ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「貧困」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貧困」に関する情報が集まったページです。

「ハスラーズ」を漫画でレビュー 「女の敵は女」じゃない、ド直球シスターフッド映画
実際の事件を映画化。(2020/2/13)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

スピン経済の歩き方:
やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由
「ガスト」「ジョナサン」などを運営するすかいらーくホールディングスが、2020年4月までに24時間営業を廃止すると発表した。さまざまなサービスで「24時間営業」は当たり前になっているが、歴史を振り返ると、実は……。(2020/1/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
10年後「自家用車激減」の衝撃――オワコンになる意外な業界とは?
進むカーシェアや自動運転技術。10年後には自家用車が最大25%減少の予測も。大打撃を受けそうな意外な業界とは?(2020/1/24)

“環境少女”が世界で受けた真相:
グレタさんが振りまく「終末論ムーブメント」――“破滅の未来”はなぜ人々を魅了するのか
地球温暖化の危機を世界に訴え脚光を浴びるグレタ氏。危機論の是非とは別にこうした「終末論」が人々を魅了する現実があるという。「破滅の未来」をなぜ人々は好んで消費するのか?(2020/1/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃金は減り、リストラが加速…… ミドル社員を脅かす「同一労働同一賃金」の新時代
2020年は「同一労働同一賃金」制度が始まる。一方、厚労省が示した「均衡待遇」という言葉からは、正社員の賃金が下がったり、中高年のリストラが加速したりする可能性も見える。そんな時代の変わり目には、私たち自身も働き方と向き合い続ける必要がある。(2020/1/10)

悪質な情報商材に関わる場合も:
「リツイートで100万円」企画で話題 「懸賞系ツイート」に潜む“情弱向けのワナ”
前澤氏の「100万円プレゼント」で話題の“懸賞系ツイート”。宣伝目的が多いがトラブルに遭うことも。専門家は特に悪質な情報商材に巻き込まれるケースを指摘。(2020/1/9)

【お金は知っている】GDPでは懐具合は測れない より正確に反映するのはGDI
 メガバンクなど大手金融機関系のエコノミストの大多数は財務省など官を忖度するのが常だが、例外も何人かいる。第一生命経済研究所の首席エコノミスト、永濱利廣さんはその一人だ。その永濱さんが「実質マイナス成長だった日本経済」と題したリポートを出した。(2020/1/8)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(前編)
世界の自動車販売台数の3分の1を占める中国で変調が起きている。中国マーケットで起きていることをちゃんと押さえることが第一。次いでその原因だ。そしてそれらが20年代の自動車産業にどんな影響を与えそうなのかを考察してみよう。(2020/1/6)

「施設に入れる金を出せ」「死んだら喪主をしろ」死んだ夫の母や姉たちと縁を切れるのか? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
姻族関係終了届、効果ある?(2019/12/31)

明石市の「不払い養育費の立て替え」方針に反響 市長に聞く“出生数4年連続増”実現した子育て支援
ねとらぼ読者に向けてのメッセージも。(2019/12/24)

公式「?」 ネットミーム「シャミ子が悪いんだよ」が「ネット流行語 100」で表彰されるまでの誰も悪くない半年間を振り返る
伊藤いづもさん「正直お受けしようかかなり迷いました」。(2019/12/16)

2030年の世界地図帳
世界のことについて、今、どれだけ関心があるだろうか。国連だ、グローバルだ、SDGsだといっても、自分とは遠いところの何かだと感じていないだろうか。(2019/12/11)

「私生活動画20万円」に波紋 1カ月間お風呂以外の全てを撮影、すでに個人情報流出のトラブルも 運営会社「プラズマ」の遠野代表を直撃
 「お風呂以外の全ての私生活を1カ月間撮影して20万円」−。こんな「社会実験」が議論の的となっている。プライバシーを金で売るという過激な内容ゆえ、倫理的に問題があると批判の声も飛び交うが、目的は何なのか。実験を手がける企業の代表を直撃した。(2019/12/5)

本物さながらに紅葉する“落ち葉型ディスプレー”が開発される NIMS・早大・多摩美大の共同研究で
きれい。(2019/12/4)

「仲間が世話になったから」 お金が払えない人は無料の「無料食堂」で心温まる出来事、店主に心境を聞いた
さまざまな事情でお金を払えない方に無料で食事を提供しています。(2019/11/30)

より多くのユーザーに金融サービスを:
新しい与信の仕組みを構築 ネットプロテクションズが「NP後払い」アップデート
後払い決済市場はECを中心に大手事業者の参入が続いている。キャッシュレス時代の金融包摂問題や信用情報の評価をどう変えるべきか。ネットプロテクションズはAIを含む最新テクノロジーによって、新しい与信の仕組みを構築した。(2019/11/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「3年で30万人」は絵空事か 就職氷河期世代の雇用対策に欠けた、深刻な視点
兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代対象の正規職員採用では、1635人が受験して4人が合格した。政府はこの世代を「3年で30万人」正規雇用することを掲げるが、どうやってそんなにも多くの人を救えるのか。最大の問題は低収入による“リソースの欠損”だ。(2019/11/22)

生きているだけで価値を生み出せるか?:
自宅映像を1カ月間撮影し続けると20万円もらえる謎のプロジェクト 既に400人が参加申し込み
1カ月間、自宅で映像を撮影し続けると20万円を受け取れるプロジェクトが開始している。日本国内在住で、成人している人が対象。既に参加の申し込みは400件ほど集まっているという。どういう狙いでプロジェクトが立ち上がったのか?(2019/11/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カネがなければ諦めろ? “身の丈”に合わせる英語民間試験導入は廃止すべき理由
萩生田文科相の「身の丈」発言も問題視された、大学入試への英語民間試験導入が延期になった。家庭の経済力による機会の格差が、学力、そして“生きる力”に直結する日本社会で、今回の制度導入は貧困世帯の子どもの命をないがしろにするようなものだ。(2019/11/8)

自己啓発やオンラインサロンと同じ商法:
『ジョーカー』が暴いた「アンチヒーロービジネス」―― 誰もが“都合の良い悪夢”に溺れる訳
大ヒット中の映画『ジョーカー』。筆者はそこに「アンチヒーロービジネス」の構図を見る。現状を変えずむしろガス抜きになっている点を指摘。(2019/11/7)

2020年に「ミドリムシ」で飛行機飛ばす! 認知症研究&エコ燃料で
豊富な栄養素を持ち、人間や環境への有効な使途も期待される「ミドリムシ」。ユーグレナの出雲充社長(39)は、創業15周年の2020年にミドリムシから精製したエコな燃料で飛行機を飛ばすと意気込む。(2019/10/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
ホリエモン「お前が終わっている」発言に見る、日本経済が「本当に終わっている」理由
ネット上の「日本終わっている」にホリエモンが「お前が終わっている」と反論、発言は賛否を呼んでいる。筆者はここに、日本の賃金水準がもたらす本質的な問題を見いだす。(2019/10/23)

飛躍:
ASEANキャッシュレス決済がもたらす機会と脅威
ASEANのデジタライゼーションは先進国が歩んできた段階的なものではなく、リープフロッグとして一足飛びの変化を見せている。(2019/10/23)

「給食にチーズサンドイッチだけはおかしい」 地元住民の寄付で生徒の給食費未払い金が帳消しに
給食費未払いだった生徒もきちんとした昼食が食べられることに。(2019/10/18)

子ども視点の「虐待体験VR動画」はどのように生まれたか プロジェクト代表者に思いを聞く
多くの反響があった動画の舞台裏とは。(2019/10/5)

一度も言っていない……だと……? アニメ「まちカドまぞく」から生まれたネットミーム「シャミ子が悪いんだよ」とは何なのか
原作とアニメで言っていないだけで言ってるというゴリ押し理論。(2019/10/3)

遺品整理から、日本全体が見えてくる 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人はなぜこの道を選んだのか?
【試し読みあり】孤独死について考えてみませんか。(2019/9/21)

「価値づくりのレンズ」を語る:
「共創」の先にあるものとは 一橋大学大学院准教授・藤川佳則氏が講演
キーワードは 「SHIFT」「MELT」「TILT」の3つだ。(2019/9/10)

食パンで地球を救う? 大阪の店が「SDGsパン」開発
食パンが地球を変える−。大阪市鶴見区のパン店が、食品ロスや二酸化炭素(CO2)削減といった地球規模の問題への関心を呼びかけるユニークな食パンを開発した。その名も、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)にちなんだ「SDGs食パン」(2019/9/4)

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する
旅は人を詩人にする――。(2019/9/1)

