ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「再開」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「再開」に関する情報が集まったページです。

関空上空でドローン飛行か 全ての離着陸を一時停止
 国土交通省に「関空上空でドローンのようなものが飛んでいる」と情報が寄せられ、関空は同日午後10時15分ごろから全ての離着陸を停止。約1時間後に運用を再開した。(2019/11/11)

「ラブプラス EVERY」メンテ延長 サービス再開日時は「未定」に
早期の再開に向け準備を進めていると述べています。(2019/11/6)

“カノジョ”に会えない「ラブプラス EVERY」、再開時期は未定に コナミが謝罪
サービス開始直後から正常に遊べない状態が続いているスマートフォンゲーム「ラブプラス EVERY」について、コナミデジタルエンタテインメントが謝罪。サービス再開日時は未定で、11月中に告知するという。(2019/11/6)

荒川弘『銀の匙』、残り4話でついに完結! 約1年5カ月ぶりの連載再開と同時に発表
今回のエピソードも含めて残り4話で完結とのこと。(2019/11/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線を水没から救え――1967年7月豪雨「伝説の戦い」が伝える教訓
台風19号で被災した北陸新幹線は、多くの職員の復旧作業により全線直通運転を再開した。今回の被害は誰にも予測できなかった。しかし、過去には新幹線車両を待避させて水害から守った事例がある。「1967年鳥飼車両基地の伝説」だ。経験に学ぶことが必要ではないか。(2019/11/1)

「幸楽苑」復活! 台風の影響で休業した約240店舗が20日より順次再開
小田原工場で増産体制。(2019/10/18)

LINE「OpenChat」のトークルーム検索機能、2カ月ぶり再開 「出会い募集」続出で監視体制を強化
LINEが「OpenChat」のトークルーム検索機能を再開。出会い目的のトークルームが多くヒットして問題となり、8月20日からメンテナンスを行っていた。不適切なトークルームを検知するモニタリング体制を強化した。(2019/10/17)

「なぜこうなったのか分からない」 台風19号で水没の北陸新幹線、全線復旧見込みは1〜2週間後
台風19号による千曲(ちくま)川の堤防決壊でJR東日本の「長野新幹線車両センター」(長野市赤沼)の車両基地が浸水、北陸新幹線の車両120両が水没した。水没車両が運用する全車両の3分の1にあたり、修理には大幅な機器交換などが必須。北陸新幹線の全線再開は少なくとも1〜2週間かかる見通しだが、仮に復旧しても運転本数は5〜6割にとどまる見通しだ。(2019/10/16)

米中貿易協議が進まない2つの理由
米中貿易協議がまた再開したものの……。(2019/10/15)

首都圏在来線と新幹線の運転再開はいつ? JR東日本、朝から倒木撤去など安全確認で「少なくとも昼までは運休」
山手線は午前10時からの再開を目指しています。(2019/10/13)

Uber Eats、台風の影響で12日のサービス休止 8都府県で キャンペーン中も配達員の安全重視
Uber Japanが台風19号の接近に伴って、12日は東京都などで「Uber Eats」のサービスを終日休止する。配達員の安全を考慮した判断。営業再開が決まった場合は、Uber Eats公式アプリで通知する。(2019/10/11)

ローソン、公式サイトとアプリを再開 個人情報流出は「確認していない」
ローソンが、同社の公式サイトとスマートフォンアプリのサービスを再開。不正アクセスを受け、公開を停止していた。(2019/9/26)

ローソン、公式サイトとアプリを再開 現時点で個人情報の流出はなし
(2019/9/26)

ミュージカル「刀剣乱舞」出演中の二葉要が緊急手術、公演中止へ 双子の兄・勇も状況報告
9月25日に代役で再開予定。(2019/9/21)

携帯キャリア3社、台風15号による通信障害から復旧 千葉県内で携帯電話サービス再開
KDDI、ソフトバンク、NTTドコモの大手携帯キャリア3社は、台風15号の影響で発生した通信障害から復旧し、千葉県内全域で携帯電話サービスを再開したと相次いで発表した。(2019/9/19)

渋谷でネズミ目撃相次ぐ ネットでも“炎上” 駅周辺再開発が原因か
渋谷区で最近、ネズミの目撃情報が相次ぎ、区などが対応に追われている。8月上旬にはコンビニエンスストアでネズミが店内を駆け回る動画がインターネット上で拡散し、店が営業休止となる騒動もあった。渋谷駅周辺では大規模な再開発が続いており、専門家は「再開発で解体されたビルなどからネズミが分散したのでは」と分析する。「渋谷のネズミ」問題を追った。(2019/9/11)

ドコモの「HUAWEI P30 Pro」が9月13日発売に
NTTドコモがHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を9月13日に発売する。国内では現時点でドコモのみが取り扱う。価格は8万9424円(税込み)。米国がHuaweiに対する輸出禁止措置の猶予期間を延長をしたことから、予約を再開していた。(2019/9/9)

【更新:多くが運転再開】JR東日本、台風一過の9日朝8時までほぼ全線で運休決定 通勤通学に影響不可避
午前10時、正午まで運休が決まっているところもあります。【更新 9月9日11時30分】多くが運転再開。ただし一部に駅入場規制や運転見合わせの路線も。(2019/9/8)

踏切事故で運転見合わせていた京急、全線で運転再開
ダイヤの乱れは続いています。(2019/9/7)

サードウェーブ、薄型13.3型ノート「Altair F-13KR」の販売を再開
サードウェーブは、一時品切れ状態となっていた薄型13.3型ノートPC「Altair F-13KR」の販売再開を発表した。(2019/9/6)

京急線、踏切でトラックと接触・脱線事故 「運転再開までに相当の時間がかかる見込み」京急川崎駅〜上大岡駅間の上下線を見合わせ
振替輸送を実施しています。(2019/9/5)

Apple、Siriとの会話を人間が聴いていた件の改善策を発表 録音はオプトインに
Amazon、Google、Microsoft、Facebookとともに音声アシスタントとユーザーの会話の録音を人間が聴いていたと指摘されたAppleが、音声録音をオプトイン(初期設定では無効)にするなどの改善策を発表した。現在停止している録音は、今秋のOS更新ごろに再開する計画。(2019/8/29)

AWS、東京リージョンで障害 段階的に復旧 「PayPay」「Zaif」など影響受ける【追記あり】
午後6時現在、影響を受けたサービスの一部が再開するなど、段階的に復旧が進んでいるとみられる。(2019/8/23)

LINE「OpenChat」、トークルーム検索機能の再開を延期 「検索精度を上げるため」
LINEは「OpenChat」について、一時停止しているトークルーム検索機能の再開時期を延期すると明らかにした。22日昼ごろの再開を予定していたが「より検索精度を上げるために調整中」という。(2019/8/22)

【復活】売れすぎで販売休止になっていた「カップヌードル味噌」の販売を再開
復活おめでとうございます。待ってた!(2019/8/21)

ドコモもHuawei製スマホを発売 「安心して利用できると判断した」 米国の輸出禁止猶予期間延長で
NTTドコモが発売を延期していた中国Huaweiのスマートフォン「P30 Pro HW-02L」の事前予約受付を再開すると発表。米商務省がHuaweiへの輸出規制の猶予期間を延長したことを受けて判断したという。(2019/8/20)

「少しでも多くの笑いを」 ガリットチュウ福島、詐欺注意の“ポスターものまね”で活動再開 スリム内間は“光芸人”宣言
スリムクラブ内間さん「これからは、『光』で生きます」。(2019/8/20)

ドコモが「HUAWEI P30 Pro」の予約を21日に再開、9月発売へ 「安心して利用できると判断」
ドコモが、事前予約の受付を停止していた「HUAWEI P30 Pro」の予約を8月21日に再開する。発売は9月を予定している。米商務省の輸出禁止措置の猶予期間を延長したことで、「安心して利用できる」と判断したため。(2019/8/20)

「としまえんプール」、死亡事故が起きたエリアを今シーズンは営業中止に
他の部分は23日以降の営業再開を見込んで準備しています。(2019/8/19)

不正ログインが起きた「コーナンPay」、サービス再開 残高などの不正利用はなし、SMS使った二段階認証に対応
コーナン商事が、不正ログインが相次いだため一時停止していた電子マネー「コーナンPay」のサービスを再開。調査した結果、残高の不正利用やクレジットカード情報の漏えいなどの被害が起きていないことが分かったため。再発防止に向けてアプリ版のアップデートも行い、SMSを活用した二段階認証に対応した。(2019/8/19)

東北道・佐野SA、一部サービスが営業再開 ケイセイ・フーズ元部長を名乗るSNSアカウントも登場
「きのう、不当解雇されました」元部長を名乗るアカウントも登場、内情伝える。(2019/8/16)

東武動物公園の水上木製コースターレジーナが終了 車両の経年劣化が原因
定期点検中だったが運転が再開されることはなかった。(2019/8/7)

店内で走り回るネズミの動画 ファミマが謝罪、当該店舗は営業休止に
営業再開の可否を検討。(2019/8/6)

「ウォレットサーバにバックドアを仕掛けられた」 仮想通貨流出のビットポイント親会社が発表 一部業務は再開へ
コンピュータ内への不正な侵入を容易にするバックドア型のマルウェアがウォレットサーバに仕掛けられていたことが分かったという。(2019/8/6)

KDDIとUQがファーウェイ製スマホを発売、ソフトバンクも追従 ドコモは?
KDDIが、発売を延期していた中国Huaweiの「P30 lite Premium」の取り扱いを再開すると発表。これにドコモとソフトバンクは追従する?(2019/8/5)

NGT48、メンバー全員で活動再開ステージ 荻野由佳&中井りか「全てがドキドキワクワク」「幸せだった」
TIFで活動再開。(2019/8/3)

KDDI、19年4〜6月期は増収減益 HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プラン導入を検討へ
KDDIが19年4〜6月期の連結業績を発表。売上高が前年同期比2.0%増の1兆2461億円、営業利益が11.4%減の2558億円、最終利益は9.0%減の1626億円と増収減益だった。決算会見で高橋誠社長は、HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プランの導入を示唆した。(2019/8/1)

NGT48がメンバーSNS更新再開 「グループメンバーのフォローを断りなく外すことを禁止」など新ルール
5月21日から停止していました。(2019/7/31)

仲良いな! 「ヒロアカ」堀越耕平、「ワンピ」尾田栄一郎に誘われ「ポケGO」を再開する
コラボしてほしい。(2019/7/29)

仮想通貨流出は5万人 ビットポイント「被害額は返還」
 暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットポイントジャパン(東京)が管理していた約30億円分の仮想通貨が不正アクセスにより流出した問題で、同社は16日、問題発覚後では初となる記者会見を東京都内で開き、被害にあった顧客が約5万人に上ることを明らかにした。流出額相当の仮想通貨は既に調達済みで、顧客にはサービス再開後に仮想通貨で返還する方針だが、再開時期は未定という。(2019/7/16)

7pay、クレジット・デビットカードでのチャージ停止 不正利用対策で
「7pay」で不正ログインの被害が相次いでいる。セブン&アイ・ホールディングスは対策として、クレジットカードとデビットカードによるチャージを一時停止した。再開時期は未定。(2019/7/3)

上坂すみれ、約2年ぶりに個人SNSを再開! ますます“毛深い”姿にファン「本当に嬉しい」「生きてて良かった」
すみぺ復活!(2019/6/20)

富士フイルムの黒白フィルムが復活! 需要は見込めるのか聞いてみた
2019年秋に販売再開。(2019/6/13)

富士フイルム、「黒白フィルム」復活 ファンの声に応えて今秋発売
富士フイルムが、黒白写真用フィルムの販売を今秋再開する。原材料の調達が難しくなり、昨秋に販売を終了したが、愛好家から復活を望む声が多く寄せられていた。(2019/6/10)

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービスを再開へ
米小売り最大手のWalmartが、2017年にシリコンバレーでテストした顧客の留守宅の冷蔵庫に食料品を直接届けるサービスを「InHome Delivery」として今秋一部地域で開始する。(2019/6/10)

アマゾン、Huaweiスマホ直販再開 「P30 Lite」はベストセラー1位に
アマゾンジャパンは6月5日までに、HuaweiのSIMフリースマートフォンの直販を再開した。5日朝時点で、新機種「HUAWEI P30 Lite」はスマホのベストセラー1位に。端末の人気は衰えていないようだ。(2019/6/5)

Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンを販売再開
Amazonが、Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンの販売を再開している。新製品の「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」も購入できる。価格(税込)はP30が7万6456円、P30 liteが3万2279円。(2019/6/4)

「ミレーヌおかえりなさい!」 声優・櫻井智、突然の引退から約3年ぶりに活動再開 「全ては、私の責任です」と謝罪も
待ってました!(2019/6/1)

「体調が良くなった今、仕事をしていきたい」 小林麻耶が活動再開、過去の引退宣言の真相語る
引退という言葉にはずっと引っかかりがあったもよう。(2019/5/31)

漫画『バイオレンスアクション』が連載再開! 6月3日更新の「やわらかスピリッツ」で
約1年2カ月ぶり。(2019/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。