ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「意識調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアニュース:
役職を外れる「ポストオフ」への適応、ポイントは学ぶ姿勢とフラットな人間関係
リクルートマネジメントソリューションズが「ポストオフ経験に関する意識調査」の結果を発表した。ポストオフに良好に適応している人には、必要な知識を学び続ける姿勢やフラットな人間関係の構築が見られた。(2021/6/10)

バレた理由は?:
転職活動がバレて困ったこと 3位「詮索された」、2位「慰留された」、1位は?
ビズヒッツが、転職活動がバレた経験のある男女257人を対象に「転職活動に関する意識調査」を実施した。(2021/6/9)

収入に不満:
年収400万円台の職業ランキング 1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは「年収400万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象316人のうち最も多かったのは……。(2021/6/8)

年収300万円台の職業ランキング 1位は
求人情報サイトを運営するビズヒッツは6月1日、「年収300万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象500人のうち最も多かったのは……。(2021/6/2)

「同僚や他部署とのコミュニケーションが難しくなった」:
約3割の人が「精神的健康度の低下」を実感 P&L Associatesがテレワークに関する意識調査
P&L Associatesは、テレワークに関する意識調査の結果を発表した。社内コミュニケーションが難しくなったと感じている人が過半数を占め、約3割の人が「精神的な健康度の低下」を実感していた。(2021/5/27)

産業動向:
「マイホームの購入」に関する意識調査、コロナ禍で20人に1人が住宅ローンを払えず
GOENは、地方在住でマイホームの購入を検討している既婚男女とマイホームを購入した既婚男女の合計1128人を対象に、「マイホームの購入」に関する調査を行った。調査結果によれば、新型コロナウイルス感染症の影響で約20人に1人が住宅ローンを払えない状況にあることが分かった。(2021/5/26)

クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展に対する意識調査:
「クラウドやローコードツールの普及・発展によってSIerの仕事が変化する」 BlueMemeが意識調査の結果を発表
BlueMemeは、クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展に対する意識調査を実施した。クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展を実感している技術者の割合は64.9%に上った。(2021/5/25)

産業動向:
一戸建ての室温に関する意識調査、一戸建てに住む人の80%が夏と冬の室温に不満
ヒノキヤグループは、全国の一戸建てに住む20代から40代の500人を対象に、インターネット上で、室温に関する調査を行った。調査結果によれば、一戸建てに住む人の約80%が、夏と冬の室温に「不安・心配」や「不満・ストレス」を感じていることが判明した。(2021/5/24)

応募した企業数も調査:
「転職が決まらなかった理由」ランキング 3位「面接で失敗した」、2位「年齢が高い」、1位は?
転職経験がある人を対象に「転職が決まらない理由に関する意識調査」を実施。転職先が決まるまでに応募した企業数や、転職エージェントを使ったかどうかも質問した。(2021/5/21)

産業動向:
住まい選びに関する意識調査、VR内覧をすればモデルルームの見学が不要な人は50.8%
スタイルポートは、インターネットアンケートで、1年以内に新築マンションを契約したことがあるか、もしくは購入を検討している315人にVR内覧を活用した住まい選びに関する意識調査を行った。調査結果によれば、「VR内覧を見れば、モデルルームに行く必要は無い」と回答した人が全体の50.8%に上ることが明らかになった。(2021/5/21)

登録社数は1〜2社が最多:
転職エージェントは実際どう? 利用者が語るメリット・デメリット
求人情報サイトを運営するビズヒッツが、転職エージェントを利用したことがある人を対象に「転職エージェントのメリット・デメリットに関する意識調査」を実施した。(2021/5/20)

産業動向:
リフォームに関する意識調査を実施、半数以上が老朽化を理由に改修を検討
全研本社は、コロナ禍でリフォームを検討している112人を対象に、リフォームに関するアンケート調査を行った。調査結果によれば、全体の半数以上は、老朽化を理由に、住まいのリフォームを検討していることが判明した。(2021/5/19)

働く男女500人に聞いた:
仕事中にスマホでしてしまうこと 3位「ニュースの確認」、2位「SNSの閲覧・投稿」、1位は?
働く男女500人を対象に「仕事中のスマホ利用に関する意識調査」を実施した。どんなことをスマホでしているのか。(2021/5/18)

産業動向:
AlbaLinkが住宅ローンの意識調査を実施、住宅ローンで後悔していない人は81.7%
AlbaLinkは、全国の男女377人を対象に、インターネットアンケートで、「住宅ローンついての意識調査」を行った。結果、住宅ローンで後悔していない人が全体の81.7%に上ることや住宅ローンで後悔しないためには「無理がなく堅実なローン返済計画を立てること」が重要なことが明らかになった。(2021/5/18)

デル、在宅勤務向けの「周辺機器」利用状況についての調査を発表
デル・テクノロジーズは、在宅勤務やリモート会議の実施動向とその際に使用している周辺機器に関する意識調査を実施した。(2021/5/17)

転職で役立った資格 3位「TOEIC」、2位「運転免許」、1位は?
ビズヒッツがビジネスパーソン500人を対象に「転職で役立った資格に関する意識調査」を実施した。(2021/5/17)

年収500万円台の職業ランキング 3位「医療系専門職」、2位「事務・管理部門」、1位は?
ビズヒッツが年収500円台の職業に関する意識調査を実施した(2021/5/14)

キャリアニュース:
週休3日制が導入されたら「自分の時間を確保したい」、20代の66%が回答
学情が「週休3日制」に関する20代の意識調査の結果を発表した。週休3日制を「給与が維持されるのであれば利用したい」と69.4%が考えていた。また、制度が導入されたら取り組みたいことの1位は「趣味など自分の時間の確保」だった。(2021/5/12)

社会人2年目「辞めたい」の声:
社会人2年目が考える「30歳時点の目標年収」は? 若手社員の意識調査
ソニー生命保険が社会人1、2年生を対象とした意識調査の結果を発表した。(2021/4/23)

調査レポート:
賃貸物件に関する意識調査、騒音トラブルなどを理由に半数以上が賃貸契約で後悔
Alba Linkは、賃貸物件を借りたことがある男女500人を対象に、「賃貸物件を借りて後悔する瞬間についての意識調査」を行った。結果、対象者のうち、349人が賃貸契約で後悔した経験があることが判明した。(2021/4/19)

”転職の面接でされた質問”ランキング 3位「職務経歴・経験した仕事内容」、2位「志望動機」 1位は?
ビズヒッツが「転職の面接に関する意識調査」を行い、転職面接での質問や面接対策についてのアンケート結果を発表した。(2021/4/18)

利用には前向き:
週休3日制「給与が減っても利用したい」が20% 導入で取り組みたいことの1位は?
就職・転職情報企業の学情が「週休3日制」について意識調査を実施した。(2021/4/16)

不動産市況:
アットホームが不動産会社に求めることを調査、重説と契約は「対面を望む」が半数以上
アットホームは、物件の購入検討もしくは賃貸を検討している18〜50歳の男女412人に、今後希望する住まいの探し方や不動産会社に求めることについての意識調査を行った。その結果、住宅の購入検討者と賃貸物件を探している対象者ともに、重要事項説明と契約は対面で行いたい人が全体の半数以上を占めることが明らかになった。(2021/4/16)

人事・総務・経理に調査:
紙が「業務効率を下げる」「業務量を増やす」と考える人は8割以上 その理由は?
 年度が切り替わる時期は普段より忙しいと「非常に感じる」「少し感じる」と回答した人事・総務・経理にその理由を尋ねたところ、約8割以上の人が紙の書類により「業務効率が悪くなっている」「業務量が増えている」と考えている。ペーパーロジック株式会社(東京都品川区)が電子契約についての意識調査を実施したところ、そんな事実が判明した。(2021/4/15)

不動産市況:
コロナ禍でテレワークのセキュリティをクラウド化した企業は66.3%、SB C&S調査
SB C&Sは、テレワーク実施企業でセキュリティあるいはシステムを担当する20〜69歳の男女400人を対象に、アンケートで、「テレワーク実施企業のセキュリティに関する意識調査」を行った。結果、コロナ禍を機に、テレワークのセキュリティ対策をクラウドシフトした企業が全体の66.3%を占めることが判明した。(2021/4/9)

不動産市況:
不動産会社に求められるコロナ対策を調査、全体の72%が店舗の感染防止策を希望
すむたすは、自宅の売却を検討している一般消費者825人と不動産売買業への従事歴1年以上の641人を対象に、インターネットアンケートで、「不動産会社に求められる新型コロナ対策サービスと実際の導入状況」の意識調査を実施した。結果、自宅売却検討者の72.8%は、不動産会社の店舗に対して、新型コロナウイルスへの感染防止対策を求めていることが明らかになった。(2021/4/8)

不動産市況:
約半数は実家が空き家になったら売却、Alba Linkが意識調査
Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネット上で、「空き家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行った。調査結果では、全体のうち48.9%が実家が空き家になったら、売却する意向があることが判明した。(2021/4/7)

事務職から転職した理由ランキング 3位「給料への不満」、2位「仕事内容への不満」 1位は?
ビズヒッツが事務職から異職種へ転職したことへの意識調査を実施。経験者の86%が転職を肯定的に受け止めていた。(2021/4/3)

調査レポート:
空き家所有者の意識調査、全体の60%は活用を望むも、40%は「何もしていない」
クラッソーネは、空き家を所有する30歳以上の男女331人を対象に、インターネットを用いて、「所有する空き家」に関する意識調査を行った。結果、対象者の約60%は活用を望むも、全体の約40%は「何もしていない」実態が明らかになった。(2021/3/30)

今日のリサーチ:
年収が高い人ほどエシカル商品の購買意欲が高い――メンバーズ「気候変動問題・SDGsに関する生活者意識調査」
地球温暖化への意識は世代を超えて高まっています。(2021/3/26)

キャリア新プラン利用予定は25.7%、認知度トップは「ahamo」 MM総研が調査
MM総研は、3月17日に「携帯キャリア4社の新料金プラン利用意向調査」の結果を発表した。認知度トップは「ahamo」の73.7%で、いずれかのプラン利用予定者は25.7%となった。(2021/3/17)

調査レポート:
建設業のエンジニアに意識調査、全体の76%がプラント建設に関心
JAGフィールドは、20代〜60代の建設業界に携わるエンジニア1055人を対象に、プラント建設に関する意識調査を実施した。結果、プラント建設に関心があることや今後も需要の高い仕事だと考えていることが明らかになった。(2021/3/17)

仕事に対する意識調査:
“人生で成功するために重要な要素”ランキング 共通1位は「努力」 日本2位で、世界9位だったのは……?
リンクトインが「仕事に対する意識調査 2021年版」を発表した。「人生で成功するために何が重要か?」との質問に対し、日本と調査国全体で上位のほとんどは共通したが、ある要素の評価が異なった。(2021/3/13)

今日のリサーチ:
世界のCEOの4分の3が2021年の経済成長の回復を予測――PwC調査
PwCが「世界CEO意識調査」の結果を発表しました。(2021/3/12)

PC利用者の方が「脅威名の認知度」が高い:
「若いほどセキュリティ教育の受講経験が多く、脅威に遭遇した経験は少ない」 IPAが情報セキュリティに対する意識調査結果を発表
IPAは、「2020年度情報セキュリティに対する意識調査」の結果を発表した。10代や20代はセキュリティ教育の受講経験が多く、脅威への遭遇経験が少ないことが分かった。(2021/3/8)

20代は4割:
「今の仕事は自分に合っていない」3人に1人
Indeed Japanは、全国の15〜64歳の男女を対象に、仕事に対しての考え方や、自身の能力や可能性に関する意識調査を行い、その結果を発表した。それによると……。(2021/3/4)

企業に求められる姿勢とは:
「管理職の女性比率」が30%になるのは25年後か 電通総研、ジェンダーに関する意識調査
電通総研がジェンダーに関する意識調査の結果を発表した。男性が優遇されていると感じる分野や、日本はジェンダー平等に向けて真剣に取り組むべきかどうかを尋ねた。管理職の女性比率が30%になるのは何年後になると予想するか尋ねたところ……。(2021/3/3)

コロナ禍で新築マンションの購入条件が変化 ワークスペースや徒歩圏内の環境を重視
リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は、新築分譲マンションの購入検討者994人を対象に意識調査を実施した。その結果、ワークスペースのあるタイプの間取りを購入検討したい人が4割以上を占めたことが分かった。(2021/3/3)

コロナ禍で治験に遅れ 「訪問治験に参加したい」人は6割
治験情報サイト「生活向上WEB」は、全国3933人に訪問治験に関する意識調査を実施した。(2021/3/1)

職種別の給与・残業ランキングも:
ITエンジニアのキャリア不安、2位は「今の会社で給与が上がるか」、1位は?
パーソル総合研究所が、ITエンジニアの就業意識調査を発表。キャリア不安ランキングの1位は「自分の技術やスキルの陳腐化」だった。(2021/2/26)

キャリアニュース:
テレワークの総合満足度は51.2%、「働く時間」には7割が満足
リクルートキャリアが「新型コロナウイルス禍における働く個人・企業の意識調査」の結果を発表した。テレワークの総合満足度は51.2%で、「働く時間」に70.3%が満足していた。一方、勤務環境の整備に関わる項目には不満を感じる人が多かった。(2021/2/26)

約8割が「改正個人情報保護法でセキュリティ対策強化を考えた」:
すぐに対策をしない理由は「自社がサイバー攻撃による被害に遭う可能性が低いから」 サイバーセキュリティクラウド
サイバーセキュリティクラウドが企業の経営層を対象に実施した「改正個人情報保護法成立後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」の結果を発表した。それによるとサイバーセキュリティ対策強化の必要性を感じている経営層が多数いることが分かった。(2021/2/18)

コロナ禍で変化した「今後のキャリア像」:
転職よりも副業を優先? ライブルベースが「プログラミングに対するイメージ・意識調査」
ライブルベースが実施した「プログラミングに対するイメージ・意識調査」によると、調査対象の約半数がコロナ禍をきっかけに副業を考えていることが分かった。(2021/2/9)

ユーザーが乗り換えたいキャリア1位は? 携帯電話会社の新料金プラン発表を受けて
docomo・SoftBank・auの新料金プラン発表を受け、ユーザーがどの携帯キャリアへ乗り換えを検討したのか意識調査。結果は?(2021/2/8)

3キャリアの新料金プラン、ドコモの「ahamo」が一番人気 ALL CONNECTの調査より
ALL CONNECTは、主要3キャリアの新料金プランに関する意識調査を実施。1位はNTTドコモの「ahamo」で、auの「povo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と続く。(2021/2/4)

ビジネスシーンでも:
「鼻出しマスク」が話題に 正しく着用していないと、どう思われるのか
大学入学共通テストで「鼻出しマスク」が話題になった。正しくマスクを着用しない人は一定数いる。マスクに関する意識調査の結果は?(2021/1/26)

キャリアニュース:
40代で未経験の仕事に転職した理由、1位は「やりたい仕事への挑戦」
「Biz Hits」が「40代の転職に関する意識調査」の結果を発表した。「未経験の仕事に転職した理由」の1位は「やりたい仕事、新しい仕事への挑戦」だった。転職後の収入は「下がった」が約半数で、8割近くが「転職してよかった」と回答した。(2021/1/21)

運転免許証の保有率は?:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はフォルクスワーゲン、2位はBMW、1位は?
ソニー損保が新成人のカーライフ意識調査を実施。普通自動車運転免許の保有率や欲しい車が明らかに。どんな傾向があるのか。(2021/1/11)

新成人のデジタル端末、ノートPCがiPhoneを抜き1位に
マクロミルは2021年の新成人の意識調査を行った。それによると、新成人のデジタル端末の所有率は、「ノートPC」(73.6%)が「iPhone」(66%)を抜き、3年ぶりの1位となった。(2021/1/7)

お年玉もキャッシュレス? 1割が「いつもと違う方法で渡す」
住信SBIネット銀行は、同社口座を保有するユーザーを対象に「お年玉に関する意識調査」を実施した。コロナ禍の影響もあり、同居していない姪や甥に対するお年玉は、9.4%が「例年とは違う方法で渡す」と回答した。(2020/12/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。