ニュース
» 2015年07月27日 11時23分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:「Windows 10」の上げ要素と下げ要素――アキバの反応は? (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

小さいのに高拡張! NCASEのmini-ITX「M1」に注目が集まる

 PCケースで話題になっていたのは、NCASEのmini-ITXモデル「M1」だ。mini-ITXながらタワー形状で、最大305ミリ長のグラフィックスカードが組み込める高い拡張性を備えている。シルバーとブラックがあり、価格は2万9000円弱だ。

NCASE「M1」にパーツを組み込んだデモ機。オリオスペックで展示中だ

オリオスペックのPOP

 突起を除くサイズは160(幅)×328(奥行き)×240(高さ)ミリで、下段に拡張カード用のスペースを用意している。上部にはマザーボードや電源ユニットのほか、最大240ミリの水冷ラジエーターも組み込める。スロットイン式の5インチベイを1基用意するほか、3基の3.5インチベイと5基の2.5インチベイが使える。

 入荷したオリオスペックは「ATX電源も使えますし、背面ブラケットは3段分確保してあります。物理干渉回避の難易度は高いですが、この小さな空間にハイエンドマシンをぎゅっと詰め込めるというのは夢がありますよね」と楽しそうに話していた。

 なお、ケース背面に固定する水冷リザーバーも別売りしている。価格は1万2000円弱だ。

水冷リザーバー「FRQ-NCASE-RES」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう