ニュース
» 2018年12月17日 21時45分 公開

名刺アプリ「Eight」がメジャーアップデート UIを変更して名刺管理機能を強化

Sansanは、12月17に個人向け名刺アプリ「Eight」のメジャーアップデートを実施した。「ホーム」「連絡先」「会社」「自分」という4つのタブで構成し、両面のデータ化も実現。より使いやすいスキャン機能や、分かりやすい連絡先一覧も利用できるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Sansanは、12月17に個人向け名刺アプリ「Eight」のメジャーアップデートを実施。まずはiOS向けに行い、Android向けは順次公開となる予定だ。

Photo 名刺アプリ「Eight」がメジャーアップデート

 アップデート後は「ホーム」「連絡先」「会社」「自分」という4つのタブで構成。「ホーム」ではこれまで名刺交換した相手の人数・企業数などがひと目で把握でき、ユーザーに合わせた情報が掲載される。また、名刺交換相手のビジネス情報をEight上で受け取れるフィードを見られるようになる。

Photo アップデート後の画面イメージ

 「連絡先」では登録した名刺の一覧を確認でき、検索機能をはじめ交換月や名前順での並び変えもサポート。電話の着信時にも名刺情報を表示する。新たに追加された「会社」タブではこれまで名刺交換した相手の会社の一覧を表示し、会社概要や会社の企業ページの投稿を見られる。また、Eightユーザーの顔写真アイコンが連絡先一覧に表示される。

 「自分」では過去名刺や自身のキャリアサマリーの登録の他、各種設定やプレミアムユーザー向け名刺データのダウンロード機能をタブから行えるようになった。関連のある会社の社員や過去その会社に所属した名刺交換相手も一覧で確認できる。

 月額480円または年額4800円のプレミアムユーザーは両面のデータ化も利用可能。スキャンした名刺情報をもとに「会社概要」「住所」「URL」といった会社情報を追加し、メールの宛先を入力して簡単にお礼の連絡ができる「お礼メール機能」も追加した。4枚同時撮影はそのままに撮影後すぐ「ラベル」を添付できるようになり、EightのQRコードを用いた名刺交換では名刺スキャン機能からアクセスも可能となった。

Photo 撮影機能
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう