キーワードを探す
検索

「求人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

求人情報サイトを運営するビズヒッツは6月1日、「年収300万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象500人のうち最も多かったのは……。

()

paizaが実施した「プログラミング言語に関する調査」によると、最も得意なプログラミング言語のトップはJava、最も学びたい言語のトップはPythonだった。一方、求人が最も多い言語はJavaScriptで、企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きていることが分かった。

()

愛知県知事のリコール運動で集められた署名の中に、偽造が疑われるものがあったと報道されている。また、スキマバイトアプリ「タイミー」に、署名を偽造するバイトの求人が掲載されていたとの指摘がある。運営会社がこうした報道や指摘を受けて声明を発表した。

()

ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2020年8月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、2020年上半期の建設技術者を対象にした需給動向をまとめている他、新型コロナウイルス感染症が新規求人数に与えた影響も分析している。

()

ヒューマンタッチ総研は、新型コロナウイルス感染症拡大が急速に悪化しつつある現在、建設業の雇用環境にどのような影響を及ぼしたか、各種統計から独自に分析した。レポートによれば、建設業の業況は、他産業に比べて比較的好調であり、新規求人の落込み幅も全産業で最小だったことが判明した。

()

ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2020年3月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、2020年1月にヒューマンタッチが実施した「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」を紹介している。

()

Indeedは3月16日、スマートフォンアプリ「Indeed求人検索」を大幅に刷新した。日本の求職者のニーズに合わせて設計した「発見メニュー」や「100を超えるフィルター機能(絞り込み機能)」など、日本向けの機能を多数実装した。アプリの画面下部にど4つのナビゲーションメニューを設け、職種や仕事の特徴など100種類を超えるフィルターを採用した。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る