ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「転売」最新記事一覧

ひろゆき氏が「2ch.net」奪還か 「ドメイン不法占拠」申し立て
「2ch.net」のドメインが不法に登録・占拠されているとして、ひろゆき氏がWIPOに仲裁を申し立てた。(2016/5/26)

ジブリ美術館が新企画展「猫バスにのって ジブリの森へ」を開催 過去展示を総括、ネコバスも再登場
企画監修は宮崎駿監督。(2016/5/25)

ドコモ、6月1日から「ネットワーク利用制限」の対象を拡大
6月1日から、分割払いの期間中は、ネットワーク利用制限が「△」の表示になる。分割払いで購入した端末も△の表記になる。転売などを目的とした不正契約を防止するため。(2016/5/17)

システム&イベント担当者に聞いた:
イベントの「待機列問題」をスマホで解消?「整理番号WEB表示システム」は救世主となるか
近隣住民とのトラブルや熱中症、スタッフのコストなど、様々な問題のもととなっている「アニメ・漫画イベント参加客による長蛇の列」。それを解消する1つの答え「整理番号WEB表示システム」について、システム担当者と「KING OF PRISM キンプリファン感謝祭」イベント担当者に聞いた。(2016/5/14)

オタクならではの「メルカリ」の使い方とは? メリットと問題点
ファッションや雑貨が多く出品されている「メルカリ」。オタクもちゃんと使い込んでいる様子ですが、“オタクならでは”の問題もあって……? 栄ちゃんのツッコミに注目です。(2016/5/12)

ノンスタ井上、直筆サイン8000円での転売に「なんだか悲しいなぁ!!」
ポジティブに返せない悲しさ。(2016/5/10)

電力供給サービス:
日本をLNGのハブへ、G7北九州エネルギー大臣会合で発表
経済産業省は北九州市で2016年5月1〜2日に開催されたG7北九州エネルギー大臣会合において、日本のLNGハブ化などの構想をまとめた「LNG市場戦略」を発表した。(2016/5/6)

ふるさと納税「特典」にコウノトリ命名権 ネットで賛否、即修正 「一生」→「3年」に
兵庫県が「ふるさと納税」の特典にコウノトリに命名権を与えるとし、騒動を巻き起こした。(2016/4/22)

セキュリティ教育現場便り(3):
「セキュリティインシデント対応人材」のあるべき姿――求められる「先読み力」とは
筆者の経験を基に、本当に必要なセキュリティ教育について考える本連載。3回のテーマは「情報セキュリティ事故(インシデント)対応」です。インシデント発生時の混乱した状況に適切に対処するための担当者の役割、あるべき姿について考えます。(2016/4/12)

最新コラボレーションソリューション「Dell OptiPlex 7040 Micro」無料モニターキャンペーン
ご応募いただいた方の中から抽選で10社様に、デルの最新コラボレーションソリューション「Dell OptiPlex 7040 Micro」を無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にデル、インテルの担当者によるインタビューを予定しています。(2016/4/6)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
“容量無制限”で最速、下り261Mbpsのルーター発売/ドコモとY!mobile、旧モデルを「一括0円」で販売
Y!mobileが下り最大261Mbpsの「504HW」を発売した。“容量無制限”のサービス対応機種としては最速だ。(2016/3/31)

ラブライブ!の「μ’s」ファイナルライブの転売チケットが高騰中 オークションサイトで20万円以上の入札も
公式では「本人確認を行う」としています。(2016/3/22)

“カツ横流し”のダイコーが倒産 横流し発覚で経営難に拍車
負債総額は約9億円。(2016/3/14)

最新モバイルワークステーション「Dell Precision 5510」無料モニターキャンペーン(1社限定)
ご応募いただいた方の中から抽選で1名(1社)様に、デルの最新モバイルワークステーションを無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にTechTargetジャパン編集部によるインタビュー取材を予定しています。(2016/3/16)

炎上の火種:
どう防げばいいのか? SNSによる情報漏えいが増えている
SNSによる情報漏えいが増えている。特殊な技術を要するものではなく、SNSを利用する上でほとんど無意識に個人情報や機密情報を漏えいしてしまう、「過失」の漏えいである。このような漏えいを抑止するために知っておくべきこととはなにか。(2016/3/7)

2年間印刷し放題!?:
PR:エコタンク搭載プリンタを使ってみませんか? 「EW-M660FT」(5万円相当)の無料モニター大募集!
2年分の大容量インクを付属したエプソンの“エコタンク”搭載A4対応カラー複合機「EW-M660FT」を使って、インク交換の手間なく、カラーもモノクロも気兼ねなくプリントできる快適な生活を送ってみたいモニターの方を募集します。計5台用意しましたので、奮ってご応募ください。(2016/3/7)

ジブリ美術館、入場券の転売対策 夏休みシーズンで記名式チケットの先行抽選販売を実施
購入希望者の多い夏休みシーズンに、公平な販売機会を提供したいとのこと。(2016/3/1)

高井尚之が探るヒットの裏側:
“昔ながらの喫茶店”でも国内3強に成長できた理由とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。前回に続き、急成長中のコメダ珈琲店について読み解く。(2016/2/29)

5名様にお届け:
PR:ビジネスシーンの「ほしい」を全部 ノートにもデスクトップにもなる“3 in 1”Windowsタブレット「HP Elite x2 1012 G1」トライアルキャンペーン!
(2016/2/29)

世界で80万以上の宿を提供:
オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ
「シェアリング・エコノミー」の代表例は配車サービスのUberと、空き部屋シェアサービスのAirbnbであるが、注目を集めると共に論議を呼んできた。今回は、Airbnbのコミュニティーにとってのセキュリティの観点から考えてみよう。(2016/2/26)

500万訪日中国人客「おすすめ爆買いリスト」トップ10はこれだ! 中国版Twitterが映し出す「本音」ランキング
春節本番を迎え、“爆買い”訪日中国人旅行客であふれかえる東京都心の繁華街。いったい彼らは何を“爆買い”しているのだろう――。(2016/2/9)

2015年訪日中国人客は約500万人:
「おすすめ爆買いリスト」トップ10 中国版ツイッターが映し出す本音
訪日中国人旅行客は、2015年だけで過去最高の499万人。その目的は買い物とされるが、一体彼らは何を“爆買い”しているのか。中国版ツイッターを詳細に分析し、作成された“爆買いランキング”から、動向を探った。(2016/2/8)

消費者庁、ココイチのビーフカツなど判明している転売された廃棄食品一覧を公開
手元にある該当製品は食べちゃダメ!(2016/2/4)

安いものにはワケがある――規制緩和のツケ
廃棄のカツを格安で転売、市販するというウソのような話が実際に起こりました。安いものには確実に理由があるのです。(2016/1/22)

ココイチの壱番屋、廃棄食品の転売防止策を発表 ダイコーとの取引は即刻停止
製品を堆肥の原料に混ぜて廃棄するなどして対応。(2016/1/19)

スピン経済の歩き方:
ココイチのカツ横流し事件、産廃業者の「ひとりでやった」が信用できない理由
ココイチの「カツ横流し事件」が世間を騒がせている。今回の不正は、産廃業者ダイコーによる“単独犯”ということになっているが、筆者の窪田氏は「『ひとりでやった』というのは信じられない」と指摘している。なぜなら……。(2016/1/19)

元は0円→33円→スーパー店頭では80円、ココイチのカツ横流し事件
カレーチェーン店「CoCo壱番屋」が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、カツは、4つの卸業者を経て愛知県内のスーパーで販売されていたことが分かった。(2016/1/18)

破棄品転売業者、ビーフカツ以外も転売 ココイチの壱番屋が注意喚起
「チキンカツ」や「ロースカツ」など破棄されたはずの6品が転売されていたと続報。(2016/1/15)

産廃業者の横流し、ビーフカツ以外も見つかる 壱番屋が廃棄委託品リストを公開、注意呼び掛け
「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄処分したビーフカツを処理業者が横流しした問題で、ビーフカツ以外の不正転売も発覚したとして、廃棄を委託した製品のサンプル画像を公開し、食べないよう注意を呼び掛けている。(2016/1/15)

廃棄されたCoCo壱番屋のビーフカツ 産業廃棄物業者が不正転売
異物混入の可能性があるため廃棄処理を委託したビーフカツが、産業廃棄物処理業者により転売されていたことが発覚した。(2016/1/13)

「ココイチ」廃棄ビーフカツが一般に出回る 処理業者が不正転売
「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋が廃棄処分した冷凍ビーフカツが一般に流通。処理業者が不正転売していたという。(2016/1/13)

「スライド式」クレジットカードは危険大 不正使用被害急増、「ICチップ式」に一本化へ
流出したカード情報が使われて勝手に決済される被害が急増。各クレジット会社が、ICチップを全てのカードに搭載し暗証番号を入力して決済する方式に一本化するよう動き始めた。(2016/1/12)

スタバ「福袋買い占め」で利用客に謝罪 先頭グループが108個すべて購入 個数制限なしの理由は
ネットでは買い占め客のモラルと店舗側の対応に批判が相次ぐ形に。(2016/1/6)

行列よさらば:
アップルストアの「Lucky Bag」、2016年は発売せず
理由は「全世界で均質なサービスを提供するという目的のため」。(2015/12/26)

石川温のスマホ業界新聞:
Mozillaがキャリア向けFirefox OSスマホを打ち切りに――KDDIは「ギークすら買わなかったFx0」に見切りをつけ、海外に転売済みか
Mozillaが、キャリア経由のFirefox OS搭載端末の販売は終了することを発表した。KDDI(au)は2014年12月に同OS搭載のスマホ「Fx0」を発売したが、後継機は出ることなく終わりそうだ。(2015/12/18)

松村太郎の「バークレー生活研究所」:
バークレーは非常に“意志の強い”イノベーターの街だった
筆者が住むカリフォルニア州北部の街・バークレーが発祥となっているものは多い。例えば、カフェラテが生まれたのもこのバークレーだ。(2015/12/17)

特典カードが目当て? 劇場版「遊☆戯☆王」の前売り券が東映史上最高記録となるも、一部チケットはオークションに
特典の重要性を感じる昨今。(2015/12/15)

Weekly Access Top10:
ハイテクと戯れる
「ウィーンガチャン」みたいな音を立てるロボットはいませんでした。(2015/12/8)

パズドラ効果で売り切れ続出? 完売した「週刊少年サンデー」第1号、Webで無料公開されることに
パズドラで使える「うしおととら」のシリアルコードが付属していました。(2015/12/8)

2009年ごろからバタバタと:
ショッピングモールが死んでいく
廃墟と化したデッドモールは全世界共通。子連れの母親や老人たちの暇つぶしの場となり、購買意欲のある若者は少ない。家族と車、前世紀的ライフスタイルに依拠した郊外型モールという業態は、死に向かっている。(2015/12/7)

7倍の価格も:
転売無効にするUSJの“奇策” 「告発許して」ダフ屋行為の学生が反省文
11月から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで転売されたチケットが利用できなくなった。チケットの転売自体も激減しており、同じようにダフ屋行為などに悩む人気アーティストのコンサートやイベントの主催者から注目を集めている。(2015/12/3)

転売チケット無効にするUSJの“奇策”の効果 「学費払えず……」ダフ屋行為の学生から反省文も
転売チケットを無効にしたUSJ。トラブルも予想されたが、蓋をあけてみると、実際に転売チケットで入場しようとしたケースはほとんどなかった。(2015/12/2)

チケットストリート、2次販売チケットの「入場補償」開始 「転売の否定はファンと興行側両方にマイナス」
チケットストリートが2次販売するチケットの保証プランに「入場不可補償」「代替チケット手配」を加えた。「転売の全面否定はファンにも興行側にもマイナス」と、健全な2次流通プラットフォームの必要性を訴える。(2015/12/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
古くなったPCの行き着く先、あなたはどうしますか?
ある業界団体での講演後に聞いた雑談でPCの処分方法が話題になった。正規(?)のリサイクルにもっていくか、それとも「無料回収」をうたう業者に任せるのか――。(2015/11/20)

TVアニメ「おそ松さん」人気すぎて兄弟が劇中で着ている「松パーカー」再販に戦争が起きる
シェー!(驚愕)(2015/11/7)

Weekly AccessTop10:
悠久の時の流れをお香に感じる
秋の夜長に図画工作も一興ですよね。(2015/10/26)

チケット売買仲介「チケットストリート」会長、USJの転売禁止徹底に反対と提案
USJの対策について、何らかの事情でパークに行けなくなったチケット購入者への救済がないと主張している。(2015/10/17)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、転売が確認されたチケットは使用無効に より厳格に転売行為の撲滅目指す
ゲストの不利益をなくすため。(2015/10/16)

5名様にお届け:
PR:ビジネスで“本気”で使えるWindowsタブレットを試してみませんか? 「HP ElitePad 1000 G2」トライアルキャンペーン開始!
(2015/10/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。