ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サイボウズLive」最新記事一覧

俺たちの情シス第6回リポート:
イマドキの新人に直撃質問! 「PC持ってる?」「老害って、どんな人?」
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第6回を開催しました。今回は旬の新人さんたちが主役。情シスのみなさんの質問に彼らが見せた反応とは……。(2016/6/3)

学習ポータルサイトとしてグループウェアを活用
立命館宇治中高が「無料グループウェア」でアクティブラーニングに挑戦、その中身とは?
生徒1人1台のタブレット環境を生かすべく、無料のグループウェアを使って学習ポータルサイトを構築したのが立命館宇治中学校・高等学校だ。その選定理由や活用方法とは。(2016/5/30)

生徒に少し早い会社体験
もうメールでは無理――品川女子学院がコミュニケーション手段を見直した理由
「社会で活躍する女性を育てたい」という考えの下で教育を実践している品川女子学院。校内でのIT活用にも積極的に取り組んでいる。今回はコミュニケーションにフォーカスして取り組み内容を取材した。(2015/12/8)

半径300メートルのIT:
失敗し続けてきたナレッジ共有、変えるのは「いいね!」世代?
FacebookなどのSNSの普及で一般的になってきた「いいね!」ボタン。社内のナレッジ共有の課題を解決する切り札になるかもしれませんよ。(2015/2/16)

「サイボウズLive」登録者数が100万人突破
無料グループウェア「サイボウズLive」の登録者が100万人を超えた。(2014/10/17)

ビジネスチームハック:
チャット付き無料グループウェアでタスクを管理してみる
どんな情報もチャット上で一元管理する「チャットワーク」にも弱点があります。今回は、チャット機能を備える無料グループウエア「サイボウズLive」を紹介します。(2014/9/5)

【オウンドメディア対談】サイボウズ+デサント:
オウンドメディアで“未来の顧客”にアプローチ
自社サイトをメディア化し、オリジナルコンテンツを作ることで、自社のファンを育てる――。オウンドメディアはいま、企業から熱い注目を集めている。しかし、どのようにすれば、オウンドメディアを企業のマーケティングに活用できるのだろうか? サイボウズ式編集長とデサントのユニークなマーケティング担当との対談で明らかにする。(2014/6/10)

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー:
“社会を変える”最強チームの作り方――【第1回】成功体験を共有
“社会を変える”ほどのパワーを持つチームは、どうやったらできるのか――。熱い思いを胸に秘めた“U35”(35歳以下)の男女約40人が、実際にチームを創って活動する過程を追う。(2014/3/14)

無料グループウェア「サイボウズLive」にチャット機能
サイボウズの提供する無料グループウェア「サイボウズLive」にチャット機能が追加された。(2014/2/27)

「Yahoo!グループから移行を」 サイボウズLive、無料利用枠を1グループ300人に拡大
「サイボウズLive」を無料で利用できるユーザー数の枠が従来の1グループ200人から300人に拡大した。「Yahoo!グループ」ユーザーに、サイボウズLiveへの移行を呼びかけている。(2013/12/19)

優勝は会津若松市のITエンジニア集団:
管理を無茶振りされたサーバを守り抜け! Hardening One Remix開催
2013年7月6日と13日に分け、「守る技術」「運用する技術」を競うセキュリティイベント「Hardening One Remix」が開催された。(2013/7/17)

「サイボウズLive」スマホアプリが刷新 UI見直し、チャット機能も搭載へ
無料グループウェアサービス「サイボウズLive」のiPhone/Androidアプリが刷新。ユーザーインタフェースの刷新を皮切りに、今後はリアルタイムチャット機能なども搭載予定。(2013/6/3)

NPOや教育機関などでも採用増:
サイボウズLive、2年半でユーザー数50万人を突破
無料グループウェア「サイボウズLive」がサービス開始から約2年半で登録者数50万人を突破。ビジネスシーンに加え、非営利団体を含む幅広いシーンで活用されている(2013/5/9)

「サービス継続に力を貸して」――「Crowy」がTwitter新APIのタイムリミット前にオープンソース化
SNS統合クライアント「Crowy」がオープンソース化。TwitterのAPIガイドライン変更でサービス停止の危機にあり、改修に力を貸してほしいと呼びかけている。(2013/2/19)

無料コラボツール「サイボウズLive」、新着情報がFacebookに届く新機能
コラボレーションツール「サイボウズLive」の新着情報がFacebookで確認できるようになった。(2012/10/31)

cybozu.comカンファレンスII:
サイボウズ青野社長が考える「データのグループウェア化」はチームを変えるのか
「“データのグループウェア化”で日本の会社を強くしたい」と話すサイボウズの青野社長。アントニオ猪木氏も駆け付けた、cybozu.comカンファレンスIIの基調講演を紹介する。(2012/9/27)

