ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD Yukon」最新記事一覧

関連キーワード

2011年までAMDは何を訴求するのか
「AMDの次の波は2011年」というのがPCパーツに興味を持つ多くのユーザーで共通する意見だ。2010年、AMDは、どんなメッセージをユーザーに送るのだろうか。(2010/1/20)

dv2の直系が登場:
CULV版はインテルだけじゃない!!──Congo採用のちょい上ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm3a」の実力は!?
13.3型ワイド液晶を搭載した低価格スリムノートPCを複数ラインアップする日本HP製品の中で、唯一のAMDプラットフォーム採用モデルが「dm3a」だ。(2009/11/25)

座談会 前編:
Windows 7にNetbook、PCの今後はどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾として、座談会をお届けする。(2009/10/1)

「プロセッサについて語るのはやめよう」から始まるAMDの“VISION”ブランド
AMDは、9月10日に“Tigris”と呼ばれてきた新世代ノートPC向けプラットフォームを発表した。同時に新しいブランド「VISION」のプロモーションも展開する。(2009/9/10)

世界初、「Tigris」を搭載したMSIノートPCを披露
日本AMDは、次世代のモバイルプラットフォームに関する講演を行い、「Tigris」の概要を説明したほか、バッテリー駆動時間に関する新しい指標も示した。(2009/8/10)

日本HP、個人向けノート「Pavilion dv」の2009秋モデルを発売
日本ヒューレット・パッカードは、個人向けノートPC秋モデルを発表。計8製品をラインアップした。(2009/7/16)

低価格スリムノートPC第2章:
デュアルコア化した新型「HP Pavilion Notebook PC dv2」の性能は?
日本HPの低価格スリムノートPCがモデルチェンジを果たし、全モデルでデュアルコアCPUと外部グラフィックスを搭載した。新モデルの性能をチェックしよう。(2009/7/16)

中古ではなく新品?:
6万円台でCore 2 Duoを搭載した2スピンドルモバイル機が手に入る!
東芝の2スピンドルノートPC「dynabook NX」が100台限定の特価で放出されるようだ。GENOでしょ? はいはい中古ね、って新品か!(2009/6/16)

ついに発売!:
Netbookを完全に超えた? 「Aspire Timeline」を徹底チェック
前回に続き、Core 2 Duo+8時間駆動で実売8万円台を実現したモバイルノートPC「Aspire Timeline」をさまざまな角度から検証する。これはいいものだ……。(2009/6/5)

Netbookの次へ:
価格破壊の第2波になる? 新世代モバイルPC「Timeline」を速攻で試す
日本エイサーが満を持して投入した「Aspire Timeline」は、Netbookに続きノートPC市場に低価格化の波を作り出すのか。さっそく13.3型ワイドの「AS3810T」をチェックした。(2009/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2009特別企画:
PR:MSIの新時代を切り開く──X-slim「特命チーム」に迫る
X320がCESで登場したとき、「あのMSIがっ」とそのスタイルに来場者が驚いた。いま、MSIは新しい価値を生み出そうとしている。そこにはある開発チームの存在があった。(2009/6/1)

北京発:
超低価格Netbookや新ブランドのノートPCが登場――HPアジア太平洋地域向けPC新製品発表会
米Hewlett-Packardのアジア・パシフィック&日本向け発表会が、中国の北京で開かれた。Netbookの次期製品など、今後の日本市場を占う製品が多数登場した。(2009/5/27)

白いヤツは化け物か!?:
6万円を切るスリムノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2」の店頭モデルを電光石火で試す
Netbookを上回る性能ながら低価格を実現した日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dv2」シリーズ。今回は安価な店頭向けの“白モデル”をテストした。(2009/5/22)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

真のNetbookキラー見参!?:
価格はNetbook、だけどBD再生もOKな「HP Pavilion Notebook PC dv2」をチェックした
Netbookは安くて魅力的だけど、画面が狭いし性能もいまひとつ……。そんな現状に喝を入れるべく登場したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。(2009/4/23)

まだまだ続くMSIのノートPC攻勢──X340の上位モデルも間もなく登場
MSIは、4月22日に「X340」などの新製品と事業戦略についての説明会を行い、MSIの日本市場での取り組みと体制、登場予定のX-Slimシリーズについて紹介した。(2009/4/23)

Netbookの時代は終わった!?:
PR:AMDの新プラットフォーム「Yukon」を採用した「HP Pavilion Notebook PC dv2」が切り開くPC新時代
AMDが2009年1月に発表した、モバイルエンターテインメント向けの省電力CPU「Athlon Neo」搭載PCがついに姿を現す。Yukonは新時代のノートPCをどこに導くのか?(2009/4/23)

BenQが日本のPC市場に参入 液晶一体型PCが5万円
BenQが日本のPC市場に参入する。低価格な液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCを発売する。(2009/3/19)

CeBIT 2009:
CeBIT 2009に集結した次世代マザーボード
CeBITといえば、自作PCユーザーに「その年に登場する未発表マザーボードがデビューするイベント」としても知られている。CeBIT 2009では当然「P55」に注目なのだ。(2009/3/11)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

2009 International CES:
HPブースで“Yukon”に接近する
総合PCベンダーとして大規模なブースを毎年構えているHP。2009年のCESでは、直前に発表されたAthlon Neo搭載ノートPCに注目が集まっていた。(2009/1/9)

2009 International CES:
開幕近づくInternational CES、今年の「目玉」は?
間もなく開幕する、世界最大級の家電の祭典「2009 International CES」。ゲイツ氏が“卒業”してから初めてのCESだが、今回の目玉は何だろうか?(2009/1/7)

AMD、Atom対抗「Yukon」プラットフォームをリリース
超薄型ノートPC向けのYukonは、新プロセッサ「AMD Athlon Neo」と、ATIのグラフィックス技術を組み合わせたもの。(2009/1/6)

GM、2モードハイブリッド車と燃料電池車を日本初公開
米General Motors社(GM)は、2モードハイブリッドシステムを搭載したフルサイズSUV「Chevrolet Tahoe Hybrid」と、燃料電池車「Chevrolet Equi-nox Fuel Cell」を日本で初公開した。(2009/1/1)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

AMD、超軽量・低価格ノートPC市場への参入を表明
AMDはハイエンドサーバ用45ナノメートルOpteronとHPC向けの新しいグラフィックスチップを発表。「Yukon」でNetbook市場に参入する計画も明らかにした。(2008/11/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。