ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンインストール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アンインストール」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Tech TIPS:
なぜか消えた[新規作成]−[テキストドキュメント]右クリックメニューを復活させる【Windows 11】
エクスプローラーやデスクトップの空いているところを右クリックして、表示されたメニューの[新規作成]−[テキストドキュメント]を選択して、テキストファイルを作成している人も多いのではないだろうか。ところが、右クリックメニューの[新規作成]を開いても、[テキストドキュメント]が表示されないことがある。このような場合に、[テキストドキュメント]を復活させる方法を紹介しよう。(2024/5/23)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Googleがテキストから画像/動画/音楽を作成できるAIモデルを発表/MicrosoftがWindowsの月例のセキュリティ更新プログラムを公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月12日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/19)

レジストリ構造と最適化のこつ【第4回】
Windows「レジストリ掃除」“効果あり”を信じるなら使えるツールはどれだ?
Windowsのレジストリは、システムやアプリケーションに関する設定情報を格納している。不要な設定情報を削除するのに使えるツールを紹介しよう。(2024/3/24)

Daprを採用したZscalerも価値を実感:
マイクロサービスの原則をプラットフォームエンジニアリングにもたらす「Dapr」とは?
マイクロサービスが主流となる中、マイクロサービス向けに開発された「Dapr」が、プラットフォームエンジニアにとって魅力的なものとなっている。(2024/3/22)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「Evoto」は課金方法がユニークなポートレート向けAIレタッチソフトだった
最近、WebやSNSの広告でときどき見かける「Evoto」というフォトレタッチソフトがある。説明を聞いた後に実際に試した。(2024/1/31)

山市良のうぃんどうず日記(275):
Windows 11の「新規作成」コンテキストメニューから突然消えた「テキスト ドキュメント」――復活は実に簡単だった件
2024年1月のWindowsの定例更新から数日後、テキストファイルを新規作成しようと、いつものようにフォルダやデスクトップ上を右クリックし、「新規作成」コンテキストメニューを開いたところ、そこにあるはずの「テキスト ドキュメント」が存在しないことに気が付きました。調べてみると、Windows 11でちょくちょく報告される不具合のようです。解決策も幾つか見つかりますが、それらはちょっとやり過ぎかもしれません。(2024/1/31)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「確定申告書等作成コーナー」で不具合 Chromeでボタンを押せず/OpenAIが組織や企業向けの新有料プラン「ChatGPT Team」を提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月14日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/21)

Tech TIPS:
地味に便利 Microsoft Edgeの「Webサイトのアプリ化」機能
さまざまなWebサービスが提供されており、Webブラウザだけで作業できるほどになってきている。しかし、Webサービスを開くには、Webブラウザを起動し、ブックマーク(お気に入り)などから該当するWebサイトを選択し、といった手間がかかる。アプリケーションのように[スタート]メニューやタスクバーのピン留めから起動できたら便利だと感じたことはないだろうか。実は、Microsoft Edgeの「アプリとしてインストール」機能を使えば、Webサイトをあたかもアプリのように利用できるようになる。この機能の使い方を紹介しよう。(2024/1/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(212):
次世代「Windows Admin Center」は“ゲートウェイがモダン化”、その進化の中身は?
Microsoftは、ゲートウェイをモダン化した「Windows Admin Center(WAC) バージョン2311」のパブリックプレビューを開始しました。WAC バージョン2311は2023年12月12日に一般提供が開始されたばかりですが、今回の“WAC バージョン2311 パブリックプレビュー”とはどこが違うのでしょうか。(2024/1/5)

山市良のうぃんどうず日記(272):
Windowsをクリーンインストールしたら、すぐに済ませておきたい7つのこと
Windowsを中心とした記事の執筆という仕事柄、筆者はWindowsやWindows Serverのクリーンインストールをよく繰り返します。ちょっとした確認のためだけなら、関係のない既定の設定をいじることはないのですが、しばらく残しておきたいという場合は、自分が使いやすいように環境をカスタマイズします。そんなとき、筆者が必ず行う幾つかのことを紹介します。(2023/12/20)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(27):
Microsoftによるブロード展開を待たず、すぐにWindows 11 バージョン23H2にアップデートする最も簡単で最も時間のかからない方法
もし、Windows 11を実行するデバイスが、Homeエディションではなく、Pro以上のエディション(Pro、Enterprise、Educationなど)であるなら、企業向けに古くから用意されている「グループポリシー」設定を使用して、新バージョンがリリースされたその日に機能更新プログラムを受け取ることができます。今回は、企業ユーザー向けではなく、企業向けエディションを利用している個人ユーザー向けの内容になります。(2023/12/12)

イオンモバイル、利用状況から“最適な料金プラン”を提案するサービス開始 シェアプランの改定も
イオンリテールは2023年12月4日、MVNOサービス「イオンモバイル」向けに提供している「スマホメンテナンス」の改善を発表した。合わせて、イオンリテール イオンモバイル商品マネージャー 井原龍二氏がイオンモバイルの取り組みを、MMD研究所の吉本浩司所長がモバイル市場環境を説明した。記事内は全て税込み。(2023/12/4)

Windows 11 Trends:
【Windows 11 2023 Update(23H2)】機能更新プログラムまとめ
Windows 11に機能更新プログラム「Windows 11 2023 Update(バージョン23H2)」の提供が開始された。約1カ月前に2022 Update(バージョン22H2)に対し、Copilot in Windowsなどの機能追加が行われているため、2023 Updateでの変更点が気になるところだろう。そこで、2023 Updateでの変更点や更新方法などを紹介しよう。(2023/11/10)

Tech TIPS:
【Windows 11】Windows Updateでブルースクリーン発生、を解決する方法
Windows Updateで更新プログラムを適用したら、ブルースクリーンが発生して起動できなくなった、ということがまれに起きる。このような状態になる前に、ブルースクリーンが発生した際の対策を覚えておくとよい。本Tech TIPSでは、更新プログラムでブルースクリーンが発生した場合の対処方法を解説する。(2023/9/4)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(16):
新機能の段階的なロールアウトのためにWindows 11に搭載された新しい「Windows構成の更新」の仕組み
MicrosoftはWindows 11 バージョン22H2に対し、新機能を継続的に、そしてその一部は段階的にロールアウトしていく、複数の方式を盛り込んでいます。本連載第11回では、毎月の品質更新プログラムに含める形で提供される新機能と、その企業内での制御について説明しました。2023年6月には「Windows構成の更新」という新しい方法で、新機能が初めて提供されました。(2023/7/11)

Innovative Tech:
スマホアプリの“ゾンビアカウント”削除してる? 7割超が保持 米中の研究者が調査
中国の南開大学と米Indiana University Bloomingtonに所属する研究者らは、使わなくなったモバイルアプリにおけるアカウント削除に関する調査を行った研究報告を発表した。(2023/7/5)

身に覚えのない携帯電話の契約にご用心 ドコモ/ahamoが注意喚起
NTTドコモが身に覚えのない携帯電話の契約に気をつけるよう呼びかけている。何者かが大手企業などを装い、フィッシングサイトへ誘導する事例や、何者かが契約者本人になりすまし、不正に契約する事例もある。ドコモはフィッシング詐欺に関するケースと対処法も公開している。(2023/7/4)

山市良のうぃんどうず日記(259):
Microsoft Edgeの不思議な“検出”とウザいBingチャットを開くアイコンを消す方法
必要のない設定やアドオンをやたらオススメしてきたり、全く役に立たないクーポンをご親切に見つけてくれたり、別のブラウザを使っていると自分をアピールしてきたりと、Microsoft Edgeのうっとうしさは増す一方。そんな中、最近、Microsoft Edgeに話題の生成AI機能「Bingチャット」が搭載されました。(2023/6/21)

「Galaxy S23 Ultra」のSIMフリーモデル登場、1TBのみで25万3440円 キャリアモデルとの違いは?
サムスン電子ジャパンは6月20日、「Galaxy S23 Ultra」のSIMフリーモデルを発表した。価格は25万3440円(税込み、以下同)で、メモリは12GB、ストレージは1TB、カラーはクリームのみ。キャリアアプリやロゴがなく、有料保証サポート「Galaxy Care」の対象となる。(2023/6/20)

PR:自社の従業員が無自覚にやっていることも!? 実は巨大なリスク、ソフトウェアの「不正コピー」を徹底解説
(2023/6/12)

Tech TIPS:
「ブルースクリーン」からの回復:絶望する前に行うべき手順書【Windows 10/11】
システムがブルースクリーンエラーを発生するようになったり、Windows 10/11の動作が不安定になったりしていないだろうか。これは更新プログラムのインストールなどに失敗したことで、システムファイルの不整合が起きている可能性がある。最悪、Windows 10/11の再インストールが必要になるが、その前にシステムファイルチェッカーを使用して、システムファイルの復元を試みるとよい。その方法を紹介しよう。(2023/5/8)

Android Tips:
Androidスマホから「Google Play ストア」アプリが消えた! そんなときの対処法
Android端末でアプリをダウンロードするときに使う「Google Play ストア」アプリは、Android端末にプリインストールされているアプリの1つだ。手動ではアンインストールできず、無効にするにも「設定」を介さなければならない。それでももし、ホーム画面でアプリが見つからなくなった場合の対処法を紹介する。(2023/4/21)

スマホ決済を「使う人」と「使わない人」の決定的な違い 朝日大学マーティング研究所の調査より
朝日大学マーティング研究所は、スマホのキャッシュレス決済に関する調査結果を発表。スマホ保有層の約8割がスマホでキャッシュレス決済を利用する一方、非利用層はアプリの設定や使い方の習得のハードルが高いと感じている。(2023/3/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(231):
ストア版「Microsoft Defender」アプリの“強制インストールが始まる”は勘違い?
1年ほど前からMicrosoft Storeで「Microsoft Defender」アプリが利用可能になっていることに気付いた方はいるでしょうか(当初は「Preview」)。このアプリがいったい何者なのかはさておき、“Microsoftがこのアプリの自動配布を開始した”“強制的な自動インストールが始まった”といった、誤解を与えそうな記事を幾つか見掛けました。今回はその真実を明らかにします。(2023/3/15)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(7):
Windows 11で変更された更新プログラムのアンインストール手順(最新版)を再チェック!
企業内のWindowsデバイスに品質更新プログラムをインストールして、最新のセキュリティ修正プログラムやバグ修正を適用することは、企業内IT環境のセキュリティと安定性を確保するための、IT担当部門の重要なタスクの一つです。しかし、品質更新プログラムのインストールを起因として、Windowsやアプリケーションに突然問題が発生することもあります。そのような問題に対処するのもまた、IT担当部門の仕事です。(2023/2/28)

Windows 11 Trends:
従来と何が違うのか? WSLがMicrosoft Storeからインストール可能に
WSLがMicrosoft Store経由でインストール可能になった。また、WSLコマンドを使ったインストールでも、デフォルトがMicrosoft Storeと同じバージョンに変更されている。従来のWSLと、Microsoft Store版の違いやメリットなどについて解説する。(2023/1/27)

リリース直後に1600万リクエスト、押し寄せるbotの大群 「コードギアス」スマホゲームの安定運用を実現したクラウド活用術
リリース直後に大量のアクセスが見込まれたスマホゲーム版「コードギアス」。対する開発元・JOROは従業員数30人ほどの少数精鋭。JOROが大量のアクセスを無事にさばけた背景を探る。(2023/1/10)

編集部コラム:
需要減でもなお「足りない」半導体/レガシー技術、レガシースキルとの決別/VBAマクロ無効化問題
今年後半によく読まれた記事から、2022年のIT業界事情を振り返ります。(2022/12/30)

半径300メートルのIT:
中小企業流サプライチェーンセキュリティは“アップデート”と“設定変更”から始めよ
サプライチェーン攻撃が話題に挙がる昨今、小さな組織とってもセキュリティ対策は無縁ではありません。しかし何から始めればいいのか分からない、そういった企業に向けた2つの対策をおすすめします。(2022/12/13)

解決!Python:
[解決!Python]pipコマンドでパッケージをインストール/アンインストールするには
Pythonの標準的なパッケージインストーラーであるpipコマンドを使ってパッケージをインストールしたりアンインストールしたり、インストールされているパッケージを調べたりする方法を紹介する。(2023/9/11)

「COCOA」は役に立たなかったのか? 誕生から終了までに起きたこと
厚生労働省は11月17日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の最終アップデート版「3.0.0」の配信を開始しました。陽性者の全数届出の見直しを行うこととなり、COCOAを継続できなくなりました。COCOAが果たした役割や、その有効性について、次のパンデミックを見据えた総括を行うとしています。(2022/12/2)

山市良のうぃんどうず日記(245):
犯人は2人いた? Windows起動直後に「CPU使用率100%」状態が続く原因と解消法
筆者の家には、Windows 11にアップグレードできないWindows 10のノートPCが2台あります。サポート期限の「2025年10月」までWindows 10のままで使い続けるつもりです。しかし、比較的新しいAMDプロセッサ搭載の1台(2018年モデル)が、起動後にCPU使用率が100%の状態が続き、落ち着くまでしばらく使い物にならない状態になってしまいました。この原因は何だったのでしょうか。(2022/11/24)

COCOAの機能停止は「アプリ削除」だけでOKだが……「最終アップデート版」なぜ配信?
「COCOA」の最終アップデート版は、COCOAの機能を確実に停止させられる。ただ、COCOAを端末から削除するだけでも機能は停止するという。では、最終アップデート版は何のためにあるのか?(2022/11/22)

警察庁かたる偽SMS 「マルウェア検出」と嘘の表示、偽アプリ「警察庁セキュリティ無料版」DLさせる
警察庁をかたる偽SMSが出回っているとして注意を呼び掛けた。国税庁を装うフィッシングサイトや、「警察庁セキュリティ無料版」と称する偽アプリのインストールさせるサイトに誘導される。(2022/10/26)

「Pixel 7」シリーズ正式発表 新チップ「G2」でカメラ機能強化 8万2500円から
米Googleは、新型スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」を発表した。価格は、Pixel 7が8万2500円から、7 Proは12万4300円から。同日より日本のGoogleストアでも予約受付を開始してる。(2022/10/7)

.NET 6移行入門(終):
WindowsもArmへの移行が進むのか――Arm64にネイティブ対応するVisual Studio 2022
.NET 6の現状を把握し、具体的な移行方法を学ぶ連載。今回は、Arm64にネイティブ対応するVisual Studio 2022についてまとめる。(2022/10/7)

Microsoft、キーボードアプリ「SwiftKey」のiOS版終了へ Android版は継続
Microsoftはキーボードアプリ「SwiftKey」のiOS版を10月5日に終了する。Android版は提供を続ける。終了の理由は公表していない。(2022/9/30)

「COCOA」は本当に“役立たず”だったのか?
河野太郎デジタル大臣が接触確認アプリ「COCOA」の機能を停止する見通しを明らかにした。これを受け同日夜にはTwitterで「アンインストール」が一時トレンド入り。COCOAは何を残すのか。(2022/9/14)

接触通知アプリ「COCOA」が機能停止へ アンインストールについては「もうしばらくそのままに」
機能停止日は決まり次第発表するとのことです。(2022/9/13)

