ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エリック・ガン」最新記事一覧

“果物マーク”よりMicrosoftマーク?――「Surface 3」発売記念イベント、ヨドバシAkibaで開催
6月19日、MicrosoftのWindowsタブレット「Surface 3」のLTEモデルが世界に先駆けて発売された。これを記念した発売記念イベントが、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで開催された。【追記あり】(2015/6/19)

ビックカメラ有楽町店にWindowsエリアがオープン:
売り場拡大で対アップルに自信――Surface 3販売開始
Surface 3の発売日を迎え、ビックカメラ有楽町店に日本マイクロソフトの樋口氏らが訪れた。同店舗にはPC売り場をリニューアルした「Windowsエリア」がオープンする。(2015/6/19)

石野純也のMobile Eye(5月11日〜22日):
3キャリアが夏モデル発表――スマホ、フィーチャーフォン、サービスの違いは?
この2週間は、大手3キャリアが新機種や新サービスを発表し、モバイル業界が大いに盛り上がった。今回は、そんな3キャリアの発表内容から読み取れる戦略の違いを解説したい。(2015/5/24)

「Surface 3」はY!mobileのニュースタートにふさわしい製品――ソフトバンク エリック・ガン専務
ソフトバンクとマイクロソフトが「Surface 3」の国内販売を発表。個人向けにはY!mobileブランドで取り扱う。ソフトバンクのエリック・ガン専務は、「Y!mobileのニュースタートにふさわしい製品」とアピールした。(2015/5/19)

「Surface 3」一般向けは8万1800円から 初のLTE対応で「申し分ないタブレット」
Surface 3が日本で発売。日本マイクロソフトの樋口社長は「大きさ、価格帯、そして初のLTE対応と、申し分のないタブレットを提供できるようになった」と話す。(2015/5/19)

Wi-Fiモデルは法人で展開:
「Surface 3」は個人向けにLTEモデルのみ国内販売――6月19日発売、8万1800円(税別)から【詳報】
米国で5月5日に発売された10.8型Windowsタブレット「Surface 3」がついに日本上陸。フルのWindowsが動作するシリーズ最薄最軽量の新モデルだ。個人向けには4G LTEモデルのみを販売する。(2015/5/19)

ソフトバンクモバイル、Y!mobileブランドでLTE版「Surface 3」を販売
ソフトバンクモバイルは、Y!mobileから「Surface 3」のWi-Fi+LTE対応モデルを販売すると発表した。(2015/5/19)

ソフトバンク通信4社が合併 今後も「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドは維持
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルのグループ4社が合併した。スマホやケータイ、ルーターは引き続き「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドで提供する。(2015/4/1)

日本市場への普及のカギは? Android TV搭載「Nexus Player」のインパクト
GoogleのAndroid TV搭載メディアプレイヤー「Nexus Player」を使えば、自宅のテレビでAndroid向けのアプリやコンテンツを手軽に楽しめる。便利な音声検索機能も搭載した。(2015/2/26)

あの時社長はこう言った:
時系列で振り返る2014年モバイル業界
キャッシュバック戦争に始まり、キャリア3社による通話定額の新料金プラン、大型化したiPhone、ワイモバイル誕生など2014年もさまざまな出来事があった。時系列でモバイル業界の2014年を振り返っていきたい。(2014/12/19)

石野純也のMobile Eye(11月10日〜21日):
端末と通信を分離するワイモバイル、統合するフリービット――その理由は?
この2週間では、ワイモバイルとフリービットが新サービスなどを発表して話題を集めた。ワイモバイルはNexus 6やシェアプランを、フリービットは新プランやフランチャイズ制の導入を発表した。2社の戦略から見えてきたキャリア事情の今とは?(2014/11/21)

石川温のスマホ業界新聞:
「iPhoneは競合ではなく選択肢。Androidファンを増やしたい」 ━━「Nexus6」でメガキャリアとLCCに対抗するワイモバイル
SIMロックフリースマホ「Nexus 6」を発表したワイモバイル。低価格な料金プランや「Yahoo!」との連携などで、独自色をどこまで出していけるのか。(2014/11/20)

ワイモバイルが「Nexus 6」を投入する理由、「シェアプラン」で目指す世界とは
GoogleのAndroid 5.0搭載スマホ「Nexus 6」を、国内キャリアではワイモバイルが唯一取り扱う。ハイスペックだが価格は7〜8万円台と高額だが、なぜこのモデルを選んだのだろうか。また「シェアプラン」を投入する狙いとは。(2014/11/13)

