。掲げた目標を次々に達成できた訳とは?(2024/6/13)

株式会社Timers提供ホワイトペーパー:
PR:初月4万円〜で専任アシスタントが業務支援、人材不足を解消するアプローチとは
人材不足が叫ばれる近年、事務作業の負担軽減や育休・産休の代替要員確保などの課題解決策として、外注を検討する企業が増えている。こうした需要を受けて登場したのが、初月4万円でマルチスキルのアシスタントを利用できるサービスだ。(2024/6/24)

事業統合・再編を支えてきた業界リーダーに聞く:
PR:変化し続ける組織を支えるために話し、学び、理解する――MS&ADシステムズ 執行役員 西川佳織氏
業務を支えるITシステムは企業文化と密接に結び付いている。組織体制が変化すれば、ITシステムもそれに呼応した変化を求められる。保険業界における巨大グループ企業の再編を幾度も乗り越えてきた女性リーダーにその体験を聞いた。(2024/6/10)

キャリアアップ:
初任給9%アップやチーフ年収1.8倍増など待遇改善で、積水ハウスの社員工3.4倍採用
積水ハウス建設は、2024年4月入社の住宅建築を担う社員工「クラフター」として、前年の3.4倍にあたる134人を採用した。併せて2024年度から、自社訓練校の育成カリキュラム見直しや新たな人事評価制度の導入など、多能工人財の育成強化と待遇改善を図った。(2024/6/7)

育休社員の「同僚に最大10万円」──三井住友海上、話題の制度がもたらした“想定外の効果”
育児休暇を取得した社員の同僚に対し、最大で10万円を支給する──三井住友海上が打ち出したユニークな人事施策が、大きな話題を呼んだのは2023年10月のこと。育休社員ではなく、フォローする同僚にフォーカスするこの施策を、実際に運用してみてどのようなことが分かったのだろうか?(2024/6/3)

少数派の「管理職を目指す女性」に聞く、その動機 2位は「成長したい」、1位は?
将来、管理職に就きたいと考える女性は2割程度──。そのような結果がプロフェッショナルバンク(東京都千代田区)による「女性活躍・管理職」に関する意識調査で明らかとなった。少数派である「女性管理職」を目指す、その動機とは。(2024/5/31)

女性、育児退職の経験は? 育休取得のハードル
マイナビの運営する転職情報サイト「マイナビ転職」が、正社員800人を対象に「育休に対する男女の意識差と実態調査(2024)」を実施した。その結果、育児を理由に退職した経験がある女性は5人に1人、育休のハードルとして最も多くなっているのが「収入減少」であることが分かった。(2024/5/21)

産休・育休からの職場復帰「不安があった」が83.3% 企業に求められるサポートは?
「労務SEARCH」を運営するエフアンドエムネットは、20代以上の働く女性を対象に、産休・育休に関するアンケート調査を実施した。その結果、産休・育休を取得した女性の83.3%が、職場復帰に対して「不安があった」と答えていることが分かった。(2024/5/21)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「君はロールモデルになれない」 女性活躍のウラで見捨てられる、45歳以上の女性たち
企業での女性活躍が進められる裏で、男社会で戦ってきた中高年の女性社員の存在がなかったことにされている。中高年の女性たちは「永遠にベンチを温めるだけの存在」で「用済み」なのか?(2024/5/10)

産業動向:
大東建託がIT/DX関連に300億円投資、2026年度までに 新中期経営計画発表
大東建託は2024〜2026年度を計画期間とする新たな中期経営計画を発表し、最終年度に売上2兆円、営業利益1400億円、ROE(自己資本利益率)20%を目指す。計画期間中には600億円の設備投資を行う予定で、そのうち300億円以上をIT/DX関連に投じる。(2024/5/7)

働き方改革:
建築会社で朝6時からの時差通勤制度開始、朝方勤務者に手当も オープンハウス・アーキテクト
オープンハウス・アーキテクトは、始業時間を朝6時まで前倒しできる「時差出勤」と、朝方勤務者に手当を支給する「朝活インセンティブ」の運用を開始した。長時間労働を是正するとともに、社員のモチベーションや業務パフォーマンスの向上を目指す。(2024/5/2)

ドラマ「高校教師」、放送から21年 当時10代だった上戸彩らキャストの現在 豪華メンバーがそろう
1993年放送の同名ドラマの続編としてキャストを一新し、放送されました。(2024/4/29)

令和6年施行の支援策:
育休の社内負担に「最大125万円」の助成金 男性の育休取得進むか
「男性の育休取得率の低さ」が課題と指摘されるようになってから久しい。理由の一つである「同僚への申し訳なさ」を解消するための助成金があるのをご存じか。最大125万円給付される制度について解説する。(2024/4/25)

キャリアニュース:
介護や治療と仕事の両立支援制度、取得促進を「何もしていない」が約4割
月刊総務が「育児や介護、治療と仕事の両立支援についての調査」の結果を発表した。「介護」と「治療」については、両立支援制度の通知や取得促進を約4割が「何もしていない」と回答した。(2024/4/18)

スシロー、国内全店舗で5月14〜15日に一斉休業 従業員の働きやすさ向上の一環
今回で6回目の一斉休業となる。(2024/4/15)

日テレ滝菜月アナ、約3カ月ぶりインスタ更新で育休終了を報告「久々の会社に少しドキドキ」 SNSでは親子ショットも披露
通勤カバンから出てきたのは……?(2024/4/11)

赤ちゃんが泣き出したらどうする? エンジニアパパが対応法をフローチャートでマニュアル化 育児と開発の相似点
システムの障害対応と泣く新生児への対応は案外似ている?(2024/4/9)

「X-ファイル」スカリー役俳優、帝王切開から10日で撮影復帰 当時の“罪悪感と恐怖”振り返りながら現在も変わらぬ問題指摘
人気ドラマ出演の代償(2024/4/4)

自宅の「スマートロック」が故障 新しいものに取り換えたら外に締め出された件
筆者の自宅のスマートロックが故障しました。それを機に気になっていた新しいスマートロックに取り換えたところ、家から締め出されてしまいました……。そのいきさつを説明しつつ、取るべき対策を紹介します。(2024/4/2)

【後編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
「労働生産性」開示する伊藤忠 あえて“下がることもある指標”を選ぶワケ
労働生産性開示する伊藤忠商事。下がることもある指標を、あえて選ぶのはなぜなのか。労働生産性の向上を推進する中で、同社の人事部門に生まれた行動意識とは。(2024/3/27)

深刻なネットワークエンジニア不足をどう解決する?:
PR:SIerのネットワークエンジニアを成長させる「頼りになる技術者集団」の正体とは
システムインテグレーターの間で、ネットワークエンジニア不足が常態化し、育成が大きな課題になっている。だが幸い、エンジニアの成長につながるサポートサービスを提供している技術者集団がいる。その活動内容を主要メンバーに聞いた。(2024/3/26)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃上げ、景気回復の恩恵は「労働者のわずか3割」だけに――ニッポンの病根とは?
日々の報道では賃上げや株価上昇、景気回復がうたわれるがまるで生活に実感がない――そんな人が多いのではないでしょうか。それもそのはず、日本社会はずっと、ごく一部のエリートによるごく一部のエリート層をモデルにしたカタチで動いています。格差が広がる中、日本の病根に向き合うにはどうしたらいいのでしょうか?(2024/3/22)

結果を出す製造DX〜人を育ててモノの流れを改革する〜(3):
製造DXの4つの成功要因(前編):意地でも「見たいけど見えないデータ」を集めよ!
モノづくりDXの重要性が叫ばれて久しいが、満足いく結果を出せた企業は多くない。本連載ではモノの流れに着目し、「現場力を高めるDX」実現に必要なプロセスを解説していく。第3回はDX推進時の「4つの成功要因」について説明する。(2024/3/21)

働き方の見取り図:
なぜ私たちは働きづらいのか 「働き方の壁」を言語化して初めて分かること
働きづらさの背景には、さまざまな「働き方の壁」が存在する。それらを言語化していくと、誰もが働きづらさをはっきりと認識できる。働き手の周りにはどんな「壁」が立ちはだかっているのか。(2024/3/14)

現役女子大学生がフジ深夜の生放送でボディーライン露わ 予想斜め上の服装に「街中を歩いていいんですか?」
サイバーすごい。(2024/3/11)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「マウスコンピューターはPCの会社である」 小松社長が創業30周年を迎えて断言する理由
不安定な世界情勢が続く中で、物価高や継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第11回は、マウスコンピューターの小松社長だ。(2024/3/11)

「全国各地にほしい」 子どもを預けながら仮眠やリフレッシュできる保育施設が話題、「頼れない、休めない」子育て解消目指す
おやすみ不足のママやパパにもっとおやすみを。(2024/3/8)

前編:
「優しさだけではなくピリッと」 マネフォCHOが語る“本気の”人的資本経営
(2024/3/8)

34歳の現役アイドル、不妊治療の末に第1子妊娠「産休できるアイドルユニット最高!」 同僚にはシングルマザーも
2023年10月にアイドルデビュー。(2024/3/2)

38歳で第4子妊娠中の加藤夏希、7カ月の“ふっくらおなか”にほっこり 過去の経験から不安も「今はゆとりをもって……」
1月に第4子妊娠を公表していた加藤さん。(2024/2/28)

赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
前向きに捉える姿がすてき。(2024/2/28)

13カ月の育休が明け職場復帰した初日、帰宅しドアを開けると……? 思わず涙がこぼれる“お出迎え”に「まいった」「これは泣く」【英】
じっと玄関を見つめる赤ちゃん。(2024/2/26)

第1子妊娠中の鷲見玲奈、妊娠中の体重増加で「さすがに重くなってきた!」 産休入りを報告
2023年10月に妊娠を発表。(2024/2/24)

PR:キーパーソン対談から探る「生産性向上」の具体策 人×デジタルの活用で日本企業はどう変わるか
(2024/2/20)

「オヤカク」5割が経験 Z世代と親の就職観ギャップは?
「オヤカク」とは、内定学生の保護者に対して同意の確認を行うことを言う。「内定確認の連絡」いわゆる「オヤカク」を受けたという人は52.4%と半数以上を占めたことが、マイナビによる調査で明らかとなった。(2024/2/16)

仕事と育児を両立する「覚悟」:
『アイドルマスター ミリオンライブ!』プロデューサー・わかちこPが明かす女性管理職の働き方
『アイドルマスター ミリオンライブ!』のプロデューサーであるわかちこPこと狭間和歌子さんに自身の仕事観を聞くと、仕事と育児を両立するための“覚悟”が見えてきた。(2024/2/2)

初心者ママの不安、デジタルでこう解決せよ 佐賀県の「子育てDX」
デジタルを活用した子育て支援の取り組みに力を入れる佐賀県では、県オリジナルの機能を追加したアプリを導入するなど、デジタル活用が盛んだ。佐賀県の子育てDXは何がすごいのか――県庁に取材した。(2024/1/31)

PR:会津若松にアクセンチュアのイノベーション創出拠点、なぜ? 現地で見えた「東京じゃ経験できない」地方ビジネスの“今”
(2024/2/1)

物があふれテーブルで食事すらできない家族の汚宅が華麗なる変貌! 魔窟→新居への徹底片付け奮闘記に感動の嵐
片付けをしたくなりました。(2024/1/27)

素材/化学メルマガ 編集後記:
合計特殊出生率の低下と少子化の解決策を考える
合計特殊出生率の低下と少子化の解決策についてつらつら語っています。(2024/1/29)

女性のほうが「3割」賃金が低い 雇用形態の差だけではない、根深い原因
(2024/1/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。