ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コストパフォーマンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コストパフォーマンス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Redmi Note 13 Pro/+ 5G」、5月16日発売 2億画素センサー搭載で暗所撮影に強い 20分足らずで急速充電も
Xiaomi Japanは5月9日、スマートフォンのミッドレンジモデルとして、「Redmi Note 13 Pro」「Redmi Note 13 Pro+ 5G」を発表した。期待の声が多いミッドレンジモデルの新製品。フラッグシップ級の2億画素センサーを搭載するなど、コストパフォーマンスを売りにしている。(2024/5/9)

ローカル生成AIの魅力に迫る
中堅・中小企業が低コスト、低工数で生成AIをビジネスに適用する方法
ビジネスでの生成AIの活用を検討する中堅・中小企業が急増している。しかし、AIに割ける予算が限られる企業には導入が難しいといった現状がある。コストパフォーマンス良く生成AIをビジネスに適用する方法を届ける。(2024/4/18)

Amazfit、コスパ重視の多機能スマートウォッチ「Amazfit Active」 2万1900円〜
中国Zepp Healthは、高コストパフォーマンスをうたった多機能スマートウォッチ「Amazfit Active」を発表した。(2023/12/7)

人間の技術:
「バナー広告職人」はAIに駆逐されるのか オタ恋、チョコザップから見えるヒント
コストパフォーマンスに優れる生成AIは、人間がやっていた広告クリエイティブの仕事にどこまで入り込むのだろうか。リスクも見逃してはならない。(2023/10/31)

「Pixel 8/8 Pro」と「iPhone 15/15 Pro」どちらを選ぶ? スペックや価格を比較する
「iPhone 15」「iPhone 15 Pro Max」と「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」の基本スペックを比較。ディスプレイ、サイズ、カメラなども違いを見ていきます。これまでPixelシリーズの優位点であったコストパフォーマンスのよさは薄まっています。(2023/10/18)

人工知能ニュース:
性能2PFLOPSでコスパはGPUの10倍、LeapMindが大規模モデル対応のAIチップ開発へ
LeapMindはが生成AIをはじめとする大規模AIモデルの学習と推論を高速化する新しいAIチップの開発を開始したと発表。演算性能目標は2PFLOPSで、同等性能のGPUと比べて10倍のコストパフォーマンスを目指す。(2023/10/11)

石野純也のMobile Eye:
Pixelが国内でシェア急増も「8/8 Pro」は大幅値上げ 競合からは“包囲網”も
Googleは、Pixelシリーズの最新モデル「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」を10月12日に発売する。日本市場参入当初はパイが小さかったPixelだが、廉価モデルのaシリーズを含めたコストパフォーマンスの高さやAI関連機能が評価された結果、シェアを急速に高めている。一方、円安の影響でPixel 8/8 Proは価格が高騰。競合メーカーの製品作りにも影響を与えている。(2023/10/7)

Amazfit、1.91型ディスプレイを備えたエントリースマートウォッチ 税込み1万4800円
Zepp Healthは、コストパフォーマンス重視をうたったエントリー仕様のスマートウォッチ「Amazfit Bip 5」を発表した。(2023/9/22)

中古スマホで「iPhone 12 Pro」が43位→3位に大幅アップ にこスマの8月ランキング
にこスマは、2023年8月の中古スマホ販売/買い取り数ランキングを発表。販売数ランキングではiPhone 8やiPhone SE(第2世代)が人気を集める一方、コストパフォーマンスの高さからiPhone 12 Proが3位へ大幅ランクアップした。(2023/9/4)

賢いセキュリティ投資:
まずはここから “コスパ重視”のゼロトラストセキュリティ導入
ゼロトラストセキュリティを実現する製品は多く、全てを導入するとコストが膨れ上がってしまうが、専門家によれば重要な分野に絞って対策を選べばコストパフォーマンスに優れた導入も可能だという。(2023/8/1)

PR:GeForce RTX 4060搭載! 持ち運びもできる14型ゲーミングPC「G-Tune E4-I7G60DB-B」を試す
マウスコンピューターの「G-Tune E4-I7G60DB-B」は、14型のゲーミングノートPCだ。高い性能とコストパフォーマンスのバランスを重視した本機の実力をチェックしていこう。(2023/7/13)

PR:「OPPO Reno9 A」は“ワクワクが長持ちする”スマホだ 多様なユーザーにオススメできる理由
OPPOから、日本向けスマートフォンの新モデル「OPPO Reno9 A」が登場。このシリーズは、ミドルレンジながら高いコストパフォーマンスで人気を博していたが、単に価格だけで評価をされていたわけではない。OPPO Reno9 Aは、そんなReno Aシリーズの魅力をさらに高めた1台に仕上がっている。(2023/7/12)

有機ELディスプレイ搭載ノートPCで8万円代から買える「Vivobook Go 15 OLED」の実力をチェックする
5月に発売されたVivookシリーズの中でも、コストパフォーマンス重視のエントリーモデルである「Vivobook Go 15 OLED(E1504FA)」を紹介しよう。(2023/7/7)

Solidigmがデータセンター向けPCIe QLC SSD「D5-P5430」を発表 読み出し特化でコストパフォーマンスを向上
Solidigmは、データセンター(サーバ)向けのPCI Express接続のQLC SSD「D5-P5430」を順次発売する。読み出し速度をTLC SSD相当に引き上げた一方で、QLCのメリットである低コストも実現していることが特徴で、読み出しに特化したワークフローにおけるTCO(総所有コスト)の改善を図れることが特徴だ。(2023/5/17)

「Radeon PRO W7000シリーズ」登場 RDNA 3ベースで「DisplayPort 2.1」で8K/60fpsを無圧縮伝送可能
AMDのプロフェッショナル向けグラフィックスカード「Radeon PRO」が、最新のRDNA 3アーキテクチャを採用して刷新される。今回登場するのは特にハイエンドな用途に向けた製品で、コンシューマー向けの「Radeon RX」と同様にコストパフォーマンスやワットパフォーマンスの良さを訴求している。(2023/4/13)

約10万円で最強の「WQHDゲーミング」を! 「GeForce RTX 4070」発売直前レビュー
NVIDIAが4月13日、新たなGPU「GeForce RTX 4070」を搭載するグラフィックスカードの販売を解禁する。最安値のカードは10万円を切る価格設定で、既存の上位製品と比べるとコストパフォーマンスに優れている。その実力を、純正カード(日本未発売)を通してチェックしてみよう。(2023/4/12)

DirectX 9ベースのタイトルは効果てきめん:
Intelが「Arc A750 Limited Edition」の米国価格を40ドル値下げ コスパ向上×ドライバー改善でライバルと勝負!
Intelが、純正グラフィックスカード「Arc A750 Limited Edition」の米国における販売価格を値下げすることを発表した。グラフィックスカードの改善と合わせて、競合のGPU(グラフィックスカード)と比べた際のコストパフォーマンスの良さをアピールしている。(2023/2/1)

PR:大画面/高性能/静か/コスパ良し! 17.3型ノートPC「mouse F7-i5」でリモートワークからエンタメまで快適に過ごそう!
マウスコンピューターの「mouse F7-i5」は、17.3型の大画面と第12世代Coreプロセッサを搭載しながら、実売14万円を切るコストパフォーマンスに優れたノートPCだ。新たにBTOメニューに加わったUSB Power Delivery対応充電器とともに実機をチェックした。(提供:mouse)(2023/1/18)

日本は「料金が高め」、外資系は「日本語サポートが不安」:
広帯域なほどお得 日本企業が今必要な機動的インターネット接続サービスとは
インターネットトラフィックの急増に悩む企業は、コストパフォーマンスが高く、トラフィックの急増にも容易に対応できる帯域保証型のインターネット接続サービスを求めている。現状ではどのような選択肢があるのだろうか。(2022/12/22)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
新ワークロードが求めるパフォーマンス要件、サーバ選定で注目すべきはどこ?
DXの進展とともにワークロードの多様化が進んでいる。これを支える最新サーバは、どのような観点で見極めればよいのか。高コストパフォーマンスのプロセッサを搭載した最新サーバ製品から、見るべきポイントを明らかにする。(2022/12/9)

