ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「転売」最新記事一覧

賢い「セキュリティ予算」獲得術【第2回】
「適切なセキュリティ予算」はどのように見積もればよいのか?
セキュリティ予算が不足しているかどうかは、適切なセキュリティ予算が何かを把握しなければ厳密には判断できない。では「適切なセキュリティ予算」とは、そもそも何なのだろうか。(2018/4/19)

買い占めで物議かもした限定ドール、高島屋が販売方法を抽選に変更
京都での買い占め騒動を受けて、東京では抽選販売に。(2018/4/16)

AIでスパム広告に対抗 Googleが考える「完璧な広告」の条件
Googleのエコシステムを支える要である広告。同社はスパム広告対策として多大な投資をしてきた。AIと人力の両輪で、同社が掲げる「完璧な広告」を目指した運用を続けていく。(2018/4/16)

ぴあ、購入チケットを発券前に同行者に配れる「Cloak」 定価リセールも1枚単位で
チケット販売サイト「チケットぴあ」に新サービス「Cloak」導入。チケットを複数枚購入した人が、発券前に同行者にチケットを配布でき、発券後に手渡ししたり郵送するといった手間がなくなる。(2018/4/13)

「漫画は今、本来届くべきところに届いていない」 『AIの遺電子』作者が語る、2018年に漫画を描くということ(1)
違法な海賊版サイトの存在、漫画家と出版社の役割の変化、問題視される労働環境――気になること全部、聞いてきました。(2018/4/6)

Facebook、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅制限へ
FacebookがCAスキャンダル対策として、サードパーティアプリがアクセスできる個人情報を大幅に制限する。予告していたユーザー向けのアプリリストへのリンクは4月9日からニュースフィードのトップに表示される。(2018/4/5)

仮想通貨口座、他人の情報で開設→転売 初摘発、不正調達屋か
他人の個人情報を使って仮想通貨交換所の口座を不正に開設したとして、中国籍の会社役員が逮捕。仮想通貨交換所の口座の不正開設での摘発は全国初という。調べに、「知らない」と容疑を否認している。(2018/4/4)

窃盗で汚職発覚:
「借金返済」の裏で3台目の高級外車自慢 贈収賄事件で逮捕、紀の川市元職員の虚飾
和歌山県紀の川市発注の水道管工事をめぐり、市内の土木建設会社に優先的に工事を回す見返りに現金を受け取ったとして、同市の元課長補佐の男(56)が逮捕、起訴された。(2018/4/3)

「とてもファンだとは思えない」  サンドウィッチマン伊達、大量の色紙を手にサインをねだる集団に戸惑い
伊達さん「ライブやイベントに来てくれたりするのとは違う」。(2018/4/2)

チケットキャンプ元社長ら4人不起訴 京都地検
チケットキャンプ運営元の元社長ら4人が不起訴処分に。チケットを転売目的で不正入手したとして、詐欺容疑で書類送検されていた。(2018/3/30)

電子チケット表示の際に購入者のSNSアカウントを照合:
ソーシャルログインで電子チケットの不正転売抑止、「ソーシャルPLUS」と「Funity」が連携
フィードフォースのソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」とユニー・ファミリーマートグループのEVENTIFYが提供するチケット販売管理システム「Funity」が連携した。(2018/3/30)

全てが虚偽:
「借金で売却急いでいる」 不動産のプロも翻弄 地面師の巧妙だましテクニック
医療法人が所有する都内の土地を巡り、所有者を装って売買代金約3億6000万円をだまし取ったとして、「地面師」の男らが警視庁に逮捕された。(2018/3/12)

フリマ・オークションサービスに『コロコロコミック』3月号多数出品 定価の2倍以上で売り切れも
来週にも次号が発売されますが……。(2018/3/6)

内ゲバで終止符:
カネの切れ目が縁の切れ目 学生狙ったマルチ商法グループの末路
「紹介したいバイトがあるんだけど」──マルチ商法であることを隠して学生らを勧誘したなどとして、一部業務停止を命じられたビジネススクール運営会社。仲間内の金銭トラブルを発端とした窃盗・監禁事件で、同社役員ら計9人が逮捕されている。(2018/3/6)

ワークスタイル変革を実現「Dell Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」無料モニターキャンペーン
ご応募いただいた方の中から抽選で1名さまに、第7世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載するデルの最新2-in-1デバイス「Latitude 5000 シリーズ 2-in-1 5285」を無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にDell EMCの担当者によるインタビューを予定しています。(2018/2/26)

アニメイトがサイン会の当選メールを誤送信し謝罪 受け取った応募者を当日会場に入れず
現在は解決済み。(2018/2/20)

フィギュア羽生選手金メダル号外 メルカリなどで転売相次ぐ
スポーツ報知は号外の取り寄せを告知。ネットで公開されている号外もあります。(2018/2/18)

チケキャン問題「真摯に反省」、ミクシィ森田社長 「もう少し早めに経営判断できた」
ミクシィの森田仁基社長が2月14日、決算説明会で「チケットキャンプ」問題について「真摯に反省し、再発しないよう考える」とコメントした。(2018/2/14)

有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも
店の事情をよく知るアーティストにお話を聞きました。(2018/2/14)

取引多い出品者を優遇する制度も チケットキャンプに関する調査報告書が公開
同業他社サイトで取引が多い利用者の勧誘も行われていました。(2018/2/14)

チケキャン、利用規約にない「VIP会員」存在 ミクシィの対応遅れを指摘、第三委
「チケットキャンプ」問題をめぐり、ミクシィが第三者委員会の報告書を公開。報告書は、利用規約に明記がない「VIP会員」の存在を指摘している。ミクシィはフンザ買収時、会員の存在を認識していなかったが、対応が後手に回っていたという。(2018/2/14)

転売、ハンドメイド作品も標的に 売れずに虚偽理由で返金要求も
トラブルに遭った作家2人に聞きました。(2018/2/16)

「メルカリ禁止って書くの忘れた」 成田凌&井浦新、出演映画の無料チラシに“直筆サイン”のファンサービス
粋なことをしてくれる。(2018/2/11)

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は
メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。(2018/2/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
購入制限は3月中旬まで……!? 枯渇が続くグラフィックスカード
グラフィックスカードの全方位枯渇は相変わらず。多くのショップが購入制限をかけるようになっているが、それでも当面の厳しさは収めようがない様子だ。(2018/2/5)

海外逃亡説、メルカリ転売説の真偽は?:
【一問一答】ついに沈黙破った「はれのひ」社長 会見で何を語った?
成人式に突如として営業停止した「はれのひ」。破産開始決定を受けた旨を発表する会見には、行方をくらましていた篠崎洋一郎社長が出席。報道陣との質疑応答に応じ、騒動後初めて自らの言葉で事態の真相を語った。(2018/1/26)

「はれのひ」社長、会見で謝罪 着物転売は否定
顧客から預かっている着物が約1200着保管されているとのこと。(2018/1/26)

社長がついに公の場に:
はれのひ、破産 負債総額最大11億円 社長が謝罪「一生の思い出台無しに」
振り袖販売・レンタル会社「はれのひ」が1月26日、横浜地裁から破産申請を受けた。負債総額は最大約10億円。債権者は約1600人。(2018/1/26)

「梅ジャム」製造終了で高額転売相次ぐ 20倍以上の値が付く例も
「梅ジャム」は通常10円ほどで販売されていました。(2018/1/26)

転売チケット高騰「待った」東京五輪控え、仲介サイト規制へ加速 京都府警
転売サイト「チケットキャンプ」の運営会社元社長らが京都府警に摘発された。チケット転売は、異常な価格高騰が社会問題にもなっている。ただ、ネット上の転売行為を規制する法律はないのが現状で、東京五輪を控え、今後の対応にも注目が集まっている。(2018/1/25)

経営判断やコンプライアンス体制など調査:
ミクシィ、「チケキャン」前社長の書類送検で調査委を設置
「チケットキャンプ」前社長の書類送検を受け、ミクシィが第三者委員会を設置した。(2018/1/24)

