レビュー
» 2012年03月30日 17時14分 公開

写真と動画で解説する「GALAXY Note SC-05D」(ペン入力編) (2/2)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 Sメモには、書き込まれた手書きメモのテキスト変換機能もあるが、精度はいまひとつという印象だ。そのためか、SC-05Dには手書き日本語変換に定評のある「7 notes with mazec」がプリインストールされている。メモアプリの7 notesに平仮名、カタカナ、漢字を混ぜたテキスト入力が手書きで行えるだけでなく、ほかのアプリやAndroidの操作画面で、精度の高い手書きのテキスト入力が可能だ。

photophotophoto ドコモ版のSC-05Dでは、手書きメモアプリとして定評の「7 notes with mazec」をプリインストールした(写真=左)。1文字づつ消したり、変換候補を修正できる(写真=中央)。手書きを続けて入力する場合の挙動や辞書登録なども設定可能(写真=右)

photophotophoto 7 notes以外のアプリでも、快適な手書き日本語入力が行える

 タッチ操作が前提のスマートフォンでは、手書きメモや手書きの文字入力は珍しい機能ではない。しかしGALAXY Noteは付属のSペンを使うことで、より機能的できめの細かい手書き入力を実現している。Samsung電子はベンダー向けにSペン対応アプリを開発するためのSDKを公開しており、ペン入力を活用できるさまざまなアプリが今後登場する見込みだ。また、GALAXY NoteにはSペン活用アプリを紹介する「S Choice」が用意されており、ユーザーはSペン対応アプリを簡単に見つけることができる。

photophoto Sペン活用アプリをダウンロードできる「S Choice」(写真=左)。毛筆アプリの「Zen Brush Free」(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう