ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「百貨店」最新記事一覧

セブン&アイ、構造改革道半ば 株主総会、スーパーに質問集中「社員教育がなってない」
カリスマが育てた主力のコンビニエンスストアでさらなる成長をうかがう一方、苦戦する総合スーパー(GMS)や百貨店の構造改革は道半ばだ。(2017/5/26)

1万1000点が新たに加わる:
Amazon「Prime Now」で百貨店の総菜も 商品拡充
Amazonプライム「Prime Now」で、ドラッグストアの美容用品や百貨店の総菜や和洋菓子の取り扱いが開始。ココカラファイン、マツモトキヨシ、三越日本橋本店などと提携する。(2017/4/18)

Amazonの「Prime Now」が取り扱い品目を拡大 ドラッグストアやデパートの商品が最短1時間で届く
「Amazonプライム」の会員特典「Prime Now」が、デパートやドラッグストアで販売している商品に対応。対象エリアでは1時間(一部は2時間)以内にサプリメント、化粧品、惣菜・弁当や生鮮食品などが届く。(2017/4/18)

ビジネスの裏側:
百貨店を救う? アニメ・マンガの集客力
売り上げ減に悩む百貨店業界の救世主として、アニメとマンガが注目を集めている。(2017/4/11)

苦境の百貨店、「アニメ」で光 おそ松、ガンダム、黒子のバスケ……
売り上げ減に悩む百貨店業界の救世主として、アニメとマンガが注目を集めている。(2017/4/11)

3月末で退任:
三越伊勢丹トップ交代の裏に解任求める怪文書
「ミスター百貨店」の異名をとる三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が今月末で退任する。大西氏が労組の圧力で辞任に追い込まれたことは、社内融和を優先させないと、会社をまとめられない同社の複雑な事情を浮き彫りにした。(2017/3/23)

社長退任へ:
三越伊勢丹の業績は見劣りしていた
百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が3月末に退任する方針を固めたことが6日、分かった。国内市場での百貨店離れや中国人訪日客の“爆買い”の鈍化で業績が悪化する中、構造改革で成果を出せなかった経営責任を明確にする。(2017/3/8)

三越伊勢丹、改革に不協和音 リストラめぐり「意見対立」 経営責任を明確化
国内市場での百貨店離れや中国人訪日客の“爆買い”の鈍化で業績が悪化する中、構造改革で成果を出せなかった経営責任を明確にする。(2017/3/7)

アークのモノづくり技術:
PR:“モノづくり技術の百貨店”による3Dモデリング、オンラインでも依頼可能
1948年創業、試作のリーディングカンパニー・アークのモノづくり技術を紹介。今回は、モノ(実物)の製作以外の、3Dモデルデータ作成や、それ以前の設計や企画の状態からの支援について話を聞いた。ここでもやはり「現場の全員が顧客目線になって考える」という同社のモットーが生きていた。なお、3Dモデリングはアークのオンラインサービス経由でも依頼できる。(2017/3/1)

春節でインバウンドは好調:
百貨店の1月売上高1.2%減、11カ月連続マイナス
日本百貨店協会が発表した2016年の全国百貨店売上高は、前年同月比1.2%減だった。中国の春節に伴う連休の影響でインバウンドは好調で、過去最高の約217億円を売り上げた。(2017/2/22)

インバウンド、衣料など不振:
百貨店の16年売上高2.9%減 36年ぶり6兆円割れ
日本百貨店協会が発表した2016月の全国百貨店売上高は、前年比2.9%減だった。(2017/1/20)

初回は2月24日金曜日:
「プレミアムフライデー」は実現するのか
2017年、月末の金曜日に仕事を早く終えて消費を喚起しようという活動「プレミアムフライデー」が、2月24日金曜日に初めて開催される。消費を盛り上げようと百貨店などがイベントを計画しているが、本当に成功するのか。(2017/1/11)

元旦営業は是か非か? ビックカメラ役員「客がいる以上開店は使命」 博報堂研究員「日本人は疲れている」
「新春初売り」は、家電量販店や百貨店にとって書き入れどきだが、元旦営業のあり方を見直す動きも出てきた。元旦に初売りするビックカメラの石川執行役員と、博報堂の夏山上席研究員に「元旦営業の是非」を聞いた。(2017/1/5)

インバウンド伸び悩み続く:
百貨店10月売上高3.9%減、8カ月連続
日本百貨店協会が発表した10月の全国百貨店売上高は、前年同月比3.9%減だった。(2016/11/22)

動物さんたちがトランポリンでぴょんぴょん 英百貨店のクリスマスCMがかわいい
キュン。(2016/11/14)

