ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食糧問題」最新記事一覧

世界の食糧問題を解決するためには、データ分析の力が必要だ
米Teradataの年次イベント「Teradata PARTNERS Conference」がスタート。基調講演で登壇したモンサントのトロイ・クライツ氏は、「データ分析が農業ビジネスの未来を左右する」と熱く語る。(2017/10/27)

IoTやbot活用型のアイデアが躍進:
テクノロジーで、社会や働く個人の課題を「素早く、シンプルに」解決するには――第3回 MVP Awardレポート
「テクノロジーで社会の課題を解決する」をテーマにしたビジネスアイデアコンテスト「第3回 MVP Award」が開催され、2点のアイデアが入賞を果たした。(2017/10/20)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第5回:
「スマートキッチン」が切り開く、食と料理の700兆円市場
食・料理は市場規模が大きく、全ての人がターゲットになるまれなジャンル。なのにキッチンは進化が止まっている。ここにイノベーションを起こすと意気込む「Smart Kitchen Summit Japan」の試みを紹介する。(2017/10/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
シンギュラリティに向け勝ち残る企業とは――人生140年時代の今、中堅こそ起業を
2045年に訪れると予測されている「シンギュラリティ」。人工知能が人類を超越する時代に生き残ることができるのはどのような企業、そして人なのだろうか。(2017/10/18)

IHSアナリスト「未来展望」(5):
ポスト・スマホカメラの世界 〜 5Gで花開くセンサー市場&イメージング市場戦略
今回は、センサー、特にカメラ、イメージング市場の展望を取り上げる。カメラ市場は、デジタルスチルカメラなどを押しのけ、スマートフォン中心の市場となった。しかし、そのスマートフォンも成長が鈍化しており、成長の期待は車載カメラと産業用カメラへと移っていくだろう。(2017/9/27)

謎肉の正体は「大豆」!? 日清カップヌードル最大の秘密があっさり明らかに 近未来ハイブリッドミートってなに?
コラボWeb漫画「名探偵コナン犯人の犯沢さん〜謎肉の正体〜」で明かされました。(2017/9/18)

株式交換で:
「BUFFALO」のメルコHD、製麺のシマダヤを完全子会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコホールディングスは、老舗製麺会社のシマダヤを完全子会社化する。(2017/9/4)

自然エネルギー:
バイオマス燃料の木質ペレット、輸入増で国内自給率が低下
林野庁の調査によると、2016年の木質ペレットの国内生産量は前年比で0.5%増加した。一方、海外からの輸入量の増加によって、自給率は、前年比8.3ポイント減の25.7%に下落している。(2017/9/1)

自然エネルギー:
農業の新しいビジネスモデルに、ソーラーシェアリングのススメ
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」。農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングを行うためには、どのような点に気をつければ良いのだろうか。複数の施工実績を持つ横浜環境デザインが解説する。(2017/8/7)

オープンになること:
2050年、この世はどうなる? 英『エコノミスト』が予測
「AIが普及すれば、自分の仕事はなくなるかもしれない」といった不安を感じている人もいるはず。未来の不安に対し、私たちはどのように対応すればいいのか。2050年のテクノロジー社会を分析した、英『エコノミスト』誌、ダニエル・フランクリン編集局長の言葉を紹介する。(2017/6/27)

医療技術ニュース:
食事中に人の存在があるとおいしさが高まる、それが鏡に映った自分でも
名古屋大学は、鏡に映った自分の姿を見ながら食事をすると、1人の食事よりおいしく感じるということを明らかにした。この成果は、1人で食事をしている人の食事の質を高めることにつながるという。(2017/6/16)

宇宙ビジネスの新潮流:
深層学習と顧客理解、衛星データのマネタイズの鍵とは?
ベンチャーが大規模な資金調達を発表するなど、今、米国では衛星ビッグデータ解析が白熱している。キーワードはディープラーニングと顧客理解だ。(2017/6/10)

小売・流通アナリストの視点:
ゼンショーが小売スーパーを買収する理由
牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスが小売事業を強化している。昨秋には群馬県の食品スーパー、フジタコーポレーションの買収を発表し、小売事業の売上高は900億円に迫る勢いだ。ゼンショーの狙いとは何か?(2017/6/2)

Over the AI ―― AIの向こう側に(10):
外交する人工知能 〜 理想的な国境を、超空間の中に作る
今回取り上げる人工知能技術は、「サポートベクターマシン(SVM)」です。サポートベクターマシンがどんな技術なのかは、国境問題を使って考えると実に分かりやすくなります。そこで、「江端がお隣の半島に亡命した場合、“北”と“南”のどちらの国民になるのか」という想定の下、サポートベクターマシンを解説してみます。(2017/4/27)

「豚タルタルステーキ」に「豚ユッケ」―― 「ハチミツ離乳食」だけじゃない、クックパッドの危険レシピ 運営側の対応を聞いた
心配な食の問題、運営側の回答は……。(2017/4/13)

視点:
Logistics 4.0時代の物流ビジネス
Logistics 4.0 は、物流をボーダレス化し、競争環境が劇的に変容する。新しいビジネスモデルを構築することで、この変化を次なる成長の契機とすることが求めらている。(2017/2/28)

食器用洗剤で野菜を洗うのはアリだった? 食器用洗剤の注意書きがネットで話題に 花王「何ら問題ありません」
意外と気付かないものですね。(2016/11/17)

バイオプラスチック:
漆の美しさを備えたバイオプラスチックを開発、射出成型で量産可能に
NECは、京都工繊や漆芸家の下出祐太郎氏と共同で、伝統工芸の漆器が持つ独特の美しい漆黒を実現したバイオプラスチックを開発した。今後、材料メーカーなどと提携し漆風素材の量産や普及を目指す。(2016/8/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
夕張市がJR北海道に「鉄道廃止」を提案した理由
JR北海道が今秋に向けて「鉄道維持困難路線」を選定する中、夕張市が先手を打った。市内唯一の鉄道路線「石勝線夕張支線」の廃止提案だ。鉄道維持を唱える人々は「鉄道がない地域は衰退する」「バス転換しても容易に廃止される」という。夕張市の選択はその「常識」を疑うきっかけになる。(2016/8/12)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
災害が多い国に学ぶ、倒れても立ちあがる「復活力」
日本とアイスランドには共通点が多い。島国であり、それぞれ暖流と寒流がぶつかる漁場に面しているため、漁業が非常に盛んだ。また噴火や地震も多いが、アイスランドは災害に対してどのように向き合っているのだろうか。(2016/4/22)

「BUFFALO」のメルコ、「流水麺」のシマダヤを関連会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコが「流水麺」などの老舗の製麺会社シマダヤを関連会社化。(2016/4/15)

自然エネルギー:
電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別では大分県が1位
全国各地で再生可能エネルギーの導入量が拡大して、地域ごとの電力自給率が上昇している。自給率が100%を突破した市町村は2015年3月末の時点で100カ所に達した。都道府県別では地熱が豊富な大分県が38%でトップを走り、続いて秋田県でも30%を超える自給率になっている。(2016/4/11)

「22時を過ぎても貸し切り客が来ない……」深夜にパスタ店が悲しいツイート → みんなのお腹を満たすほっこりな結末に
みんな大人な対応でした。(2016/2/29)

おにぎりを作って食べると、アジア・アフリカの子どもたちにあたたかな給食が届く
おにぎりが世界を救う。(2015/9/17)

【閲覧注意】採りたてのセミをみんなでおいしくいただく! 謎の人気イベント「セミ会」に参加してきた!
虫は苦手だけど、ちょっぴり人生変わった。(2015/8/25)

【閲覧注意】サクサクポリポリ カンボジアで「虫料理」をおいしく食べてみた
スナック感覚の食感でした。(2015/8/19)

「玉音放送」原盤の音声ファイル、宮内庁が初公開
宮内庁は、昭和天皇がラジオを通じて国民に終戦を告げた、いわゆる「玉音放送」の原盤の音声ファイル初めて公開した。(2015/8/3)

家電業界の孫正義?:
「R2-D2」と登場した業界の革命児 これがハイアールの目指す新時代の家電だ
「新しい価値の提供」を注力するハイアールアジアの伊藤社長が、新製品を発表。映画「スター・ウォーズ」に登場する「R2-D2」型の冷蔵庫もお披露目された。(2015/6/2)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

宇宙ビジネスの新潮流:
21世紀の農業革新を起こせ 衛星技術ベンチャーの参入相次ぐ
今後世界が直面する食糧問題の解決に向けて、宇宙衛星技術を使った農業の変革が進められている。その最前線の動きを紹介したい。(2015/5/2)

もし「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」が飲めなくなったら……:
「お〜いお茶」伊藤園グループが急いだ“情報共有基盤とBCP”の必要性
食の安全性から企業の存続価値をたどると、改めて企業のIT基盤や「事業継続計画」の重要性につながる。「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」ブランドを抱える伊藤園グループが「Office 365」でグループ間で統一した社内情報共有基盤の構築を急いだ理由とは。(2015/4/14)

業界シェア2位「Pasco」のパンが国産小麦を使うワケ
普段食べている「Pasco」の食パンに込められたさまざまな思いとは。(2015/1/29)

世界を「数字」で回してみよう(8):
「環境問題」とは結局何なのか(前編)〜勝算不明の戦いに挑む意義〜
地球環境問題というのは、身近な問題のようでいて意外と当事者意識をイメージしにくいものです。それでも、環境問題は何十年も前から提起され、国レベル、世界レベルで規制や対応が検討されてきました。今回は、実際に数字を回す前に、プロローグとして“環境問題とは結局何なのか”、ということを筆者なりに考えてみたいと思います。(2014/11/12)

11月22日(土)全国公開:
PR:映画『インターステラー』から見える、地球の未来と宇宙への挑戦の今
食糧が枯渇し、地球上に住めなくなった人類は、宇宙に活路を見いだす――11月22日に全国公開される映画『インターステラー』は、そんな“少し未来の地球”を描いた作品だ。映画で描かれたようなことは本当に地球上で起きているのか? また、宇宙の探索はどこまで進んでいるのか? 実際に惑星探査に携わる東京大学の宮本英昭准教授と、映画ライターの新谷里映さんに、「地球の今と宇宙への挑戦」と、映画『インターステラー』について聞いていこう。(2014/11/4)

“カイゼン”と“ビッグデータ”を稲作へ:
トヨタ流米作りで“ニッポン農業”を強く、元気に
トヨタ自動車が新境地に挑む。農業分野にカイゼン活動を持ち込むとともに、クラウドとビッグデータを駆使した稲作支援サービスを開発。早くも劇的な成果が出ているという。(2014/10/10)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
YKKのファスナーが、他社に追随されない理由
洋服やカバンのファスナーを手にしたとき、「YKK」というロゴを見たことがある人も多いのでは。YKKファスナーの世界シェアは45%とも言われていますが、なぜそんなに数値を維持できるのでしょうか。その理由は……。(2014/10/3)

普通の女子高生が「難民」に? 社会と大人のあり方を問う
「ダメな子」とレッテルを貼られ、街を徘徊する女子高生たちを救う道標とは。女子高校生サポートセンターColabo代表の仁藤夢乃さんの著書を紹介します。(2014/9/25)

日本酒にベビーリーフ:
農業を支えるクラウドで「日本品質」を世界に
2008年ごろから食・農分野に本格的に参入した富士通は、現在数百社に対してクラウドサービス「Akisai」を提供する。そこから得られた知見を基に、日本の農業品質のさらなる向上を図る。(2014/9/10)

世界を「数字」で回してみよう(5):
“電力大余剰時代”は来るのか(後編) 〜原発再稼働に走る真の意図〜
前編で、「日本では、あと十数年もすれば“電力が余る時代”が到来する」という結論に至りました。ではなぜ、政府はあれほどまでに原子力発電所を再稼働させたがっているのでしょうか。その真の意図を読み解くキーワードは「オイルショック」であると、考えられます。(2014/9/5)

製造マネジメントニュース:
JFEエンジニアリング、北海道苫小牧市に「スマートアグリプラント」を完成
天然ガスをエネルギー源とするガスエンジン・トリジェネレーションシステムに、提携先のオランダPrivaの高度栽培制御システムを組み合わせて、栽培に最適な環境をつくる。(2014/8/28)

製造マネジメントニュース:
パナソニックがシンガポール初の屋内型植物工場稼働――食料自給率向上に貢献
パナソニックファクトリーソリューションズ アジアパシフィックはシンガポールで初めての野菜工場を稼働したことを発表した。生産した野菜は、シンガポール国内で飲食店チェーン展開する大戸屋に提供するという。(2014/8/26)

仕事をしたら“軽油”ができそう(前編):
ミドリムシがクルマを走らせる? “夢の燃料”ができる日
いすゞ自動車とユーグレナが共同で、次世代の燃料開発を始めるという。ミドリムシの油を使ってクルマを動かすということだが、どのような研究を行うのだろうか。ユーグレナでミドリムシのことを研究している鈴木健吾さんに話をうかがった。(2014/7/9)

松岡功の時事日想:
「IoT」時代に企業が準備すべきことは何か
あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT(Internet of Things)」時代が到来しようとしている。この動きをビジネスに取り込むために、企業が準備すべきことは何か。(2014/5/7)

世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる:
「持続可能なしくみ」にはお金が必要
自分の「やりたいこと」を実現、持続させるためにはお金が必要です。強い情熱を持っている人は、稼ぐことにも力を注ぎます。やりたいことを実現するためにいろいろ考えるほうが、結果的に成功率は上がるのです。(2014/3/19)

肉食の皆さん、GWの予定が決まりましたよ! 全国の肉料理が集う「肉フェス」開催
好きな色は肉の赤色と焼きの茶色です。(2014/3/17)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
「山崎製パン」が自社トラックを持っているのはなぜか
高速道路で立ち往生している人に、トラックの荷台に積んでいたパンを配った――。山崎製パンのドライバーが話題になりましたが、そもそも同社はなぜ自社トラックを所有しているのでしょうか。今回はその謎に迫ってみました。(2014/2/26)

製造マネジメントニュース:
田植え作業を“カイゼン”!? 農業に生きる製造業ノウハウ――富士通
富士通は農業向け基幹システム“Akisai”や、同社の植物工場、施設園芸への取り組みを総括。農作業の“見える化”などにより、農業経営を支援していく方針を示した。(2014/1/22)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(3):
「もうダメだ!」と思ったとき、誰が助けてくれた? ユーグレナの社長に聞く
体長0.1ミリ以下で、藻の一種である単細胞生物。人間の目には見えないミドリムシを増やすことに成功したユーグレナの出雲充社長は、創業当時どんなことを考えていたのだろうか。(2014/1/8)

世界の人口が100億人になったら地球はどうなる?
増加している人口が100億人になったとき、社会はいったいどうなるのか? 現代社会が抱えるさまざまな問題を書籍『世界がもし100億人になったなら』から取り上げる。(2013/12/3)

クーポンをもらえて、寄付――ケンタッキーフライドチキンがユニークな試み
日本ケンタッキー・フライド・チキンが、ちょっとユニークなキャンペーンを展開している。キャンペーン名は「自分も美味しい、みんなも美味しい。『ハートフル・クリスマス』」で、期間は11月18日から12月20日まで。(2013/11/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。