ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「転売」最新記事一覧

「Switch売ります詐欺」の被害者に無償で本体をプレゼントする紳士あらわる 超展開の経緯を聞いた
これがリアル“あしながおじさん”か……!【訂正】(2017/7/19)

ワークスタイル変革を実現「Dell Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」無料モニターキャンペーン
ご応募いただいた方の中から抽選で3名さまに、第7世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載するデルの最新2-in-1デバイス「Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」を無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にDell EMCの担当者によるインタビューを予定しています。(2017/7/20)

チケット高額転売、マイナンバーカードで阻止 総務省とぴあが検討【訂正あり】
総務省とぴあが、チケット販売時にマイナンバーカードを使った認証機能の導入を検討。チケットの高額転売を防ぐ狙い。【訂正あり】(2017/7/12)

ぴあも「電話番号認証」必須に 不正転売対策で
「チケットぴあ」にも電話番号認証が。1つの電話番号につきIDを1つに制限することで、大量IDの不正取得によるチケット大量購入を防ぎ、高額転売抑止につなげるとしている。(2017/7/7)

チケットぴあが「電話番号認証」を導入 1つの電話番号で1つの会員IDを認証するシステムで高額転売を抑止
不正な複数ID取得を防ぐための仕組みです。(2017/7/6)

スタバ「FeliCaキーホルダー」販売で混乱 高額転売横行……2万個増産、1年かけ発送へ
スタバの限定キーホルダーををめぐり、混乱が起きている。都内の一部スタバ店舗で発売予定だったが、前日深夜になって急きょ中止。事前の抽選販売で手に入れた一部の人による高額転売も横行している。(2017/7/3)

チケット販売「e+」、会員登録にSMS認証を導入 不正転売対策で
チケット販売サイト「e+」が、会員登録時にSMS認証を導入。チケットの不正購入、高額転売の防止につなげる。(2017/6/30)

「ヤフオク!」活用も:
ヤフー、AI活用の“価格変動チケット”販売 ホークス27試合
ヤフーが福岡ソフトバンクホークスが主催するパ・リーグ公式戦の観戦チケットを「価格変動」形式で販売。AIを活用して価格が決まる。「ヤフオク!」で人気席のオークションも。(2017/6/30)

チケット高額転売問題の解決になるかも イープラス、多重登録防止に全会員にSMS認証を求めるリニューアル
転売目的で複数のアカウントを持つ不正なユーザーをシャットアウトする狙い。(2017/6/30)

押井守、後藤隆幸、黄瀬和哉がI.Gストア渋谷オープン1周年記念のサイン会 xxxHOLiC侑子と攻殻新劇場版素子のコラボ色紙も 
なんて豪華な顔ぶれなんだ……!(2017/6/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホ、ゲーム機……発売日に潤沢な在庫がないのはなぜ?
人気の高いスマホやゲーム機では、発売直後に必ずと言っていいほど品薄が発生する。なぜメーカーは発売日に潤沢な在庫を用意できないのだろうか。(2017/6/24)

「剣と魔法のログレス」開発会社の従業員逮捕 アカウント不正入手し転売
「剣と魔法のログレス」のアカウントを不正に入手し、販売した詐欺の疑いで、開発会社「エイミング」契約社員が逮捕された。(2017/6/22)

詐欺の疑いで:
「剣と魔法のログレス」開発元の従業員逮捕 アカウント不正取得して転売
スマホゲーム「剣と魔法のログレス いにしえの女神」開発元の従業員がユーザーのアカウントを不正に取得し、勝手にRMTサイトで転売して金を得たとして逮捕された。(2017/6/21)

敷地転売「二重使用」:
好立地のマンションが突然“違法建築”になる?
東京都港区の大規模マンションが建築基準法の規定を満たさない違法建築になる恐れがあることが分かった。(2017/6/19)

メルカリ、利用規約違反に対する対策強化を発表 アカウントの不正作成で逮捕者
アカウントの大量作成、販売による全国初の逮捕者が現れていました。(2017/6/16)

メルカリ、アカウント転売の取り締まり強化 今月には逮捕者も
アカウントを不正に作成し、売買するユーザーへの取り締まりを強化。(2017/6/16)

「銀魂」の前売り、堂本剛演じる高杉役のデザインが売り切れ続出 公式が高額転売の禁止を呼び掛け
ファンから不満が出ていますが、前売り券の増刷・再販も行わないと決定しました。(2017/6/15)

「グレー」指摘も:
日産のルネサス株売却で波紋、仲介の日興に批判も
SMBC日興証券が仲介した日産によるルネサスエレクトロニクス株式のブロックトレードが、市場に波紋を広げている。(2017/6/15)

メルカリのアカウント不正取得・転売で逮捕者
フリマアプリ「メルカリ」のアカウントを不正に取得・販売した疑いで、福岡県の無職の男2人を逮捕した。(2017/6/7)

麹町OLの週末ビジネス探検:
ダイエットで見た「メルカリ経済」 体重計の送り主は
体重減の必要に駆られた麹町OLは、メルカリで体重計を購入する。それが意外な「メルカリ経済」の発見につながることも知らずに……。(2017/6/3)

「チケットは、お金もうけの道具ではない」 公式転売「チケトレ」正式公開 厳しい意見も「受け止める」
購入済みのチケットを定価で譲れるサイト「チケトレ」を、音楽関連4団体が6月1日に正式オープンした。「チケットは、お金もうけの道具ではありません」と高額転売業者を批判し、「チケトレ」を紹介する意見広告も。(2017/6/1)

高額転売防止へ 音楽系4団体による公式チケットリセールサイト「チケトレ」正式オープン
購入後に行けなくなってしまったチケットの2次売買を、適正な価格で行うためのサービスです。(2017/6/1)

規制面での対応検討:
チケット高額転売問題で自民PT発足、初会合へ
ネットを使ったチケットの高額転売問題で、自民党の議員連盟はプロジェクトチーム(PT)を発足する。(2017/5/31)

「カール」10万円超で出品も……「入手困難」のうたい文句で転売 「メルカリ」など
「カール」の中部以東での販売中止発表を受け、「メルカリ」や「ヤフオク」ではカールの転売が相次いだ。(2017/5/29)

不正転売防止の特効薬となるか:
アミューズとLINE、新「電子チケット」サービス創出へ
アミューズとLINEが、新しい電子チケットサービスの創出を目指し基本合意を締結。不正転売問題や公式リセールなどの課題を解決するサービスを構築するという。(2017/5/24)

LINEとアミューズ、電子チケットサービス検討で合意 「不正転売など課題解決」
チケットの不正転売問題などの課題を解決する「次世代の電子チケットサービス」の創出を目指すとしている。(2017/5/24)

転売対策「電子チケット」でまた混乱 星野源ライブ「通信料1万円」も ローチケが謝罪・返金へ
星野源さんのライブチケットをめぐって混乱。電子チケットを取得するためのアプリのシステムに問題があり、一部ユーザーが数千円〜1万円の通信料を過剰に請求されてしまった。(2017/5/20)

任天堂、Switchの「箱だけ」発売 なぜ?
任天堂が「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の化粧箱だけを販売している。なぜ箱だけで販売するのか。(2017/5/19)

乃木坂46のライブに転売チケットで入ろうとしたファンが通報され警察に連れて行かれる 身分証明書の偽造で
身分証明偽造での通報は初とのこと。(追記)(2017/5/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
きっぷをカプセルトイで売ってはいけない、なぜ?
JR北海道の新十津川駅で、地元有志が鉄道ファン向けにきっぷを販売した。JR北海道から正式に購入し、「ガチャガチャ」などと呼ばれるカプセルトイの自販機できっぷを販売するというユニークな手法で話題になったが、JR北海道から中止を求められた。これは観光ビジネスにとって教訓になりそうな事例だ。(2017/5/12)

業界初の公式チケット転売「チケトレ」 手数料に「高すぎる」の批判続出、ぴあ「運営コストギリギリで設定」
高額転売問題を解決するために設立された「チケトレ」。券面金額でチケットを二次売買できるが、手数料の設定にネットでは疑問の声が。(2017/5/10)

不正転売防ぐ:
音楽チケット“公式転売サイト”「チケトレ」オープン
日本音楽制作者連盟など4団体が、チケットリセールサイト「チケトレ」をプレオープン。チケットの不正転売を防ぎ、健全な2次流通を促進する狙いがある。(2017/5/10)

手数料高すぎ? 業界公式チケット転売「チケトレ」に批判も
音楽関連の業界団体が、チケット公式転売サイト「チケトレ」をオープンへ。「手数料が高すぎる」「転売業者の仕入れ先に使われるのでは」など批判もあるが……。(2017/5/10)

音楽系4団体が高額転売対策として公式チケットリセールサイト開設 登録時に身分証で本人確認
画期的。(2017/5/10)

太陽光発電のトラブル対策(8):
太陽光発電所の“履歴書”を持っていますか?
今後ますます重要になっていく太陽光発電所の運用保守。しかし、具体的にどのような点に着目して取り組めば良いのだろうか。本連載では日本で太陽光発電所の運用保守事業を手掛けるアドラーソーラーワークスが、実際の事例を交えながらそのポイントを紹介していく。第8回は発電所を売買する際に重要になる「デューデリジェンス」について解説する(2017/5/12)

「熱中症」で訴訟に発展も:
「太陽光パネルで民家包囲」 発電設備めぐるトラブル相次ぐ
太陽光発電をめぐるトラブルが相次いでいる。(2017/5/1)

太陽光パネルで民家包囲!? 発電設備めぐるトラブル相次ぐ
太陽光発電をめぐるトラブルが相次いでいる。機材設置を規制する法令がないことが主な要因だ。(2017/5/1)

「これが私の答えだ」 オリラジ中田、転売撲滅のための新システムを提唱
「全ての人は救えない。しかしこれなら、キャパシティ1000以下のライブを救うことができる」(2017/4/26)

YOSHIKI、チケット転売に反対声明 「ファンが傷付くのは許される事ではない」
自身の公演チケットも10〜20倍の価格で転売されているという。(2017/4/25)

現金出品規制のメルカリに「高額チャージSuica」の出品多数 JR側の回答は
いたちごっこ感がハンパない。※追記あり(2017/4/25)

YOSHIKIさん、チケット転売に「許されることではない!」 ディナーショーやライブが20倍の高値
ディナーショーのチケットなどが、10〜20倍もの高値で転売されている状況を「重く見ている」という。(2017/4/25)

定価でチケット譲り合い「チケトレ」 業界団体が6月オープン
チケットの悪質な高額転売に対応する。(2017/4/25)

販売休止で“ポテチ狂想曲” 「ピザポテト」1箱5万円!
大フィーバーに沸き返る“ポテチ狂想曲”を追った。(2017/4/24)

1箱5万円も:
ポテチ“狂想曲”、沸騰するオークションサイト
北海道産じゃがいもの不作のあおりを受け、一部のポテトチップスが販売休止・終了に追い込まれた「ポテチ・ショック」。需要を当て込んで個人向けオークションサイトにはポテチが大量出品され、中には1箱5万円という法外な値付けも。(2017/4/24)

太陽光:
改正FIT法で認定失効の太陽光発電、全国45万件以上に
経済産業省は2017年4月1日からスタートした改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表した。エリア別で最も失効数が多いのは東京の12.5万件となっている。認定失効見込みのほぼすべてが太陽光発電だ。(2017/4/24)

「悪質な転売と戦う」 オリラジ中田さん、チケット販売を「よしもと」から「Peatix」に
「このライブで、テクノロジーによる勝利宣言をしたい」と意気込んでいる。(2017/4/17)

あっちゃんかっこいい! オリラジ中田、チケット転売屋と激しいバトル「全てを解決してみせる」
転売はファンからの報告で発覚しました。(2017/4/16)

一面水浸しでまるで水田…… 農家が2016年のジャガイモ畑の写真を投稿、ポテチ品薄は「仕方ない」
そらジャガイモ不足になるわ……。(2017/4/13)

PR:売電収益を最大限に引き上げる、太陽光発電の価値を高める「Looopでんち」
太陽光発電の電力を有効活用し、経済的メリットを高める方法の1つに「蓄電池」の活用がある。太陽光発電のトータルソリューションを提供するLooopは、自社ブランドの蓄電池「Looopでんち」の展開を開始した。産業用発電所の既設と新設、さらには家庭用の太陽光発電まで、価格と機能の両面でユーザーを支援する注目の蓄電池だ。(2017/4/12)

Mobile Weekly Top10:
私たちがウェアラブル端末を手放せない理由/「速度」と「時間」はトレードオフ?
皆さんは「Apple Watch」や「Android Wear」を始めとするウェアラブル端末を使っていますか? 最近のウェアラブル端末は“単体”での利便性を向上する方向で進化しようとしています。(2017/4/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。