そごう神戸店など譲渡へ セブン&アイとH2Oリテイリングが資本・業務提携
セブン&アイと、阪急・阪神百貨店を展開するH2Oが資本・業務提携へ。(2016/10/6)

ニトリ、都心出店を加速 東急百貨店東横店、上野マルイに新店オープン
ニトリが東急百貨店東横店、上野マルイに相次いで新店舗。(2016/9/23)

広島カープ優勝目前! Vセール準備に地元百貨店も「25年ぶりで手探り」 
担当者「どのタイミングで商品を作りこむのかが一番難しい」。(2016/9/6)

閉店した岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」の名物食堂 クラウドファンディングで復活が決定
現存する建物を活用し、2017年2月に再開する予定。(2016/8/31)

Uber、顧客のために配車手配する組織向けツール「UberCENTRAL」を北米で提供開始
Uberが、デパートやホテル、老人ホームなど向けに、顧客の代わりに配車を手配するツール「UberCENTRAL」の提供を、まずは北米で開始した。(2016/7/29)

自由飲酒党におおさか生鮮の会!? 阪神百貨店が今年も「食品総選挙」やってるで!
投票したら抽選で“えぇもん”当たるで〜!(2016/7/3)

岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」 存続のためのクラウドファンディング始まる
運営引き継ぎを目指す地元企業が資金を募っています。(2016/6/15)

SIM通:
新しい百貨店「枚方 T-SITE」に「TONE」ショップオープン
トーンモバイルは、「枚方 T-SITE」内に専用カウンターをオープンした。新規・MNPの即日渡しが可能で、タッチアンドトライスペースも設けられている。(2016/6/2)

「三越日本橋本店」が重要文化財に 「百貨店建築の発展を象徴」
三越日本橋本店が重要文化財の指定を受けた。100年以上の歴史を持つ建物は「百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い」と評されている。(2016/5/23)

三越日本橋本店が重要文化財に指定 「我が国における百貨店建築の発展を象徴するもの」として評価
ほか比叡山の延暦寺など計12件の建造物が新たに指定。(2016/5/23)

CCCの大型百貨店「T-SITE 枚方」がオープン、店舗とネットを結ぶ「T-SITE Passport」アプリも提供
CCCが、5月16日に大阪府の枚方市駅駅前に生活提案型デパートメント「枚方 T-SITE」をオープン。これに合わせ、枚方T-SITEのショップ・イベント情報を入手したり、TSUTAYA携帯会員証として使ったりできる「T-SITE Passport」アプリも提供する。(2016/5/16)

三越伊勢丹、「Tポイント」導入 25日から
三越伊勢丹グループの百貨店で5月25日から「Tポイント」のサービスが始まる。(2016/5/9)

日本をテーマにした良品を提供:
ECサイト「藤巻百貨店」が初のリアル店舗を銀座に出店
caramoは、同社が運営するECサイト「藤巻百貨店」の初のリアル店舗を2016年3月31日、東急プラザ銀座にオープンする。(2016/3/29)

岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」、存続の可能性 地元企業が引き継ぎ検討
6月7日に閉店すると発表していましたが、地元企業が運営引き継ぎを検討することに。(2016/3/18)

レトロさが人気:
岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」が閉店へ 名物「箸で食べる特大ソフト」も見納めに
本当に歴史になってしまうのですなぁ。(2016/3/8)

Surfaceはファッションだ!:
これが未来型の百貨店か 三越伊勢丹メンズ館が「Surface」とコラボ
伊勢丹新宿本店メンズ館が、日本マイクロソフトの「Surface」とのタイアッププロモーションを実施中だ。三越伊勢丹のトップが語る「未来のデパートメントストア」って?(2016/2/18)

来週話題になるハナシ:
チョコだけでは限界? 日本のバレンタイン市場
今年も「バレンタインデー」が嵐のように過ぎ去った。百貨店やスーパーなどではチョコレートがたくさん並んでいたが、経済効果を考えるとそろそろチョコだけでは“限界”にきているのではないだろうか。(2016/2/17)

全国百貨店の2015年売上高、外国人客は大幅増も0.2%減
日本百貨店協会が発表した2015年の全国の百貨店売上高は、既存店ベースで前年比0.2%減となった。(2016/1/18)

コミケ89にデパートの「丸井グループ」が初参戦 「おそ松さん」「コードギアス」「ペルソナ3」の限定グッズ販売
くまみこの限定ステッカー配布もあるよ!(2015/12/17)

百貨店の正月休みは「英断」か テナント側から労働環境改善を重視したと感謝の声
「正月三が日ぐらいご家族とゆっくり過ごせる様にしたいと思うのは夢物語なのでしょうか」。(2015/12/8)