PR:使いやすさ×コスパが魅力「XPPen」のペンタブ/液タブ 12月1日まで最大30%オフ!
使いやすさとコストパフォーマンスの良さで定評のある「XPPen」のペンタブレットと液晶タブレットが、Amazonの「ブラックフライデー」で最大30%引きで購入できる。ペンタブや液タブに興味のある人は、このチャンスを見逃すわけには行かない。(2022/11/25)

PR:ゲームも仕事もこれ1台でOK! 円安時代を乗り切る大画面高コスパモデル「Katana-GF76-11UD-671JP」
円安などが進む中で、PCの価格も値上がりしつつある。そのような中で、エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)の「Katana-GF76-11UD-671JP」は、高い性能と求めやすい価格を両立させたコストパフォーマンスに秀でた魅力的な1台だ。(2022/11/15)

HTC NIPPON児島社長に聞く“スマホ復活”の背景 VRグラスとセットで勝負、課題は?
約4年ぶりとなるHTCのスマートフォン「HTC Desire 22 pro」が日本で発売された。おサイフケータイや防水・防塵(じん)といった日本仕様には対応しているものの、コストパフォーマンスが抜群に高い、というわけでもない。HTCならではの特徴は、同社が展開するVRグラスの「VIVE Flow」に最適化されているところにある。(2022/10/21)

LINEリサーチ調べ:
「焼肉きんぐ」が好きな理由 3位「肉がおいしい」、2位「コストパフォーマンスがいい」、1位は?
LINEの運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が、好きな焼き肉チェーンに関する調査を実施した。最も支持されたのは焼肉きんぐだったが、その背景は?(2022/10/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
4万円台ながら1億800万画素カメラを搭載 Xiaomi「POCO X4 Pro 5G」にドイツで触れる
Xiaomiの「第三の柱」といえるPOCOシリーズでは、Redmiシリーズを上回る超コストパフォーマンスが売りのモデルを展開しています。ドイツの家電量販店で見かけた「POCO X4 Pro 5G」も、329.99ユーロ(約4万6000円)ながら高性能カメラを搭載しています。POCOのターゲット層はZ世代など若いユーザーなので、セルフィー用のインカメラを高画素にしているのです。(2022/10/13)

MSI、コストパフォーマンスを重視したRyzen 5+GTX 1660 SUPER搭載ゲーミングデスクトップPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、Ryzen 5を標準搭載したゲーミングデスクトップPC「MAG META S 5SI-043JP」を発表した。(2022/10/12)

Xiaomiの日本初となるPC用ディスプレイ「Mi 23.8" Desktop Monitor 1C」はどんな人にピッタリ? 試して分かったこと
コストパフォーマンスに優れたスマートフォンで知られる中国Xiaomiが、日本においてPCディスプレイを発売した。PCディスプレイもスマホ譲りのコスパを発揮しているのだろうか? 実際に使ってみよう。(2022/9/30)

PR:コンパクトでリーズナブル! 色再現性にもこだわったクリエイター向けPC「DAIV 4N」を試す
14型で持ち運べる「DAIV 4N」は、マウスコンピューターのクリエイター向けノートPCに加わった新モデルだ。コストパフォーマンスに優れた標準構成モデルを試した。(2022/9/13)

Reno5 Aよりも約55%売れている 「OPPO Reno7 A」が日本ユーザーから支持された理由
OPPOの日本向けスマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月に発売された。コストパフォーマンスの高さや、おサイフケータイ、防水・防塵(じん)対応はそのままに、Reno7 Aではデザインにも日本市場の“意見”を取り入れている。先代の「Reno5 A」よりも売れているという好調の背景に迫った。(2022/8/18)

石野純也のMobile Eye:
「Nothing Phone(1)」の正体に迫る 操作感良好でコスパも悪くないが、課題も
Nothing Technologyの開発した初のスマートフォン「Nothing Phone(1)」が、8月に日本で発売される。背面はどこか懐かしさもあるシースルー仕様で、ワイヤレスチャージ用のコイルやネジなどが透けて見える。操作感も良好でコストパフォーマンスも高いが、ローカライズには課題が残る。(2022/7/16)

4万円切る「ルンバ i2」発売 「史上最高のコスパ」
アイロボットジャパンは7日、掃除ロボット「ルンバ i2」を発表した。価格は3万9800円。「ルンバ史上、最高のコストパフォーマンス」という。(2022/7/7)

年代別の傾向は?:
サイゼリヤが好きな理由 3位「料理がおいしいから」、2位「コストパフォーマンスがいいから」、1位は?
LINEの運営する「LINEリサーチ」が、ファミリーレストランに関する調査を実施した。好きなファミレスの1位はサイゼリヤだった。どんな点が支持されているのか。(2022/6/21)

専門家が語る「HDDの運命」【第5回】
「SSDよりも安い」というHDDの強みは「QLC」でなくなる?
SSDはHDDと比べて優れている点が幾つかあるが、コストパフォーマンスではまだHDDの方が優位だ。「手ごろだから選ばれる」HDDは、その強みをいつまで維持できるのか。(2022/6/16)

CADニュース:
DWG互換CADシステムの国内販売に向け、販売代理店契約を締結
Bricsysは、エンジニアリングデザインソフトウェア「BricsCAD」の国内販売について、SB C&Sと販売代理店契約を締結した。BricsCADの性能とコストパフォーマンスの高さを広めて、多くの企業が設計ワークフローを効率化できるよう支援していく。(2022/4/1)

石野純也のMobile Eye:
日本市場攻略に本気のXiaomi 「Redmi Note 11」は5G非対応版も納得の理由
ミドルレンジモデルのコストパフォーマンスが評価され、徐々に日本での存在感を高めているXiaomi。同社は、2021年初のモデルとして、1月26日にグローバルで発表した「Redmi Note 11」を3月10日に発売する。そんなXiaomiが2022年に進めていくのが、さらなるローカライズだという。(2022/3/5)

自動運転技術:
PR:ADASや自動運転に4Dイメージングレーダーを選ぶべき理由とは
自動運転技術やADAS向けにさまざまな検知方式のセンサーの使用が検討されていますが、センサーテクノロジーの本質的な限界が安全面での課題となっています。Vayyar Imagingが扱う4Dイメージングレーダーは解像度やコストパフォーマンス、信頼性といった要求を満たします。(2022/3/1)

日本HPが第12世代Core搭載の最新ケーミングデスクトップPCを発表 2月24日から順次発売
日本HPが「OMEN(オーメン)」「Victus(ヴィクタス)」ブランドのゲーミングデスクトップPCの新モデルを投入する。Intel CPUを搭載するモデルは最新の第12世代Coreプロセッサを採用した処理能力重視の構成で、AMDのCPU/APUを搭載する構成はコストパフォーマンス重視の構成となっている。(2022/2/24)

17.3型の大画面で迫力あるプレイを満喫! コスパ良好の「G-Tune E7[Windows 11]」をチェックした
マウスコンピューターから、17.3型の大画面を備えたゲーミングノートPC「G-Tune E7」が登場した。コストパフォーマンスに優れた実機をテストした。(2022/1/14)

NewNormalな働き方でVDIのメモリが不足:
PR:VDI環境のコストパフォーマンスを改善する方法
コロナ禍を受けて仮想デスクトップ環境の需要が大幅に伸びた。現在、テレワークの本格化に伴い、より多くのコンピューティングリソースが求められている。コスト制約がある中で、性能を維持し、コストパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいのか。検証結果を基に、今すぐ改善できる方法を聞いた。(2022/1/5)

PR:サクサク動く高コスパのWindows 11対応ノートPCならこれ! 7万円弱から買える「IdeaPad Slim 550 14型」をチェック!
レノボ・ジャパンの「IdeaPad Slim 550 14型」は、最安値構成で税込み7万円を切る手頃な価格ながら、普段使いにおいて快適に使えるスペックを備えている。コストパフォーマンス重視でノートPCを選びたい人にとって“要チェック”なこのモデルの魅力を紹介しよう。(2021/11/30)

耐震住宅:
大空間リビングと8トン壁、アキュラホームが“キリンと暮らせる家”
アキュラホームとアキュラホームグループ、スマートアライアンスビルダー(SABM)は、実物大倒壊実験の結果から開発した新商品「キリンと暮らせる家 超空間プレミア」を販売開始。オリジナルの「8トン壁」を採用し、コロナ禍で需要が高まる「広いリビング」のある自由な間取り、高い耐震性能とコストパフォーマンスを実現した。(2021/10/27)

