ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amazon Fire TV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Amazon Fire TV」に関する情報が集まったページです。

ITはみ出しコラム:
Amazonが「音声アシスタント対応の電子レンジ」で生活家電に参入するワケ
米Amazon.comが大量の新製品を発表しました。日本でもスマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルが売られますが、印象深いのは初のオリジナル家電として、Alexa対応の電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表したことです。(2018/9/23)

AmazonのAlexa対応DVR「Fire TV Recast」、500GBが230ドルから
AmazonがEchoファミリー製品発表イベントで、Fire TVシリーズの初のDVR「Fire TV Recast」も発表した。米国での販売価格は2チューナー/500GBモデルが230ドル(約2万6000円)。(2018/9/21)

Amazon、「Echo」ファミリー拡大で「Echo Dot」などの更新および電子レンジ他の新製品
Amazonが、Alexa関連の多数の新製品を発表した。「Echo Show」が10インチになり、Alexa対応の電子レンジや壁掛け時計、Wi-Fi対応のプラグなどが米国で発売される。(2018/9/21)

Facebook、YouTube対抗動画サービス「Watch」を日本を含む世界で提供開始
Facebookが昨年8月に米国で立ち上げた動画配信サービス「Watch」を、日本を含む世界で提供開始した。FacebookアプリやApple TVでクリエイターの動画を視聴できる。(2018/8/30)

Amazon、次は「見る」デバイス セキュリティカメラを展開へ
「次は『見る』デバイスに取り組む」――米Amazon.comのデバイス事業責任者デイブ・リンプ氏はそう話す。セキュリティカメラなどを手掛ける米Ringを買収したAmazonが、そうした製品を、デバイス事業の“次の一手”として打ち出す。(2018/8/1)

ITはみ出しコラム:
Amazon史上最大の「プライムデー2018」振り返り トラブル発生も1億点を販売
Amazonが年に1度のプライム会員向けセール「プライムデー2018」を開催。初日のトラブルも何のその、36時間で1億点以上のセール商品を受注し、過去最高の売り上げを達成しました。(2018/7/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo」を設置したら試したい 生活が快適になるスキル7選
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は筆者がチョイスした、「Amazon Echo」向けの実用スキル7つを紹介する。(2018/7/21)

Amazonプライムデー2018も過去最高を更新 日本で売れたのは洗剤
Amazon恒例のプライム会員向け特別セール「プライムデー」はスタートでのトラブルがあったものの、過去最高の売り上げを更新し、期間中の新規会員登録数も過去最高だった。(2018/7/19)

「NHKが映らないテレビ」誰でも安く実現する方法
本記事では「NHKが映らないテレビ」を、もっと安く実現する方法を紹介する。(2018/7/19)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
ECで流通を革命したAmazon 今なぜリアル店舗に注力するのか
ECで世界の流通と小売を革命した米Amazon.com。20年以上の歴史の中で何を行い、これから何を目指そうというのか。米国での動向を紹介しつつ、世界の流通と小売に多大な影響を与え続ける同社の戦略を分析する。(2018/7/5)

「Amazon Prime Videoチャンネル」にアニメの有料チャンネル追加
Amazonのプライム会員が有料チャンネルを選んで視聴できる「Amazon Prime Videoチャンネル」に、「dアニメストア for Prime Video」など10チャンネルが追加。(2018/7/2)

有料チャンネル視聴できる「Amazon Prime Videoチャンネル」日本で開始
Amazonプライム会員が、ニュースやドラマなどの有料チャンネルを選んで視聴できる「Amazon Prime Videoチャンネル」の提供が日本でスタートした。(2018/6/14)

Amazon、Alexaでテレビも操作できる「Fire TV Cube」を120ドルで発売へ
Amazon.comが、Fire TVとAmazon Echoを統合したような4K Ultra HDストリーミングプレーヤー「Fire TV Cube」を米国で120ドルで発売する。赤外線やHDMI CECでテレビやCATVチューナーを接続し、それぞれを音声で制御できる。(2018/6/8)

Amazon、家庭用ロボットを来年にも発売か──Bloomberg報道
Amazon.comのスマートスピーカーに次ぐオリジナルハードウェアは家庭用ロボットになると、Bloombergが報じた。カメラとコンピュータビジョンソフトを搭載するロボットは家の中を自由に移動し、もちろんAlexaも搭載するという。(2018/4/24)

AmazonとBest Buy、Alexa搭載東芝製テレビ販売で提携
AmazonとBest Buyが提携し、「Fire TV」搭載の東芝やInsignia製HDテレビをBest Buyが北米で独占販売する。Fire TV搭載なので「Alexa」での操作も可能だ。(2018/4/19)

Amazon、スマート監視カメラのRing買収完了で製品大幅値下げ
Amazon.comが、ホームセキュリティ製品メーカーのRingの買収を完了し、スマートフォンアプリで操作できる監視カメラ「Video Doorbell」を180ドルから100ドルに値下げした。(2018/4/13)

音楽配信「AWA」にFire TV専用アプリ登場 Alexa対応スキルも
音楽定額配信サービス「AWA」で、ストリーミング端末「Fire TV」専用アプリが登場。音声アシスタント「Alexa」のスキル「AWAステーション」の提供も始まった。(2018/4/2)

PR:A5サイズの超小型ゲーミングPC「G-GEAR alpha」シリーズ徹底レビュー
TSUKUMOのゲーミングPCブランド「G-GEAR」に超小型デスクトップPC「G-GEAR alpha」が登場した。ほぼA5サイズのコンパクトなボディーにゲーミング性能を詰め込んでいるのが魅力。早速その実力を検証していこう。(2018/3/28)

Amazon、年末商戦とAWS好調で増収増益 「Alexa絶好調」とベゾスCEO
Amazon.comの10〜12月期決算は、年末商戦とAWSが好調で予想を上回る増収増益だった。(2018/2/2)

「サザエさん」の新スポンサーがアマゾンなどに決定 「買い物しようと街まで出かけなくなりそう」などの声
買い物しようとKindle Fire取り出すサザエさん。(2018/1/30)

「AbemaTV」黒字化はいつ? 藤田社長「成長には特番よりレギュラー」
サイバーエージェントが2017年10月〜12月期の連結決算を発表。藤田社長が「AbemaTV」の戦略について説明した。(2018/1/25)

どうなる「Fire TVでYouTube」 YouTubeアプリ更新で他ブラウザにリダイレクト開始
Googleが「Amazonとの話し合いがまとまらなければFire TVからYouTubeを引き上げる」と予告した2018年1月1日より前に、Amazonが配信したYouTubeアプリのアップデートを適用するとYouTubeアプリが起動しなくなった。(2017/12/29)

Amazonの「Alexa」、同社のホリデーシーズンを席巻
(2017/12/27)

Amazon、Fire TVでのブラウジングを可能に YouTubeの提供が打ち切られてもブラウザで見られる?
Fire TVおよびFire TV StickにWebブラウザのFirefoxとSilkブラウザを導入。同製品はGoogleからYouTubeの提供が打ち切られることが取り沙汰されていますが、ブラウザからのYouTube視聴は可能となりそうです。(2017/12/22)

「Fire TV」版「Firefox」アプリ登場 「YouTube」はこれで視聴可能に
「Fire TV」版Webブラウザ「Firefox」の登場で、たとえGoogleがFire TVでのYouTubeアプリ提供を停止しても、ブラウザ経由でYouTube動画を視聴できそうだ。(2017/12/22)

「Abemaビデオ」、Amazon Fire TVやApple TVでも利用可能に
サイバーエージェントが、見逃した番組を視聴期間内であれば好きなときに見られる「Abemaビデオ」が各種テレビデバイスに対応したと発表した。(2017/12/19)

ITはみ出しコラム:
さすがのAmazonもYouTube視聴不可は困る? Chromecastの販売を再開へ(Apple TVも)
ユーザー不在のまま激化しつつあったAmazonとGoogleの動画配信サービスを巡るバトル。AmazonのオンラインストアにGoogleのChromecastが並んだことで、終戦の兆しが見えてきました。(2017/12/17)

Amazon.com、Googleの「Chromecast」販売再開へ 対立解消か
先日はGoogleがAmazon.comの「Fire TV」「Echo Show」へのYouTubeの提供を打ち切る方針を打ち出していました。(2017/12/15)

Amazon、「Apple TV」やGoogleの「Chromecast」の販売を再開
「Fire TV」と競合する「Apple TV」と「Chromecast」を扱っていなかったAmazonが、それらの販売を再開した。Googleは、相互の顧客のためになる合意を目指してAmazonと話し合っているという。(2017/12/15)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleのバトルが激化 ユーザー不在の締め出し合戦へ
互いの製品やサービスを締め出し合うAmazonとGoogle。ユーザーに不便を強いるようなことがない形で、バトルを終わらせていただきたいものです。(2017/12/10)

Amazon Fire TVでテレビの録画番組を視聴可能に デジオンが「DiXiM Play Fire TV版」を提供
デジオンは、Amazon Fire TVに対応した「DiXiM Play Fire TV版」の提供を開始した。レコーダーの録画番組や放送中の番組を視聴できるDLNA/DTCP-IP対応ネットワークプレーヤーアプリ。(2017/12/7)

「Amazonプライムビデオ」がApple TVに降臨 4K HDR対応も
Appleが6月のWWDCで予告していた「Amazonプライムビデオ」の「Apple TV」アプリが公開された。tvOSがアップデートで4K HDRにも対応した。(2017/12/7)

Google、「Amazon Fire TV」へのYouTube提供を打ち切りへ Amazonの自社製品冷遇に報復
やめてー。(2017/12/6)

Fire TVなど:
Google、YouTubeの動画視聴をAmazon機器から遮断へ
Googleは、AmazonのFire TVなどからYouTubeへのアクセスを遮断する。(2017/12/6)

Google、「YouTube」を「Amazon Fire TV」から2018年1月1日に引き上げへ
Googleが、「Amazon Fire TV」でYouTubeを視聴できなくする。Amazonが「Chromecast」や「Google Home」を販売しない問題を解決するため「早く合意したい」としている。(2017/12/6)

冬ボで買いたい4Kテレビ&Apple TV 4K
人によっては最強の「孫コンテンツ再生機」【訂正あり】(2017/12/1)

米サイバーマンデーの売上高は66億ドルで過去最高、Amazonで最も売れたのは「Echo Dot」
今年のサイバーマンデー(11月27日)のオンライン売上高は過去最高の約66億ドル(Adobe調べ)。Amazonでブラックフライデーからサイバーマンデーの4日間で最も売れたのは「Echo Dot」だった。(2017/11/29)

「ディスプレイ」「カメラ」「バッテリー」――大手キャリアのフラグシップスマホを購入する理由(前編)
MVNOが提供する「格安SIM」や、家電量販店で販売されている「格安スマホ」が世間の注目を集めるに至った今日この頃。そんな中でも、大手キャリア(MNO)のフラグシップスマートフォンを買う人も少なくない。何に魅力を感じて購入するのだろうか?(2017/11/14)

「Amazon Music Unlimited」が日本上陸 4000万曲以上が聞き放題、Echoだけで使うなら月額380円
プライム会員なら、月会費780円か年会費7800円でPCやスマホなど複数の端末で利用できます。(2017/11/8)

「YouTube TV」が「Apple TV」や「Xbox One」でも利用可能に Amazonの「Fire TV」は非対応
YouTubeが米国で提供している月額35ドルの主要テレビ局やCATVネットワークのテレビ番組見放題サービス「YouTube TV」の「Apple TV」や「Xbox One」向け単体アプリが公開され、これらの端末でも視聴できるようになった。(2017/10/31)

Amazon、4K/HDRサポートで8980円の新「Fire TV」発売へ
Amazon.comが、第5世代「Apple TV」に対抗するかのように、4K/HDR対応の新「Fire TV」を発表した。Googleの「Chromecast Ultra」のようにテレビのHDMI端子に直接つなぐタイプで価格はApple TVの半額以下の8980円。(2017/9/28)

Amazon、新「Echo」(99ドル)などAlexa搭載端末ラインアップを刷新
元祖音声アシスタント搭載スピーカーの「Amazon Echo」が高性能で安い第2世代になった。Amazonはスマート目覚まし時計「Echo Spot」やAlexaクイズ用早押しボタン「Echo Buttons」も発表した。(2017/9/28)

半径300メートルのIT:
Bluetoothをオンにするだけで乗っ取られる? 新たな脅威、「BlueBorne」の恐ろしさ
Bluetoothを通じてスマホやPCなどの機器を乗っ取る「BlueBorne」の脅威が世間を騒がせていますが、BlueBorneの本当の怖さはスマホやPCの感染にとどまらない点にあります。(2017/9/20)

Amazon、4K/HDR対応でAlexa搭載のハイエンド「Fire TV」年内発表か
Appleが9月12日のイベントで新しい「Apple TV」を発表するとうわさされる中、Amazonも2年ぶりに「Fire TV」をアップデートするとAFTVnewsが報じた。4K/HDRをサポートし、音声アシスタント「Alexa」を搭載するのでリモコンがなくても操作できるという。(2017/9/12)

「Apple TV」、米国市場でのシェア減少──Parks Associates調べ
Appleのストリーミング端末「Apple TV」は米国のストリーミング端末市場で2015年から4位だが、2017年第1四半期にさらにシェアを落とした。トップはRokuで、Amazon、Googleと続く。(2017/8/25)

「ダ・ゾーン」、ついにPS4とPS3に対応――大画面でスポーツ観戦
スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)が8月8日から「PlayStation 4」および「PlayStation 3」をサポート。大画面テレビでもスポーツコンテンツを楽しめる。(2017/8/8)

PR:ソニーの“ひと味違う”ポータブル超短焦点プロジェクター、「LSPX-P1」と「Xperia Touch」をガチ比較!
(2017/8/4)

Amazon Echoが待ちきれない! 日本にいながらFireタブレットでAI音声アシスタント「Alexa」を体験してみた
米国を中心にAI音声アシスタント搭載スマートスピーカーが盛り上がっており、日本でも2017年末からいよいよ本格上陸する見込みだ。その中でも代表的な製品「Amazon Echo」に利用されている「Alexa」を日本にいながら手軽に試す方法がある。(2017/7/31)

Amazonの「Fire TV」と「Fire TV Stick」、ようやく「Echo」シリーズ対応に
Amazonのストリーミング端末「Fire TV」および「Fire TV Stick」を、Alexa搭載のスマートスピーカー「Echo」シリーズで操作できるようになった。(2017/7/14)

Amazon、「Alexa」関連スマートホーム設置サービスを米国でスタート
AI音声アシスタント「Alexa」によるスマートホームを推進するAmazon.comが、IoTガジェットの設置や接続、使い方をサポートする「Smart Home Services」を米国の一部地域で提供している。(2017/7/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。