ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「否定」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「否定」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ヤフー、アスクル社長会見に反論 “LOHACO乗っ取り説”など否定 「黒字化に向けて協力する」
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長が記者会見を開き、共同運営するECサイト「LOHACO」事業を「このままでは乗っ取られてしまう」と発言した件などについて、反論のコメントを発表した。譲渡を打診したのは事実だが、アスクルの主張を受け入れており、「今後は譲渡を申し入れる方針はない」という。退任を求めている岩田社長の後任人事などについても言及した。(2019/7/18)

「寝耳に水」「離婚する気持ちは全くありません」 大浦龍宇一が妻・ゆりえとの離婚報道を否定
22歳年下のゆりえさんと3月に結婚していた大浦さん。(2019/7/11)

Twitter、宗教を理由にしたヘイト発言を禁止に
Twitterがヘイト行為に関するルールを改定し、宗教を理由に他者の人間性を否定するようなツイートを禁止した。(2019/7/11)

5Gと健康被害【第2回】
携帯電話業界団体の研究結果「健康リスクが存在する証拠はない」
米国機関とイタリアの研究所が、電磁波による発がんリスクを指摘。これに対し携帯電話の業界団体GSM Associationは、携帯電話放射線は人の健康に影響を及ぼさないと否定した。(2019/7/5)

Cloudflare、サービス障害は攻撃ではなくソフトの配備ミスと説明
一部で憶測のあったサイバー攻撃説を否定。(2019/7/3)

「上司を殺したい」気持ちは「正常」 英犯罪心理学者の自説に賛否
バカ上司を殺したいと思う人は少なくないだろう。英国の研究で、「会社の上司を殺したいと想像することは、完全に否定されるプロセスではない」などと説明。賛否両論の意見が噴出している。(2019/7/1)

「転売目的の購入お断り」ヨドバシ京都店の転売対策に賛同集まる 差別的と批判浴びた「日本人にしか売らない」発言については否定
一部誤った情報も拡散されていました。(2019/6/27)

今治タオル問題で中傷が続くオルネット、改めて関与を否定 今後は法的措置も
まとめサイトやSNS上に誤った情報の掲載が続いている他、Googleの口コミへの事実に反する評価も。(2019/6/26)

遠山大輔インタビュー特集:
「欅坂46を支えたのはナスカの楽曲」 グランジ遠山大輔が語る“3周年アニラの空気”【中編】
好きだと言うなら否定しない。(2019/6/22)

山形県沖地震の前に地震雲が出ていた? → 雲研究者が否定「全て気象学で説明できる」
陰謀論にもご注意を。(2019/6/19)

ヤフー、「Yahoo!スコアが勝手に企業に提供される」を否定 「同意した場合のみ企業に提供」
「使ったことがない企業・サービスに勝手にスコアが提供されていた、ということは起こり得ません」(ヤフー広報)(2019/6/18)

「“ストレス解消用”トランプ大統領像を日本企業が中国見本市に出展」報道、企業側は全否定(※追記あり)
暴力的な展示があったとして、ブースが閉鎖されたと報じられていました。(2019/6/14)

「終身雇用」「年功序列」終焉の理由に迫る:
なぜ、「日本的人事戦略」は機能しなくなったのか?
年功序列、終身雇用といった“日本的人事”戦略が崩壊し始めている。なぜ今、これまでのやり方が否定されているのか――。その理由を探った。(2019/6/11)

「デマや捏造した写真を拡散する方が沢山いる」 AKB48エース候補・矢作萌夏、熱愛報道を否定
「文春オンライン」がスクープとして矢作さんの熱愛を報じていました。(2019/6/9)

FAメルマガ 編集後記:
「カンコツ」否定の時代だからこそ、「カンコツ」の生かし方を訴えたい
場合によっては価値はむしろ上がっているといえます。(2019/6/7)

「わたし、定時で帰ります。」7話は“定時で帰りたい女”vs“仕事命の昭和男” 長年信じてきた価値観を否定する難しさ
父親が焦がしたハンバーグの悲哀。(2019/6/4)

うわさの「油ものを食べるとノドや声に効く」説、専門家は否定 「バランスの良い食事が大切」
「ウーロン茶がノドに悪い」説もエビデンスがないとも。「おいしいもので元気が出る」といった、心因的効果はあるかもしれません。(2019/6/4)

AppleやGoogle、英諜報機関からの暗号化チャット盗聴案を否定する公開書簡
Apple、Google、Microsoft、WhatsAppなどのIT企業と人権団体などが、英諜報機関GCHQによる「ゴースト提案」に反対する書簡を公開した。ゴースト提案は、犯罪捜査のために、暗号化されたチャットにゴーストとしてユーザーに気づかれずに第三者を参加させるというものだ。(2019/5/31)

ドコモ、「Huaweiの5G基地局先行導入」報道を否定 「記事のような事実は全くない」
「ドコモがHuaweiの5G基地局を先行導入する可能性が浮上している」と伝えた27日付のWebメディアの記事について、ドコモが「記事の内容にあるような事実は全くありません」と否定するコメントを出した。(2019/5/28)

首相官邸Twitter、安倍首相の漢字読み間違い報道を真っ向から否定
「報道にある漢字の読み間違いなどは、ありません」――首相官邸のTwitterが、安倍晋三首相をめぐる報道について、真っ向から否定するツイートを投稿し、注目を集めている。(2019/5/27)

ビットコインには本質的な価値がある?  JPモルガンがバブル警告
ビットコインに否定的だったJPモルガンが、「ビットコインは本質的な価値を超えて急上昇している」とコメント。計算能力や電気代などの数値を使い、ビットコインの製造原価を計算することで本質的価値を導き出したという。(2019/5/24)

ZOZO前澤社長の「月旅行キャンセル報道」、問題視された記事タイトル変わる 本人が東スポに訂正依頼
「ZOZOの前澤友作社長が月旅行を断念する」と読み取れるタイトルの記事を「東スポWeb」が掲載。これを受け、前澤社長本人が月旅行のキャンセルを否定し、タイトルを批判する一幕があった。現在、当該記事のタイトルは別のものに変更されている。(2019/5/21)

トレンドマイクロ、不正アクセスによる情報流出認める ソースコード流出は否定
トレンドマイクロは、同社のテストラボ環境がハッカーによる攻撃を受けてウイルス対策ソフトのソースコードなどが流出したと報じられた問題で、「不正アクセスを受けてデバック用ファイルが流出した」と認めた。ただ、同社が保有するソースコードや顧客情報の漏洩は「確認していない」としている。(2019/5/20)

KFC南アフリカが「ケンタッキーをタダで食べ続けた男」のエピソードを否定
(2019/5/16)

「小さい頃から鎖骨が出てる」 小島瑠璃子が激ヤセ疑惑を否定 ファン「元々細いよね」「テレビ見てると健康的」
元からスレンダー。(2019/5/13)

池袋暴走事故、「加害者と現執行役員に縁戚関係等はありません」 クボタが公式声明でデマを否定
加害者についてコメントは控える。(2019/4/23)

「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」
池袋の暴走事故で、車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散。クボタはプレスリリースでうわさを否定し、息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。(2019/4/23)

5000円札「津田梅子」の写真、反転して使用? ネットの反応は9割が否定的
「故人の肖像を反転する」という行為に嫌悪感を示した人が多かったようです。(2019/4/17)

若い世代の方が好感:
世論調査にみる「令和」の好感度 かつて廃止論の社共も歯切れ悪く
新たな元号が「令和」に決まった。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が6、7両日に実施した合同世論調査によると、新元号を「良いと思う」との回答は87.0%に達し、国民の大多数は好感を持って新元号を迎えた。元号は国民生活に定着し、制度存続が望ましいとの声はむしろ、若い世代の方が多い。平成改元時には「軍国主義復活」などと難癖をつけた左派政党も今回は歯切れが悪く、皇室や伝統を否定するお家芸は支持を得られない時代になったようだ。(2019/4/17)

「すごい人の努力」を認められないのは「努力不足の自分」を否定されないため 考察漫画に「耳が痛い」の声
だけどその人の努力を認めれば、自分も変われる。(2019/4/16)

NTT東、「社員の個人PCに検閲ソフトを導入」SNS投稿を「事実と異なる」と否定
弁護士の見解も聞きました。(2019/4/15)

石川温のスマホ業界新聞:
「完全分離プラン、楽天は除外」報道で混乱――石田総務相「対象外は極めて限定」の真意はどこに
総務省が推進する「完全分離プラン」。一部で「楽天モバイルネットワークは対象外」という旨が報道されたが、総務省の担当部署が即座に否定。石田総務大臣は「対象外は極めて限定」と発言したが、その真意はどこにあるのだろうか。(2019/3/29)

さくらインターネット、「破産者マップ」の“ホスティング疑惑”を否定
サイト公開後、「プライバシーの侵害ではないのか」「いじめや自殺を招きかねない」など批判的な声が相次いでいました。(2019/3/18)

分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

狙いはボリュームゾーン:
分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。2月28日〜3月3日にパシフィコ横浜で開かれたアジア最大のカメラ見本市「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

「ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者を逮捕」誤植はデマ、時事通信が否定
時事通信が公式に否定しました。(2019/3/13)

「県警はどれだけネットに詳しくないのか!」 ブラクラURLで補導、Twitterでは7割超が補導に否定的
「ブラクラURLを貼っただけで補導」は妥当? それともやりすぎ?(2019/3/6)

動画共有アプリ「TikTok」、サービス終了のうわさは「事実無根」と否定
「4月1日で終了する」といったうわさが流れていました。(2019/3/4)

「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
【動画あり】弁護士は「推定無罪の原則を真っ向から否定している」と語りました。(2019/2/16)

ヨドバシカメラ、「ヨドペイ」開発報道を否定 「商標出願は事実」
ヨドバシカメラがスマホ決済「ヨドペイ」を開発しているとの報道。しかし同社は「開発している事実はない」と否定。ただ、商標出願は事実という。(2019/2/18)

製造マネジメントニュース:
品質不正の背景はQCDのバランス崩れ、直接の要因は自己否定できない企業文化
PwCあらた有限監査法人は「テクノロジーの活用によるグローバルガバナンスの強化」をテーマにメディアセミナーを開催。不適切な経営や不正検査の問題など、製造業のガバナンスや信頼性に疑問が示されている中、RPAやAI、グローバルリスクコンプライアンス(GRC)ツールなどを活用し、テクノロジーでガバナンス強化を推進する重要性を訴えた。(2019/2/18)

「採用面接、扉を開けたら剛力ちゃん」は「事実と異なる」 ZOZO、週刊新潮の記事を否定
「ZOZOの最終面接の席で、前澤友作社長の傍らに剛力彩芽さんがいた」――週刊新潮の記事に書かれた内容が「事実と異なる」とZOZO。「採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ない」としている。(2019/2/16)

週刊新潮「ZOZOの採用面接で扉を開けたら剛力彩芽」 ZOZOが否定、法的措置も示唆
週刊新潮は「経営者の資質に疑問符が付く」と前澤社長を批判。(2019/2/15)

責任の一端はメディアにもある:
Huaweiについて否定的な報道が目立つ4つの理由
ハイテク技術のスクープ記事を担当する記者としてHuaweiをレポートすることは、同社に対するバッシングが激しさを増している昨今は特に、難しい仕事だ。しかし幸運にも、深センにあるHuawei本社を訪ねる機会を得た。(2019/2/12)

現代は“社会人のヒゲ”もアリな時代? 大阪市営地下鉄「ひげ禁止訴訟」に、ネット上の反応は9割が否定的
大阪市に賠償命令が下された訴訟。(2019/2/8)

集英社「コバルト文庫」新刊が電子書籍のみになりレーベル終了の臆測広がる 集英社は否定
紙での出版はあくまでも“未定”。今後出る可能性もあるようです。(2019/2/4)

派手、悪趣味……:
大阪メトロの改装駅デザイン案、反対署名は約1万9500筆 今後の展開は?
大阪市内の地下鉄などを運営する「大阪メトロ」が発表した御堂筋線と中央線の改装デザイン案に、インターネット上などで否定的な意見が相次いでいる。大学教授らが発起人となった反対署名は数日間で約1万9500筆が集まる一方、ネット上では「夢があっていいと思う」と肯定的な意見もあり、大阪メトロは「賛成と反対の意見を参考にデザイン案をブラッシュアップしたい」としている。(小松大騎)(2019/1/29)

JTの土俵に“殴り込み”?:
におわない「アイコス」誕生も近い? PMJ社長、「低温型」参入の可能性を否定せず
競争が過熱する加熱式たばこ市場。フィリップモリスジャパンは、アイコス専用たばこ「HEETS」シリーズ4銘柄を全国展開し、首位固めを目指す。ただ競合のJTは、新型「プルーム・テック」を近く2機種発売する予定だ。この動きにどう対抗するのか。市場ではJTのみが手掛けてきた「低温型」を開発する計画はあるのか。シェリー・ゴー社長に意見を聞いた。(2019/1/28)

Instagram、「フォロワーの7%にしか投稿が見えない制限」のウワサを否定
フォローしている相手の投稿を隠していないとしています。(2019/1/24)

女性や子どもに配慮:
ファミマ、成人向け雑誌の販売を8月末で中止へ 一時は否定も競合に追随
8月末をもって、全国のファミリーマートで成人向け雑誌の販売が中止となる。女性や子どもに安心して買い物をしてもらうためという。セブン-イレブンとローソンも8月末までに成人向け雑誌の取り扱いをやめると発表済み。(2019/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。