レビュー
» 2009年05月20日 23時06分 公開

写真で解説する「L-06A」 (2/2)

[青山祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 L-06Aは、GoogleのサービスにワンタッチでアクセスできるGoogleサービスキーを搭載している。ディスプレイ下のGoogleサービスキーをタッチすることで、即座にGoogleサービスメニューが起動。そのメニューからGoogleサービスを呼び出せる。なお、L-06Aは、同時発表された「HT-03A」のように、「Android」を搭載しているわけではない。

photophoto ディスプレイ下部(左)とダイヤルキー下部(右)にGoogleサービスキーを搭載する。「g」がGoogleサービスキーを示す。このキーを押すと、「Googleサービスメニュー」が現れる。ディスプレイ下部のGoogleサービスキーからは「戻る」操作も可能
photophotophotophoto メニューには検索や地図、G mail、YouTubeなどが並ぶ

 カメラで撮影した動画や静止画を簡単にYouTubeやPicasaにアップロードできる機能も搭載。動画撮影の終了直後、画面に「YouTube」ボタンが現れ、ここをタッチすることで、あらかじめYouTubeに設定したマイアカウントに動画がアップロードされる。カメラからメールに切り替える手間が省けるのはもちろん、メールアドレスやアカウントをその都度設定する必要がなく、便利に使える。

Googleサービスキーから、タッチパネルを使って簡単にWebサイトの検索ができる(※音声が再生されます)

(ムービーはこちらからでも参照できます)

 L-06Aは、ドコモが6月に開始する上り最大5.7MbpsのHSUPAに対応しているので、動画や画像を従来よりも高速でアップロードできる。データ通信端末として発表されたLGエレクトロニクス製の「L-05A」もHSUPAに対応するが、L-06Aはドコモの音声端末としては初のHSUPA対応機となる。開始時は東京23区内がサービスエリアとなる。

photophoto
photophotophoto 動画をYouTubeにアップロードする手順。動画の録画後に画面に「YouTube」アイコンが現れる。ここをタッチすると動画の送信画面が現れ、その後送信メールの作成画面となる。「送信」をタッチすることアップロードが開始。完了すると確認メールが送られてくる

 カメラの顔検出機能を利用して、人物の顔にさまざまなエフェクトをかけられる「おもしろフェイス撮影モード」機能も搭載。「頭デッカチ」や「モザイク」「魚眼レンズ」などのユニークな効果に加え、人物をよりキレイに写す「美肌」も利用できる。

 このほか、写真を組み合わせて音響効果などを加えたオリジナルのビデオクリップを作成できる「Muvee Studio」や、写真に手描きしたものをメールで送り、その過程をFlashで再生する「モーションお絵かき」機能を搭載。これらのカメラ機能は、同時に発表された「L-04A」と共通だ。

photophotophotophoto 「おもしろフェイス撮影モード」はカメラモードの1つとして用意。「頭デッカチ」や「魚眼レンズ」など、非日常的なエフェクトが楽しめる

 L-06Aは韓国のLGエレクトロニクス製ということもあり、日本語と英語だけでなく、韓国語にも対応するマルチリンガル機能を採用している。メニューを韓国語にできるほか、韓国語で作成した国際SMSの送受信ができる。このSMSは韓国向けだけでなく、L-06A同士や「L-01A」、L-04Aとの送受信も可能だ。

photophoto 使用する言語を韓国語にすると、全メニューが韓国語に変換される。韓国語でのSMS作成もできる。メール作成画面で文字種の「韓」タブを選択すると、韓国語を入力できるソフトウェアキーボードが現れる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう