ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「入力技術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入力技術」に関する情報が集まったページです。

新型2in1モデルをチェック:
生まれ変わった「Surface Pro 7」、テキスト入力ツールとしての実力は?
2in1 PCの顔となる新型の「Surface Pro 7」が発売された。生まれ変わった新モデルの使い勝手を確かめてみた。(2019/11/12)

キーボードもマウスも使える:
新型iPadとiPadOSがあればテキスト入力環境はこんなに進化する!
AppleがリリースしたiOSの新たな派生版である「iPadOS」。新しいOSになることで、同社のタブレット「iPad」シリーズにどのような変化があったのだろうか。テキスト入力面での違いをチェックした。(2019/10/23)

オートコレクトが有効:
スマホでの入力速度が物理キーボードに迫る、複数の大学による調査
アールト大学など複数の大学が協力してモバイルデバイスでのテキスト入力の速度に関する過去最大規模の調査を行った。スマートフォンでの入力速度は物理キーボードでのタイピング速度に迫っていることが分かり、入力速度を高める方法も明らかになった。(2019/10/8)

テキスト入力一本勝負:
12.9型iPad ProとSurface Pro 6、「キーボードも使えるタブレット」としてはどちらが優秀?
前回は、専用キーボードと組み合わせてテキスト入力が行えるタブレットとして、11型iPad ProとSurface Goを比較した。今回はその両製品の兄弟モデルといえる画面サイズ違いの2製品、12.9型iPad ProとSurface Pro 6について、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/8/21)

テキスト入力一本勝負(後編):
11型iPad ProとSurface Go、テキスト入力で使えるのはどっち?
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folio、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/6/14)

テキスト入力一本勝負(前編):
11型iPad ProとSurface Goをキーボードセットで比べてみた
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、前後2回に分けて使い勝手を検証する。(2019/6/13)

自動車税をLINE Payで支払ってみた Pay-easyより楽チンで手数料もなし
自動車税をLINE Payで支払ってみた。金額的なメリットはないが、煩雑な文字入力などがなく便利だ。(2019/5/14)

FOX、ミッドレンジスマホ「BlackBerry KEY2 LE」4月19日に発売 5万円台半ば
FOXは、4月19日にBlackBerryのエントリーモデル「BlackBerry KEY2 LE」を発売する。タッチセンサー機能をそぎ落とし物理キーボードを備え、日本語入力システム「iWnn」も搭載。ポリカーボネート製で軽量化を実現し、背面はソフトタッチ素材で仕上げグリップ性能を向上させている。(2019/4/9)

月額制「ATOK Passport」が14〜24円値上げ 6月分から
ジャストシステムの文字入力システム「ATOK」の月額制サブスクリプションサービスが、「各OSの多様な入力環境に継続して対応する」ために、初の料金値上げに踏み切る。値上げ額はプレミアムサービスが24円、その他が14円となる。(2019/4/2)

ATOK Passport値上げ 月額309円→324円に
ジャストシステムは、月額制の日本語入力システム「ATOK Passport ベーシック」「ATOK for Windows」「ATOK for Mac」を6月以降、309円から324円に値上げする。514円だったプレミアムサービスも、540円に値上げ。(2019/4/2)

ふぉーんなハナシ:
新元号「令和」 スマホの文字入力で変換できる?
5月1日に施行される新元号が「令和(れいわ)」に決まりました。スマートフォンの文字入力アプリ(IME)は「れいわ」を一発変換できるのでしょうか……?(2019/4/1)

BAS:
音声や文字入力で“手を使わず”に照明・空調を操作するビル設備システム、Google Assistantで解析後にDialog flowで変換
竹中工務店は、神田通信機と共同で、音声・文字認識AI制御システム「ツイートREMO」を開発した。スマホやAIスピーカーを通して、文字入力または音声の言語指令をクラウド上のAIで変換し、ビル設備システムに指令を送ることで、照明や空調、換気、防犯などの各設備機器の操作を手を使わずに行うことが可能になる。(2019/3/14)