CIO Dive:
次の仕事用マシンはWindowsか、Macか、Chromebookか、エンジニア3万人の声と経営者の見解
従業員の仕事用マシンに何を支給するのが最適だろうか。初期費用や管理費などの所有コストは判断の大きな指針となるが、それが全てではない。初期投資コストだけでなく生産性や運用のコストパフォーマンスに関する情報も精査して考える必要がある。(2021/10/11)

ドコモの新機種は「コスパ」と「使いやすさ」重視 SIMフリーでも端末企画は継続
NTTドコモが10月6日、2021-2022冬春の新型スマートフォンを発表した。新モデルは全機種が5Gに対応し、ハイスペック、スタンダード、あんしんスマホとらくらくスマホ、そしてレノボのノートPCなど、バラエティー豊かなラインアップとなった。今回は、コストパフォーマンスと使いやすさを重視した。(2021/10/6)

PR:在宅エンタメやテレワークも快適! ファーウェイが本気で作った34型ウルトラワイド「HUAWEI MateView GT」の魅力に迫る!
2021年夏、ファーウェイがPC向けディスプレイを3機種投入した。その中でも、34型ウルトラワイドカーブディスプレイ「HUAWEI MateView GT」は、ゲーミングはもちろん、映像コンテンツの視聴やデスクワークにも便利な、コストパフォーマンスに優れたお勧めモデルである。その魅力をチェックしていこう。(2021/9/16)

中古スマホでいまだ「iPhone 8」「iPhone 7」が売れている理由
中古業界では、いまだに「iPhone 8」や「iPhone 7」が売れ筋となっている。売れている要因は「コストパフォーマンスの高さ」と「Touch IDの存在」だ。1万〜2万円台ながら必要十分な機能を備えており、Touch IDの搭載により、マスクを着けたままでもロックを解除できる。(2021/9/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラだけでもリッチにしたい、vivoの欲張り5Gスマホ「Y72 5G」
vivoの「Y72 5G」はCPUスペックはやや低めながら、カメラやバッテリーはしっかり高性能なスマートフォン。主なスペックはXiaomiの「Mi 11 Lite 5G」と似ていますが、価格はY72 5Gの方が安くなっています。格安まではいかないものの、コストパフォーマンスを考えると十分お得に感じられます。(2021/9/3)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
より“深いカスタマイズ”でKDDIと共同開発 Xiaomiに聞く「Redmi Note 10 JE」の狙い
おサイフケータイに対応するなど、徐々に日本市場向けの独自機能を取り込んでいるXiaomiだが、同社の次の一手として送り出す端末は“日本専用モデル”だった。エントリーモデルながら、ミドルレンジモデルに近い性能を持つ。KDDIとタッグを組み、コストパフォーマンスのいい端末を投入することで、5Gの普及促進を目指す。(2021/8/2)

追手門学院大学、「VMware on IBM Cloud」で学生や教職員が利用するシステムをクラウド化
追手門学院大学は、学生・教職員8000人が日常的に利用する教育・事務系システムを運用する基幹システムを「VMware on IBM Cloud」のプライベートクラウドソリューションでクラウド化。柔軟かつ信頼性が高く、コストパフォーマンスにも優れたシステム基盤の運用が可能になったという。(2021/6/2)

ahamoなど新プランで注目!「AQUOS sense 5G/4」と「iPhone SE」の性能とお得な買い方をチェック
キャリア各社から提供が始まった大容量、低価格の新プランに対応しつつ、低価格でコストパフォーマンスの高いスマホをチェック。今回はNTTドコモの新プラン「ahamo」(アハモ)で上手に契約する方法についてご紹介しよう。(2021/5/6)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
1ソケット当たり最大64コア、KDDIウェブに学ぶ高性能CPU搭載サーバ活用の秘訣
優れたコストパフォーマンスや安定性で注目される、第2世代AMD EPYCプロセッサ搭載の最新サーバ。これを採用し、レンタルサーバ事業の提供価格を変えず高品質化したKDDIウェブコミュニケーションズの事例をもとに、その実力を探る。(2021/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。