ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「風力発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック

高圧直流送電で再生エネ主力電源化 日立、世界シェア首位 英洋上風力で使用
英中部ヨークシャー地方の沿岸から東へ約130キロ。北海の一角で、世界最大の洋上風力発電所ドッガーバンクウィンドファームの建設が進められている。(2021/6/9)

自然エネルギー:
大型陸上風力の低コスト化に貢献、清水建設が国内最大級のタワークレーンを新開発
清水建設は2021年5月10日、100%子会社であるエスシー・マシーナリとIHI運搬機械と共同で、超大型の陸上風力発電施設の建設に対応できる国内最大級の移動型タワークレーンの設計・製作に着手したと発表した。(2021/5/11)

「カーボンニュートラル」 二酸化炭素排出分を除去 差し引きゼロに
日本は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素など温室効果ガスを年間約12億1300万トン排出している。これを水素などクリーンエネルギーや洋上風力などの再生エネルギーの活用で大幅に削減する。(2021/4/22)

「カーボンニュートラル」なぜ菅政権は一気に実質ゼロへのかじを切ったのか
 日本は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスを年間約12億1300万トン(令和元年度)排出している。これを水素などクリーンエネルギーや洋上風力などの再生エネルギーの活用で大幅に削減する一方、やむを得ず排出される温室効果ガスと同じ量を吸収や除去することで大気中の排出量を2050年時点で「差し引きゼロ」、つまり「ニュートラル(中立)」にすることを目指すのが、菅義偉(すが・よしひで)政権が昨年10月に表明した「2050年カーボンニュートラル」だ。ただ、実現へのハードルは高い。(2021/4/21)

自然エネルギー:
日本の風力発電に“新たな風”、相次ぐ「洋上市場」への新規参入――各社の狙いとは?
洋上風力市場への参入機運が高まっている。大手ゼネコンや海運会社など、これまで脇役だった業種が主役に躍り出た。スマートエネルギーWeek2021「WIND EXPO(風力発電展)」で、はっきり分かったトレンドとは? 日本に吹きはじめた、新しい風を読む。(2021/4/15)

産業動向:
三井住友建設らが高さ200m級の風力発電用タワーと架設用機械の開発に着手
三井住友建設とオランダに本社を構えるMammoetは、高さ200メートルの風力発電用タワーと専用架設機械の共同開発をスタートした。三井住友建設は、今回の開発で得られた知見と技術を生かし、欧州の風力発電事業への参入も構想している。欧州の基準に詳しい設計コンサルタントとも協働していく予定だ。(2021/4/6)

自然エネルギー:
小型のマイクロ風車を新開発、電力は「走る電池」で必要な場所へ
シナネンとがSinagyRevoは「エネマネ・自家消費 EXPO」で、開発中の小型風力発電システムを披露。自家消費を想定したモデルで、2021年度中の販売開始を目指すという。(2021/3/15)

自然エネルギー:
50kW級の小型風力を新開発、ゼファーとリコーらが自家消費向けに
ゼファー、リコージャパン、シルフィードの3社は2021年1月18日、50kW級の風力発電機を新たに開発し、太陽光発電と並ぶ電源として普及させることに共同で取り組むと発表した。(2021/1/20)

東京ガス・内田高史社長 再生エネ 洋上風力発電に力
当社を取り巻いている環境は、デジタル化、顧客の価値観の変化・多様化、エネルギー自由化、脱炭素化の4つに集約される。これらを進めつつ、海外事業もより注力していく。(2021/1/17)

産業動向:
戸田建設がブラジルで陸上風力発電・売電事業に着手
戸田建設は、ブラジルで、陸上風力発電・売電事業を展開する現地法人2社を設立した。両社は、現在、発電出力が27.72MW(メガワット)に及ぶ陸上風力発電施設の開発を進めている。(2020/12/23)

プロジェクト:
大林組が六ヶ所村で約1.7万世帯の電力を供給する風力発電所の建設に着手
大林組は2017年、秋田県三種町で合計出力6メガワットの陸上風力発電所「三種浜田風力発電所」を完成させ、2018年に運転を開始した。2020年には、三種浜田風力発電所に次ぐ2件目となる陸上風力発電所の建設工事を青森県六ヶ所村で開始した。(2020/11/10)

導入事例:
風力発電所の施工に風車用タワークレーンを適用、鹿島
鹿島建設は、山形県米沢市板谷で、2018年9月から着手している「いちご米沢板谷ECO発電所建設工事」における風力発電所の施工に風車用タワークレーンを適用した。今後、同社は、風車用タワークレーンを積極的に導入し、大型化する風車の建設に対応して、顧客の風力発電事業における収益向上に貢献していく。(2020/10/9)

自然エネルギー:
“台風発電”の実現へ前進、2020年8月の台風4号で風力発電に成功
小型風力発電機の開発を手掛けるチャレナジーは、沖縄県石垣島に設置した垂直軸型マグナス式風力発電機の実証機が、同年8月に発生した台風4号での発電に成功したと発表。発電可能な最大瞬間風速の記録を30.4m/sに更新したという。(2020/10/7)

自然エネルギー:
国内初の「再エネ・クロス発電」が始動、1つの系統枠で太陽光と風力を同時運用
東光電気工事が1つの系統連系枠内で、太陽光発電と風力発電を同時に運用する「再エネ・クロス発電」を行う国内初の発電所の運用を開始。単独で発電を行うより、設備利用率を高められるのが特徴だという。(2020/9/10)

Apple、高さ200メートルの風力発電に出資 ヨーロッパでの再生可能エネルギー利用を拡大
デンマークとドイツでグリーンエネルギーを推進する計画で、カーボンニュートラルに向けて前進する。(2020/9/7)

工場ニュース:
熱処理工程の移管で新工場を増設、災害リスク回避や大形軸受の生産を強化
日本精工は、NSK富山への熱処理工程の一部移管に伴い、高岡工場に新工場を増設した。災害時のリスク回避による事業継続体制の強化、好調な風力向けを中心とした大形軸受の生産を強化する。(2020/8/25)

PCIM Europe digital days 2020、三菱電機:
再エネ、一般産業向け「LV100タイプ」IGBTモジュール
三菱電機は、オンライン開催となったパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe digital days 2020」(2020年7月7〜8日、ドイツ時間)に出展。新製品として、高い信頼性と拡張性を持つ一般産業用途向けのLV100モジュールを紹介した。耐圧1200V、1700Vをラインアップし、風力発電用コンバーターや太陽光発電セントラルインバーターなどの用途に向け、2020年中に製品化する予定だ。(2020/7/17)

産業動向:
五洋建設がSEP船有すDEME Offshoreと洋上風力建設で協業
国内で、港湾区域と一般海域で洋上風力発電設備の開発を促進する法律が整備され、全国各地で洋上風力発電の開発が活発になっていることを受け、五洋建設も、DEME Offshoreと手を結び、海上での風力発電建設へ本格的に乗り出した。(2020/6/16)

自然エネルギー:
洋上用の大型風車を地上に設置、太陽光も併設する発電所が北九州に完成
自然電力が福岡県北九州市の響灘地区で建設を進めていた風力発電と太陽光発電を併設した「北九州響灘風力発電所・太陽光発電所」が完成。洋上用の大型風車を地上で活用している。(2020/5/22)

自然エネルギー:
国内最大級121MWの風力発電所、4月から青森県つがる市で運転開始
グリーンパワーインベストメントのグループ会社であるグリーンパワーつがるが建設を進めていた風力発電所「ウィンドファームつがる」が完工し、商業運転を開始した。国内最大規模の風力発電所になるという。(2020/4/20)

自然エネルギー:
風速2m/sで発電できるマイクロ風車を活用、シナネンが小型風力事業に参入
シナネン(東京都港区)がマイクロ風車事業への参入を発表。グローバルエナジーが開発した小型のマイクロ風車を利用した独立電源システムや屋上用風力発電システムの開発・販売を行う。(2020/3/11)

自然エネルギー:
ブレード落下の危険も、経産省がXzeres社の小型風力発電機の使用停止を要請
経済産業省が米Xzeres社の小型風力発電「Xzeres 442SR」の所有者・占有者に対し、使用を停止するよう要請。運転を継続した場合にブレードが落下する危険性があり、注意を呼びかけている。(2020/3/4)

ドローン:
300mを潜行するFullDepthのクラウド型水中ドローン、ダムや洋上風力発電の点検に導入
水中ドローンに特化して機体の開発とクラウドサービスを展開しているFullDepthは、2019年10月に最大潜行深度300メートルの新機種を市場投入した。(2019/12/24)

自然エネルギー:
自然電力がカナダ企業と合弁会社、千葉県での洋上風力発電事業を推進
自然電力とカナダのNorthland Power社は、洋上風力発電事業における協業について合意し、千葉県内における洋上風力発電事業に共に取り組んでいくと発表した。本提携を進めるため、両社は出資比率50:50の合弁会社「千葉洋上風力」を設立し、合計約600MW(メガワット)の事業を進めていく。(2019/12/9)

自然エネルギー:
洋上風力の施工性と効率を向上、大林組が建設技術を新開発
大林組は、着床式・浮体式の2つの形式で洋上風車建設に関わる技術を確立したと発表した。施工の効率化や低コスト化、発電効率の向上などに寄与する技術だ。(2019/12/3)

法制度・規制:
小型太陽光・風力に事故報告を義務化、住宅太陽光は立ち入り検査対象に
経済産業省が小型の太陽光発電や風力発電に対する保安規制を強化する方針を公表。50kW未満の太陽光発電、20kW未満についても、報告徴収や事故報告の対象とする方針だ。(2019/11/28)

五洋建設が12MWの水上風力発電を建設可能な「SEP船」建造に着手
五洋建設、鹿島建設、寄神建設の3社は、10〜12メガワットクラスの着床式洋上風力発電施設を建設できるSEP型多目的起重機船を共同で建造する。投資額185億円で、2022年9月の完成を目指す。(2019/11/28)

自然エネルギー:
横浜信金が本店の電力を100%再エネに、みんな電力のトラッキングを活用
横浜信用金庫が関内本店において再生可能エネルギー100%の電力の使用開始。みんな電力が提供しているブロックチェーン技術を利用した電源特定サービスにより、主に青森県横浜町の「横浜町雲雀平風力発電所」で発電された電力を利用する。(2019/8/28)

自然エネルギー:
蓄電池を併設する35MW級の風力発電所、青森県で年間2.4万世帯分を発電
日立キャピタルのグループ会社である津軽風力発電は2019年7月、青森県五所川原市相内および北津軽郡中泊町に建設した「十三湖風力発電所」の竣工(しゅんこう)式を行った。定格出力2300kW(キロワット)の風力発電システムが15基設置された。発電能力は34.5MWである。(2019/8/16)

自然エネルギー:
風力と太陽光発電を併設する発電所、自然電力が九州で着工
自然電力は、福岡県北九州市の響灘地区に風力発電設備と太陽光発電設備を併設する「北九州響灘風力発電所・太陽光発電所」の建設を着工した。(2019/7/9)

蓄電・発電機器:
風力・水力・太陽光で充電可能な「コンテナ型蓄電池」、NTNが新開発
NTNは、貨物輸送用コンテナに風力・水力・太陽光の3種類の自然エネルギーによる発電装置と蓄電池を格納し、発電・電力供給が行えるコンテナ収納移動型の独立電源を開発。災害時に、電力供給が困難となった被災地などに複数の手段(トラック・貨物船・ヘリコプターなど)で移動し、迅速に少人数で設置できる。(2019/6/6)

自然エネルギー:
北海道初の蓄電池併設型の風力発電所、年間3万世帯分を発電
北海道初となる蓄電池併設型の風力発電所が稼働を開始した。蓄電池を活用して出力変動対策を行いながら、年間3万世帯分に相当する発電量を見込んでいる。(2019/5/17)

風速に応じて自動で窓の開き具合が変化、三協立山が中高層ビル向けの「省エネサッシ」を発売
三協立山・三協アルミ社は、中高層ビルを対象に、風の強さに応じて窓の開閉角度が変わる「風力すべり出し窓」を発売した。(2019/4/5)

材料技術:
炭素繊維強化樹脂の市場は2倍超に成長、自動車ではプラットフォーム共通化が後押し
富士経済は2019年3月7日、グローバルでの炭素繊維複合材料の市場調査結果を発表した。ポリアクリロニトリル(PAN)系炭素繊維複合材料の2030年の世界市場は、2017年比2.6倍の3兆5800億円に拡大する。自動車や風力発電ブレード、航空機、建築や土木で採用が拡大する見通しだ。(2019/3/14)

5G活用も視野に KDDIの「スマートドローン」が6月にサービス開始
KDDIが、モバイル通信に対応した「スマートドローン」を活用した法人向けサービスを、2019年6月から順次提供する。駅や道路の広域監視、鉄塔や風力の点検、測量解析、農業などに役立てる。今後は5Gも視野に入れたサービス拡張に努める。(2019/3/6)

Google、機械学習で風力発電量を予想 DeepMindと共同研究
風力発電で、36時間後の発電量を予想できるようになった。(2019/2/28)

自然エネルギー:
再エネ水素をお風呂に生かす、北海道で水素サプライチェーン実証が本格始動
北海道室蘭市で再生可能エネルギーの電力で製造した水素を街活用する実証が本格スタート。風力発電の電力で製造した水素を運搬し、燃料電池を活用して温泉施設に電力と熱を供給する。(2019/2/5)

