ニュース
» 2007年01月15日 20時55分 公開

2007年春 Vista搭載PC特集:モデル数を厳選した主力の液晶一体型デスクトップPC――FMV-DESKPOWER LX

富士通は液晶一体型デスクトップPC、FMV-DESKPOWER LXのVista搭載モデルを発表した。ラインアップを大胆に絞り込みつつ、ボディカラーを変更している。

[前橋豪,ITmedia]

 FMV-DESKPOWER LXは、富士通の主力製品に位置付けられる液晶一体型PCだ。今春はラインアップを従来の7モデルから3モデルに整理し、Vista Home Premium搭載の「LX70U/D」「LX50U/D」、Vista Home Basic搭載の「LX40U」を1月30日より発売する。LX70U/Dは1680×1050ドット表示の20.1インチワイド液晶パネル、LX50U/DとLX40Uは1280×1024ドット表示の17インチスクエア液晶パネルを装備している。価格はオープン、実売予想価格はLX70U/Dが27万円前後、LX50U/Dが24万円前後、LX40Uが18万円前後だ。

左からLX70U/D、LX50U/D、LX40U。LX70U/Dは1680×1050ドット表示の20.1インチ液晶パネルを採用する

 TV機能は上位2モデルで提供。LX70U/Dは3波デジタルと地上アナログ、LX50U/Dは地上デジタルと地上アナログのダブルチューナー構成となっている。デジタル放送と地上アナログ放送の視聴・録画ソフトはDigitalTVboxに統一されたほか、PCの電源がオフの状態から即座にTVを視聴・録画できる「すぐにテレビ」機能が追加され、使い勝手が向上した。2モデルともデジタル放送のムーブとダビング、デジタル放送と地上アナログ放送の2番組同時録画に対応する。

DVDディスクやメモリカード、USBメモリキーなどを前面で着脱可能なフロントアクセス方式を採用

 台座の下にキーボード収納スペースを設けたボディは従来通りだが、前面に新色のスノーホワイトを配している。一方、チップセットにRADEON XPRESS 200Mを、CPUにPentium 4およびCeleron Dを搭載した基本仕様は変わらず、Core 2 Duoの導入は見送られた。CPUは、LX70U/DとLX50U/DがPentium 4 531(3.0GHz)、LX40UがCeleron D 347(3.06GHz)を採用する。ネットワーク機能は3モデルとも1000BASE-Tの有線LANとIEEE802.11a/g/bの無線LANを装備。LX70U/DのみFAXモデムも内蔵している。

 本体サイズはLX70U/Dが594(幅)×253(奥行き)×453(高さ)ミリ、LX50U/DとLX40Uは530(幅)×253(奥行き)×453(高さ)ミリ。重量はLX70U/Dが約18.5キロ、LX50U/DとLX40Uが約17キロとなっている。

FMV-DESKPOWER LXの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-DESKPOWER LX LX70U/D 液晶一体型 新カラー Pentium 4 531(3.0GHz) 1024MB 400GB Home Premium 27万円前後
LX50U/D 液晶一体型 新カラー Pentium 4 531(3.0GHz) 1024MB 400GB Home Premium 24万円前後
LX40U 液晶一体型 新カラー Celeron D 347(3.06GHz) 512MB 200GB Home Basic 18万円前後
FMV-DESKPOWER LXの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-DESKPOWER LX LX70U/D 20.1インチワイド 1680×1050 RADEON XPRESS 200M 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 3波デジタル/地アナ 約18.5キロ
LX50U/D 17インチ 1280×1024 RADEON XPRESS 200M 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ/地アナ 約17キロ
LX40U 17インチ 1280×1024 RADEON XPRESS 200M 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約17キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう