ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tポイント」に関する情報が集まったページです。

「ロッテリア」公式アプリが洗練されていると感じた理由 モバイルオーダーで「これをしたい」を網羅している
お腹が空いているだけでなく、心身ともに疲れ切っているときは味が濃く、ガツンとしたものを食べたい。できれば待たずに食べたい。そんなときに利用したいのがロッテリアのモバイルオーダーだ。ロッテリアではアプリを使って、店に到着する前でもイートインのためのオーダーを行える。(2024/7/1)

ドコモ、「iD」利用で最大20%キャッシュバック 利用回数で当選確率アップ
NTTドコモは、7月1日から「iDご利用で最大20%キャッシュバックキャンペーン」を開催。1回の会計で500円(税込み)以上利用したユーザーの中から、抽選で500人に利用金額合計の最大20%を還元する。(2024/6/28)

スマホ決済のお得な活用術:
「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ
新しいVポイントは、従来のサービスからどう変わるのか? お得にポイントをためる方法についても解説する。ためたポイントはVポイントPayで支払うのがお得だ。(2024/6/14)

「ポイント経済圏」定点観測:
王者楽天ポイントに迫れるか? 新生Vポイントの“勝算”
CCCマーケティングが運営するTポイントと、SMBCグループが運営するVポイントが統合し、新生Vポイントが誕生した。企業発行ポイントの市場規模は2.5兆円を超えているが、新生Vポイントの勝算はどこにあるのか。(2024/6/3)

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

「dポイントクラブ」改定のメリットを解説 ポイント還元率は下がるが、d払い併用でトータルの還元率アップ
NTTドコモは15日、共通ポイント「dポイントクラブ」のランクアップ必要ポイントを引き下げるなどの改定を行った。d払いとの組み合わせでポイントが獲得しやすくなるようにもなっている。高頻度の利用者から低頻度の利用者までメリットがあるとしてアピールしている。(2024/5/15)

Mobile Weekly Top10:
皆さんは「スマホにガラスコーティング」してますか? 私はしていません
いわゆる「100円ショップ」では、ガジェット用の周辺機器類がたくさん売られています。皆さんは、買って使ってみたことはあるでしょうか。最近は、ガラスコーティング液もあるんですよ。(2024/5/4)

NEWS Weeky Top10:
天国からのポスト 空からXに投稿したKANさん、永遠に
61歳で星に帰ったKANさんの公式Xアカウントで新たな投稿があった。KANさんのXでは正月にも「新年おけましてあめでとうございます」というあいさつとファンを励ます内容がポストされ、みんなで心底驚いた。(2024/4/30)

Mobile Weekly Top10:
楽天系の支払い・ポイントサービスのスマホアプリが統合へ 「スマホ決済」が再び熱くなる?
(2024/4/27)

Vポイントアプリが使えない不具合続く 復旧報が発出されるも「エラーが発生しました」との表示に
2024年4月22日、共通ポイントの「Tポイント」と、SMBCグループのポイント「Vポイント」が結合。「青と黄色のVポイント」として再スタートを切った。一部のアプリにVポイントの情報を確認できないなどの不具合が生じている。(2024/4/23)

「Vポイント」の不具合、2日目も解消せず TポイントとのID連携復旧も、アプリが利用しづらい状態に
4月22日から提供を開始した新生「Vポイント」。CCCMKホールディングスのTポイントと、三井住友カードのVポイントを統合し、国内最大級の会員数をほこる共通ポイントサービスとしてスタートを切ったが、統合当日から今にいたるまでシステムトラブルに悩まされている。(2024/4/23)

「ポイント経済圏」定点観測:
アプリ統合で反転攻勢 「楽天ペイ」の“現在地“は? ポイント経済圏の行方
楽天ポイントという最強のポイントを持つにもかかわらず、リアル店舗での決済ではいまひとつ出遅れ感もあった楽天ペイ。反転攻勢に出ようとしているが、どのように?(2024/4/23)

Vポイントの疑問に回答 Tポイントが使えなくなる? ID連携をしないとどうなる?
2003年に誕生した共通ポイントの「Tポイント」と、SMBCグループのポイント「Vポイント」が結合し、「青と黄色のVポイント」に生まれ変わった。長年親しまれてきたTポイントの「T」の字が消えたことで、X(旧Twitter)には混乱の声が上がっている。Xで特に多い疑問にQ&A形式で答える形でまとめる。(2024/4/23)

「Vポイント」サービス再開 開始初日から12時間超えるメンテナンス
ポイント残高の確認などができない状態となっていました。(2024/4/23)

「Vポイント」統合初日、システムトラブル相次ぐ TポイントとのID連携や残高確認ができない事態に【追記あり】
CCCMKホールディングスと三井住友カードが4月22日から提供を開始した新生「Vポイント」だが、サービス開始当日から複数のトラブルが発生。現在、Vポイント数の表示やTポイントとのID連携など、一部機能を停止する事態となっている。(2024/4/22)

新生「Vポイント」で何が変わる? 携帯キャリアとの“ポイント経済圏争い”にも注目
Tポイントが「Vポイント」にリニューアルした。CCCMKホールディングスと三井住友カードが開いた説明会では、プラスチックカードのTカードからモバイルカードへの移行を進める方針が確認された。(2024/4/22)

新生「Vポイント」サービス開始もメンテでポイント確認や連携停止 「再開まで今しばらくお待ちください」
TポイントとVポイントを統合した「青と黄色のVポイント」が始まりましたが……。(2024/4/22)

Tポイント統合の新生「Vポイント」 ID基盤は各社“これまで通り”でスタート、連携で残高統合
「Vポイント」と「Tポイント」が統合し、”青と黄色のVポイント”としてスタートした。双方のアプリやWebからID連携が可能になり、連携によって残高が統合される。Tポイントの会員数は1.28億ID、Vポイントの会員数は2600万ID。単純合算で会員数は1.54億IDとなり「日本最大級のポイントサービス」をうたう。(2024/4/22)

Vポイント誕生記念キャンペーン、抽選で1000〜100万ポイントが当たる
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から「ぶいぶい誕生祭」を開催。青と黄色のVポイント誕生を記念し、毎日抽選で最大1万ポイントが当たる他、キャンペーン期間終了後に抽選で10人に100万ポイントが当たる。(2024/4/22)

Tポイント統合、青と黄色の新「Vポイント」スタート アプリも刷新
CCCMKホールディングスと三井住友カードは4月22日、Tポイントを統合し、新生Vポイントを開始したと発表した。ロゴのデザインを一新し、Tポイントのカラーだった、青と黄色をロゴに採用している。(2024/4/22)

青と黄色の「Vポイント」始動 旧Tポイントとの違いは? 公式Xアカウントが解説
レンタルCD/ビデオ店「TSUTAYA」とともにその名をはせた「Tポイント」に代わり、「青と黄色のVポイント」が2024年4月22日に始動した。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するTポイントと、三井住友カードのVポイントが結合した形となる。Tポイントとの違いについて、Vポイント公式Xアカウントが解説している。(2024/4/22)

「ポイント経済圏」の競争が激化 関係者「差別化が図れなくなった」
「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブと三井住友フィナンシャルグループ(FG)は22日、両社の「Tポイント」と「Vポイント」を統合し、名称を「Vポイント」に統一した新たなポイント事業を始める。(2024/4/21)

新Vポイントは8600万人規模の巨大経済圏 Tポイントはなぜ姿を消すのか
22日から、Tポイントを統合した新たなVポイントのサービスが始まる。新Vポイントのメリットや方向性、共通ポイントの先駆者だったTポイントが消える経緯などを、Q&Aでまとめた。(2024/4/21)

Mobile Weekly Top10:
便利だけど“心理的”に慣れるのが大変? ガストやバーミヤンなどで使える「テーブル会計」
ガストやバーミヤンを始めとするすかいらーくグループのレストランで、テーブル会計の導入が進みました。便利なのですが、心理的な障壁もあったりします……。(2024/4/20)

ユーザーの「ポイ活」意識が高いのはどのポイント? MMDが利用上位4サービスで調査
MMD研究所は、4月15日に「2024年3月QRコード決済上位4サービス利用者のポイ活意識調査」の結果を発表。活用しているポイントは「楽天ポイント」がトップで、QRコード決済上位4サービス利用者のポイ活意識はいずれも7割以上になった。(2024/4/15)

ガストの「テーブル決済」をPayPayで試してみた 便利だけど思わぬワナも
店員を介さずにタブレットで決済できるサービス。それはガストやバーミヤンなど、すかいらーくグループ店舗が導入している「テーブル決済」だ。どのように会計へ進むのか、また所感をまとめた。(2024/4/14)

今日のリサーチ:
1時間以上利用しているSNSが「ない」人は生活満足度が高い――CCCMKホールディングス調査
Z世代向けに実施したSNS利用実態調査の結果です。(2024/4/7)

ヤフー、台湾地震への「緊急支援募金」受付開始 寄付額はすでに6000万円近くに
 Yahoo!ネット募金は4月4日、台湾東部で3日に発生した地震への緊急災害支援募金の受け付けを開始した。募集期間は最長で10月4日まで。(2024/4/4)

よく貯めるポイント 「Tポイント」「楽天ポイント」を超えたのは?
マーケティングリサーチ会社のS&Gは、全国20〜50代の男女を対象に「ポイ活とポイントサイトの利用実態に関するアンケート調査」を実施した。いつもお買い物でポイントを貯めている人は7割、貯めるポイントで最も多いのは「スーパーのポイント」であることが分かった。(2024/4/4)

「ポイント経済圏」定点観測:
三井住友カードのクレカ投信積立で“大改悪” 5大ポイント経済圏の最新動向
企業が発行するポイントが消費活動に欠かせないものになってきた。多くのユーザーが「ポイ活」にチカラを入れているようだが、企業側はどのような囲い込みを図っているのか。最新動向をまとめてみた。(2024/3/29)

トーンモバイルのオンライン申し込み時dポイント/Tポイントを選択可能に
フリービットは、オンラインストアでトーンモバイルに新規申し込みする際に利用でたまるポイントをdポイントかTポイントか選択可能になったと発表。Tポイントの付与レートを利用料金100円(税別)につき1ポイントへ変更した。(2024/3/26)

ポイント経済圏を「最も意識」は楽天が最多 満足度が高いサービスは? MMDが調査
MMD研究所は、2月7日に「2024年1月ポイント経済圏のサービス利用に関する調査」の結果を発表。現在活用している共通ポイント「楽天ポイント」が多く、ポイント経済圏の総合満足度は「PayPay経済圏」がトップとなった。(2024/2/7)

Mobile Weekly Top10:
ゲオの「5478円コンデジ」はニーズを捉えた商品だった
ゲオが税込み5478円で発売したコンパクトデジタルカメラが、今でも注目を集めています。その登場の背景には何があったのでしょうか。(2024/1/20)

NEWS Weekly Top10:
消えた地震の爪痕……“元被災地”の今 神戸新聞の特集に思う
1月17日で、阪神・淡路大震災から29年になる。筆者は当時、大きな被害が出た西宮市内に住み、兵庫県神戸市の学校に通っていた。自宅やその周辺はほぼ無事だったが、学校は半壊した。(2024/1/15)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天、LINEヤフー、メルカリの募金情報まとめ Yahoo!基金では15億円を超える寄付も
2024年1月1日午後4時10分、石川県能登地方を震度7の地震が襲った。NTTドコモやメルカリなどは能登半島地震の被災者を支援するため、決済サービスやポイントを使った募金を呼びかけている。各社が案内する情報をまとめてお伝えする。(2024/1/10)

TポイントとVポイントが最大10倍&10%還元 新Vポイント誕生記念「カウントダウン祭」
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から提供する新たな「Vポイント」に先駆け、4月21日まで合同キャンペーン「カウントダウン祭」を開催。Tポイントは最大10倍付与、Vポイントは利用金額の10%還元を行う。(2024/1/10)

TポイントとVポイントが4月22日に統合、「青と黄色のVポイント」へ
ポイントと決済が融合した新たな共通ポイントサービスが誕生し、各種サービスの名称やロゴが変更となる。(2024/1/10)

TポイントとVポイント、4月22日から統合 カウントダウンキャンペーンも開催
1月9日から4月21日まで合同キャンペーン「カウントダウン祭」が開催されます。(2024/1/9)

「Tポイント」名称消滅、4月22日に 青と黄色の「Vポイント」へ統合
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、両社のポイントサービス「Tポイント」「Vポイント」を4月22日に統合する。これによりTポイントの名称は消滅し、「Vポイント」に統合されることになる。(2024/1/9)

PayPay、「Tポイント」から「PayPayポイント」への交換を2024年3月31日に終了
PayPayは、2024年3月31日に「Tポイント」から「PayPayポイント」へのポイント交換サービスを終了。18時までに交換申請した分までがPayPayポイントとして付与される。(2024/1/9)

TポイントとVポイント、4月22日に「Vポイント」へ アプリもリニューアル
CCCMKホールディングスと三井住友カードは、4月22日から新たな「Vポイント」を開始。TポイントとVポイントの名称とロゴは、自動的に青と黄色のVポイントへ変更される。(2024/1/9)

ヤフーで「緊急支援募金」受付中、寄付額はすでに1億円超え 石川・能登半島地震
LINEヤフーが設立した「Yahoo!基金」は、1月1日午後4時すぎに発生した石川県能登地方を震源とする地震被害に対し、ネット募金サービス「Yahoo!基金」において緊急支援募金を受け付けている。募集期間は3月31日まで。(2024/1/2)

ユーザー自身に選択権を:
「Tポイント」のパーソナルデータ取り扱いに関する「プライバシーセンター」開設
CCCMKホールディングスは2023年12月18日、パーソナルデータの取り扱いを分かりやすく説明して透明性を向上させることを目的に「プライバシーセンター」を開設したと発表した。(2023/12/19)

おサイフケータイ/Google ウォレットの「モバイルTカード」が2024年3月28日で終了 別アプリでの利用を案内
おサイフケータイやGoogle ウォレットから利用できる「モバイルTカード」が2024年3月28日をもってサービスを終了することになった(おサイフケータイタイプは先行して店頭利用を終了する場合あり)。サービス終了後も、他のアプリを通してモバイルTカードを利用することが可能だ。(2023/12/6)

“改悪”続きで「脱・楽天経済圏」の声も 「証券会社の引っ越し」で知っておきたい、注意点と候補先
楽天ポイントの付与条件が変更になることで、ユーザーによっては付与率が悪化する、いわゆる"改悪”は、楽天経済圏のもはや風物詩だ。11月1日にも、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の改定により、特に楽天カードのヘビーユーザーの条件が悪化した。(2023/11/13)

「食べログ」がPontaと連携 ネット予約サービス利用でポイントがたまる
レストラン検索/予約サイト「食べログ」と、共通ポイントサービス「Pontaポイント」が提携。ネット予約サービスを利用するとディナー予約で1人50Pontaポイント、ランチ予約で1人10Pontaポイントがたまる。(2023/11/7)

新NISA迫る:
PayPay証券、最後発からどう巻き返す? 投資初心者との「最強のタッチポイント」生かす
2024年から始まる新NISAを巡り、証券会社の動きが慌ただしくなってきた。最後発からの追い上げとなるのがPayPay経済圏に属するPayPay証券だ。新NISAを機に、どのように巻き返す戦略を考えているのか。PayPay証券の番所健児社長に聞いた。(2023/10/13)

満足度が高い共通ポイントサービス 3位「dポイント」、2位「PayPayポイント」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は「J.D. パワー 2023年共通ポイントサービス満足度調査」の結果を発表した。(2023/10/11)

3年連続で満足度1位の共通ポイントサービスは? J.D.パワーが調査
J.D.パワーは、10月5日に「2023年共通ポイントサービス満足度調査」の結果を発表。楽天ポイントが3年連続で総合満足度第1位を獲得し、金融サービスとの連携でポイントをためているユーザーの満足度は総じて高くなっている。(2023/10/5)

1Vポイント→1Tポイントに交換可能に 統合控えレート引き上げ さらに20%増の期間限定キャンペーンも
三井住友カードとCCCMKホールディングスは10月2日、「Vポイント」を「Tポイント」へ交換する際のポイント交換率を変更した。1Vポイント→0.8Tポイントに交換できたが、同日から1Vポイント→1Tポイントに交換率を上げた。(2023/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。