ニュース
» 2012年08月20日 13時10分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「価格が落ち着いてくれば、ね」――GeForce GTX 660 Tiの反響 (4/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

小型ハイエンドのためのケース「Elite 120 Cube」に注目

 PCケース関連で注目されていたのは、クーラーマスターのmini-ITXケース「Elite 120 Cube」だ。240(幅)×401.4(奥行き)×207.4(高さ)ミリのコンパクトなケースながら、最長343ミリの拡張カードが挿せるうえ、5インチベイ1基と3.5インチベイ3基、2.5インチベイ2基(+3.5インチベイからの変換で2基)を用意するなど、高い拡張性を備えているのが特徴だ。ATX電源ベイは背面に若干張り出しており、長めの電源ユニットも組み込みやすい。価格は6800円弱だ。

 TSUKUMO eX.は「側面に排気ファンを備えるなど、小型ケースのなかではハイエンド向けの構成になっていますね。CPUクーラーは高さ65ミリまでという制限がありますが、エアフローをある程度考慮すれば、メインとして十分使えるマシンが組めると思います」と評価していた。

クーラーマスター「Elite 120 Cube」。フロントにはUSB 3.0ポート1基とUSB 2.0ポート2基を配置している。側面の吸排気も計算に入れたデザインだ

 なお、同店のmini-ITXケースのうち、ハイエンド仕様で最も売れているのは、BitFenixの「PRODIGY」だという。価格は1万円弱だ。「初回ロットが完売して、最近ようやく再入荷されました。水冷ユニットさえ組み込める仕様で、CPUクーラーも大型のものが使えます。ある程度コンパクトな高性能マシンを目指すならオススメですね」とのことだ。

BitFenix「PRODIGY」。タワー型ながら、マザーボードは平置きで固定する

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう