ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD Athlon Neo」最新記事一覧

5分で分かった気になる、8月のアキバ事情:
暑い夏に熱い個性派パーツが出回った8月のアキバ
お盆シーズンなど関係ないように、8月のアキバは注目パーツが次々と店頭に並んでいった。振り返ると、ジャンル全体のブームよりも“個性派パーツ”が単発で目立ったようだ。(2010/9/8)

クレバリー、4万円台の薄型コンパクトデスクトップ計2製品
クレバリーは、BTOカスタマイズ対応のコンパクトデスクトップPC計2製品「Standard mini T2R [SMT2R-10I]」「Standard mini T2N [SMT2N-10I]」を発売する。(2010/9/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
“色々な意味”で話題の「870A Fuzion」がデビュー
GeForceとRadeonが混在できるMSI「Fusion」シリーズのAMDチップセット版がはじめて登場したが、お盆明けまでチップセットの仕様が明らかにならない特殊な事情で、ちょっとした混乱が起きていた。(2010/8/23)

オンキヨー、デュアル液晶搭載ノート「DX」シリーズ新モデルを発売
オンキヨーは、デュアル液晶搭載ノート「DX」シリーズの新モデル「DX1015A4」を発表した。(2010/6/29)

レノボ、「ThinkPad X100e」にWiMAX搭載の量販店モデルを追加
レノボ・ジャパンは、低価格ノート「ThinkPad X100e」のラインアップに量販店モデル1製品を追加した。(2010/6/15)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月24日〜5月30日):
夏モデルが初の首位──新機種待ちか、値下げ旧機種狙いか
夏商戦期の約1カ月前ということで、PC関連機器の販売状況はやや中だるみ感がある。ただ、今回は夏のPC新機種が初の1位を獲得するなど、売れ筋が変動していくであろう傾向が見られた。(2010/6/4)

“Nile”という新しい選択肢:
デルの“一味違う”低価格モバイルノート――「Inspiron M301z」を駆る
「Inspiron M301z」は、AMDの超薄型ノートPC向け新プラットフォーム“Nile”を採用した低価格モバイルノートPC。その気になる性能をじっくりチェックする。(2010/6/4)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月17日〜5月23日):
夏の新モデルが2位まで浮上、他社夏モデルもそろそろか
商戦期の狭間となる現在、PCの購買需要がやや減る傾向がある。ただ、一部のメーカーがいち早く投入した2010年夏モデルは旧モデルとの入れ替えが順調に進んでいるようで、じわじわ順位を上げてきた。(2010/5/28)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月10日〜5月16日):
早々登場の一部夏モデル、やや伸び悩み──Office 2010待ちか
一部、早々に夏モデルを投入したメーカーもあるが、PCの販売傾向はやや鈍めとなっている。モデルチェンジが近いためか、現行の春モデルをやや値下げする店舗もかなり確認できる。(2010/5/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月3日〜5月9日):
PC夏モデルがじわじわ上昇──GW後半、何が売れた?
夏のPC新モデルが複数発表され、PC各モデルはそろそろモデルチェンジの時期を迎えている。今回はゴールデンウィークの後半を含む集計だが、中でも人気だったモデルは何だろうか。(2010/5/14)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月26日〜5月2日):
PC夏モデルが初登場、GW影響で売れ筋にやや変化
今回はゴールデンウィークの前半を含む集計。2010年は、より「安・近・短」の傾向が進み、近場の家電量販店に出向く機会が多くなる──との報道があったが、PCの購買傾向にどんな変化があっただろうか。(2010/5/7)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月19日〜4月25日):
「MacBook Pro」、登場2週目でランクイン
値下げ傾向のある現モデルか、夏の新モデルか──。そんな微妙な状況にあるゴールデンウィーク直前の集計は、ノートPCの売れ筋傾向に少し変化が見られた。(2010/4/30)

NetbookでもCULVでもない選択肢:
Athlon Neo搭載モバイルノート、そういうのもあるのか――「Eee PC 1201T」実力診断
「5万円程度でモバイル利用ができるノートPCを探している。だけど普通のNetbookやCULVノートじゃ芸がない」なんて考えているなら、こんな1台はどうだろうか?(2010/4/21)

レノボ、スタンダードノート「ThinkPad X100e」のカスタマイズオプションを増強
レノボ・ジャパンは、AMDプラットフォーム採用の低価格ノートPC「ThinkPad X100e」のCTOカスタマイズ増強を発表。新たにAthlon Neo X2を選択可能となった。(2010/4/9)

ASUS、5万円台のAthlon Neo搭載モバイルノート「Eee PC 1201T」
ASUSTeKは、CPUとしてAthlon Neoを採用したミニノートPC「Eee PC 1201T」を発売する。(2010/4/5)

何かとうわさの「ThinkPad Edge 13”」を使ってみた
「ユーザーの新しいニーズに応えたい」という新しいシリーズに、ThinkPadを知るユーザーは「ムムッ」とうなった。その実力を「赤いカラバリ」で検証する。(2010/2/23)

10万円を切る「ThinkPad X100e」は本当に“ThinkPad”なのか
「価格と信頼性の両立」に挑んで開発されたX100e。AMDプラットフォームにチクレットタイプキーボードといった“大和の挑戦”は果たして成功しただろうか。(2010/1/5)

Lenovo、AMDプロセッサ搭載のThinkPad発表
Lenovoの「ThinkPad X100e」「ThinkPad Edge」はThinkPadでは初めてAMDのプロセッサを採用している。(2010/1/5)

レノボ・ジャパン、「10万円を切る」ThinkPadを発表
レノボ・ジャパンは、「ThinkPad X100e」シリーズと「ThinkPad Edge」シリーズを発表。ともに10万円を切る価格設定とAMDプラットフォームの採用が特徴だ。(2010/1/5)

薄型で2スピンドル:
6万円台からスタートのCULVノートPC「Inspiron 13z」を試す
1スピンドルモデルが多い13.3型CULVノートPCの中で、貴重な2スピンドル搭載モデルがデルの「Inspiron 13z」だ。実力はどうなのだろうか。(2009/12/22)

オンキヨー、デュアルディスプレイノートなど新製品3モデルを発表
デュアルディスプレイノートや370グラムノートが“ONKYO”ブランドで登場する。同社は、製品説明会で工人舎と協業する目的を説明した。(2009/12/10)

デュアルディスプレイのモバイルノート、工人舎から7万円台で
10.1インチディスプレイ×2を搭載したモバイルノートPCが工人舎から。2枚のディスプレイを横に並べてマルチディスプレイとして使える。7万9800円。(2009/11/27)

モバイルPCで2048×600ドット:
10.1型デュアルワイド液晶を搭載した8万円切りノートPCが登場――「KOHJINSHA DZ」シリーズ
工人舎がスライド式の2画面液晶ディスプレイを搭載したノートPC「KOHJINSHA DZ」シリーズを投入する。販売は12月11日からの予定だ。(2009/11/27)

dv2の直系が登場:
CULV版はインテルだけじゃない!!──Congo採用のちょい上ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm3a」の実力は!?
13.3型ワイド液晶を搭載した低価格スリムノートPCを複数ラインアップする日本HP製品の中で、唯一のAMDプラットフォーム採用モデルが「dm3a」だ。(2009/11/25)

それでも9万円台:
CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(前編)
日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」は13.3型ワイドの液晶ディスプレイと“メタル”なボディが特徴のノートPCだ。今回は“CULVでは物足りない!”と思うユーザーに向けた、9万円台の標準電圧版CPU+外部GPU搭載モデルを試した。(2009/11/6)

ポストNetbookが多数登場:
日本HP、最大10時間稼働対応のモバイルノート「dm3」など冬ノート計7シリーズ
日本ヒューレット・パッカードは、2009年冬モデルとなるWindows 7搭載ノートPC計7シリーズ12製品を発表した。(2009/10/14)

「プロセッサについて語るのはやめよう」から始まるAMDの“VISION”ブランド
AMDは、9月10日に“Tigris”と呼ばれてきた新世代ノートPC向けプラットフォームを発表した。同時に新しいブランド「VISION」のプロモーションも展開する。(2009/9/10)

世界初、「Tigris」を搭載したMSIノートPCを披露
日本AMDは、次世代のモバイルプラットフォームに関する講演を行い、「Tigris」の概要を説明したほか、バッテリー駆動時間に関する新しい指標も示した。(2009/8/10)

日本HP、個人向けノート「Pavilion dv」の2009秋モデルを発売
日本ヒューレット・パッカードは、個人向けノートPC秋モデルを発表。計8製品をラインアップした。(2009/7/16)

低価格スリムノートPC第2章:
デュアルコア化した新型「HP Pavilion Notebook PC dv2」の性能は?
日本HPの低価格スリムノートPCがモデルチェンジを果たし、全モデルでデュアルコアCPUと外部グラフィックスを搭載した。新モデルの性能をチェックしよう。(2009/7/16)

中古ではなく新品?:
6万円台でCore 2 Duoを搭載した2スピンドルモバイル機が手に入る!
東芝の2スピンドルノートPC「dynabook NX」が100台限定の特価で放出されるようだ。GENOでしょ? はいはい中古ね、って新品か!(2009/6/16)

ついに発売!:
Netbookを完全に超えた? 「Aspire Timeline」を徹底チェック
前回に続き、Core 2 Duo+8時間駆動で実売8万円台を実現したモバイルノートPC「Aspire Timeline」をさまざまな角度から検証する。これはいいものだ……。(2009/6/5)

ネットブック市場に黒船来航、バッテリー寿命は最大5倍に
従来のネットブックの性能を大きく上回るデバイスが「COMPUTEX 2009」で数多く展示されている。その中心にいる「NVIDIA Tegra」は、ネットブックの勢力図を大きく塗り替える可能性を秘めている。(2009/6/3)

兄はエリート、弟は?:
1600×900ドットで6万円台のプロ向けノートPC「HP ProBook」に肉薄した
HPのアジア・パシフィック&日本向けイベントと同時に、日本でも発表された「HP ProBook」。エントリーモデルとは思えないボディに迫った。(2009/5/29)

3万円を切るか!?:
HPの次なる一手――格安Netbook「HP Mini 110」をチェックする
5月27日、北京で開催された米Hewlett-Packardの発表会において登場した新Netbook「HP Mini 110」をじっくりチェックした。(2009/5/28)

北京発:
超低価格Netbookや新ブランドのノートPCが登場――HPアジア太平洋地域向けPC新製品発表会
米Hewlett-Packardのアジア・パシフィック&日本向け発表会が、中国の北京で開かれた。Netbookの次期製品など、今後の日本市場を占う製品が多数登場した。(2009/5/27)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

白いヤツは化け物か!?:
6万円を切るスリムノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2」の店頭モデルを電光石火で試す
Netbookを上回る性能ながら低価格を実現した日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dv2」シリーズ。今回は安価な店頭向けの“白モデル”をテストした。(2009/5/22)

Vistaならどうだ!?:
これぞNetbookの真打ちか!?――「HP Mini 2140」の高解像度版でVistaを動かした
10.1型ワイドで1366×768ドットの解像度を備えた「HP Mini 2140 Notebook PC」の高解像度版で、OSをWindows XPからVistaに変えたところ……。(2009/5/19)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

日本HP、新デザイン「ZEN-design “asagiri”」採用の量販店向けノート3製品
日本ヒューレット・パッカードは、ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv6」「同 dv2」の量販店向けモデルを発表。新デザイン「ZEN-design “asagiri”」を採用した。(2009/5/13)

日本HP、国内初の“Athlon Neo”採用のモバイルノート「dv2」など6機種
日本ヒューレット・パッカードは、省電力CPUとなるAthlon Neo MV-40を初採用したモバイルノート「dv2」など2009年夏モデル計6機種を発表した。(2009/4/23)

真のNetbookキラー見参!?:
価格はNetbook、だけどBD再生もOKな「HP Pavilion Notebook PC dv2」をチェックした
Netbookは安くて魅力的だけど、画面が狭いし性能もいまひとつ……。そんな現状に喝を入れるべく登場したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。(2009/4/23)

Netbookの時代は終わった!?:
PR:AMDの新プラットフォーム「Yukon」を採用した「HP Pavilion Notebook PC dv2」が切り開くPC新時代
AMDが2009年1月に発表した、モバイルエンターテインメント向けの省電力CPU「Athlon Neo」搭載PCがついに姿を現す。Yukonは新時代のノートPCをどこに導くのか?(2009/4/23)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

2009 International CES:
MSIの「封筒Netbook」とShuttleの「かっこいいNettop」を見る
International CESは「家電の祭典」だが、2009年はPCの新製品発表も多く、それらの製品展示が例年より多かった。ここでは、HP、MSI、そしてShuttleのブースで展示されていた新しい「出荷待ち」製品を紹介しよう。(2009/1/13)

2009 International CES:
HPブースで“Yukon”に接近する
総合PCベンダーとして大規模なブースを毎年構えているHP。2009年のCESでは、直前に発表されたAthlon Neo搭載ノートPCに注目が集まっていた。(2009/1/9)

2009 International CES:
「CES Unveiled」に次世代を担うPCが集合した
その年の注目製品が集結する「CES Unveiled」が米国時間の1月6日に始まった。CES直前に発表された最新のPCをチェックするチャンスだ。(2009/1/7)

AMD、Atom対抗「Yukon」プラットフォームをリリース
超薄型ノートPC向けのYukonは、新プロセッサ「AMD Athlon Neo」と、ATIのグラフィックス技術を組み合わせたもの。(2009/1/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。