CEDEC 2022:
「ソシャゲの周年イベント当日にアクセス障害」──2年連続で苦渋なめた「ガルパ」、バックエンドの“6周年”対策
3周年と4周年のイベント時にアクセス障害を発生させてしまったスマホゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」。2度の失敗を踏まえ、運営チームはいま、どのようにアクセス障害に備えているのか。キーパーソンが詳細を解説する。(2022/8/30)

「原神」のアンチチート機能をマルウェア攻撃に悪用 トレンドマイクロが事例を発見
トレンドマイクロが、人気ゲーム「原神」のアンチチートプログラムをマルウェア攻撃に悪用する事例を発見。ユーザーが使っているアンチウイルスソフトを停止し、偽のソフトをインストールさせるといった用途で悪用されるという。(2022/8/27)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(177):
仮想マシンへの最新のアプリケーションデプロイを自動化する「VMアプリケーション」とは
Azureコンピューティングギャラリーで正式に利用可能になった「VMアプリケーション」は、Microsoft Azureのパブリックイメージやカスタムイメージ(WindowsまたはLinux)へのアプリケーションのデプロイを自動化したり、既存の仮想マシンに拡張機能のようにアプリケーションを追加または削除したりできます。(2022/8/5)

WordPressプラグインに制御権乗っ取りの脆弱性 直ちにアンインストールを
WordPressのページビルダープラグイン「Modern WPBakery」に脆弱性が見つかった。これを悪用されると、Webサイトの制御権が乗っ取られる可能性があるため迅速なアンインストールが求められる。(2022/7/21)

Arm64アプリのビルドとデバッグが可能に:
Arm64デバイスでネイティブ開発が可能に、「Visual Studio 2022 17.3 Preview 2」がリリース
MicrosoftはWindows 11向けのネイティブArm64アプリケーションとして「Microsoft Visual Studio 2022バージョン17.3 Preview 2」をリリースした。「Windows 11 Armデバイス」でArm64アプリケーションのビルドとデバッグをネイティブにサポートする。(2022/6/17)

さようなら、全てのインターネット・エクスプローラー
6月16日、Windows用のウェブブラウザーである「Internet Explorer」(IE)が、ついに最後の日を迎えた。幾度も延期されてきた「サポート終了」の日がやってきたのだ。(2022/6/17)

山市良のうぃんどうず日記(232):
「C:\Windows\WinSxS」(コンポーネントストア)は絶対に触れてはいけないWindowsの“聖域”
Windowsの「C:\Windows\WinSxS」フォルダのサイズが気になってしょうがないユーザーは多いようです。特に「C:\Windows\WinSxS\Temp」は一時フォルダなんだから、何とかしてファイルを削除して中身を空っぽにしたいと考えている人がいるようです。でもそれ、絶対にダメですよ。(2022/5/25)

コロナにかかったら、SMS通知が止まらなくなった話
新型コロナウイルス感染症にかかった。それから3週間近く。全快した後も保健所から毎日、コロナ関連のSMSがスマホに届き続けた……。(2022/4/28)

Googleがアーカイブ機能を予告 アプリを消さずに最大60%の空き容量を確保
Googleは、Android Developers Blogで、Androidの新機能「アーカイブ」を開発していることを明らかにした。アプリとユーザーデータを端末に残したままアーカイブすることで、最大60%の空き容量を確保でき、最新バージョンへの復元もできる。2022年後半にリリース予定。(2022/4/19)

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法7選(2022年最新版)
外出先で、iPhoneのバッテリーが減ってもすぐに充電ができないときは、バッテリーを長持ちさせる設定を試してみましょう。バッテリーを消費しがちな機能の設定を変更して、消費電力を抑えられます。低電力モードを有効にしたり、画面の明るさを調整したりすることから始めてみてください。(2022/4/11)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(macOS編)
macOSにPythonをインストールする方法は幾つかある。代表的なインストール方法を紹介し、選択のポイントについて考えてみる。(2022/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。