連載
» 2016年03月29日 06時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:ついに登場 Edgeブラウザの目玉機能「Extensions」を試してみた (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

Extensionsの拡充はスロースタートか

 なお、以前の記事ではAdblock Plusがいち早くExtensions for Edgeの提供を予告していることを紹介しており、今回のタイミングで提供されてもおかしくなかった。このタイミングで提供できなかった理由はシンプルで、「Microsoftによる審査待ち中」のようだ。

 Microsoftは、Extensionsがマルウェアなど悪意ある試みの温床になるのを防ぐため、同社の審査を通じてWindowsストア経由でExtensionsを配布するとアピールしている。そのため、今夏の正式ローンチまで徐々に登録されるExtensionsが増えていくような、緩やかに拡充される形になるのかもしれない。

 初期段階で公開されているExtensionsが極端に少ない理由として、EdgeへのExtension APIの実装がまだ初期段階で、準備が追い付いていないということもあるようだ。Microsoftの説明では、現在のビルドで実装されているAPIに適合したExtensionsのみを審査して公開しているとのことで、未実装のAPIを使用するExtensionsへの対応は後回しになる可能性が高い。

 一方、実装済みのAPIについてもバグが多く包含されている可能性は高く、しばらくはテスト期間が続くことになりそうだ。

 こうした開発者向けの情報は、3月末のBuild 2016のほか、4月初旬開催のMicrosoft Edge Web Summit 2016で提供されるとみられる。本連載でも適時フォローしていきたい。

Build 2016 Microsoftの開発者会議「Build 2016」は3月30日〜4月1日の3日間、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう