ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FIFA」最新記事一覧

東京ヴェルディ、「eスポーツ」プロチーム設立 ゲーム「FIFA」プロ選手を公募
東京ヴェルディが「eスポーツ」のプロチームを設立すると発表。サッカーゲーム「FIFA」の専属プレイヤーを公募する。(2016/9/9)

Jリーグがサッカーゲーム「FIFA」に登場? EAとのパートナー契約発表
Jリーグがサッカーゲーム「FIFA」シリーズで知られるElectronic Artsとトップパートナー契約を結んだ。(2016/2/18)

闘会議2015:
本当にピッチに立っているみたい 11人対11人で「FIFA 15」をプレイするリアルサッカーゲームを体験してきた
11人対11人の対戦ができる「FIFA 15」を、オンラインでなくリアルでプレイしてきました。(2015/2/2)

「コスト削減だけをIT戦略にしてはならない」
2014 FIFAワールドカップ対策に追われるオンラインブックメーカー
ワールドカップ、チャンピオンズリーグ、ウィンブルドンなどの大イベントに対応するためITインフラを整備し続けるオンラインブックメーカー。そのCIOが語る、ITとビジネス、他部門とのあるべき関係とは?(2014/8/8)

Xbox Oneに月額5ドルでEAの人気ゲームし放題の「EA Access」
米ゲーム大手のElectronic Arts(EA)が、Xbox Oneユーザー向けに月額4.99ドルで「FIFA 14」や「Battlefield 4」などの人気配信ゲームを無制限にプレイできる新サービス「EA Access」を今夏スタートする。(2014/7/30)

電子ブックレット:
ワールドカップで注目、最先端のゴール判定技術
「2014 FIFAワールドカップ」では、ハイスピードカメラと画像処理技術を駆使したゴール判定技術に注目が集まっている。本稿では、FIFAが認定している複数のゴール判定技術を紹介する。(2014/6/27)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
FIFAワールドカップ、翠星のガルガンティア、Surface Pro 3、Xbox Oneも――日本マイクロソフト「独自の試み」に注目
Surface Pro 3にXbox Oneといった大型ハードウェアの発売が待たれる中、日本マイクロソフトはFIFAワールドカップの観戦支援アプリや、人気アニメとコラボしたブラウザゲームを投入し、Windowsワールドのさらなる活性化を図っている。(2014/6/23)

ビジネスニュース オピニオン:
開発が進む4K技術、ワールドカップでもソニーとFIFAが取り組み強化
「2014 FIFA ワールドカップ」では、ソニーがFIFA(国際サッカー連盟)と連携して4K映像への取り組みを積極的に進めている。撮影、編集、放送の全てにおいて課題がある4K技術だが、進展もある。圧縮規格はH.265の策定が完了し、H.265に対応したFPGAベースのエンコーダも登場している。(2014/6/20)

4K試験放送「Channel 4K」、ワールドカップの放送日程を公開
次世代放送推進フォーラムは6月16日、4K試験放送「Channel 4K」における「2014 FIFA World Cup Brazil」の放送予定を公開した。試験放送開始時の見込み通り、4試合が放送されることになった。(2014/6/16)

ワールドカップで本格的に導入:
ドイツとイングランドの戦いは既にキックオフ? 最先端のゴール判定技術で【後編】
開催を間近に控えた「2014 FIFAワールドカップ」。FIFAは、4つのゴール判定技術を認定している。後編では、前編で紹介した「GoalControl-4D」と「Hawk-eye(ホークアイ)」以外の2つ、「GoalRef」と「Cairos」を取り上げる。(2014/6/12)

R25スマホ情報局:
スマホでW杯を楽しむには?
いよいよ開催する2014 FIFAワールドカップ。「待ちきれない!」という人向けに、観戦に役立つアプリ&サービスを集めてみました。(2014/6/6)

4K試験放送がスタート、W杯は4試合を録画放送の見通し
次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)の4K試験放送が6月2日の13時にスタートした。NexTV-Fの須藤修理事長は注目のFIFAサッカーワールドカップについても触れ、計画を明らかにした。(2014/6/2)

ソニービル全館で「2014 FIFA ワールドカップ」スペシャル・イベントを6月3日から開催
銀座ソニービルで「2014 FIFA ワールドカップ」の感動と興奮を体感できるスペシャル・イベントが開催。迫力のダイジェスト映像や記念撮影コーナーなどを楽しめる。(2014/5/28)

ワールドカップで本格的に導入:
ドイツとイングランドの戦いは既にキックオフ? 最先端のゴール判定技術で【前編】
「2014 FIFAワールドカップ」では、ハイスピードカメラと画像処理技術を駆使したゴール判定技術が、本格的に導入される点にも注目が集まっている。ゴール判定技術を手掛けるドイツ GoalControlと、英国 Hawk-Eye Innovationsが火花を散らしていて、ドイツ対英国の因縁の対決は、“競技場外”では既に始まっているようだ。(2014/5/22)

4K元年:
「Channel 4K」でサッカーW杯は放送されるのか?
次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が124/128度CS放送で実施する4K試験放送の概要を発表した。しかし、「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」については言及していない。(2014/5/20)

整備が間に合わないかも?:
ワールドカップ開催迫るブラジルの通信インフラ事情
「2014 FIFAワールドカップ」の開催まであと1カ月を切った。試合の様子などの情報を提供するのは報道機関だけではない。数百万人もの観客がSNSを使ってリアルタイムに動画や画像、コメントなどを現地から発信するだろう。ブラジルはネットワーク環境の構築を急ピッチで進めているが、問題も多いようだ。(2014/5/20)

ソフトニック:
2014FIFAワールドカップを楽しむ!最強の日本代表応援アプリ!――「サカすき」
「サカすき」は、2014年のワールドカップを楽しむための多機能アプリです。サッカーニュースをチェックできるだけでなく、クイズや選手の名言などのコンテンツもあります。(2014/5/20)

バンズがサッカーボールの「FIFA World Cup公式ハンバーガー」、マクドナルドが発売
ワールドカップ開催を記念し、出場国8カ国をイメージした新メニューを提供する。(2014/5/19)

PS4でお先に!ワールドカップ:
「FIFA 14」、PS4と限定セット/プロダクトコードプレゼント/PS Plus加入者限定8割引販売
SCEJAは5月14日、PS4用アプリ「FIFA 14」とのお得な各種キャンペーンを発表した。(2014/5/15)

FIFAワールドカップ、日本代表はどこまで進む?
2014 FIFAワールドカップにおいて、日本代表の最終結果をどのように予想している人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。リサーチバンク調べ。(2014/5/7)

ソニーとFIFA、「2014年FIFAワールドカップ」ブラジル大会で4K撮影を拡大
ソニーとFIFA(国際サッカー連盟)は、6月12日(現地時間)からブラジルで開催される「2014年FIFAワールドカップ」において、4K撮影を拡大すると発表した。(2014/4/3)

世界の強豪へ、挑め日本! コンフェデ杯・メキシコ戦応援番組をニコ生で
世界の強豪へ、挑め日本!――2013 FIFAコンフェデレーションズカップ・メキシコ戦を応援する番組。試合をテレビなどで観戦しながらニコニコ生放送ではコメントを投稿して盛り上がろう。配信は6月23日3時40分〜。(2013/6/19)

シュートが直撃しても割れません:
コンフェデ杯のベンチルーフはガラス製に、スマホ向け特殊ガラスを3層合わせ
旭硝子は、競技者用ベンチに利用できるガラスルーフを開発し、2013年6月15日からブラジルで開幕する「FIFAコンフェデレーションズカップ2013」の6会場16試合の全てに提供する。従来、ベンチルーフには透明樹脂が用いられており、「ガラス製は世界初」(同社)となる。(2013/6/7)

サッカー男子日本代表を応援しよう アジア最終予選ヨルダン戦をコメント実況
2014FIFAワールドカップのアジア最終予選、日本対ヨルダンの試合を応援する番組。テレビで映像を見ながら、ニコニコ生放送で感想などのコメントを投稿して楽しもう。配信は3月26日22時30分〜。(2013/3/26)

「くーっ!」が聞ける:
思いを込めて画面をタップ! テレビ朝日、W杯サッカー日本代表を応援するセカンドスクリーン企画
テレビ朝日は、3月26日放送予定の「2014FIFAワールドカップ ブラジル アジア地区最終予選 ヨルダン×日本」において、「いくぞブラジル!絶対突破大作戦」を実施する。豪華プレゼントも用意。(2013/3/19)

サッカー男子日本代表を応援しよう W杯アジア最終予選オマーン戦をコメント実況
サッカーの「2014 FIFAワールドカップ」に向けたアジア最終予選、日本VSオマーン戦をニコニコ生放送でコメント実況するための番組。ザックジャパンをみんなで応援しよう! スタジオでは、西岡明彦さん、ベン・メイブリーさんによる実況・解説も。配信は11月14日20時0分〜。(2012/11/8)

TGS2012:
「セガブースのご指名ありがとうございま〜す」――「龍が如く5」ゾーンでお姉さんたちがお出迎え
「PSO2」や「FIFA13」など試遊台も多数。(2012/9/20)

第3回 eスポーツ JAPAN CUP 2日目
「FIFA12 ワールドクラスサッカー」「STARCRAFT II」「鉄拳タッグトーナメント2」で競い合うeスポーツ JAPAN CUP 2日目の模様を届ける。配信は9月16日12時0分〜。(2012/9/13)

第3回 eスポーツ JAPAN CUP 初日
「FIFA12 ワールドクラスサッカー」「STARCRAFT II」「鉄拳タッグトーナメント2」で競い合うeスポーツ JAPAN CUP初日の模様を届ける。配信は9月15日15時0分〜。(2012/9/13)

FIFAワールドカップ イラク戦 サッカー男子日本代表を応援しよう
テレビ朝日系列で放送される2014 FIFAワールドカップ アジア最終予選 イラク戦をテレビ実況生放送する。配信は9月11日19時0分〜。(2012/9/10)

TGS主催イベントのeスポーツ競技会「Cyber Games Asia(CGA)」を9月22、23日にTGS2012会場内で開催
登場するタイトルは「サドンアタック」「FIFA 2012」「ぷよぷよフィーバー」の3つで、いずれも入場無料。(2012/9/5)

アメフトのトップ選手も熱狂:
世界最強のサッカーゲーム、間もなく正式発表のiOS版「FIFA 13」に迫る
これまでサッカーにまるで興味がなかった筆者を、熱狂的なファンに変えてしまったゲームがある。EAスポーツの「FIFA ワールドクラス サッカー」だ。EAカナダのシニア・バイス・プレジデントであるMatt Bilbey氏に、iOS版「FIFA」の現状や次期バージョンについて聞いた(聞き手:林信行)。(2012/8/7)

EA、「FIFA 13 ワールドクラスサッカー」「メダル オブ オナー ウォーファイター」「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」の発売日を決定
秋から冬にかけて発売予定となっていた、EAのビッグタイトル3本の発売日が発表に。あわせて、「FIFA 13 ワールドクラスサッカー」の予約特典についても公開された。(2012/7/6)

もう迷わない!! 審判員の腕輪にピピッ!:
ソニーのグループ会社ホークアイの「ゴール判定技術」をFIFAが正式採用
ソニーのグループ会社、英Hawk-Eye Innovationsの保有するゴール判定技術を、FIFA(国際サッカー連盟)が正式採用した。(2012/7/6)

セイコーの震災復興オークション、第3弾はFCバルセロナゆかりの3アイテム
セイコーの東日本大震災復興支援オークション第3弾。FIFAクラブワールドカップで優勝したFCバルセロナから預かった3アイテムを出品する。(2012/4/13)

FIFAワールドカップアジア3次予選 日本対ウズベキスタンのパブリックビューイング会場からライブ配信
FIFAワールドカップアジア3次予選、日本対ウズベキスタンの試合をパブリックビューイングする東京・品川プリンス「ステラボール」から、会場の様子をライブ配信する。ゲストは元日本代表の永島昭浩さん、次長課長の河本準一さん、インパルス、ペナルティ、博多華丸・大吉。主催はファミリーマート。配信は2月29日17時30分〜。(2012/2/29)

サッカー日本代表を応援しよう! W杯アジア3次予選・ウズベキスタン戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対ウズベキスタンの試合をテレビで見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。配信は2月29日19時0分〜。(2012/2/22)

目指せバロンドロール!――「FIFA」シリーズの国際大会「FIWC」の日本大会が3月31日開催
ゲーム版ワールドカップ「FIWC」の日本予選となる大会が、3月31日に東京・六本木で開催決定。世界大会の優勝者には賞金2万ドルとFIFAバロンドロールへの招待券がプレゼントされる。(2012/2/22)

