ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「同僚」最新記事一覧

週末珍ゲー紀行:
う○こ漏らしたら会社クビ、同僚たちの妨害を振り切ってトイレまで駆け抜ける便意シミュレーター「Gotta Go」
漏らしたら社会的にゲームオーバー。(2017/8/18)

友人限定で資金募れるアプリ「polca」 クラウドファンディング「CAMPFIRE」が提供
知人・友人を対象に資金を集めるスマホアプリ「polca」を、クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREがリリース。友人の誕生日プレゼントや同僚の出産祝いなど、少額の資金集め需要に応える。(2017/8/10)

会社に制度づくり求める声多数:
同僚の反応気になり「有給」取れない 社会人の3割
「有給休暇を取りづらい」と感じる社会人、その理由は?――BIGLOBE調べ。(2017/7/31)

ディルバート(508):
同僚以上、友人未満
同僚からの頼まれごとを聞いたディルバート。それに対して出てきたのは……弁護士!?(2017/7/6)

エンジニアのための文章力養成講座(2):
プロマネに危機感を覚えている――目的語と述語を正しく組み合わせる
「同僚のエンジニアに好意を持った」「同僚と結婚した」「女の子を授かった」「その子を今、一生懸命育てている」のように、「目的語+述語」の組み合わせが適切な文章を書きましょう。(2017/6/22)

Slackで同僚に送金──PayPal bot登場
オンライン決済のPayPalが、Slackのチームメンバー同士で送金できる「PayPal bot」をSlackのアプリストアで公開した。まずは北米など数カ国で利用できるようになった(日本はまだ)。(2017/2/8)

シャドーITが陽のあたる場所へ
草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?
会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。(2017/1/23)

ディルバート(481):
エンジニア殺しの「企画屋」
何やら“押し”の強い同僚がディルバートのもとに“エンジニアの仕事に理解のない”仕事を持ってきたようで……。さすがのディルバードもたじたじ?(2016/12/29)

ディルバート(480):
否定的な発言ばかりする人に対処する方法
ディルバートの渾身の(多分)アイデアに理不尽な反論をぶつけてきた同僚が……。こんなときは、論理的に“お返し”するのが効果的なようですね。(2016/12/22)

モバイル化が引き起こす生産性の低下
同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?
企業がモバイル化を進めるにつれ、システムに格納されている社員の連絡先情報の検索と更新に費やす時間は徐々に増えていると専門家は指摘する。(2016/10/25)

結果を出す“下ごしらえ”:
同じ仕事なのに、なぜあの人は「結果」を出すのか
「同僚のあいつと、同じような仕事をしているのに、なぜ結果が違うんだろう」と感じたことはないだろうか。ひょっとしたら、アウトプットに行き着くまでの流れと、アウトプットをどう考えるかによって違ってくるのかもしれない。どういうことかというと……。(2016/9/2)

Microsoft、シフト制勤務管理サービス「Project Sonoma」を招待制プレビュー
Microsoftが新たなプロダクティビティサービス「Project Sonoma」のプライベートプレビューを開始した。シフト制で働く従業員が、自分のシフト予定や社内連絡事項を確認したり、同僚とチャットしたりできる。AndroidおよびiOSアプリが公開されている。(2016/8/23)

ディルバート(461):
あなたの人生の目標は?
職場で同僚と長期目標を語り合うなんて、建設的でさわやかな光景に見えそうですが、ウォーリーのディルバートの目標は独特なようで……?(2016/8/12)

人工知能アドバイスで「職場の幸福感」アップ
「上司に会うなら午前中」「あの同僚ともっと話した方がいい」――日立が職場での“幸福感”アップに有効なアドバイスを自動作成する技術を開発した。(2016/6/27)

PR:飲まずにできる「飲みニケーション」!? 上司や同僚との距離をぐっと縮める“秘策”とは
部下や上司、同僚との距離を縮めるには“飲みニケーション”がベスト!――と思っていませんか? しかし今では、お酒を交えなくてもカジュアルなコミュニケーションができる手段が登場しています。創業50年の老舗企業・東邦レオが試してみた“秘策”とは!?(2016/5/30)

ディルバート(445):
このアプリ、仕様がないんですけど……
暴言連発の同僚に、アリスが「殺意の波動」に目覚める日も近い?(2016/4/21)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(3):
高知編:大きな○○がない!!!――地方暮らしのメリット/デメリット
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝えていく本連載。高知編 第3弾は、高知に移住したはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が、同僚エンジニアに聞いた地方ならではのメリット/デメリットをセキララにお伝えする。地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。(2016/1/26)

ディルバート(432):
同僚に恵まれない
仕事の失敗を人のせいにするのはあまり好ましくありませんが、さすがにこれは世知がらい……。(2016/1/21)

漫画版「Press Enter■」(3):
「賢者の贈り物」〜第3話 ビッグデータ大作戦
妹系エンジニア「クミ」の彼氏は、同僚のもっさり男子「マサル」。そのマサルの行動が最近妙に怪しい。まさか……浮気!?――エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」待望のコミック化!(2015/12/18)

漫画版「Press Enter■」(2):
「賢者の贈り物」〜第2話 神様のバグ
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」の、「賢者の贈り物」がコミックになって帰ってきました。IT企業で働く女性エンジニア クミちゃんと同僚のマサルくんが繰り広げるロマンチック コメディを、お楽しみください。(2015/12/11)

オノマトペ:
“同僚の忙しさ”を感じ取るテレワークシステム、沖電気ら開発
沖電気工業らは遠隔地でも“同僚の忙しさ”などを感じ取れる「超臨場感テレワークシステム」を共同開発した。音や動きをオノマトペで知らせ“遠隔地間の雰囲気共有”をスムーズに行う。(2015/9/30)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)
コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/18)

「SFA」が受注確度向上の鍵に
マンガ『営業・中島の憂鬱』:受注確度を上げまくる同僚、なぜ俺は受注できない?
このところ営業成績がさっぱりな営業・中島。他人からの助言を受け入れない“一匹狼”だった中島の意識を変え、売り上げ向上をもたらしたのは、敬遠していた「あるツール」の活用だった。(2015/9/11)

gooスマホ部:
ガラケーでLINEはできますか?
ガラケーを使っている同僚からLINEの招待メールが届きました。ガラケーでもLINEをすることはできるのでしょうか?また、何か違いはあるのでしょうか?(2015/8/27)

まるでオフィスにいるよう OKI、“超臨場感テレワークオフィス”公開
テレワークでも、“周囲の雰囲気を常に感じて、気になることがあれば同僚の様子を伺い、近付いて話しかける”という、オフィスと同じ感覚で働ける――。OKIが提案するのは、そんなシステムだ。(2015/7/16)

gooスマホ部:
PC版でのLINE閲覧について
友人のiPhoneに同僚のアカウントを追加して同期をしたのですが、友人のLINEの情報が同僚から見られる可能性はありますか?(2015/4/17)

NPSの推奨低水準:
友人・同僚に勧めたい業界・ブランドは?――NTTコムオンラインがNPS業界ベンチマーク調査結果を発表
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコムオンライン)は3月31日、NPS業界ベンチマーク調査結果を発表した。(2015/4/1)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(3):
誰かを待っているだけでいいの?――「くれない病」にかかったら
仕事でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載。今回は「くれない病」にかかったときの処方箋です。本当は「○○してほしい」のに、会社が、上司が、同僚が「○○してくれない」のはなぜでしょう。(2015/3/18)

「ただの同僚」から「恋愛対象」に変わる3つのセリフ
難しい「社内恋愛」のコツは?(2015/2/26)

ストレージ容量、写真の閲覧機能、利用料金などを比較
ずっと使いたい「クラウドストレージ」5選 無料でどこまでできる?
今や身近なツールとなったクラウドストレージ。場所を問わずアクセス可能で、家族や友人、同僚とファイルや画像を簡単に共有できるなど一度利用すると手放せなくなる。特に人気の高いサービス5種を比較してみた。(2014/12/20)

マンガ形式オンラインハッカソン「エンジニアでも恋がしたい!」 プログラミング結果で物語が分岐
マンガ形式のオンラインハッカソン「エンジニアでも恋がしたい!〜転職初日にぶつかった女の子が同僚だった件〜」が公開された。出題されるプログラミング問題への解答で物語が分岐していく。(2014/12/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
上司や部下だからこそ疑え――「内部犯行」はこうしてなくす
信用していた同僚が、ある日突然犯罪者に――。大規模な情報漏えいに結び付くことが多い、内部関係者による内部犯行。有効な対策はあるのか。調査結果や専門家の意見から探る。(2014/11/20)

学習して進化するロボット「Baxter」登場
ロボットが“できる同僚”になってしまう未来、人間は信頼関係を築けるか
近く、ロボットは企業においてその活路を見いだすだろう。だが、私たち人間はロボットを信用できるのだろうか。本稿ではロボットがIT部門にもたらす影響を考察する。(2014/11/5)

そのひとことを言う前に:
部下の“放置プレイ”が一番マズい――「コミュニケーション飢餓」の恐怖
相手とのコミュニケーションでミスをしてしまったらどうしよう……。そう思って、部下や同僚とどう接していいか分からなくなった経験はありませんか? しかし、コミュニケーション不足も大きな「失敗」。もっと大変な状況に陥る可能性もあります。(2014/10/9)

3分LifeHacking:
1つでも試す価値あり――コミュニケーション上手になるための5つの習慣
上司、部下、同僚、顧客――相手が誰であってもうまくコミュニケーションできればうれしいものです。どうすればもっと上手にできるようになるでしょうか。ほんの少し、普段の話し方、考え方を変えてみるだけでずいぶん変わってくるのを実感できるはずです。(2014/10/7)

「考える」力をつくる30のルール:
人は誰かのためになら頑張れる
人は、どんなときに頑張れるのか。それは、自分の家族や恋人だったり、あるいは苦楽を共にする同僚など、“その人のために頑張りたい”と思える誰かがいるときだ。(2014/10/1)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(5):
あなたの「顧客」は誰だ?
会社は家族のようなもので、同僚は親や兄弟のようなもの。そう思っている人は多いのではないだろうか?(2014/9/4)

匿名でメールを送信できる「Leak」登場
友達や同僚に直接言いにくいことや激励の言葉を匿名でメールできるサービス「Leak」がWebサービスとして登場した。日本語のメールも送信できる。(2014/8/4)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
金曜の晩が最高、日曜の晩は憂うつ
給料をもらうために、仕方なく仕事をしていても何も楽しくない。仕事が好きだと言って、楽しそうに働いている同僚がうらやましいとも思う。似たような経験は、だれにもあるのではないだろうか。(2014/7/15)

会社の同僚とコミュニケーションできるメッセンジャーアプリ「Pequod」のWebブラウザ版が登場
メディアテクノロジーラボが提供するメッセンジャーアプリ「Pequod」(ピークォド)のWebブラウザ版が登場。(2014/6/18)

ディルバート(355):
辱めを受ける覚悟はある?
これでは同僚におちおち質問もできませんな……。もしくは、恥をかいて学ぶべしと、前向きにとらえるか。(2014/6/12)

友だちをつくりやすいバイトは?
あなたはバイト先に普通の同僚以上に親しい友人がいますか? 18〜24歳のバイト経験者に聞いたところ、37.2%の人が「いる」と答えた。an調べ。(2014/5/29)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(3):
新型うつ社員への対応法
同僚や部下に新型うつの傾向が見られる人が出たら、どのように対応すればよいのでしょうか。今回はその考え方やケースごとの対応を見ていきましょう。(2014/5/15)

3人に1人の男性が、上司や同僚の「ニオイ」が気になっている
自身の身だしなみに気をつけている人はどのくらいいるのだろうか。首都圏に住む働く男性に聞いた。生活トレンド研究所調べ。(2014/5/8)

共に電王戦出場、世界最強の“同僚”――コンピュータ将棋ソフト開発者 一丸貴則さん・山本一成さん(前編)
人間のプロ棋士とコンピュータソフトが対戦した「将棋電王戦」。「人間 vs. コンピュータ」という構図で語られがちなこの戦いは、プロ棋士と将棋ソフト開発者という「人間 vs. 人間」の戦いでもあった。(2014/4/25)

3分LifeHacking:
PCと携帯を持ち込まないことで会議が効率アップする理由
自分と同僚の時間を節約し会議に集中するためにも、PCと携帯は持ち込み禁止にしてみてください。理解不能な行為に思えるかもしれせんが、その2つがないおかげで、会議が驚くほどはかどります。(2014/2/25)

お茶でも飲みながら会計入門(89):
なぜ防げなかったのか〜 IT業界の不正事例
同僚や上司が不正取り引きに関わっているかもしれない…… そんな疑念が生まれたときに気を付けるべき事柄を解説します。(2014/2/6)

Biz.ID Weekly Top10:
辞めていく同僚を引き留めず、応援するという選択
もしも同僚に「会社を辞めようと思う」と言われたら、あなたはどのような対応をしますか?(2014/1/14)

“山の神”柏原選手を女体化したラノベ「同居人は屍です。」を同僚の佐藤選手が執筆する事案が発生
テレビの駅伝実況で「柏原竜二なき後」と言われた柏原選手がそれをネタにしていたらいつのまにかラノベっぽい何かになりつつあるでござるの巻。(2014/1/9)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、おごる回数を競う
日本人は同僚との食事や飲み会なら割勘がスタンダードですが、華僑には割勘の習慣がありません。必ず誰か1人が全員分を支払います。(2014/1/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。