ミクシィ、チケキャン問題で第三者委員会設置 買収の合理性など検証
「チケットキャンプ」の前社長が詐欺の共犯の容疑で書類送検されたことを受け、ミクシィが第三者委員会を設置。同社がフンザを買収したことの合理性などを検証する。(2018/1/24)

GMOインターネット、Ethereum活用のブロックチェーンプラットフォームを正式公開
GMOインターネット、ブロックチェーンを活用した新ビジネスを構築できるプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」の提供を始めた。(2018/1/23)

チケット転売横行中 「1人1000件申し込み」も……新法で歯止めに期待
音楽ライブなどのチケットの高額転売が後を絶たない。「ぴあ」には同一ユーザーと思われる人物から1000件を超える申し込みがあったことも。チケットの不正転売を規制する新法案も検討されている。(2018/1/18)

YOSHIKIが「格付け」で食べまくったチーズおかき 注文殺到でネット販売一時休止 販売元「放送がきっかけ」
YOSHIKI効果すごい。(2018/1/16)

mixi「閉鎖の予定はございません」 SNSでのウワサを否定
利用者からは安堵の声が上がっています。(2018/1/13)

「mixi閉鎖」のうわさ、ミクシィが否定 「閉鎖の予定ない」
ミクシィがSNS「mixi」が閉鎖する――誤解に基づくこんなうわさがTwitterで1月12日、出回った。ミクシィは「閉鎖の予定はございません」と、うわさを否定している。(2018/1/13)

チケキャン運営元社長の書類送検受け、親会社ミクシィがコメント 「厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力する」
親会社のミクシィがコメント。(2018/1/11)

「極めて遺憾」とコメント:
「チケキャン」前社長が詐欺容疑で書類送検 ミクシィが謝罪
「チケットキャンプ」の運営会社・フンザの元社長が詐欺容疑で書類送検。親会社のミクシィが謝罪した。(2018/1/11)

「チケキャン」元社長ら書類送検「誠に遺憾」 ミクシィがコメント
ミクシィは、チケット売買サービス「チケットキャンプ」を運営する子会社フンザの元代表取締役社長らが京都地方検察庁に書類送検されたという報道について、「このような事態は誠に遺憾」「深くおわび申し上げる」とコメントを発表した。(2018/1/11)

コロプラ提訴でハッシュタグ「任天堂を許すな」誕生 → いつの間にか任天堂への要望・大喜利会場へ
カービィのエアライドとF-ZEROの続編を出さない任天堂を許すな。(2018/1/11)

「なんで私の家にあるCDがヤフオクに」 渡辺直美がCDの盗難、転売被害を訴える
怖い世の中。(2018/1/11)

飛び散る骨の破片:
米国の「死体実習」、舞台は高級ホテル宴会場
その「手術劇場」となった会場のすぐ外にいた医学会議の主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。(2018/1/11)

魔王の「害種絶滅計画」始動……目標は違法サイト!? より良い世の中を目指す魔王の漫画に支持集まる
セクハラやパワハラにも厳しい実直な魔王。(2018/1/10)

本場でも高まる人気:
ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす 国産酒輸出が過去最高
ウイスキーなどの国産酒類の輸出金額と数量がいずれも過去最高を更新。(2018/1/10)

1月2日のApple初売り 最大1万8000円分のギフトカードもプレゼント
iPadシリーズ買うならかなりお得です。(2018/1/2)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
プレイガイド「e+」業績と比較して見えた、「チケキャン」の“荒稼ぎ”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/30)

コミックマーケット93:
冬だ、コミケだ、コスプレだ! 寒空を吹き飛ばすコミックマーケット93コスプレ写真まとめ
みんな、お待たせー!(2017/12/30)

コミックマーケット93:
行けない人も大丈夫! 思わず見とれるコミックマーケット93コスプレ写真まとめ
今年もいっくよー。(2017/12/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
買いたい人が多数、在庫もある、それでも出荷されない製品の裏事情
メーカーが何らかの事情で、限られた人にしか製品を売りたくないケースは少なくない。現在で言うと「Amazon Echo」がその典型例だろう。具体的にどのようなパターンが考えられるか、過去の失敗例なども挙げながら見ていこう。(2017/12/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。