ワイモバイル、車内専用のWi-Fiルーター“Car Wi-Fi”を2015年春に発売
車の中でWi-Fiデバイスを使う機会が増えそう――。ワイモバイルが、車内専用のWi-Fiルーターを2015年春に発売する(2014/11/13)

ワイモバイル版「Nexus 6」の価格は? 割引施策はある?
ワイモバイルが発売する「Nexus 6」は、Google版と価格はほぼ同じ。割引サービスはあるのだろうか?(2014/11/13)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
ヤフーとの連携は? PHSはどうなる? ワイモバイル寺尾氏に直撃
いよいよスタートした「Y!mobile」。ヤフーとの関係や連携サービスは今後どうなるのか? 料金と端末ラインアップ、ネットワーク構想も含め、取締役兼COOの寺尾氏に話を聞いた。(2014/8/12)

石川温のスマホ業界新聞:
ワイモバイルが月額2980円の新料金プランを発表――寺尾洋幸COO「インターネットの楽しさを届けたい」
3大キャリアより低価格な新料金プランで差別化を図るワイモバイル。第4のキャリアとしてスタートを切るにあたり、どのような戦略で市場を勝ち抜こうとしているのだろうか。(2014/7/25)

石野純也のMobile Eye(7月7日〜18日):
料金、サービス、端末――新生「ワイモバイル」の戦略を読み解く
8月1日に新キャリア「ワイモバイル」がサービスを開始する。同社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか? 料金、サービス、端末を中心に読み解いていく。(2014/7/18)

石川温のスマホ業界新聞:
3.5GHz帯120MHz幅は大手3キャリアで割り当てか――ワイモバイルになるのは本当に得策だったのか
8月1日から「Y!mobile」として新たなスタートを切るワイモバイル。周波数割り当てや今後のサービス展開など、考えねばらならぬ課題はまだまだ多い。(2014/7/18)

まだ“道半ば”:
「狙うは非スマホユーザー」 3大キャリアと“格安スマホ”に割って入るワイモバイルが目指すもの
「シンプルで分かりやすい料金プラン」と「ヤフーと連携した端末」を武器に、ワイモバイルが第4のキャリアとして新たなポジションを目指す。メインターゲットは、“レイトマジョリティ”と言われる国内の非スマホユーザーだ。(2014/7/17)

スマホ料金「ガラケー並み」に ワイモバイル、月2980円からの“通話・通信定額”で従来携帯からの移行狙う
「“ガラケー”に近い料金設定にした」――ワイモバイルの「スマホプラン」は月額料金をガラケー並みに抑え、スマホ移行ニーズを取り込む狙いだ。(2014/7/17)

ヤフーと連携:
イー・モバイルとウィルコムが「Y!mobile」に――8月にブランドを統合、スマホ2機種など新端末を順次発売
ワイモバイルは携帯電話・PHSの新ブランド「Y!mobile」を発表した。スマホ2機種とケータイ4機種、テレビチューナー付きモバイルルータ1機種を8月1日から順次発売する。また新料金とヤフーとの連携サービスも発表した。(2014/7/17)

俺たちは第4のキャリアじゃない:
インターネットキャリアを掲げる「Y!mobile」誕生
Yahoo! JAPANがイー・モバイルとウィルコムを買収する。「第4の通信キャリアではない」と言い切る新キャリアが目指す姿とは。(2014/3/27)

イーからワイに:
ヤフーがイー・アクセスとウィルコムを買収 新会社は「ワイモバイル」
ヤフーは、イー・アクセスとウィルコムが合併して誕生する新会社を買収すると発表した。新会社の名称は「ワイモバイル」。(2014/3/27)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク音声定額に「あれ、高くない?」――KDDI田中社長の決算会見囲みにツッコミ
KDDIは1月30日、2014年3月期第3四半期決算会見を開催。会見後の田中孝司社長への囲み取材で、ソフトバンクが発表した音声定額サービスなどについて話を聞いた。(2014/2/7)

イー・アクセスがウィルコムを吸収合併 来年4月、新会社発足
イー・アクセスがウィルコムを2014年4月に吸収合併することで合意した。(2013/12/3)

イー・アクセスがウィルコムを吸収合併、2014年4月に新会社
ソフトバンクグループのイー・アクセスとウィルコムが、合併して2014年4月に新会社としてスタートすることを発表した。(2013/12/3)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

石川温のスマホ業界新聞:
「Nexusのブランドを日本で育てたい」――イー・アクセス、エリック・ガン社長の囲みに突っ込み
イー・アクセスは、Android 4.4(KitKat)を搭載したGoogleのスマートフォン「Nexus 5」を発売すると発表した。同社のエリック・ガン社長の囲み取材でその狙いを聞いた。(2013/11/8)

石野純也のMobile Eye(9月17日〜27日):
iPhone導入でドコモが強調するもの/GALAXY Note 3の新しさ/イー・アクセス LTE実証実験の狙い
9月20日に「iPhone 5s」と「iPhone 5c」が発売されたこともあり、この2週間も話題の中心はiPhoneだった。今回はiPhoneを初めて導入するドコモの動きと、Samsungが海外で発売した「GALAXY Note 3」、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているLTE実証実験について取り上げる。(2013/9/28)

“ユーザーの満足”を追求してさらなる成長を目指す――通信事業者5社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセス、UQコミュニケーションズのトップが、新年のスタートを迎え年頭所感を発表した。トラフィックの爆発的な増大に備えつつ、ユーザーの満足度を高めていく取り組みが重視される2013年、各社のトップはどんなメッセージを発したのだろうか。(2013/1/7)

イー・アクセスの上期決算は増収減益、ソフトバンクとの統合は前倒しで
ソフトバンクとの経営統合を控えたイー・アクセスは、増収減益で上期を終えた。統合は前倒しで進んでいるといい、2013年1月1日にはソフトバンクの子会社になる見込みだ。(2012/11/12)

キーは独自の“楽天経済圏”:
楽天がLTE市場に参入する狙い 合弁するイー・アクセスのメリットとは
新会社「楽天イー・モバイル」の設立とLTE通信サービス「楽天スーパーWiFi」の開始を発表した楽天とイー・アクセス。その狙いを、三木谷氏と千本氏が説明した。(2012/9/20)

楽天とイー・アクセス、月額3880円のLTE「楽天スーパーWiFi」展開
楽天とイー・アクセスが合弁会社を設立し、月額3880円のLTEサービスを開始。契約するともれなく「楽天スーパーポイント」5000ポイントか「kobo Touch」をもらえる特典も。(2012/9/19)

石野純也のMobile Eye(5月28日〜6月8日):
プラチナバンドとウィルコム連携に注目のソフトバンク/LTE強化を目指すイー・アクセス
前回のドコモとauの夏モデルに引き続き、今回はソフトバンク、ウィルコム、イー・モバイルの夏モデルについてお伝えする。ソフトバンクモバイルは900MHz帯を使う「プラチナバンド」、ウィルコムはPHS+3G対応の「DIGNO DUAL」、イー・モバイルは新型LTEルーターが話題を集めた。(2012/6/8)

当面は最大75Mbps:
「下り最大150Mbps」のスタート時期は?――イー・アクセスが今後のLTE戦略を説明
イー・アクセスは、今後計画しているLTEの高速化に対応した「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を発表した。クアッドコアCPU対応のタブレットと極薄スマホとともに、2012年夏モデルとしてラインアップする。(2012/6/6)

石野純也のMobile Eye(3月11日〜3月23日):
新iPadの高速通信に期待/EMOBILE LTE好調の理由/「W-VALUE割引」対象変更に要注意
今回の大きなトピックは、16日に発売された「新しいiPad」と、15日に開始されたイー・アクセスのLTEサービス。また、ウィルコムの「W-VALUE割引」の適用条件が変更されたので、その内容と影響をあらためて解説したい。(2012/3/23)

板野友美さんも応援:
下り最大75Mbps「EMOBILE LTE」開始──「速い、広い、安い。とにかく最高の“世界標準”LTEサービス」と千本会長
イー・アクセスがLTEサービス「EMOBILE LTE」を開始。都内家電量販店でサービス開始イベントにCMキャラクターであるAKB48の板野友美さんも訪れた。(2012/3/15)

石野純也のMobile Eye(2月20日〜3月9日):
新型iPadの魅力と注意点/イーモバLTEサービスの行方/MWCで注目を集める日本市場
今回はMobile World Congress 2012が開催されていた関係で、3週間分のトピックをお届けする。国内のトピックで選んだのが新型iPadの発表と、イー・アクセスが3月15日に開始するLTEサービス。日本市場の存在感が増していると感じたMWCにも触れる。(2012/3/9)

気持ちは「第2の創業」、プラチナバンドも「ぜひいただきたい」:
イー・アクセス、2012年3月にLTEサービス開始──千本会長「LTEで、1500万契約のメインストリームキャリアを目指す」
イー・アクセスが“LTE”規格を用いた新サービス「EMOBILE LTE」を開始すると発表。2012年3月にサービスインするとし、対応端末とサービスの狙いを説明した。(2012/2/22)

イー・モバイルの契約者数、2011年12月末で380万件
イー・アクセスは2011年3月期の第3四半期決算で、イー・モバイルサービスの契約者数を開示した。2011年12月末の契約者数は380万件。(2012/2/10)

イー・アクセス、900MHz基地局開設指針の要望書を総務省に提出
通信事業者4社が参入を表明している900MHz帯について、イー・アクセスが基地局開設の要望書を総務省に提出した。(2011/10/3)

イー・アクセス主催「通信競争政策に関する公開パネルディスカッション」
イー・アクセス主催の「通信競争政策に関する公開パネルディスカッション」をライブ配信する。激化するプラチナバンドの争奪戦と今後の通信業界の行方を占い、通信競争政策について激論する。登壇者は夏野剛さん、イー・アクセスの千本倖生会長とエリック・ガン社長など。配信は10月3日14時15分〜。(2011/9/30)

100円タブレットも登場:
「GALAPAGOS」でAndroidタブレットは爆発的に普及する――イー・アクセス 千本氏
イー・アクセスのシャープ製Androidタブレット「GALAPAGOS(A01SH)」が発売された。都内量販店で行われた記念セレモニーでは、イー・アクセスの千本会長が「『GALAPAGOS』で日本のタブレットは爆発する」と自信を見せた。(2011/8/30)

写真と動画で見る、「42Mサービス版Pocket WiFi」「7型タブレットA01HW」
42Mサービス対応の新型Pocket WiFiとイー・モバイル初のタブレット「A01HW」はどんな形状か。実動チェックはソフトウェア部分の開発段階につき“まだやめてくれ”と言われたが……、サイズ感やデザインを写真と動画でチェックする。(2011/6/15)

7型タブレット、42Mサービス対応ルータなど:
イー・モバイル、夏の新製品5モデル──42Mサービス月額3880円キャンペーンでWiMAXにも対抗
イー・モバイルがデータ通信2機種、スマートフォン2機種、タブレットデバイス1機種、計5つの新モデルを発表。2011年7月から8月にかけて発売する。(2011/6/15)

スマートデバイス元年、キャリアやメーカーの戦略は――ワイヤレスジャパン2011基調講演
5月25日から3日間にわたって開催される「ワイヤレスジャパン2011」。基調講演には通信キャリアのキーパーソンが登場し、スマートデバイス元年のモバイルビジネスについてビジョンを語る。(2011/5/16)

未曾有の震災で見えた通信事業者の“使命”――トップが新入社員にメッセージ
3月11日に発生した東日本大震災の余波が残る中、通信事業者に新入社員が入社した。通信業界にも未曾有の被害をもたらした今回の震災。通信設備の復旧作業が続く状況下で、各社が新入社員に期待することとは――。(2011/4/1)

通話定額でスマートフォンの波を大きくしたい――アキバヨドバシで「Pocket WiFi S」発売セレモニー
イー・モバイルが「Pocket WiFi S」の発売記念セレモニーをヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店で開催。千本会長は「革新的な通話定額キャンペーンで、スマートフォンの波を大きくしていきたい」と意気込みを話した。(2011/1/14)

じつはSIMロックフリーでもある:
「テザリング? 何それ?」──「Pocket WiFi S」をあくまで“Pocket WiFiの新型”とするイー・モバイルの狙い
イー・モバイルが、“通話もできる”Pocket WiFiの進化版「Pocket WiFi S」を発表。中身はAndroid 2.2搭載のスマートフォンだが、女性や若年層に好評だったPocket WiFiのブランドを用いた「(あくまで)データ通信端末」として展開するのはなぜか。(2010/12/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。