澤穂希選手、ウブロから126個のダイヤをあしらった腕時計
各国のサッカー選手、監督そしてジャーナリストが選ぶFIFAバロンドール。なでしこジャパンの澤選手に副賞として贈られた腕時計には0.87カラット、126個のダイヤモンドが輝く。(2012/1/16)

澤選手と一緒に「FIFAクラブワールドカップジャパン2011」で盛り上がろう!
「TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン2011」の決勝戦をテレビで見ながら、「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督や澤穂希選手とユーザーが一緒に盛り上がるための番組。ソニーが提供する同大会のキャンペーン企画「VAMOS VIEWING」の一環。Androidアプリ「バモれ。アプリ」をダウンロードし、端末を振ったり、ボタンをタップしながら、みんなで盛り上がろう!配信は12月18日19時0分〜。(2011/12/16)

柏レイソルを応援しよう! 「FIFAクラブワールドカップジャパン2011」準々決勝をニコニコ実況
日本テレビ系列で放送される「TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン2011」の準々決勝の模様をテレビで見ながら、ニコニコ生放送のコメント実況で盛り上がるための番組。Jリーグの「柏レイソル」と北中米代表クラブの「モンテレイ」が対戦する。配信は12月11日19時0分〜。(2011/12/9)

柏レイソルを応援しよう! 「FIFAクラブワールドカップジャパン2011」開幕戦をニコニコ実況
日本テレビ系列で放送される「TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン2011」の開会式と開幕戦の模様をテレビで見ながら、ニコニコ生放送のコメント実況で盛り上がるための番組。開幕戦では、Jリーグの「柏レイソル」とオセアニア代表クラブの「オークランドシティ」が対戦する。配信は12月8日19時0分〜。(2011/12/7)

サッカー日本代表を応援しよう! W杯アジア3次予選・北朝鮮戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対北朝鮮の試合をテレビで見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。配信は11月15日15時30分〜。(2011/11/10)

サッカー日本代表を応援しよう! W杯アジア3次予選・タジキスタン戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対タジキスタンの試合をテレビで見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。実況は永田実アナウンサー、解説は元サッカー日本代表の秋田豊さん、ゲストはタレントの花秋奈津さん。配信は11月11日17時30分〜。(2011/11/10)

iPhone2台での対戦プレイにも対応、iPad向け「FIFA 12」配信開始
「FIFA」シリーズのiPad向け最新作は、iPhoneをコントローラーとして接続した対戦プレイにも対応する。(2011/10/7)

ザックジャパンを応援しよう! W杯アジア3次予選・タジキスタン戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対タジキスタンの試合をテレビで見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。配信は10月11日19時0分〜。(2011/10/6)

頑張れザックジャパン! W杯アジア3次予選・ウズベキスタン戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対ウズベキスタン戦をテレビで見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。実況はアナウンサーの永田実さん、解説は元日本代表GKの小島伸幸さん、ゲストはタレント花秋奈津さん。配信は9月6日22時30分〜。(2011/9/5)

ザックジャパンをみんなで応援しよう! W杯アジア3次予選・北朝鮮戦をコメント実況
日本テレビ系列で放送される、FIFAワールドカップアジア3次予選の日本対北朝鮮の試合をテレビ出見ながら、ニコニコ生放送でコメント実況を楽しむための番組。実況はアナウンサーの永田実さん、解説は元サッカー選手の渡邊一平さん、ゲストはタレントの田代さやかさん。配信は9月2日19時0分〜。(2011/8/31)

なでしこの活躍を3Dで:
ソニー、“BRAVIA”向けに3D映像の体験チャンネルを開設
ソニーは、“BRAVIA”の3D対応機種に向け、3D映像のダイジェスト版をネット配信する“3D体験チャンネル”「3D Experience」を開始した。「FIFA 女子ワールドカップ 2011 ドイツ大会」のコンテンツも。(2011/8/3)

よりリアルなプレイを追究した最新作が登場――に進化した「FIFA12」、日本語版が10月20日に発売決定
EAが独自に開発した新物理エンジンの採用で、プレイヤーの動きがよりリアルに表現されるほか、ディフェンスやドリブルにも新システムが搭載される。(2011/8/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。