Androidに続きiPhoneも――サイボウズLiveのアプリにプッシュ通知機能
サイボウズは、無料コラボレーションツール「サイボウズLive」のiPhoneアプリ「サイボウズLive for iPhone」にプッシュ通知機能を追加した。iPhoneアプリにアクセスしなくても、サイボウズLiveの新着情報を確認できる。(2012/9/7)

「サイボウズLive for Android」にプッシュ通知機能
サイボウズは8月29日、無料コラボレーションツール「サイボウズLive」のAndroidアプリ「サイボウズLive for Android」にプッシュ通知機能を追加。Androidアプリにアクセスしなくても「サイボウズLive」の新着情報を確認できる。(2012/8/29)

サイボウズ「Garoon」のプロジェクト管理、スマホで利用可能に
サイボウズは8月6日、大規模企業向けのグループウェア「Garoon on cybozu.com」をアップデート。部門横断プロジェクトを支援するスペース機能やメール機能を強化した。(2012/8/6)

企業向けソーシャルは「本物じゃない」――サイボウズの“対Facebook”戦略
Microsoftが企業向けソーシャルサービス「Yammer」を12億ドルで買収するなど、企業の“ソーシャル化”に向けた動きは活発だ。だがサイボウズの青野社長は「企業向けソーシャルはバズワード的なもの」と指摘する。(2012/6/27)

コワーキングツール2012:
メールで連絡が取れない人たちとおつきあいするための便利なツール
メールを出しても返事がない。でも忙しそうではなさそう――。あなたの身の回りにもこの手のタイプの人がいないだろうか? そんな人に、なんとか連絡を付ける方法を考えてみる。(2012/5/31)

富士ゼロックス、SkyDeskに顧客管理の有料プランを追加
グループウェア「SkyDeskサービス」に新たなCRM(顧客管理)機能の有料プランが追加された。無料プランで制限していた利用人数と顧客の管理件数を無制限で利用できる。(2012/5/23)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【イベントリポート】
使えるSaaSが充実していた2012年クラウドEXPO
最大の特徴は「すぐに使える業務アプリのSaaS」が増えていたことだ。ただ、グループウェアやワークフローなど既存業務をクラウドに置き換えたサービスは依然として多い。(2012/5/22)

サイボウズスタートアップス、3ユーザーまで無料のタスク管理/共有ToDoサービス「ToDous」
サイボウズスタートアップスは、ソーシャルタスク管理/共有ToDoサービス「ToDous」をリリース。パネル形式のユーザーインタフェースを採用し、ひと目で内容を確認できるようにした。(2012/3/2)

サイボウズLiveがアップデート、FacebookやTwitterアカウントでログイン可能に
サイボウズは、無料グループウェア「サイボウズLive」にFacebookやTwitterと連係できる機能を追加。既存のアカウントで手軽に利用を開始できるようにした。(2012/2/21)

医療機関のIT導入事例:クラウド型情報共有ツール「サイボウズLive」
情報共有で在宅医療の質の向上に取り組む「睦町クリニック」
在宅医療サービスの質の向上には、スタッフ間の円滑な情報共有が不可欠である。睦町クリニックはサイボウズのグループウェア「サイボウズLive」を利用し、その実現に取り組んでいる。(2012/2/14)

誠編集部が選ぶ2011年のトレンドは?
東日本大震災という大きな出来事があった2011年。今年話題となった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが5つずつ選んでみました。(2011/12/16)

プロジェクト管理機能を強化したサイボウズLive 共有ファイルの復元などが可能に
サイボウズは無料のコラボレーションサービス「サイボウズLive」をアップデート。ToDoリストや共有フォルダなど、複数人で共通プロジェクトをする際の管理に役立つ機能を強化した。(2011/11/2)

サイボウズ、簡易DBを搭載した「サイボウズOffice 9」などを発売
サイボウズは、簡易DBを搭載した「サイボウズOffice 9」をはじめ、業務支援ツールなど3製品のバージョンアップを発表した。(2011/10/3)

Officeも名刺もCRMも“全部入り”――富士ゼロックスのグループウェア「SkyDesk」
富士ゼロックスは、Webブラウザ上で社内外とグループワークができる「SkyDesk(スカイデスク)サービス」の無償提供を開始。メールや名刺管理、CRM、カレンダー、タスク管理、文書作成、表計算などのアプリケーションをまとめて利用できる。(2011/8/23)

App Town 仕事効率化:
見やすさが向上 「サイボウズLive for iPhone」がバージョンアップ
サークルや勉強会、企業間プロジェクトの予定やデータを共有/管理できる無料ツール「サイボウズLive」のiPhoneアプリがバージョンアップした。(2011/8/18)

App Town 仕事効率化:
無料コラボツール「サイボウズLive」のiPhoneアプリが登場
グループのメンバーが情報共有するのに必要な機能を備えたクラウド型コラボツール「サイボウズLive」をiPhoneアプリで利用できるようになった。(2011/7/20)

サイボウズLive、コラボ機能を強化――ユーザー数は10万突破
サイボウズが無料コラボレーションツール「サイボウズLive」の機能を強化。プロジェクトメンバーとの共同作業やディスカッションを効率化する機能を追加した。同サービスのユーザーは10万を突破したという。(2011/4/13)

在宅、遠隔勤務をサポート――サイボウズが災害復興支援策
サイボウズが、社外から同社のグループウェアにセキュアにアクセス可能にするリモートアクセスサービスを期間限定で無償提供。ボランティアや在宅勤務者を支援する。(2011/3/17)

Androidスマートフォンで業務効率アップ!:
PR:ポケットにいつも最新スケジュールを――サイボウズ KUNAI Lite for Android登場
サイボウズのグループウェアに入力した最新スケジュールを、いつでもどこでも素早くチェック――。それを可能にするのが、スマートフォン向けアプリのKUNAI Liteだ。1月17日にリリースされたAndroid版は、他のスタッフのスケジュール確認や空き時間のチェック、施設の予約にも対応。ビジネスを効率化するためのさまざまな機能が盛り込まれた。(2011/1/18)

PR:「デジタルネイティブのためのサービス作りたい」 現役高校生うめけん、起業
現役高校生で「デジタルネイティブ」世代の「うめけん」こと梅崎健理さんが起業した。Twitterなどネットツールを駆使し、遠隔地のスタッフと協力しながら、デジタルネイティブのためのサービスを作りたい考えだ。(2011/1/18)

あなたはメール党? グループウェア党?:
PR:社内メールの7つの課題――その先にある一歩進んだワークスタイル
メールは依然として、社内の情報共有における不可欠なツールだ。だがメールには「送り間違い」や「見落とし」など、円滑な情報共有をさまたげる7つの問題がある。こうした課題を解決できる可能性を持つのがグループウェアだ。メールを使い続けるか、それともグループウェアの仕組みを導入するか――アンジャッシュの動画を見ながら考えてみよう。(2011/1/7)

書き込みや意見に「いいね!」で返答、YouTubeやFlickrの埋め込みも――サイボウズLive
サイボウズは、無料でグループウェアの機能が使えるWebサービス「サイボウズLive」をアップデート。ユーザーからの要望が多かったグループ内検索機能、「いいね!ボタン」などを搭載した。(2010/12/14)

Biz.ID Weekly Top10:
Webサービスがオフィスを代替する日
小規模のプロジェクトであれば、会社という場所に行かなくても業務が回ります。Webサービスを巧みに使い、これを実現しているのがTwitterクライアントを開発するKiznaです。(2010/10/26)

「Facebook、mixiとは違うビジネスSNSに」――グループウェアからの脱皮を図るサイボウズLive
無償のグループウェア「サイボウズLive」が自由登録制になった。公開プロフィールや近況の投稿機能、Twitterとの連係を強化し、「ビジネスSNS」としてユーザー数拡大を目指していく。(2010/10/25)

カレンダー表示やアラームに対応――iPhone向けサイボウズモバイル KUNAIの最新版
サイボウズモバイル KUNAI Lite for iPhoneがバージョンアップし、カレンダー表示やアラームに対応。無料のグループウェア「サイボウズLive」との連携も可能になった。(2010/10/15)

サイボウズ、「場所」「用途」「人」で新規ユーザーを狙う戦略を発表
サイボウズは事業戦略説明会を開き、「場所」「用途」「人」の分野でグループウェア関連のサービスを打ち出し、パッケージソフトでは取り込めなかった利用者を獲得する戦略を発表した。(2010/3/18)

サイボウズLiveの可能性:
ソフトベンダーの新たな稼ぎ方
サイボウズはグループウェアの機能を備えた無償のWebサービス「サイボウズLive」を2010年前半に正式提供する。従来のパッケージソフトとは異なる切り口の同サービスは、サイボウズが新たな収益源を確保できるかどうかの試金石であるのと同時に、ソフトウェアベンダーの新たなもうけ方の可能性を示すものでもある。(2009/12/3)

「サイボウズLive」をセカンドグループウェアに――無料Webサービスで新機軸
サイボウズは無償のWebグループウェアを2010年前半に提供すると発表した。社外の取引先や友人、家族などとスケジュールを共有できる「セカンドグループウェア」を売りに、無償公開で利用者を幅広く集めたい考えだ。(2009/11/27)

サイボウズが「プライベートでも使える」グループウェアを発表、20名まで無料
サイボウズが新グループウェア「サイボウズLive」を発表した。メンバー招待制の非公開グループを複数作成し、ビジネスに加えプライベートでも利用できるという。(2009/11/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。