「当たりつきCPU、面白いのに」――6コア化できるかもしれないPhenom II X4が登場古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

» 2011年06月27日 10時00分 公開
[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ファンレス1スロットのGeForce GT 430や「TERA」タイアップモデルなど

ASUSTeK「GT 430 DirectCU Silent ENGT430 DC SL」

 先週入荷したグラフィックスカードの目玉は、前述の「MATRIX GTX580」だが、そのほかにもユニークなモデルがいくつか登場している。

 MATRIX GTX580を投入したASUSTeKは、ローエンドカードもリリースしており、GeForce GT 430搭載の「GT 430 DirectCU Silent ENGT430 DC SL」が静かに話題を呼んでいた。フラットなファンレスクーラーを搭載しており、1スロットぶんの空きに装着できるのが特徴。価格は8500円前後だ。

 ドスパラ パーツ館は「GeForce GT 430は標準で2スロット占有クーラーを搭載しています。GeForceはエントリークラスでも大ぶりなクーラーをつけがちなんですよね。それだけに、1スロットに収まるファンレスカードを求める人は少なくないと思いますよ」と期待を寄せていた。

 ミドルレンジでは、ELSAの「GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA」がいくつかのショップで目立っていた。2スロット占有のオリジナルクーラーを採用したGeForce GTX 550 Tiカードで、NHN JapanのMMORPG「TERA」のキャラクターをパッケージとクーラー表面にデザインしている。また、特典アイテムつきのクライアントDVD引換券を付属しているのも特徴だ。価格は1万8000円弱。

 ツートップ秋葉原本店は「GPUにヒートパイプが直付けされるタイプのクーラーを使っていますね。ハードウェア的にもなかなかよいカードだと思いますが、やはりTERA目的で購入する層を期待しているモデルだと思います。TERAはなかなか高いマシンスペックを要求するので、ヒットしてくれたら我々もすごくうれしいです。この夏に本サービスがスタートするとのことですが、今のところは昨年のFF 14のような盛り上がりは感じません。まあ、サービス開始から盛り上がっていくほうが期待が持てますし、がんばってほしいです」とエールを送っていた。

ELSA「GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表 (2024年05月26日)
  6. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  7. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  8. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  9. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  10. 「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット (2024年01月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー