ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「会長」最新記事一覧

鴻海会長、「ロボホン」手に笑顔も「カットすべき人はカットする」 シャープ7000人規模のリストラへ
シャープを傘下に納める鴻海の郭会長は「飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない。シャープは残そうとするが、カットすべき人はカットする」と、リストラを急ぐ姿勢をむき出しにした。(2016/6/24)

【訃報】富士通元社長・会長 秋草直之氏が死去
富士通社長・会長を務めた秋草直之氏が死去した。(2016/6/23)

鴻海のシャープ買収、ソフトバンク孫社長が「橋渡し」していた
ソフトバンクの孫正義社長は、鴻海のシャープ買収にあたり、鴻海のテリー・ゴウ会長と、日本の銀行のトップとの間を橋渡ししたことを明かした。(2016/6/23)

株主総会は22日:
新生・東芝の次期会長に不正会計で「グレー」判定の人物が就任するのはなぜなのか?
経営再建中の東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。6月22日の株主総会で“新生東芝”をアピールしたいところだが、株主から人事に異論が噴き出る可能性も。(2016/6/22)

不正会計で「グレー」判定の人物、東芝の次期会長に なぜ?
東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。不正会計を招いた原因とされる米原発子会社WHの会長を務めた人物だからだ。(2016/6/21)

シャープ生え抜きから代表権奪い、鴻海会長の「腹心」に……体制固め着々
シャープが生え抜きの専務の代表権を外し、鴻海会長の「腹心」に置き換え。体制固めが進んでいる。(2016/6/16)

Googleのラリー・ペイジ氏、個人的に“空飛ぶ自動車”企業に1億ドル以上出資とのうわさ
Googleの共同創業者でAlphabet会長のラリー・ペイジ氏が、2社の飛行自動車企業に1億ドル以上つぎ込んでいるとBloombergが報じた。1社の社長はGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げたセバスチャン・スラン氏という。(2016/6/10)

英語が公用語? “外資シャープ”に鴻海の洗礼 リストラ恐怖も「生テリー見た?」の社内
鴻海の傘下に入ったシャープで、社内公用語を英語にする動きが加速。郭会長が本社などを訪れると「生テリー見た?」などと話題になるが……。(2016/6/7)

三菱自の益子会長は正しい決断をした
三菱自動車の燃費データの不正計測・公表問題をきっかけに、日産が三菱自へ第三者出資することで傘下に収めることになった。(2016/6/1)

製造マネジメントニュース:
「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進」、鴻海の郭会長が明言
シャープは、同社を傘下に収める鴻海科技集団総裁の郭台銘氏と副総裁の戴正呉氏による「大切なお客様と取引先の皆様へ」と題したメッセージを公開した。同メッセージでは、エネルギーソリューション事業のリストラや人員削減に関する報道を否定。「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進する」と言明した。(2016/5/26)

買収王・永守氏にルネサスは渡さない! 産業革新機構が“やり過ぎ”人事!? CEOに選んだ人物とは
ルネサスのCEOに呉文精氏が就任することが決まり、波紋を呼んでいる。日本電産がルネサス買収に名乗りを上げていたが、呉氏は日本電産の永守重信会長兼社長と対立し同社を辞めた経緯があるためだ。(2016/5/18)

コンビニ探偵! 調査報告書:
現場は影響あるの? セブン-イレブンの“ドタバタ劇”
鈴木敏文会長が退陣したことで、セブン&アイ傘下のセブン-イレブンには、どのようなインパクトがあるのだろうか。今回は、筆者の経験談を交えながら、コンビニ店舗が受ける影響と変化についてご紹介する。(2016/5/13)

“プロ経営者”でも成果示せず ベネッセ原田社長退任、2年連続で最終赤字
ベネッセホールディングスは11日、原田泳幸会長兼社長が退任し、後任の社長に福原賢一副社長が昇格する人事を発表した。(2016/5/12)

「技術が好き」だけでいいの?仕事に誇りと責任感を持ててる?:
PR:ITアーキテクトの第一人者に聞くエンタープライズITエンジニアの「本当の価値」とは
グロースエクスパートナーズ 執行役員 アーキテクチャ事業本部長 兼 ビジネスソリューション事業副本部長を努め、日本Javaユーザーグループ会長、日本Springユーザーグループ幹事などのコミュニティ活動でも知られる鈴木雄介氏にインタビュー。「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な視点やスキルを聞いた。(2016/5/12)

ベネッセHD、原田会長兼社長が退任へ 引責か
ベネッセホールディングスは、原田泳幸会長兼社長が退任する役員人事を発表した。(2016/5/11)

ジョン・マカフィー氏、「John McAfee Global Technologies」のCEOに就任へ
ソーシャルゲームサービス企業のMGTがジョン・マカフィー氏のセキュリティ企業を買収し、マカフィー氏を会長兼CEOに指名した上、企業名を「John McAfee Global Technologies」に改称すると発表した。(2016/5/10)

室町氏は特別顧問に:
東芝 新社長に綱川氏、新会長に志賀氏
東芝の新社長に現副社長の綱川智氏が2016年6月に就任することになった。会長には、志賀重範氏が就く。(2016/5/6)

Dell、EMC買収完了後の社名は「Dell Technologies」に
ラスベガスで開催の「EMC World 2016」の基調講演に登壇したDellのマイケル・デル会長兼CEOは、EMC買収完了後の計画について語り、新しい社名を「Dell Technologies」とすると発表した。エンタープライズ向けサービスは「Dell EMC」ブランドで提供する。(2016/5/3)

シャープ前副社長が日本電産へ 永守会長「挫折や失敗経験ある人に来てほしい」
日本電産は、シャープの前副社長の大西徹夫氏を顧問に迎える。永守会長は引き抜きを否定したうえで「挫折や失敗の経験のある人に来てほしい」と話した。(2016/4/26)

シャープ社長の肩に“金色スカーフ”の衝撃……風水で決めた調印日、91歳母親の同行もビックリ
鴻海よるシャープ買収会見が異例の土曜日に行われた理由は、信心深いことで知られる鴻海の郭台銘会長の験担ぎによる独断だったようだ。(2016/4/20)

セブン&アイ、新社長に井阪氏 鈴木氏は退任 正式発表
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長が退任し、井阪氏が社長に昇格する人事を正式発表。(2016/4/19)

ネクタイの色にも意味が:
調印日は風水で シャープ社長の肩に“金色スカーフ”の衝撃
鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープ買収の調印式と共同会見が、議決から3日後の4月2日に行われた。異例の土曜調印となったのは、信心深いことで知られる郭台銘会長の験担ぎによる独断だったようだ。(2016/4/19)

ボッシュ中心にキヤノン、デル、ダイソンが初参加:
60〜200Wワイヤレス給電の実現へ、新WGが発足
「Wireless Power Consortium(WPC)」会長のMenno Treffers氏は2016年4月、東京都内でワイヤレス給電規格「Qi」のロードマップを説明した。最大受電電力15Wの急速充電が可能になる仕様に加えて、60〜200Wの実現に向けた新しいワーキンググループが発足されたと発表した。(2016/4/18)

鴻海会長、シャープほめ殺し……独演会に水さす記者に“ブチ切れ”も
シャープを買収する鴻海の郭台銘会長は会見で“融和”を演出したが、結局、シャープ再建の行方がみえなかった。(2016/4/13)

鴻海会長、シャープほめ殺し?
経営再建中のシャープが台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入る契約を締結した。2日、共同運営する堺市堺区の液晶工場で調印した後、シャープの高橋興三社長との共同記者会見に臨んだ鴻海の郭台銘会長は「買収ではなく投資」と強調するなど“融和”を演出した。(2016/4/13)

水と油は交わるか:
鴻海からの“心遣い”を、シャープはどう受けとめたのか
台湾の鴻海によるシャープ買収決定後に開かれた共同会見において、鴻海・郭会長兼CEOはシャープのイノベーターとしての歴史をべた褒め。ところが、両社の経営に対する基本姿勢はまるで異なるものなのである。(2016/4/11)

「井阪社長の発言にがっかり」「なんで息子の話が出てくるのか」セブン鈴木会長辞任会見
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者の会見での一問一答の詳細は次の通り。(2016/4/8)

5人のニューフェイス:
2016年度「フォーブス」日本長者番付、初めてランク入りしたのは?
ビジネス誌「フォーブス」は4月7日、2016年度版の日本長者番付を発表した。首位は2年連続でファーストリテイリングの柳井正会長兼社長だった。そのほかの顔ぶれはいかに。(2016/4/7)

シャープが放った渾身の一打「蚊取空清」、鴻海にわかるか“目の付け所”
シャープが蚊取り機能付き空気清浄機「蚊取空清」を発売する。6年かけて開発した労作だ。シャープらしさを支えた「ゆとり」は、鴻海の郭会長のもとでどうなるか。(2016/4/5)

ガリガリ君、25年ぶり値上げで哀愁ただよう限定CMを公開
代表取締役会長もしょんぼり。(2016/4/1)

鴻海、シャープ買収決定 足元見られぎりぎりの交渉
鴻海によるシャープ買収がようやく実現。主力2行は“海千山千”の鴻海の郭台銘会長に振り回され、ぎりぎりの譲歩を迫られた。(2016/3/31)

Maker's Voice:
「.コム」が6月に一般解禁、VeriSign会長が語るドメインのこれから
米VeriSignは日本語の新ドメイン「.コム」を6月から一般提供する。会長兼CEOのジェームズ・ビゾス氏にその狙いやドメインビジネスの今後を聞いた。(2016/3/31)

世界最大の半導体企業へと導いた:
元Intel CEOのAndy Grove氏逝去
IntelのCEO(最高経営責任者)や会長などを務めたAndy Grove氏が、2016年3月21日(米国時間)に死去した。79歳だった。Intelの形成期から、世界最大の半導体メーカーとしての地位を確立するまでの時期に、大きな貢献を果たした人物である。ハンガリー生まれの同氏は、ナチスの占領下から逃れ、米国に亡命したという過去を持つ。(2016/3/24)

Intelの元会長、アンディ・グローブ氏が死去
Intelの創業直後に入社し、長くCEO兼会長を務めたアンディ・グローブ氏が79歳で亡くなった。(2016/3/22)

Alphabetのシュミット会長、米国防総省の顧問委員会会長に
米国防総省がシリコンバレーのIT企業からの助言を受けるための顧問委員会を設立し、Googleを傘下に持つAlphabetのエリック・シュミット会長を委員会のリーダーに指名した。(2016/3/3)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
イオンモバイルがMVNOサービスをスタート、日本通信はソフトバンク回線を提供か?
イオンモバイルがMVNOに参入したほか、So-netが500MB未満は無料の「0 SIM」を正式に開始。日本通信会長がソフトバンク網でのサービス開始をにおわせるなど、MVNO関連で大きな動きがあった。(2016/3/1)

すごい差別化戦略:
セブン-イレブンの鈴木会長が自らドーナツを試食するホントの理由
コーヒーにドーナツ、金の食パンをはじめとするセブンゴールドシリーズなど、次々とヒットを繰り出すコンビニの“王者”セブン-イレブン。なぜセブンは、競合他社とは異なる新しい取り組みを先駆けて実行できるのでしょうか?(2016/2/24)

Googleのシンクタンク、Alphabet傘下の「Jigsaw」に改名
Googleの持ち株会社Alphabetのエリック・シュミット会長が、Googleのシンクタンク部門をAlphabet傘下企業Jigsawとしたと発表した。(2016/2/17)

Google会長「リアルを大切に。でも、やはりネットは素晴らしい」
(2016/2/17)

石川温のスマホ業界新聞:
テリー・ゴウ鴻海会長がシャープ本社に乗り込み7000億円の直談判――決断できないシャープは2月末までにどちらを選ぶのか
シャープの経営再建に際して、日本の産業革新機構と、台湾の鴻海精密工業(Foxconn)が名乗りを挙げている。どちらを再建パートナーを選んだとしても、課題はつきまとう。(2016/2/12)

100年企業:
シャープ土壇場で心変わり、鴻海に傾いたワケ
1月30日、土曜日で社員もまばらな大阪市阿倍野区のシャープ本社。その一室で高橋興三社長らと台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長が向かい合った。(2016/2/12)

ジャパンディスプレイ、シャープとの統合“赤信号”も 本間会長「日本連合で戦うべきだ」
ジャパンディスプレイの本間会長は、シャープとの事業統合が不透明になったことについて、「一喜一憂はしていない」と述べ、単独での事業強化を進める考えを示した。(2016/2/9)

2年越しの情熱――ASUSが「ZenFone Zoom」に込めた粋
発表から約1年経過して日本でも登場するASUSの「ZenFone Zoom」。台湾から来日したジョニー・シー会長は、情熱的にZenFone Zoomに込めた粋を語った。(2016/1/26)

2016 CES フォルクスワーゲン 基調講演レポート:
新世代のフォルクスワーゲンを進める「4つの柱」と「3つの段階」
「2016 International CES」の基調講演に、フォルクスワーゲン乗用車ブランドの取締役会長を務めるヘルベルト・ディース氏が登壇した。ディース氏は、新世代のフォルクスワーゲンを進める「4つの柱」と「3つの段階」を説明。それらを明示するコンセプトカーとして「e-ゴルフ タッチ」と「BUDD-e」を披露した。(2016/1/22)

富士通テン会長 重松崇氏 自動運転技術講演全再録:
日本の自動運転車開発の課題は「自動車業界とIT業界の連携不足」
「第3回 自動車機能安全カンファレンス」の基調講演に富士通テン会長の重松崇氏が登壇。重松氏は、トヨタ自動車でカーエレクトロニクスやIT担当の常務役員を務めた後、富士通テンの社長に就任したことで知られる。同氏はその経験を基に「自動運転技術の開発を加速する上で、日本は自動車とITの連携が足りない」と課題を指摘した。(2016/1/19)

世界で累計1000万部突破:
中国で「稲盛和夫」“爆読み”のワケ
京セラ創業者で名誉会長の稲盛和夫氏の著書が平成27年8月末、世界累計発行部数1000万部を突破した。経営論にとどまらず、仕事を通じた生き方を説く言葉が若い世代や女性もひきつけ、読者層を広げる。(2016/1/18)

HTCのVR(仮想現実)ヘッドセット「HTC Vive」製品版予約開始は2月29日(発売は4月)
HTCのVR HMD「Vive」製品版の予約を2月29日に開始すると、同社のシェール・ワン会長兼CEOがTelegraphのインタビューで語った。出荷は4月と発表されている。競合するOculusの「Rift」の予約は既に始まっており、SCEの「PlayStation VR」は2016年上半期発売の見込みだ。(2016/1/12)

2016 トップに聞く(5):
「シャープ、東芝からも人材受け入れたい」 日本電産 永守重信会長兼社長
日本電産の永守会長は、「希望退職を行ったシャープや東芝などの応募者を幅広く受け入れたい」と話す。(2016/1/6)

NECの新野新社長が挑む、成長への“3つの課題”
NECが社長および会長人事を発表。安定成長を目指す従来路線を継承することを重視し、副社長の新野氏が昇格する形となった。新野氏は次の中期経営計画で“縦割り”体制の解消や注力事業の絞り込み、そして事業のグローバル化に注力すると語った。(2015/12/26)

在任わずか半年で突然辞任!:
ルネサス 遠藤会長兼CEOが辞任
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月25日、代表取締役会長兼CEOである遠藤隆雄氏が辞任したと発表した。(2015/12/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。