美しいだけの国 ――東京レッドライン:
美しいだけの国、美しいままの君、美しくなれない私、最期の言葉は「ありがとう」 Lv.近衛りこ
アレキサンドライト――#6。(2019/8/25)

日本の映像業界への危機感 ドラマ「スカム」原祐樹に聞く“クリエイティブとビジネスの溝”
「企画プロデュース」「脚本原案」「監督」を務めた原さんに聞きました。(2019/8/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
月13万円で生活できるか 賃金を上げられない日本企業が陥る悪循環
米フォードの創業者はかつて賃金を上げて生産性を高めた。現代の日本では、海外と比べて最低賃金は低いまま。普通の生活も困難な最低賃金レベルでの働き手は増えている。従業員が持つ「人の力」を最大限に活用するための賃金の適正化が急務だ。(2019/8/9)

「頑張って生活出来るようにするから一緒におってな!」 エハラマサヒロ、“給料2000円”時代に送った手紙に妻「一生捨てられない」
今では4人の親として奮闘中の2人。(2019/7/28)

和田憲一郎の電動化新時代!(34):
真にデジタル化しなければ、モビリティは生き残れない!
最近、筆者が若干勘違いしていたことがあった。デジタル化とビッグデータ化である。どちらかといえば、アナログに対するデジタルのように、ビッグデータは単にデータを集積したものという理解だった。しかし、最近、幾つかの訪問や体験を通して、デジタル化やビッグデータ化がこれまでとは全く違った局面を迎えているのではないかと考えた。その結果、移動手段であるモビリティは将来デジタル化しないと生き残れないと思ったのである。なぜこのような考えに至ったのか、今回述べてみたい。(2019/7/22)

漫画「20年ぶりに親父に会ったら難病だった話」 寝たきりになり筋力を失った父は最期に何を思ったか
家族とは何か、あらためて考えさせられる。(2019/7/15)

ボーダーレスを生む教育:
エストニアが「電子国家」に生まれ変わった本当の理由
5月に行政手続きを電子申請化する「デジタルファースト法」が成立した。マイナンバー制度のロールモデルであるエストニアはなぜ電子政府の仕組みを進めたのか。「e-Residency」(電子居住権制度)公式パートナーであるEstLynxのポール・ハッラステCEOに話を聞いた。(2019/7/18)

美しいだけの国 ――東京レッドライン:
宝石の結晶から生みだされたアンドロイド Lv. 近衛りこ
6月の誕生石|アレキサンドライト――#1。(2019/6/30)

お金はゲームでいえばパラメータの1つでしかない──うめ小沢高広さんに聞く 「楽しく、遊んで稼ぐ」新しい時代の感覚
「うめ」の小沢高広さんが今どきの漫画家の仕事について語るインタビュー。引き続き「おかね」について聞いてみました。(2019/6/14)

ネット「まじで正論」:
せやろがいおじさん「老後2000万円」に物申ーす! 金融庁にツッコミ
「100年安心の年金制度って豪語していて、急に人生百年時代の蓄えを〜!って自助努力呼びかけられてもビックリするわ!」。金融庁が公表した報告書を巡り、沖縄のお笑いコンビ「リップサービス」のツッコミ役で「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さんがそう叫ぶ動画を発信した。(2019/6/12)

架空世界で「認証」を知る:
映画「キングスマン」にみる現代的スパイと認証のたしなみ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第16回のテーマは「スパイ映画と認証」について。(2019/6/6)

ソーラーシェアリング入門(15):
深まるSDGsとソーラーシェアリングの関係性、「儲かる」を越えた価値の創出へ
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は昨今注目があつまっているSDGsとソーラーシェアリングの関係性について考察します。(2019/6/3)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

解決策はあるのか:
コンビニ悩ます「後ろから取る客」の存在 値引きだけでは限界が
新しい商品を買うために棚の後ろから取るお客がいる。悪気はないのだが、食品ロスを生む原因の1つになっている。ローソンの新しい食品ロス対策は成果を出せるだろうか。(2019/5/17)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

15歳と16歳の米人気YouTuber、妊娠ドッキリで炎上
「妊娠はジョークにしていいものではない」と批判されています。(2019/4/23)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
希望した客はいつもタダ! 奈良のトンカツ「無料食堂」が繁盛する深い訳
奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?(2019/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。