自然エネルギー:
風力発電の稼働率向上に貢献、NTNが監視システムを拡販へ
NTNは大型風力発電装置向けの状態監視システム「Wind Doctor」を拡販する。2012年に発売を開始した同システムは、国内設置数がまもなく200台に到達する見込みだという。(2019/1/31)

自然エネルギー:
再エネ100%のデータセンター、京セラCSが北海道石狩市に建設
京セラコミュニケーションシステムが北海道石狩市に再生可能エネルギー100%で運用するデータセンターを建設すると発表。太陽光、風力、バイオマスで発電した電力を自営線で結び、直接電力供給を行う。(2019/1/18)

自然エネルギー:
「浮体式」洋上風力の導入拡大へ、NEDOが低コスト化技術の実証に着手
NEDOが日本周辺の海域に導入しやすい、浮体式洋上風力発電の低コスト化につながる新技術の実証研究に着手。2030年に発電コスト20円/kWhの達成を目指し、先進的な要素技術の実証研究に取り組む。(2019/1/7)

自然エネルギー:
英国最大級の洋上風力プロジェクト、MHIヴェスタスが9.5MW風車を100基納入
三菱重工業の関連会社MHIヴェスタスが英国最大級の洋上風力発電プロジェクト向けに、9.5MWの風車を100基納入すると発表。MHIヴェスタス設立以来最大規模の受注で、発電所は2022年の運転開始を予定している。(2018/12/27)

自然エネルギー:
火力発電所に風力発電、10mの落差で430世帯分を発電する小水力発電所も
再生可能エネルギー電源の開発を進めている中部電力が、風力発電所と小水力発電所の新設を決定。2カ所の合計で、年間9640トンのCO2排出量の削減効果を見込む。(2018/12/26)

自然エネルギー:
日本初の民間資金100%の洋上風力発電、富山県沖で2020年稼働へ
日本初となる民間資金100%の洋上風力発電プロジェクトが始動。富山県沖で2021年1月に運転開始する計画だ。(2018/12/26)

自然エネルギー:
洋上風力発電の導入を円滑化、設備の維持管理基準を策定へ
経済産業省と国土交通省は洋上風力発電導入の円滑化に向け、設備の維持管理技術に関するワーキンググループを立ち上げる。洋上風力発電設備の維持管理に関する議論を行い、年度内に維持管理に関する基準を策定する方針だ。(2018/12/18)

自然エネルギー:
東電初の商用洋上風力、2019年から千葉県銚子沖で稼働へ
東京電力ホールディングス初となる商用洋上風力発電が2019年1月から稼働を開始する。NEDOプロジェクトで実証用として千葉県銚子沖に設置した発電所で、出力規模は2.4MWだ。(2018/11/30)

省エネ機器:
再エネの利用効率を高める「直流送電」、三菱電機が事業を本格展開
三菱電機が建設を進めていた、直流送電システムの製品開発・検証施設が完成。洋上風力発電や太陽光発電等との連系が容易で、再生可能エネルギーの利用効率を高められる直流送電システム事業を本格的に展開する。(2018/11/21)

「ビル風」を資源に変える都市型風力タービン、JDA国際最優秀賞を受賞
英国ランカスター大学の研究グループが開発した都市型風力タービン「O-WIND TURBINE」が、「JAMES DYSON AWARD2018」の国際最優秀賞を受賞した。強くて厄介な「ビル風」を資源に変えるアイデアだ。(2018/11/19)

エネルギー管理:
東京電力、千葉県銚子沖で洋上風力発電の可能性を調査
東京電力ホールディングスが、千葉県銚子沖での洋上風力発電事業の検討に向け、海底地盤調査を開始した。(2018/11/7)

自然エネルギー:
日揮が洋上風力発電に参入、社長直轄の専門組織を新設
日揮はグローバルに市場拡大が見込まれる洋上風力発電事業への参入を決めた。2018年11月1日付で社長直轄の「ウィンドパワープロジェクト室」を新設し、案件の開拓から見積もり、プロジェクト遂行に至るまで、一貫して遂行する体制を構築する。(2018/10/30)

自然エネルギー:
風力発電の導入拡大へ、北海道に「送電線+大型蓄電池」を新設
北海道北部で風力発電の導入拡大を目的とした、送電線の新設プロジェクトが始動。新たに設置する変電所には大型の蓄電システムを導入し、出力変動対策に活用する。(2018/10/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。