ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

連写 に関する記事 連写 に関する質問

「連写」最新記事一覧

三井公一がチェック:
「EOS 7D Mark II」の抜群のAF性能と連写速度を堪能する
初代EOS 7Dから5年の時を経て、基本性能が大幅に強化されたキヤノンのAPS-Cフラッグシップモデル「EOS 7D Mark II」。その驚くべき性能の一端を紹介する。(2014/11/6)

扱いやすいフルサイズ:
写真がもっと楽しめる、チルト対応のフルサイズ一眼レフ――ニコン「D750」
ニコンの新しい一眼レフとして「D750」が登場。51点AFや秒間6.5コマの連写など、フラッグシップ「D810」に迫る高機能を備えつつ、可動式モニターを採用することで撮影領域をさらに広げたモデルだ。(2014/10/29)

連続撮影でより多くの写真が撮れるように:
ライカ、プロ向けレンジファインダーデジカメ「ライカM-P」発売
ライカMの基本性能はそのままに、連写時に使用するバッファーメモリを倍増させるなどの改良を加えた新機種が登場する。(2014/8/25)

1秒間に4.4兆コマ連写できる“世界最高速カメラ”「STAMP」 東大などが開発
4兆3700億fpsの世界最高速で連写撮影できる超高速撮影システム「STAMP」を東大などが開発した。(2014/8/19)

ソフトニック:
1秒間に最大40枚、無音かつ連写ができるストレスフリーの超高速カメラ――「静かな超高速カメラ」
「静かな超高速カメラ」は、無音撮影や高速連写撮影などができる多機能なカメラアプリです。撮影した写真でGIFアニメが作成できるのも特徴です。(2014/6/19)

エントリーでも“世界最速”AF追従秒20コマ ニコン「Nikon 1 S2」
ニコンがNikon 1シリーズのエントリーモデル「Nikon 1 S2」を発売する。上位機「V3」「J4」と同じくAF追従20コマ秒と「世界最速」(同社)連写が可能で、鮮やかなイエローモデルも用意される。(2014/5/14)

“世界最速”AF追従 秒20コマ高速連写 瞬間を逃さないミラーレス「Nikon 1 J4」
ニコンがミラーレスカメラ「Nikon 1 J4」を発売する。上位機「V3」と同じくAF追従20コマ秒と「レンズ交換式デジカメで世界最速」(同社)の連写が可能で、瞬間を逃さない撮影機能も新たに搭載した。(2014/4/10)

“デジタル一眼レフ越え”超高速ミラーレス 「Nikon 1 V3」
ニコンがミラーレスカメラの上級機「Nikon 1 V3」を発売する。AF追従でも20コマ秒と「レンズ交換式デジカメで世界最速」(同社)の連写が可能で、高いシステム拡張性も備えた。(2014/3/13)

Apple、連写アプリ「SnappyCam」開発ベンチャーを買収
フル解像度で20枚超の連写が可能なiPhoneアプリ「SnappyCam」開発会社をAppleが買収。(2014/1/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia Z1」カメラ 撮影機能レビュー編――Info-eye、タイムシフト連写、ARエフェクトで遊ぶ
Xperia Z1には面白い撮影機能がいろいろと詰まっているのだ。というわけで、撮影機能レビュー編では「Info-eye」「タイムシフト連写」「ARエフェクト」といった新機能を中心に見ていこう。(2013/11/18)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第30回 iPhone 5sのカメラ、ここがスゴイ(高速連写編)
何回かiPhone 5sのカメラについて話をしたい。まずはここがスゴイ!というポイントの紹介と、「高速連写」の楽しみ方から。(2013/10/22)

ニコン、連写に強い軽量フルサイズ「D610」
ニコンがフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D610」を発売する。基本スペックは既存「D600」と共通するが、「静音連続撮影モード」の搭載など連写性能を高めた。(2013/10/8)

「全焦点マクロ」「高速連写」「タイムラプス」――「EX-ZR1100」のユニーク機能で遊ぶ
カシオ計算機「EX-ZR1100」は手ブレ補正を強化した12.5倍ズームのコンパクトデジカメだが、同社の得意とするデジタル処理を利用した撮影機能にも注目したい。(2013/9/30)

出し惜しみなし、贅沢すぎるエントリー向け一眼レフ――リコー「PENTAX K-50」
防じん防滴ボディに視野率100%ファインダーを備え、連写は秒6コマに、感度は最大ISO51200に、バッテリーは4種類に、カラバリは120種類に対応。そんな贅沢(ぜいたく)なエントリー機「K-50」を使ってみた。(2013/9/3)

「Xperia A SO-04E」の“ここ”が知りたい:
第4回 カメラの起動速度は? 無限連写でどれだけ撮れる?――「Xperia A SO-04E」
Xperia Aの特徴的な機能といえばカメラだ。Xperia Zで採用された裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を引き続き搭載したうえ、Xperia Aではすぐに撮影できることもウリとしている。どれだけ素早く撮影できるのか、どんな機能があるのか見てみよう。(2013/7/22)

秒間15枚連写:
高密度な大画面でカメラも音楽も楽しめるXperiaシリーズの究極形――「Xperia UL SOL22」
ソニーモバイル製の「Xperia UL SOL22」は、有効約1310万画素で秒間15枚の無制限連写が可能なカメラを搭載。おなじみのWALKMANアプリではイルミが輝く。(2013/5/20)

厳選4モデル! KDDI、auスマートフォンの2013年夏モデルを発表
KDDIは、2013年夏モデルのAndroidスマートフォン4機種を発表した。IGZOと大容量バッテリーの長時間駆動、F1.9のレンズ、1秒15コマ連写など新機能を導入したモデルがそろった。(2013/5/20)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第4回 “連写+合成”ができるHDR撮影を活用する
iPhoneに限らず、スマホやデジカメの撮像素子はとても小さいので、一度に取り込める光の量が少なく、ちょっと光が多いと明るいところが真っ白になり、暗いところがつぶれてしまう。そこで活用したいのが「HDR」なのだ。(2013/3/12)

カジュアルに超高速連写を楽しめる軽快ミラーレス ニコン「Nikon 1 J3」
ぱっと見は変化に乏しいが、中身はぐっと進化してキビキビ使える。カジュアルに超高速連写を楽しめて、1インチセンサーなので画質も結構イケル。「Nikon 1 J3」はそんな楽しいカメラなのである。(2013/2/6)

「世界最小」実現、60コマ/秒連写も可能な「Nikon 1 J3」
ニコンが「Nikon 1」シリーズの新製品「Nikon 1 J3」を発売する。「CXフォーマット以上のセンサーを搭載するレンズ交換式デジタルカメラとしては世界最小ボディ」を実現したほか、強力な連写性能も有する。(2013/1/8)

組み込み技術 フォトギャラリー:
家電や医療機器からスノーゴーグルまで、スマホ連携機器が次々登場
2012年は、スマートフォンと連携できる製品が次々に登場した。連写モードで撮影した画像をスマートフォンに送信できるスノーゴーグルや、スマートフォンを顔の前にかざすだけで心拍数が計測できるアプリなど、興味深いものをいくつか紹介したい。(2012/12/17)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカで感じた、ニコン「D4」の問題と不満
ニコンのフラグシップ機「D4」を導入してアフリカに2カ月ほど滞在した。前回は連写やフォーカストラッキングなどについて話したが、今回は南アフリカのフィールドで使ってみた感想を述べさせていただく。(2012/10/22)

IMAGE MONSTER 2.0の実力は:
「EOS 7D」の新ファームウェアVer 2.0.0を試す
キヤノンのハイアマチュア向け一眼レフカメラ「EOS 7D」の新ファームウェアとなる「Ver 2.0.0」の提供が開始された。RAWモードでの連写枚数の向上やカメラ内での現像を可能にするなど、大幅な機能強化が図られている。(2012/8/9)

「一瞬を逃がさない」エントリーモデル ソニー「α37」
「α37」はAマウントを採用するソニー「α」シリーズの内、エントリーに相当するモデルながら上位機種に劣らぬスペックを持ち、快適な連写と望遠撮影を楽しめる。(2012/8/7)

長期試用リポート:
「EOS Kiss X6i」第3回――新撮影機能を試す。そして「EOS M」の感想
今回はEOS Kiss X6iの「連写+合成」撮影やデジタルフィルター系機能をチェックしてみよう。そして発表されたミラーレス一眼「EOS M」とデジタル一眼レフの「EOS Kiss X6i」では、どちらを選ぶべきだろうか。(2012/7/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
シンプルに使えて凝った撮影もできる――そつなくまとまった「GALAXY S III SC-06D」
スマホのカメラは800万画素くらいがちょうどいいのではないか――。「GALAXY S III SC-06D」を使うとそう思えてくる。シンプルなUIにHDRや連写などのトレンド機能もしっかり押さえており、サクサク使える。というわけでカメラ性能を試した。(2012/7/23)

オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」のファームウェアを更新
交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」の最新ファームウェアが公開された。適用することで、「OLYMPUS OM-D E-M5」との組み合わせでC-AF連写時に露出が不安定になる現象が改善される。(2012/6/6)

デジタル技術で“デジ一眼の楽しみ”を手軽に ソニー「α57」
ソニー「α57」は連写とズーム、そして構図の3要素について強化を施した「α」シリーズの新製品。被写体へカメラを向けるだけで構図を自動で判断する機能など、デジタル技術で一眼カメラの楽しみを手軽にした。(2012/4/27)

Cut&Paste、カメラ機能を拡張するiPhone 4/4S用ハードケース「Kapok」
Cut&Pasteが、米Canopy製のiPhone 4/4S用のハードケース「Kapok」を発売。専用アプリとケースのボタンを連動させ、セルフタイマーや連写、ホワイトバランスの固定といったカメラ機能が拡張できる。(2012/4/4)

構図もカメラにお任せ 「かんたん上手」を強化したエントリー 「α57」
ソニーはエントリーモデルのデジタル一眼カメラ「α57」を発売する。独自のトランスルーセントミラーテクノロジーを継承しながら「連写」「ズーム」「構図」の3要素について、強化が施された。(2012/3/21)

24Mbpsモード追加など、「DMC-GH2」拡張ファームウェア
パナソニックは「DMC-GH2」の機能拡張ファームウェアを提供開始した。高感度撮影時のノイズが低減されるほか、連写時の連続撮影コマ数増加、動画撮影における24Mbpsの「高ビットレート動画モード」追加など、多くの改良が行われる。(2011/12/7)

長期試用リポート:
「Nikon 1 J1」第3回――動画機能を試す
これまでの試用でNikon 1 J1が実用的な高感度性能を持つことや、連写機能使用時の対策が分かった。今回はフルHDの動画機能を中心にチェックしていこう。(2011/12/6)

長期試用リポート:
「Nikon 1 J1」第2回――多彩な高速連写機能を試す
前回はNikon 1 J1の高感度が仕事での利用に耐える実用的なものであることが分かった。今回はNikon 1シリーズの特徴のひとつでもある、高速連写をチェックしてみよう。(2011/11/29)

高速連写と高画素を両立した中級デジタル一眼――ソニー「α77」
ソニー「α77」は、半透過ミラーによる独自のAFシステムを備えたレンズ交換式のデジカメだ。APS-Cサイズのセンサーでは最多となる2430万画素のCMOSを搭載しながら、秒間12コマの高速連写を実現している。(2011/10/26)

究極へ挑戦する「X」――キヤノン「EOS-1D X」
キヤノンより「EOS-1Ds MarkIII」「EOS-1D MarkIV」の後継となる、35ミリフルサイズ機「EOS-1D X」が登場する。新開発の18Mセンサーや61点AFシステム、最大秒間14コマの高速連写、常用ISO51200など、究極を目指した性能を実現した。(2011/10/18)

「世界最速」連写、1080p録画も可能な高倍率ズームモデル「DMC-FZ150」
パナソニックは高倍率ズームレンズを備えたデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FZ150」を発売する。メカシャッターで約12コマ/秒の高速連写を可能としたほか、AVCHD/1080pの動画撮影にも対応した。(2011/9/1)

「EXR CMOS」に30倍ズーム、8コマ/秒の高速連写も可能「FinePix HS20EXR」
富士フイルムより、一眼レフライクなデザインのボディに、新開発の裏面照射型CMOSセンサーと24ミリからの光学30倍ズームレンズを搭載した「FinePix HS20EXR」が登場。(2011/2/8)

瞬間を切り“撮る”全部入り――ビクター「GC-PX1」
日本ビクターは、2時間連続撮影できる300fpsのハイスピードムービー、最高60コマ/秒といった高速連写機能を搭載した、“HDハイブリッドカメラ”「GC-PX1」を発売する。(2011/2/3)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
SDカードの高速転送規格「UHS-II」
UHS-Iの登場により最大104Mバイト/秒というデータ転送性能を獲得したSDメモリーカード。しかし、デジタルカメラでの連写など、記憶装置としてさらなる高速性が求められていることも確かだ。今回は、先日発表されたSDカードの高速転送規格「UHS-II」について解説する。(2011/1/14)

長期試用リポート:
「α55」第1回――まずはやっぱり高速連写でしょう
「ハイスピード一眼」として人気のソニー「α55」。長期試用リポートの第1回、まずはその高速連写について検証する。(2010/11/15)

次世代デジカメ技術なぅ(1):
ソニー・トランスルーセントミラーの秘密に迫る――「α55」開発者インタビュー
ソニー「α55」は、新技術トランスルーセントミラー・テクノロジーによって、秒間10コマの高速連写や動画撮影中スムーズな位相差検出AFを実現したレンズ交換式デジカメだ。開発者に話を聞いてみた(2010/11/5)

次世代デジカメ技術なう(1):
ソニー・トランスルーセントミラーの秘密に迫る――「α55」開発者インタビュー
ソニー「α55」は、新技術トランスルーセントミラー・テクノロジーによって、秒間10コマの高速連写や動画撮影中のスムーズな位相差検出AFを実現したレンズ交換式デジカメだ。開発者に話を聞いた。(2010/11/5)

ペンタックス、K-5の連写能力を向上させる新ファームウェア
ペンタックスはデジタル一眼レフカメラ「K-5」用最新ファームウェアを11月中旬に提供開始する。(2010/10/29)

カシオ、電源オフでも屋内でも位置を記録するGPS“旅カメラ”
カシオ計算機は“EXILIM”「EX-H20G」「EX-ZR10」を発売する。EX-H20Gは「ハイブリッドGPS」によって、電源オフ時や屋内でも位置情報取得が行える。裏面照射CMOS搭載のEX-ZR10は「HDRアート」など高速連写を利用したさまざまな機能を楽しめる。(2010/10/19)

高速連写とクイックAFフルHDムービーが魅力の1台――ソニー「α55」
ソニーからトランスルーセントミラーを内蔵したレンズ交換式のデジカメ「α55」が登場。小さくて軽いエントリー機ながら、プロ機に匹敵する高速連写や動画撮影でのスピーディなAFを実現している。(2010/10/7)

初心者にも優しい“ハイスペックエントリー”「K-r」
ペンタックスから初心者にも優しく、6コマ/秒の連写機能や最高ISO25600など上位機種に迫る性能を備え、さまざまな写真表現を楽しめるデジタル一眼レフ「K-r」が登場。赤外線送受信やマルチ電源対応など独特の機能も多く搭載する。(2010/9/9)

瞬間を逃さないカメラ――「α55」「α33」詳報
α33/55の採用した「半透明ミラー」とは? カットモデルで解説。実際にAF追従連写をした様子も動画で紹介します。ほかのαに半透明ミラーは採用される?(2010/8/24)

フルHD撮影可能の“世界最速”24倍ズーム機 LUMIX「DMC-FZ100」
高倍率レンズを搭載したLUMIX「FZ」に、24倍ズームレンズを備えた「DMC-FZ100」が登場。MOSセンサーのメリットを生かし、メカシャッターで「世界最速」の高速連写も行える。(2010/7/30)

PRIMEシリーズ:
フルHD動画を撮影できる防水スライドヨコモーション――「F-06B」
ドコモの富士通製端末「F-06B」は、防水機能を備えたタッチ操作対応のスライドヨコモーション。1320万画素カメラはフルHD動画の撮影に対応したほか、13メガでの7連写も可能になった。(2010/5/18)

写真で解説する「EXILIMケータイ CA005」
防水という新たな強みを備えながら、EXILIMケータイとして最薄の14.5ミリボディを実現した「EXILIMケータイ CA005」。カメラは有効約1295万画素に高画素化し、高速連写などの特殊撮影機能をさらに充実させた。また、ケータイとしての基本的な使い勝手が向上している点も見逃せない。(2010/5/17)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。