ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「全部入り」最新記事一覧

石野純也のMobile Eye:
auとソフトバンクを圧倒するドコモの冬春モデル その狙いを読み解く
ドコモの冬春商戦向けの発表は、端末、サービス、料金と見どころが多かった。中でも注目したいのが、auやソフトバンクをはるかに上回る端末ラインアップ。その背景や戦略を読み解く。(2017/10/21)

初めての人にもオススメの本格派エントリー、オリンパス「E-M10 Mark III」
OM-Dのエントリーモデルに3代目「E-M10 Mark III」が登場した。しっかりファインダーをのぞいて撮れる往年の一眼レフ風ミラーレスだ。パパ、ママのみならず、初めてレンズ交換式カメラを使う人にもオススメ。(2017/10/14)

データローミングに初対応 “海外でも使える全部入り”ケータイ「A5505SA」(懐かしのケータイ)
渡航先でもEZwebやEメールが利用できるデータローミングにau端末で初対応した「A5505SA」。三洋初の100万画素カメラに電子コンパス、FMラジオ、ダイレクトプリントなど様々な機能を備えた「全部入り」ケータイでした。(2017/10/9)

QWERTYキー付きでおサイフケータイもOK! 時代を先取りしたiモードケータイ「SH-04A」(懐かしのケータイ)
NTTドコモの「AQUOSケータイ SH-04A」は、QWERTYキーを備えたiモードケータイです。タッチパネルも搭載し、ある意味でスマホに近い存在でしたが、ケータイらしい機能もてんこ盛りでした。(2017/9/30)

最高峰を求めるパワーユーザーも満足
Samsung「Galaxy Note8」徹底解説、あらゆる性能があの名機をしのぐ
最高レベルのスペック、「Infinity Display」を採用した秀逸なデザイン、便利な機能を豊富にそろえたSamsungの「Galaxy Note8」は、パワーユーザー必携のスマートフォンだ。その性能を徹底的に解説する。(2017/9/30)

カスタマイズレッツノート15周年記念:
星が輝く夜空を表現したスペシャルな「SZ6」が登場 価格は45万円超え
パナソニックは、カスタマイズレッツノートの15周年を記念して200台限定の「フルスターブラック」天板を採用した最上位モデルを発表した。価格は税込みで46万6560円。また、伝統画材専門ラボ「PIGMENT」とコラボした「ehada」天板モデルも販売する。(2017/9/27)

FC「くにおくん」が全部入り&オンラインプレイ対応で復活! Switch、PS4、Xbox One、Steamで販売
海外版タイトルも収録。(2017/9/20)

「Xperia」採用のバッテリー技術も搭載
徹底レビュー:6型軽量スマホ「LG V30」、韓国LGが自慢するデュアルカメラの実力は?
LG Electronicsの新型フラグシップモデル「LG V30」は、スマートフォンに求められるニーズに十分に応える機能や性能を備える。ハンズオンレビューでその実力を探る。(2017/9/16)

パワーユーザーも納得
徹底レビュー: Samsung「Galaxy Note8」は人気要素全部入り最高峰端末か
Samsungは「Galaxy S8」利用者に愛された要素を全てこの最新製品に盛り込み、さらに強化しているように感じられる。(2017/9/2)

世界初のVGA液晶搭載 究極の全部入りケータイ「Vodafone 904SH」(懐かしのケータイ)
VGA液晶を初搭載して話題を集めた「Vodafone 904SH」は、おサイフケータイやGPSなどの人気機能に加え、ボーダフォンの新サービスや機能にも対応した「究極の全部入り」ケータイでした。(2017/8/26)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
世界中どこでも1台で大体OK! クラウドSIMを使う「セカイルーター」とは?
「1台で全世界で使える!」「100か国以上の国をカバー!」とうたうモバイルルーターが増えてきました。その仕組みと、メリット・デメリットを見ていきます。(2017/6/19)

各種データサイエンスツール“ほぼ全部入り”の仮想マシンイメージ:
AzureカスタムVMイメージ「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」にWindows Server 2016版が登場
Microsoftが、データサイエンス用途に特化したWindows Server 2016ベースのAzureカスタムVMイメージを公開。データ解析に用いる各種ツールがプリインストールされ、環境構築の工数削減や高速化、環境の統一化を図れる。(2017/6/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
台湾で売られているシャープのスマートフォン 「AQUOS」は名乗らず
日本でおなじみのシャープが、台湾でもスマートフォンを投入しています。ただし「AQUOS」ブランドは使われていません。一体どんな製品なのでしょうか。(2017/5/22)

Mobile Weekly Top10:
Kickstarterで世界最小をうたうLTEスマホが登場/MVNOサービスの淘汰が始まる?
「Kickstarter」で世界最小をうたうLTEスマートフォンのクラウドファンディングが進行中です。ただし、日本で使うために必要な認証を取得する予定はないそうです……。(2017/5/17)

Newニンテンドー2DS LL、7月13日発売 3D機能以外New 3DS LLとほぼ同等、筐体も折りたたみ式
待ってました。(2017/4/28)

トラックボール搭載だと……! 全部入りのマルチペアリングBTキーボード「TK-DCP03BK」を試す
エレコムのBluetoothキーボード「TK-DCP03BK」は、3台までのマルチペアリングに対応するほか、USBでの有線接続も可能。さらにトラックボールを搭載し、ポインティングデバイスとしても使える、文字通り「全部入り」の製品だ。(2017/4/6)

CSS Nite LP51:
20周年で生まれ変わったというWeb制作ツールDreamweaverを、ユーザー視点で徹底的に検証した一日
CSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」が、2017年3月11日に東京・御茶ノ水で開催された。本稿では、20年を振り返る基調講演など3つのセッションの模様をレポートする。(2017/3/30)

やっとミラーレス一眼の時代がやってきた――2016年を振り返りながら2017年のデジカメトレンドを予想してみよう
2017年のデジカメ界はどうなるか! って考えてたのだけど、2016年に各社のフラッグシップがおおむね出そろってるから、なかなか難しいのだよね。その辺を踏まえ、2016年を振り返りつつ2017年の話をしようかと思うわけである。(2017/1/2)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?
2015年12月から2016年11月までの期間に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。この記事では、いよいよ最優秀機種を発表します……!(2016/12/30)

ワイヤレスで行こう!:
ノイキャン体験を革新する“ソニーの勝負ヘッドフォン” ――「MDR-1000X」開発者インタビュー
ワイヤレスにノイズキャンセリング、タッチセンサーによるリモコン操作など先進的な技術を詰め込んだソニーの「MDR-1000X」。誕生の舞台裏からユニークな機能の使い方、音へのこだわりまでを開発者に聞いた。(2016/10/7)

特別なゴールド:
約45万円の最上位モデルも登場!! 第7世代Coreを採用した「Let'snote」2016年秋冬モデル
Let'snote20周年記念で登場したゴールドカラーのSZシリーズは“全部入り”で約45万円。(2016/10/4)

「ドローンをもっと身近に」――DJIの全部入り小型ドローン「Mavic Pro」日本上陸(動画あり)
DJI JAPANから個人向けドローンの新製品が登場。女性がハンドバックで持ち歩けるようなコンパクトサイズでありながら、高性能多機能が魅力だ。(2016/9/29)

全部入り! 暖房もできる「ダイソン ピュア ホット アンド クール リンク」
ダイソンは、空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool Link」(ダイソン ピュア ホット アンド クール リンク)を9月28日に発売する。もちろんアプリとつながるスマート家電だ。(2016/9/28)

ちょっと気になる入力デバイス:
1万円でタイプライター気分にひたる 変態配列メカニカルキーボード「KFK51N」レビュー
恵安から発売された1万円のタイプライター風キーボードをじっくりねっとりレビューする。(2016/8/2)

ワイヤレスで行こう!:
ワイヤレスイヤフォンならではの機能性を凝縮! 北欧デザインもうれしいB&O PLAY「H5」を聴く
次期iPhoneでイヤフォンジャックがなくなるという噂もあって注目を集めるBluetoothイヤフォン。今回は、デンマークのオーディオブランド、B&O PLAYから登場した「H5」をチェックしていこう。(2016/8/1)

Electron 1.0でデスクトップアプリ開発超入門――動作の仕組み、基本的な使い方、セキュリティの懸念点
クロスプラットフォーム向けのデスクトップアプリを開発できるElectronについて、動作の仕組み、基本的な使い方、アプリの作り方、セキュリティの懸念点などを解説します。(2016/5/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
最強レベルの高品質HDD“金キャビ”がデビュー
ウエスタンデジタルのデータセンター向けHDDシリーズ「WD Gold」が登場し、複数の店舗で話題を呼んでいる。そのほかにも、Thunderbolt 3搭載の最強BRIXや高品質SFX電源など注目度の高い新製品が店頭に並んだ。(2016/5/16)

バッファロー、“全部入り”無線LANルータの高速エリア拡大モデル「WXR-2533DHP2」
バッファローからIEEE802.11ac(4×4)対応無線LANルーターの新モデルが登場。従来製品に比べて高速エリアを約23%拡大したという。(2016/4/28)

PR:増え続けるデータをビジネス変革に――コグニティブ時代にあるべきデータ基盤とは
データによってビジネスが大きく変化しようとしている今、ストレージは生まれ変わるタイミングに来ている――。そう話すIBMが今、最も注力しているのが「SDS」と「フラッシュストレージ」だ。コグニティブとAPIがビジネスをけん引する時代において、最もふさわしいストレージの姿なのだという。その理由とは?(2016/4/14)

素直に振り返ってこその「歴史」:
PR:REGZA Phoneから最新機種まで――「arrows先生」と振り返る富士通のAndroidスマートフォン
2010年12月の「REGZA Phone T-01C」発売以来、進化を続けてきた富士通のAndroidスマートフォン。「arrows先生」と一緒に、振り返ってみましょう。(2016/3/30)

製造ITニュース:
「国内ユーザーの半数は製造業」、マイクロソフトのERPがクラウド化
日本マイクロソフトがクラウドベースのERP「Microsoft Dynamics AX クラウド」を発表。クラウド「Microsoft Azure」上でERPの全機能を利用できるようにするとともに、ライセンス形態をユーザー単位の月額課金となるサブスクリプションモデルに変更した。(2016/3/23)

「Office 365」を激変させる3つのポイント(後編)
「Office 365」の進化の中でも大きな注目を集めているのが分析・予測分野の機能強化だ。後編ではExcelを分析ツールに変える「Power BI」、Office 365上のあらゆる活動履歴を可視化・分析し、必要なリソースをレコメンドする「Delve」についてマイクロソフトに聞いた。(2016/3/11)

SOHO/中小企業に効く「ポータブルHDD」の選び方(第3回):
即戦力のポータブルHDDを選んでみた
USBバスパワーで駆動し、大容量データの持ち歩きに活躍するポータブルHDDの選び方を紹介する本連載。第3回目は法人ユースでオススメできる即戦力の製品をピックアップし、それぞれの具体的な特徴を紹介する。(2016/3/9)

NGワードは「3倍速い」:
バッファロー40周年記念モデル「WXR-2533DHP/40A」は赤くて速い!?
某専用モデルファンにはたまらない一品。締め切りまであとわずか!(2016/3/6)

「Office 365」を激変させる3つのポイント(前編)
クラウド化したOfficeが今、大きく変わろうとしている。WordやExcel、PowerPointといったおなじみのツールが、他のツールと連携することで、これまでとは異なる価値を生むものになっているのだ。新たな機能は業務現場とIT部門の運用管理にどんな変化をもたらすのか。(2016/3/4)

デスクトップ版CPUとGTX 980M SLIを搭載:
50万円を軽く超えるモンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i71101」徹底検証
最上級のモバイル向けGPUをSLIで搭載し、さらにデスクトップ向けCPUと最新世代のM.2 SSDをRAID 0で組んだゲーミングノートPCがマウスコンピューターから登場。速すぎィ!(2016/3/2)

圧倒的スペック+スマホ連携で新次元へ:
これぞゲーミングディスプレイの最先端 EIZO「FORIS FS2735」徹底レビュー
ゲーミングディスプレイ市場では後発となるEIZOだが、新モデル「FORIS FS2735」は同社が業務用製品などで培った技術や新機能を惜しげもなく投入し、業界をリードするような先進スペックを実現した。その実力をじっくり検証していこう。(2016/2/28)

最上位モバイルPC対決:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――Surface Book/Pro 4と比べた性能は?
ついに販売が開始された新世代CPU搭載の「VAIO Z」。新たに追加されたクラムシェルモデルの性能をSurface BookやSurface Pro 4といったライバルと比較する。(2016/2/26)

速報レビュー:
ソニーの「h.ear」ワイヤレスヘッドフォン&イヤフォンを聴く
ソニーのハイレゾヘッドフォン&イヤフォン「h.ear」シリーズに、新しくワイヤレスモデルの「h.ear on Wireless NC」「h.ear in Wireless」の2機種が追加される。今回は各製品の速報レビューをお届けしよう。(2016/2/18)

PR:コンパクト&高画質スマートフォン――「AQUOS SERIE mini SHV33」を選ぶべき10の理由
「AQUOS SERIE mini SHV33」は、KDDIから発売される、シャープ製のコンパクトなスマートフォン。シャープならではの高画質かつ省電力なIGZO液晶や、光学式手ブレ補正対応の約1310万画素カメラを搭載しており、スペックも十分だ。そんな本機の魅力を解説したい。(2016/1/22)

車両デザイン:
スズキの“全部入り”は小型クロスオーバー、「イグニス」はCarPlayにも対応
スズキの小型クロスオーバーSUV「イグニス」は、軽量かつ高剛性の「新プラットフォーム」、モーターで最長30秒間の走行アシストを行う「マイルドハイブリッド」、ステレオカメラを用いる運転支援システム「デュアルカメラサポート」に加えて、「iPhone」と車載情報機器の連携機能「CarPlay」対応のカーナビゲーションシステムも採用している。(2016/1/21)

Type-C、WiGig、AirFuel……:
2016年に期待のPCテクノロジー“5選”
2015年のPCはWindows 10と第6世代Coreで盛り上がったが、2016年はその周辺技術が熱そうだ。(2016/1/4)

2015年の注目カメラ&トピックス(ライター荻窪編):
もう手放せない全天球カメラ ミラーレスカメラと1型センサーコンデジの躍進も注目
デジカメプラスで撮影術やさまざまな機種のレビューを通して新製品に触れてきた荻窪圭氏が、2015年に注目したカメラとは。(2015/12/24)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター荻窪編):
「Googleフォト」と「ScanSnap Cloud」に感じた“未来”
2015年一番のトピックは「円安」と言いたいくらいの1年だった。特にApple製品は為替の影響を素直に受けやすいので、なおさらそう感じた。Apple Watchはなんだかんだで面白く使っていて、他に「Googleフォト」と「ScanSnap Cloud」には未来を感じた。(2015/12/24)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
WiMAX 2+とSoftBank Airに新機種/mineo、全ユーザーでパケットシェアする新サービス
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターに久しぶりの新機種「WX02」が登場。ソフトバンクは「SoftBank Air」に下り最大261Mbpsの専用端末を発売した。パケットをユーザー全員でシェアできるmineoの「フリータンク」とは? (2015/12/21)

特集:Connect 2015:
Visual Studio Dev Essentialsとは何か
マイクロソフトが新たに発表したサブスクリプションプログラム「Visual Studio Dev Essential」について考察していこう。(2015/11/26)

ハイエンドコンデジの全機能全部入りに迫る本格派――キヤノン「PowerShot G5 X」
キヤノンのPowerShot Gシリーズでは唯一のEVF内蔵モデルとなる「PowerShot G5 X」。ハイエンドコンデジに求められる機能をしっかりと押さえ、今後の定番モデルとなりそうな製品だ。(2015/11/11)

ホワイトペーパー:
開発者向けWebセミナーを成功に導いた“全部入り”クラウド・サービスとは?
チームスタジオジャパンは、自社イベントの際、遠隔地の参加希望者に対応するため、Webセミナーを選択 。多岐にわたる事務局業務の効率的な運営のために同社が採用したのは、オールインワンで運営機能を備えたSaaS型クラウド・サービスだ。(2015/11/9)

ワイヤレスで行こう!:
ボーズ初のNFC対応にデザインも一新! 「SoundLink」のアラウンドイヤーヘッドフォン“第2弾”を聴く
ボーズもいよいよ、NFC対応のワイヤレスヘッドフォン「SoundLink around-ear wireless headphones II」を発売した。その使用感と音質について、詳しく紹介していこう。(2015/10/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。