ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「同僚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「同僚」に関する情報が集まったページです。

ディルバート(575):
形勢逆転
鬼の首を取ったかのようにディルバートを非難する同僚くん。反論に対する様子は……あれ、焦ってるの?(2018/10/11)

関係を良くしようとする人も:
「職場の人間関係」が原因で転職した人は53% イヤだった点は……?
転職経験がある社会人の53%が、転職のきっかけに「人間関係」を挙げた。接するのが難しかった相手は「先輩」「同僚」などが多かった。一方、人間関係を良くするための工夫をしている人も存在した。(2018/10/9)

半径300メートルのIT:
“注意力”だけではもう見破れない? 日本企業を狙うメール詐欺の進化
あなたが取引先や同僚とやりとりしているメールの中に、精巧に作られた“偽物”が隠れている――そう言われたら、素直に信じられますか? 日本の企業をターゲットにじわじわと広がりつつあるBEC攻撃を紹介します。(2018/9/4)

シニアスペシャリスト採用の条件:
65歳でネスレに中途入社したベテラン営業マンが輝いている理由
大手メーカーで営業マンとして20年以上働き、50代で起業経験もある石川さんは、65歳でネスレ日本に入社した。上司や同僚にも仕事ぶりが評判だというが、そのわけとは――。(2018/8/29)

近づくものが凍ってしまう氷属性男子とクールな同僚女子 互いに「ドキッ」とする漫画から目が離せない
どんな状況なの?(2018/8/12)

ディルバート(565):
“燃え移り型モンスター社員”に出会ったら
こんな困った同僚、あなたの周囲にいませんか? 勝手に怒りを募らせる“話の通じない”同僚からうまく逃げたつもりのディルバートですが、厄介な飛び火が……。(2018/8/2)

メルカリにも浸透:
「同僚からのボーナス」があると、職場はどう変わるのか
従業員同士で感謝や称賛の気持ちを込めて成果給(インセンティブ)を贈り合う「ピアボーナス」が注目されている。2017年に開始されたサービス「Unipos」は、メルカリなど100社以上が導入。どんな仕組みなのか、開発企業に聞いた。(2018/7/12)

出張連載 耐え子の日常:
「変顔で写メ撮ろう!」→ガチなのは自分だけ OLが職場の不幸に忍ぶ「耐え子の日常」―同僚と交流編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第4回は「同僚との交流」編。(2018/7/2)

ディルバート(560):
”ブロックチェーン・ドローン”の恐怖
ボスを説得する方法を知りたい同僚に、ディルバートが“検証済み”の画期的な方法を伝授したところ……。(2018/6/28)

衝撃事件の核心:
同僚宅に21回侵入の元検察官……裁判官もあきれた動機、元同僚検察官の質問は叱り口調
本来であれば犯罪を追及すべき立場の検察官が、刑事被告人として証言台の前に座っていた。同僚の女性のかばんから鍵などを盗み自宅に侵入したとして、窃盗と住居侵入の罪に問われた京都地検宮津支部の元副検事の男(44)=懲戒免職=に対する裁判が京都地裁で開かれた。(2018/6/25)

Facebookは「信頼できない」けど「やめられない」 不祥事受け、米国民の反応は
Facebookが個人情報流出問題で揺れている。米国では規制を求める声が噴出しているが、米社会では職場の同僚から友人関係までFacebookでのつながりが浸透。流出の「被害者」である利用者でさえ「手放せない」と語る。(2018/6/5)

賛否両論:
「出戻り社員」は古巣で活躍している? 同僚の評価は……
企業は一度退職した社員の「再雇用」をどう捉えているのか――エン・ジャパン調べ。(2018/4/19)

「ジョークのよう」な悲劇でホテルから出禁になった男性、17年を経て和解を成し遂げる
同僚へのおみやげが引き起こした悲惨な事件。(2018/4/11)

同僚との恋模様にキュン 漫画「口下手OL川内さん」にときめく
よいですね……。(2018/3/26)

先輩がくれた缶コーヒーがあったかい 建設会社「熊谷組」のリアルな姿を新人の白いクマ・熊谷くん
同僚にいたらなごみそう。(2018/3/1)

レナウン、「ほほえみサポーター手当」導入 子育て販売員の時短勤務で負担のかかる同僚を手当でフォロー
育児休職から復帰した販売員が短時間勤務できる育児援助施策に伴う、同僚への負担に対する配慮。(2018/2/20)

社員の声から:
子育て社員の「同僚」に月3000円 アパレル店で“気持ち”を手当に
アパレル大手のレナウンが、子育て中の社員の“同僚”に対して、手当を支給する制度を3月に始める。人手不足も問題となっているアパレルショップにおける、働きやすい職場づくりの一環。その狙いについて聞いた。(2018/2/20)

「悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?」:
“善人が会社をダメにする”? プロ人事が説く「ビジネス界の逆説」
どんな同僚とも仲良くできる“善人”は、本当に会社の役に立っているのか。人事のプロ・曽和利光氏の著書「悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?」によると、時に毛嫌いされる“悪人”が企業に貢献するケースがあるという。(2018/1/29)

ディルバート(529):
へそ曲がりなエンジニア
やりかけた作業を中断させられると、文句の1つも言ってみたくなるものですが、ディルバートの同僚エンジニアは、よほど虫の居所が悪かったのか……。(2017/11/30)

「Pokemon GO」のNiantic、「ハリーポッター」に向けて2億ドル増資
「Pokemon GO」に次いで「ハリーポッター」のARゲームを開発中のNianticが、約2億ドル増資した。ラウドをリードしたSpark Capitalのパートナーで、ジョン・ハンケCEOのGoogle時代の同僚だったミーガン・クイン氏が取締役に就任する。(2017/11/27)

ディルバート(528):
忙しすぎシンドローム
ディルバートが仕事を頼んだ同僚は、どうやらワーキングメモリがいっぱいのようで……。(2017/11/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

ロボットの同僚が人間に危害を加える可能性 セキュリティ企業が警鐘
人間と一緒に働く作業用ロボットの脆弱性を突いて安全設定を改ざんされれば、人命が脅かされる恐れもあるとセキュリティ企業は指摘する。(2017/8/24)

週末珍ゲー紀行:
う○こ漏らしたら会社クビ、同僚たちの妨害を振り切ってトイレまで駆け抜ける便意シミュレーター「Gotta Go」
漏らしたら社会的にゲームオーバー。(2017/8/18)

友人限定で資金募れるアプリ「polca」 クラウドファンディング「CAMPFIRE」が提供
知人・友人を対象に資金を集めるスマホアプリ「polca」を、クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREがリリース。友人の誕生日プレゼントや同僚の出産祝いなど、少額の資金集め需要に応える。(2017/8/10)

会社に制度づくり求める声多数:
同僚の反応気になり「有給」取れない 社会人の3割
「有給休暇を取りづらい」と感じる社会人、その理由は?――BIGLOBE調べ。(2017/7/31)

ディルバート(508):
同僚以上、友人未満
同僚からの頼まれごとを聞いたディルバート。それに対して出てきたのは……弁護士!?(2017/7/6)

イノベーションを生み出す人材が必須
「AI」は上司? 同僚? CIOが議論する未来の職場とは
最高情報責任者(CIO)の管轄下にある部門などデジタルな職場では、職務上の枠を超えたコラボレーション、社外の貢献者に対する開放性の強化、人工知能(AI)への理解が進んでいる。(2017/7/2)

エンジニアのための文章力養成講座(2):
プロマネに危機感を覚えている――目的語と述語を正しく組み合わせる
「同僚のエンジニアに好意を持った」「同僚と結婚した」「女の子を授かった」「その子を今、一生懸命育てている」のように、「目的語+述語」の組み合わせが適切な文章を書きましょう。(2017/6/22)

Slackで同僚に送金──PayPal bot登場
オンライン決済のPayPalが、Slackのチームメンバー同士で送金できる「PayPal bot」をSlackのアプリストアで公開した。まずは北米など数カ国で利用できるようになった(日本はまだ)。(2017/2/8)

シャドーITが陽のあたる場所へ
草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?
会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。(2017/1/23)

ディルバート(481):
エンジニア殺しの「企画屋」
何やら“押し”の強い同僚がディルバートのもとに“エンジニアの仕事に理解のない”仕事を持ってきたようで……。さすがのディルバードもたじたじ?(2016/12/29)

ディルバート(480):
否定的な発言ばかりする人に対処する方法
ディルバートの渾身の(多分)アイデアに理不尽な反論をぶつけてきた同僚が……。こんなときは、論理的に“お返し”するのが効果的なようですね。(2016/12/22)

モバイル化が引き起こす生産性の低下
同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?
企業がモバイル化を進めるにつれ、システムに格納されている社員の連絡先情報の検索と更新に費やす時間は徐々に増えていると専門家は指摘する。(2016/10/25)

結果を出す“下ごしらえ”:
同じ仕事なのに、なぜあの人は「結果」を出すのか
「同僚のあいつと、同じような仕事をしているのに、なぜ結果が違うんだろう」と感じたことはないだろうか。ひょっとしたら、アウトプットに行き着くまでの流れと、アウトプットをどう考えるかによって違ってくるのかもしれない。どういうことかというと……。(2016/9/2)

Microsoft、シフト制勤務管理サービス「Project Sonoma」を招待制プレビュー
Microsoftが新たなプロダクティビティサービス「Project Sonoma」のプライベートプレビューを開始した。シフト制で働く従業員が、自分のシフト予定や社内連絡事項を確認したり、同僚とチャットしたりできる。AndroidおよびiOSアプリが公開されている。(2016/8/23)

ディルバート(461):
あなたの人生の目標は?
職場で同僚と長期目標を語り合うなんて、建設的でさわやかな光景に見えそうですが、ウォーリーのディルバートの目標は独特なようで……?(2016/8/12)

人工知能アドバイスで「職場の幸福感」アップ
「上司に会うなら午前中」「あの同僚ともっと話した方がいい」――日立が職場での“幸福感”アップに有効なアドバイスを自動作成する技術を開発した。(2016/6/27)

PR:飲まずにできる「飲みニケーション」!? 上司や同僚との距離をぐっと縮める“秘策”とは
部下や上司、同僚との距離を縮めるには“飲みニケーション”がベスト!――と思っていませんか? しかし今では、お酒を交えなくてもカジュアルなコミュニケーションができる手段が登場しています。創業50年の老舗企業・東邦レオが試してみた“秘策”とは!?(2016/5/30)

ディルバート(445):
このアプリ、仕様がないんですけど……
暴言連発の同僚に、アリスが「殺意の波動」に目覚める日も近い?(2016/4/21)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(3):
高知編:大きな○○がない!!!――地方暮らしのメリット/デメリット
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝えていく本連載。高知編 第3弾は、高知に移住したはちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)が、同僚エンジニアに聞いた地方ならではのメリット/デメリットをセキララにお伝えする。地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。(2016/1/26)

ディルバート(432):
同僚に恵まれない
仕事の失敗を人のせいにするのはあまり好ましくありませんが、さすがにこれは世知がらい……。(2016/1/21)

漫画版「Press Enter■」(3):
「賢者の贈り物」〜第3話 ビッグデータ大作戦
妹系エンジニア「クミ」の彼氏は、同僚のもっさり男子「マサル」。そのマサルの行動が最近妙に怪しい。まさか……浮気!?――エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」待望のコミック化!(2015/12/18)

漫画版「Press Enter■」(2):
「賢者の贈り物」〜第2話 神様のバグ
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」の、「賢者の贈り物」がコミックになって帰ってきました。IT企業で働く女性エンジニア クミちゃんと同僚のマサルくんが繰り広げるロマンチック コメディを、お楽しみください。(2015/12/11)

オノマトペ:
“同僚の忙しさ”を感じ取るテレワークシステム、沖電気ら開発
沖電気工業らは遠隔地でも“同僚の忙しさ”などを感じ取れる「超臨場感テレワークシステム」を共同開発した。音や動きをオノマトペで知らせ“遠隔地間の雰囲気共有”をスムーズに行う。(2015/9/30)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)
コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/18)

「SFA」が受注確度向上の鍵に
マンガ『営業・中島の憂鬱』:受注確度を上げまくる同僚、なぜ俺は受注できない?
このところ営業成績がさっぱりな営業・中島。他人からの助言を受け入れない“一匹狼”だった中島の意識を変え、売り上げ向上をもたらしたのは、敬遠していた「あるツール」の活用だった。(2015/9/11)

gooスマホ部:
ガラケーでLINEはできますか?
ガラケーを使っている同僚からLINEの招待メールが届きました。ガラケーでもLINEをすることはできるのでしょうか?また、何か違いはあるのでしょうか?(2015/8/27)

まるでオフィスにいるよう OKI、“超臨場感テレワークオフィス”公開
テレワークでも、“周囲の雰囲気を常に感じて、気になることがあれば同僚の様子を伺い、近付いて話しかける”という、オフィスと同じ感覚で働ける――。OKIが提案するのは、そんなシステムだ。(2015/7/16)

gooスマホ部:
PC版でのLINE閲覧について
友人のiPhoneに同僚のアカウントを追加して同期をしたのですが、友人のLINEの情報が同僚から見られる可能性はありますか?(2015/4/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。