ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フリマアプリ」最新記事一覧

メルカリで少年らがウイルス売買 「隠語」で出品、監視の目をかいくぐる
メルカリで少年ら5人がウイルスを売買していた事件。「隠語」で取引し、監視の目をかいくぐっていた。(2017/9/15)

DMMも自転車シェア参入 「DMM sharebike」17年末〜18年初頭に
DMM.comが、自転車シェアサービス「DMM sharebike(仮)」の提供を検討。2017年末〜18年初頭にかけてサービス開始を目指す。(2017/9/8)

「押入れに眠る15兆円を見える化」──ドコモ、宅配収納サービスに参入 トランクと業務提携で
ドコモが宅配収納ベンチャーのトランクと業務提携。「dリビング」内でサービスを提供開始する。(2017/9/7)

メルカリ、自転車シェアサービスに参入 「メルチャリ」18年初頭に開始
フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリが、自転車シェアサービスへの参入を発表。2018年中のサービス開始を目指す。(2017/9/7)

まず都市部で:
メルカリ、シェアサイクル事業に参入 「メルチャリ」18年初頭に
メルカリがシェアサイクル事業に参入する。(2017/9/7)

プラットフォームビジネスの可能性:
日本の「ユニコーン」メルカリに期待感、フリマの手軽さには功罪
年内の東証上場を目指すメルカリ。時価総額は今年最大の1000億円超との予想も出るなど、日本の「ユニコーン」(非上場の有望ベンチャー)企業の代表格として期待が高まっている。(2017/9/7)

メルカリ、シェアサイクル事業「メルチャリ」を2018年に開始へ
フリマアプリ「メルカリ」とも連携。(2017/9/7)

メルカリで「ウイルス入手法」販売 中2を児相に通告
「メルカリ」で「コンピュータウイルスを入手する方法」を販売したとして、奈良県警が中学2年の男子生徒が児童相談所に通告した。(2017/9/5)

ECサービスの問題に業界や関係省庁で対策 「EC事業者協議会」をYahoo! JAPANとメルカリが設立
業界全体や関係省庁で協議し、安心安全なeコマース環境整備を目指す(2017/9/5)

ECサービスの課題解決目指す:
メルカリとヤフー、「EC事業者協議会」を発足
メルカリとヤフーが「EC事業者協議会」を発足。不正利用や個人間取引のトラブルなどのさまざまな課題を包括的に協議するという。関係省庁もオブザーバーとして参加する。(2017/9/4)

週刊「調査のチカラ」:
「金萬」「越のルビー」「金長まんじゅう」 あなたの知らない名産品の世界
夏の終わりの風情漂うトピックスを調査データで紹介します。(2017/8/26)

メルカリ、梱包材など販売 「メルカリストア」オープン
「メルカリ」内で、商品の出品や発送に役立つオリジナルグッズを販売する「メルカリストア」がオープンした。(2017/8/24)

任天堂「Switch」通販サイトが混雑 アクセス制限中
「Nintendo Switch」10月出荷分の予約受付がきょうからスタート。予約サイトにはアクセスが殺到し、午後2時半現在、アクセス可能な人数が制限されている。【更新】(2017/8/22)

メルカリ姉妹アプリ第3弾:
ブランド品特化「メルカリ メゾンズ」自動査定で簡単出品
フリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリ「メルカリ メゾンズ」が提供開始。ブランド品に特化し、自動査定で簡単に出品できる。3年以内に年間1200億円の流通高を目指す。(2017/8/21)

ブランド品専用フリマアプリ「メルカリメゾンズ」登場 自動で査定 機械学習でブランド判別も
ブランド品の出品・購入に特化したスマートフォンアプリ「メルカリ メゾンズ」(iOS/Android対応)が登場した。(2017/8/21)

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【後編】
メルカリ&ソウゾウ、Google Cloudで得られた効果を率直に語る
メルカリの子会社として多数のサービスを提供するソウゾウもまた、「Google Cloud Platform」(GCP)の熱心なユーザーだ。「Google App Engine」(GAE)を中心に1年以上使ってみて期待した効果は得られたのか。(2017/8/21)

「Switch」予約、22日から受け付け 任天堂の通販サイトで
「マイニンテンドーストア」で22日から、「Nintendo Switch」の予約受付が始まる。(2017/8/10)

規制に抜け穴:
ヤフオク・メルカリで象牙売買活発、取引停止検討を=報告書
報告書によると、ヤフオクでは調査期間中に9788個の象牙製品が取引され、推定取引額は4520万円にのぼった。また、メルカリでも573個の出品があった。(2017/8/9)

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【前編】
メルカリがデータ分析基盤に「Google BigQuery」を採用する理由
データ分析基盤に「Google Cloud Platform」(GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用しているメルカリ。中でも積極的に活用しているのが「Google BigQuery」だ。BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。(2017/8/9)

「ステマ」指摘も:
ヤフー通販の広告問題 宮坂社長「メディアと小売りは別物」
ヤフーがコマース事業に注力。業績好調の一方で、「Yahoo!ショッピング」の広告に関する問題も指摘されている。ヤフーはどのようにコマース事業を展開していくのか、決算会見で宮坂学社長が語った。(2017/7/29)

Switchの「箱」や「写真」 ラクマでも高額販売 楽天が対策
「ラクマ」で、ゲーム機「Nintendo Switch」の「箱だけ」や「写真だけ」を、本体と誤認する形で出品しているユーザーがおり、楽天が削除対応などを行っている。(2017/7/25)

Switchの「箱だけ」高額で販売 メルカリが対策、ユーザーに注意喚起
メルカリは、ゲーム機の「箱だけ」や「写真だけ」を高額で出品するケースがあるとし、同日までに対策を強化するとともに、ユーザーに注意を呼び掛けた。(2017/7/24)

社員の“アプリ課金”に月1万円支給 メルカリが新制度
メルカリが、海外アプリを体験するための出張費やアプリ内課金の費用を補助する社内制度をスタート。(2017/7/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年6月版:
WannaCryがホンダやマクドにも。中学3年生が作ったランサムウェアの正体も話題に
2017年6月のセキュリティクラスタでは、「WannaCry」の残り火にやられたホンダや亜種に感染したマクドナルドに注目が集まっていました。ランサムウェアを作成して配布した中学3年生や降伏した韓国のホスティング企業、そしてウクライナを中心として主にヨーロッパで猛威を振るった「Petya」亜種など、ランサムウェアの勢いがとどまるところを知りませんでした。(2017/7/11)

開発・企画に生かす:
メルカリ、社員にアプリ料金など月1万円まで補助
メルカリがサービスの企画や開発に関わる社員を支援するための制度「Mercari Tech Research」を開始。海外視察費の全額負担や、有料アプリや課金のための費用を補助する。社員が最新のサービスやアプリを体験することを促す。【訂正】(2017/7/10)

中国で注目のライブ動画を導入:
「メルカリチャンネル」スタート ライブ動画×ECで取引促進
メルカリの新機能「メルカリチャンネル」がスタート。タレントやインフルエンサーによるライブ動画で商品の販売・購入ができる機能で、さらなる取引促進を目指すという。(2017/7/6)

メルカリ、ライブ配信で販売「メルカリチャンネル」開始
メルカリが、ライブ配信で商品を販売できる「メルカリチャンネル」を7月6日に始める。当面はタレントなどが番組を配信し、全ユーザーが視聴できる。(2017/7/6)

「メルカリ経済圏」拡大狙う:
「メルカリファンド」開始 ベンチャー支援で市場活性化
メルカリが、C2C事業を手掛けるベンチャー企業に投資するプロジェクト「メルカリファンド」を開始。市場の活性化と、「メルカリ経済圏」の拡大が狙い。(2017/7/4)

「メルカリファンド」開始 CtoCベンチャーなどに投資
「メルカリファンド」がスタート。CtoCベンチャーなどに出資する。(2017/7/4)

日本郵便でシステム障害 「メルカリ」「ヤフオク」連携新サービスで発送できない問題
日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。(2017/6/30)

ITライフch:
宛名書き不要!フリマ・オークションアプリが日本郵便新サービスと連携で発送や受け取りが便利に
日本郵便は、フリマアプリなどとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」の提供を開始。各アプリなどが配送料金の一部を負担、サービスによっては、差出元と郵送先が氏名や住所を知らせることなく、商品を配送できる。(2017/6/29)

「メルカリ」Web版で個人情報流出 最大5万4180人分 キャッシュサーバ切り替えで障害
Web版メルカリで障害が起き、一部のユーザーの個人情報がほかのユーザーから閲覧できる状態になっていた(2017/6/23)

クレジットカード情報の一部も:
メルカリ、個人情報流出 最大5万4000人に影響
フリマアプリのメルカリが個人情報流出。Web版のメルカリユーザー最大5万4000人の個人情報が他者から閲覧できる状態にあった可能性があるという。(2017/6/22)

メルカリで個人情報流出が発生 一時約5万人の名前・住所・銀行口座などが閲覧できる状態に
現在は対応を完了。(2017/6/22)

メルカリ、元Google・Facebook幹部のラーゲリン氏を招へい 執行役員に
米GoogleやFacebookで幹部として活躍したジョン・ラーゲリン氏がメルカリの役員に。(2017/6/22)

メルカリの疑問、ユーザー同士で質問&回答「メルカリボックス」公開
「メルカリ」に関する疑問をユーザー同士で質問・解決するサービス「メルカリボックス」を、6月21日にメルカリが開設した。(2017/6/21)

日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス
フリーマーケットアプリやネットオークションサイトで利用できる新配送サービスを日本郵便がスタートする。(2017/6/19)

メルカリ、利用規約違反に対する対策強化を発表 アカウントの不正作成で逮捕者
アカウントの大量作成、販売による全国初の逮捕者が現れていました。(2017/6/16)

メルカリ、アカウント転売の取り締まり強化 今月には逮捕者も
アカウントを不正に作成し、売買するユーザーへの取り締まりを強化。(2017/6/16)

「銀魂」の前売り、堂本剛演じる高杉役のデザインが売り切れ続出 公式が高額転売の禁止を呼び掛け
ファンから不満が出ていますが、前売り券の増刷・再販も行わないと決定しました。(2017/6/15)

メルカリのアカウント不正取得・転売で逮捕者
フリマアプリ「メルカリ」のアカウントを不正に取得・販売した疑いで、福岡県の無職の男2人を逮捕した。(2017/6/7)

メルカリ、商品代金をまとめて後払いする「月イチ払い」導入 限度額2万円で試験運用
購入するたびに支払うコンビニ払いの手間を減らす狙い。(2017/6/5)

ヘビーユーザー限定:
メルカリも「後払い」導入 2万円まで翌月一括払い可
メルカリが、購入した複数の商品の代金を、翌月にまとめて支払うことができる「メルカリ月イチ払い」を始めた。月に何度も利用するヘビーユーザー向けの救済措置で、利用可能者は抽選で選定するという。(2017/6/5)

翌月にまとめて支払い「メルカリ月イチ払い」試験運用スタート 上限2万円
各月の購入代金を翌月にまとめて支払える「メルカリ月イチ払い」の試験運用が始まった。(2017/6/5)

麹町OLの週末ビジネス探検:
ダイエットで見た「メルカリ経済」 体重計の送り主は
体重減の必要に駆られた麹町OLは、メルカリで体重計を購入する。それが意外な「メルカリ経済」の発見につながることも知らずに……。(2017/6/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
拡大する中古市場 経済にとってプラス?
フリマアプリ「メルカリ」の急成長によって、日本の中古市場が大きく変わろうとしている。中古市場の拡大については賛否両論があるが、日本は既に成熟社会となっており、既存のモノを生かしていくことは今後の経済成長にとって重要な概念となるはずだ。(2017/5/31)

「カール」10万円超で出品も……「入手困難」のうたい文句で転売 「メルカリ」など
「カール」の中部以東での販売中止発表を受け、「メルカリ」や「ヤフオク」ではカールの転売が相次いだ。(2017/5/29)

週刊「調査のチカラ」:
メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データから見えてくる生活者の今の気分とは?(2017/5/27)

今夏開始予定:
メルカリ、フリマアプリで新刊本販売 トーハンと提携
フリマアプリのメルカリが、トーハンと提携して新刊書籍の販売を始める。(2017/5/23)

メルカリで新刊本販売 夏にもスタート トーハンと協力
「メルカリ カウル」で夏にも、新刊書籍の販売がスタートする。(2017/5/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。