Tech TIPS:
Windows 10でIME切り替え時の「あ」や「A」の表示をオフにする
Windows 10で文字入力の切り替え時に、デスクトップの中央に「あ」や「A」といった「IME入力モード切替の通知」が表示される。この表示が煩わしいなら、「IME入力モード切替の通知」をオフにすればよい。その方法を紹介する。(2019/2/12)

Tech TIPS:
Windows 10でMicrosoft IMEを削除して、勝手にIMEが切り替わるのを防ぐ
複数の日本語入力システム(IME)をインストールしていると、いつの間にかMS-IMEに戻ってしまうことがある。これを防ぐにはMS-IMEを削除すればよい。その方法を紹介する。(2019/2/4)

Tech TIPS:
Windows 10対応:MS-IME日本語入力のオン/オフ切り替えキーを追加・変更する
Windows 10に標準で実装されている日本語入力システム「Microsoft IME」は、デフォルトで[半角/全角]キーがオン/オフの切り替えキーとなっている。このキーはホームポジションから遠く、少々使いにくい。そこで、オン/オフの切り替えキーを[変換]キーなどに変更する方法を紹介する。(2019/1/28)

iPhone Tips:
iPhone SEやXRでも使える 文字入力でカーソルを移動する方法
iPhoneの文字入力でカーソルを移動するには、iOS 11までは3D Touchに対応している必要がありました。しかしiOS 12からは、3D Touch非対応の機種でもカーソル移動ができます。その方法を紹介します。(2019/1/20)

11型と12.9型で使い勝手はどう違う?:
新型iPad Pro+Smart Keyboard Folio 文字入力にベストなのは12.9型と11型のどちら?
生まれ変わった新型iPad Proに合わせて発売された専用キーボード兼ケースの「Smart Keyboard Folio」。12.9型と11型の両モデルを、山口真弘さんが使い込んでみた。その判定はいかに?(2018/12/28)

ロシアの企業がCEATECで展示:
脳波で文字入力、言語障害があっても手軽に会話を
ロシアのスタートアップ企業NeuroChat社は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)の「Co-Creation」エリアに出展し、脳波を利用して文字を入力するシステム「NeuroChat」を展示した。(2018/10/26)

iOS 12なら3D Touch非搭載でも文字入力の「長押しトラックパッド」可能に
iOS 12では、3D Touch非搭載旧iPhoneでもスペースキー長押しでキーボードをトラックパッドに変更可能になる。(2018/9/18)

「AQUOS Xx3 mini」がOSバージョンアップ Android 8.0に
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」がAndroid 8.0にバージョンアップ。ホームアプリが「AQUOS Home」へ進化し、ロック画面の壁紙を自動で切り替える「ロックフォトシャッフル」への対応や文字入力の快適化などの機能改善も行われる。(2018/7/20)

今夏発売の「BlackBerry KEY2」、Simejiのプリインストールは誤り
日本で2018年夏に発売する予定の「BlackBerry KEY2」。日本語入力システムに「Simeji」をプリインストールするとのことだったが、これは誤りだった。バイドゥもコメントを発表している。(2018/6/26)

Tech TIPS:
Windowsで「Google日本語入力」システムを使う
Windows OSには、標準で日本語入力システム(Microsoft IME、MS-IME)が付属している。ただ、MS-IMEは最新の固有名詞に弱いなど、必ずしも変換効率は高くない。MS-IMEに不満があるならば、「Google日本語入力」を利用してみるとよい。(2018/6/7)

計測結果の転記、PC入力作業を「音声」で:
トヨタ系完成車メーカーが車両監査業務で音声認識キーボード入力システムを活用
トヨタ車体グループの完成車メーカーである岐阜車体工業は車両監査業務において、アドバンスト・メディアの音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」を採用した。(2018/6/7)

Tech TIPS:
Google日本語入力でキー設定を変更する
Windows OS標準の日本語入力システム「MS-IME」の変換効率や学習機能などに不満があるのであれば、Google日本語入力を使ってみるのもよいだろう。ただ、キー設定などが異なるのでカスタマイズが必要になるかもしれない。そこで、本TIPSではGoogle日本語入力でキー設定を変更する方法を解説する。(2018/5/28)

「鯖威張る中?」のCMで話題に ATOK Pocket初採用ケータイ「mova D503i」(懐かしのケータイ)
mova 50xシリーズでは最後のフリップ型ケータイとなったD503i。日本語変換ソフトにジャストシステムの「ATOK Pocket」を採用し、従来モデルよりも文字入力時の変換精度が高いことが特徴でした。(2018/5/13)

Leap Motion、100ドルヘッドセットを含むARプラットフォーム「North Star」をオープンソースへ
ハンドジェスチャーでの入力システムで知られるLeap Motionが、100ドル以下のコストで作れるヘッドセットを含むAR(拡張現実)プラットフォーム「North Star」をオープンソースで公開する。(2018/4/10)

スマホ向け「ATOK」が40%オフに 3月21日から31日まで
ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK for iOS」「ATOK for Android」を特別価格で提供する「新生活応援40%OFFセール」を開催。期間は3月21日から3月31日まで。(2018/3/20)

Android版Googleアプリにスクリーンショット編集・共有機能追加へ
Android版Googleアプリでスクリーンショットを撮ると、画像を編集できるようになる。iOS 11の編集機能のようなテキスト入力はできないが、トリミングと手描き入力が可能だ。(2018/2/19)

情報化施工:
建設70社が導入した音声入力システム、AIが施工会社を判別する新機能
アドバンスト・メディアは音声入力で建築検査が行える同社のサービスに、AIが協力施工会社を自動選択する機能を追加。建築仕上げ検査の記録時に、指摘内容に合わせて担当した施工協力会社を自動入力できるという。(2018/2/15)

Tech TIPS:
Windows 10の日本語入力システム(MS-IME)で異体字を入力可能にする
Windows Vista以降、日本語文字コードセットがJIS90からJIS2004に変更されている。そこで、Windows 8.1/10の日本語入力システム(MS-IME)でJIS90の字形を表示させる方法を紹介する。(2018/1/10)

「ATOK」パッケージ版廃止 月額版「Passport」に統一
日本語入力システム「ATOK」のパッケージ版が廃止に。月額サービス「ATOK Passport」(税別286円〜)に統一する。(2017/12/5)

Tech TIPS:
Excelで入力するセルによってIMEのオン/オフを自動的に切り替える
Excelで住所録などを入力する際、郵便番号や電話番号は半角英数字で統一したいものだ。しかし、入力するセルを移動するたびに日本語入力システム(IME)を切り替えるのは意外と面倒である。そこで、入力するセルによってIMEを自動的にオン/オフするように設定して、IMEを切り替える手間を省こう。(2017/11/30)

ジャストシステム、新変換エンジンを採用した医療機関向け日本語入力システム「ATOK Medical 2」
ジャストシステムは、医療機関専用をうたう日本語入力システム「ATOK Medical 2 for Windows」を発表した。(2017/11/20)

「文字検索は面倒」も「人前での音声検索は恥ずかしい」が約7割 KDDIの音声操作に対する意識調査
KDDIは「日本人の音声操作に対する意識調査2017」の結果を発表。文字入力による検索は半数近くが「面倒」と回答するも、音声でのインターネット検索を人前で行うのは「恥ずかしい」が7割を超えている。(2017/10/5)

「ATOK for iOS」が40%オフの960円に 9月30日まで
ジャストシステムは、iPhone/iPod touch/iPad向け日本語入力システム「ATOK for iOS」の発売3周年記念セールを実施。9月27日の0時頃から9月30日の23時59分まで、通常価格1600円が40%オフの960円で購入可能に。(2017/9/26)

iPhone Tips:
iPhoneの文字入力でカーソルを簡単に移動させる小技
(2017/4/18)

文字入力アプリ「Simeji」が「ジャイロきせかえ」に対応 スマホの傾きとデザインが連動
日本語文字入力・顔文字キーボードアプリ「Simeji」が、ジャイロセンサーを活用したきせかえデザインに対応する。端末の傾きに合わせて、背景デザインに変化が出ることが大きな特徴だ。(2017/3/13)

レイシスソフトウエアーサービス VoiceCapture:
検査完了で所見入力が完了する、音声認識所見入力システム
レイシスソフトウエアーサービスが、音声認識による医療機関向け所見入力システム「VoiceCapture」を販売開始した。日本消化器内視鏡学会のJEDに準拠、他の電子カルテやファイリングシステムとも連動する。(2017/2/10)

今すぐ使える! iPhoneの便利な文字入力の小技まとめ
(2017/1/21)

バーコード専用端末ではもう間に合わない
現場と経営陣の距離を縮める「SAP ERP+スマートフォン」の倉庫管理術
SAP ERPを導入した企業にとって在庫状況のリアルタイム把握は精度の高い経営判断に不可欠。そのためには、簡単かつ確実で安定して動作する在庫データ入力システムが現場に必要だ。(2017/1/18)

Pythonで始める機械学習入門(2):
機械学習の現場で重宝する多機能WebエディタJupyter Notebookの基本的な使い方
最近流行の機械学習/Deep Learningを試してみたいという人のために、Pythonを使った機械学習について主要なライブラリ/ツールの使い方を中心に解説する連載。今回は、Jupyter Notebookの起動、停止、実行方法、マジックコマンド、ヘルプの使い方、Markdown形式でのテキスト入力、パスワード認証設定などを紹介する。(2017/1/13)

“楽器のほう”にもなるの!? 配列変幻自在のレーザー投影式キーボードがクラウドファンディング中
あるときは文字入力、あるときは楽器の演奏、またあるときはモバイルバッテリーに。(2016/12/21)

PR:初代Simejiさん、テレビCM、顔文字大賞――Simejiのプロモーション戦略を聞く
バイドゥは2016年、文字入力アプリとしては異例のテレビCMを展開。トレンディエンジェルを起用して、大きなインパクトを与えた。累計2400万ダウンロードを誇るSimejiのプロモーションを強化した理由とは?(2016/12/21)

約1万4000票から選ばれた「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」が決定
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」で、総投票数約1万4000票から選ばれた「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」が決定。「適度な意味のなさ」と「キモかわいい表情」が使いやすいと好評だった「(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ」となった。(2016/12/12)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:テキスト入力のさまざまなオプションを設定するには?
Xamarin.Formsアプリでは、テキスト入力用のコントロールとしてEntry/Editor/SearchBarの3種類を利用できる。(2016/12/7)

ポメラ「DM200」徹底レビュー どれくらい快適に打てるのか?
テキスト入力に特化したキングジム「ポメラ」の最新モデル「DM200」は、使いやすいキーボードなどの特徴はそのままに、外部とデータをやりとりするための機能を新しく搭載したことが目玉だ。まずは携帯キーボードマシンとしての実力をチェックする。(2016/11/8)

アドバンスト・メディア AmiVoice keyboard:
製造現場での入力を支援する音声認識ソフト、ディープラーニングで認識率向上
アドバンスト・メディアが音声認識キーボード入力システム「AmiVoice keyboard」をバージョンアップ。ディープラーニング技術による認識精度向上により誤認識が大幅に改善された。(2016/11/2)

温めるとハゲるスマホカバーをプレゼント 「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーン
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」で「クラウド超変換」にフォーカスした「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーンがスタート。抽選で100人にトレンディエンジェルがデザインされた「温めるとハゲる!毛髪変換スマホカバー」をプレゼントする。(2016/10/7)

乾電池を捨てた“ポメラ”が代わりに獲得したもの――新モデル「DM200」を見てきた
キングジムは10月4日、テキスト入力に特化した携帯ツール「ポメラ」の新製品として「DM200」を発表した。「テキスト入力のしやすさを徹底的に追求したモデル」(同社)だ。(2016/10/4)

新「ATOK」&無線LANを搭載した新ポメラ「DM200」10月21日に発売
キングジムは、デジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM200」を10月21日に発売。PCと同等の性能を備えた日本語入力システム「ATOK for pomera[Professional]」や無線LAN機能を搭載している。(2016/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。