訪日中国人向け商品のトライアルマーケティングも可能に:
オールアバウト子会社、中国アリババ傘下のショッピングモールに出店し日本企業の越境ECをサポート
「サンプル百貨店」を運営するオールアバウトライフマーケティングは2015年11月19日、中国の消費者向けショッピングモール「Tmall Globa」に出品代行を行う越境ECサポート事業を開始した。(2015/11/20)

月に住むおじいさんと少女のおはなし イギリスの百貨店ジョン・ルイスのクリスマスCMに心がじんわり温まる
毎年恒例、泣けるCMシリーズがやってきた。(2015/11/9)

らしさをぎゅっと凝縮:
ヨドバシカメラ“悲願”の名古屋出店 計画を早めた幾つかの理由
中部・東海エリア初のヨドバシカメラ「マルチメディア名古屋松坂屋店」がオープンした。老舗デパート松坂屋の中にあるヨドバシとはどんな店舗なのか、その見どころに迫った。(2015/10/31)

有楽町線豊洲駅で実証実験中:
シースルーな液晶ディスプレイで新市場を拓く
シャープは「CEATEC JAPAN 2015」において、透明な液晶ディスプレイを展示した。ホーム転倒防止柵や百貨店のショーウィンドウ、デジタルサイネージなど、新しいディスプレイ市場の発掘・拡大につながることが期待される。(2015/10/13)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
「オンラインと店舗は家族」、“経営の意志”で伝統の壁を乗り越える――高島屋(前編)
デジタル化の波はあらゆる業種業態に押し寄せている。老舗百貨店とて例外ではない。歴史と伝統を背負うブランドならではの苦悩とそれを克服するために必要だったこととは何か。高島屋のキーパーソンに話を聞いた。(2015/9/30)

電気自動車:
セブン&アイがEV用充電器を国内最大規模で導入、45店舗に3380台
NECとセブン&アイ・ホールディングスは、「イトーヨーカドー」「Ario」など全国45店舗のスーパーマーケットや百貨店に総計3380台の電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用充電器を設置する。国内最大規模の導入事例となる。(2015/8/6)

スマホおおはらえの神社「備前国総社宮」 運営会社とのトラブルで夏イベントが急遽中止に
ナショナルデパートが告知していた「珈琲神事」「神社カフェ」「幻想神社(境内ライトアップ)」が中止になりました。(2015/8/2)

中国人海外旅行者、大幅に増え「1億700万人」に
もはや社会現象となった、中国人観光客の「爆買い」。百貨店や家電量販店などで中国人をよく見かけるようになったが、世界的にはどのような状況になっているのだろうか。オンラインホテル予約サイト「Hotels.com」の調査によると……。(2015/7/16)

流通バトルロイヤル:
百貨店はどこに行くのか 敵は誰か
「松坂屋、名古屋店にヨドバシ誘致」のタイトルが日本経済新聞6月10日号に踊った。「本拠地再生へ脱・百貨店」ともある。松坂屋は、そして百貨店業界はどこに向かおうとしているのか。(2015/6/15)

川島海荷「プライベートでも来たい」――小田急百貨店に有隣堂の新書店がオープン
4月24日にオープンする有隣堂・楽天・リーディングスタイルの協業による書店「STORY STORY」。その記念のセレモニーが開かれ、アイドルグループ「9nine」のメンバーらによるトークショーが開催された。(2015/4/23)

15年3月の百貨店売上高、前年比19.7%減 日本百貨店協会調べ
2015年3月の全国百貨店の売上高は5441億9294万円で前年同月比19.7%減と大幅な減少に。昨年3月の消費税増税による駆け込み需要の反動が要因という。(2015/4/23)

ニトリが銀座進出 初の百貨店内
ニトリが銀座に初進出。「ニトリ プランタン銀座店」が24日にオープンする。百貨店内も初。(2015/4/22)

ロボット開発ニュース:
東芝のロボット「地平アイこ」、百貨店で受付嬢になる
東芝の開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)が百貨店の受付嬢として“デビュー”する。(2015/4/15)

楽天、有隣堂がオープン予定の複合型書店で電子書籍などのサービスを提供
4月24日に小田急百貨店新宿店本館10階にオープンする書店・カフェ・雑貨販売の複合型書店「STORY STORY」で。(2015/4/6)

Apple Watch at Isetan Shinjuku 予定地を見てきた
4月10日に伊勢丹 新宿店の1階にオープンするApple Watch専門のApple直営店、Apple Watch at Isetan Shinjukuは、世界的にも珍しい、百貨店のテナントとして作られるショップ。工事の様子を見てきた。(2015/4/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。