ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食糧問題」最新記事一覧

関連キーワード

食器用洗剤で野菜を洗うのはアリだった? 食器用洗剤の注意書きがネットで話題に 花王「何ら問題ありません」
意外と気付かないものですね。(2016/11/17)

バイオプラスチック:
漆の美しさを備えたバイオプラスチックを開発、射出成型で量産可能に
NECは、京都工繊や漆芸家の下出祐太郎氏と共同で、伝統工芸の漆器が持つ独特の美しい漆黒を実現したバイオプラスチックを開発した。今後、材料メーカーなどと提携し漆風素材の量産や普及を目指す。(2016/8/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
夕張市がJR北海道に「鉄道廃止」を提案した理由
JR北海道が今秋に向けて「鉄道維持困難路線」を選定する中、夕張市が先手を打った。市内唯一の鉄道路線「石勝線夕張支線」の廃止提案だ。鉄道維持を唱える人々は「鉄道がない地域は衰退する」「バス転換しても容易に廃止される」という。夕張市の選択はその「常識」を疑うきっかけになる。(2016/8/12)

事例に学ぶ、地方創生最前線:
災害が多い国に学ぶ、倒れても立ちあがる「復活力」
日本とアイスランドには共通点が多い。島国であり、それぞれ暖流と寒流がぶつかる漁場に面しているため、漁業が非常に盛んだ。また噴火や地震も多いが、アイスランドは災害に対してどのように向き合っているのだろうか。(2016/4/22)

「BUFFALO」のメルコ、「流水麺」のシマダヤを関連会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコが「流水麺」などの老舗の製麺会社シマダヤを関連会社化。(2016/4/15)

自然エネルギー:
電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別では大分県が1位
全国各地で再生可能エネルギーの導入量が拡大して、地域ごとの電力自給率が上昇している。自給率が100%を突破した市町村は2015年3月末の時点で100カ所に達した。都道府県別では地熱が豊富な大分県が38%でトップを走り、続いて秋田県でも30%を超える自給率になっている。(2016/4/11)

「22時を過ぎても貸し切り客が来ない……」深夜にパスタ店が悲しいツイート → みんなのお腹を満たすほっこりな結末に
みんな大人な対応でした。(2016/2/29)

おにぎりを作って食べると、アジア・アフリカの子どもたちにあたたかな給食が届く
おにぎりが世界を救う。(2015/9/17)

【閲覧注意】採りたてのセミをみんなでおいしくいただく! 謎の人気イベント「セミ会」に参加してきた!
虫は苦手だけど、ちょっぴり人生変わった。(2015/8/25)

【閲覧注意】サクサクポリポリ カンボジアで「虫料理」をおいしく食べてみた
スナック感覚の食感でした。(2015/8/19)

「玉音放送」原盤の音声ファイル、宮内庁が初公開
宮内庁は、昭和天皇がラジオを通じて国民に終戦を告げた、いわゆる「玉音放送」の原盤の音声ファイル初めて公開した。(2015/8/3)

家電業界の孫正義?:
「R2-D2」と登場した業界の革命児 これがハイアールの目指す新時代の家電だ
「新しい価値の提供」を注力するハイアールアジアの伊藤社長が、新製品を発表。映画「スター・ウォーズ」に登場する「R2-D2」型の冷蔵庫もお披露目された。(2015/6/2)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

宇宙ビジネスの新潮流:
21世紀の農業革新を起こせ 衛星技術ベンチャーの参入相次ぐ
今後世界が直面する食糧問題の解決に向けて、宇宙衛星技術を使った農業の変革が進められている。その最前線の動きを紹介したい。(2015/5/2)

もし「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」が飲めなくなったら……:
「お〜いお茶」伊藤園グループが急いだ“情報共有基盤とBCP”の必要性
食の安全性から企業の存続価値をたどると、改めて企業のIT基盤や「事業継続計画」の重要性につながる。「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」ブランドを抱える伊藤園グループが「Office 365」でグループ間で統一した社内情報共有基盤の構築を急いだ理由とは。(2015/4/14)

業界シェア2位「Pasco」のパンが国産小麦を使うワケ
普段食べている「Pasco」の食パンに込められたさまざまな思いとは。(2015/1/29)

世界を「数字」で回してみよう(8):
「環境問題」とは結局何なのか(前編)〜勝算不明の戦いに挑む意義〜
地球環境問題というのは、身近な問題のようでいて意外と当事者意識をイメージしにくいものです。それでも、環境問題は何十年も前から提起され、国レベル、世界レベルで規制や対応が検討されてきました。今回は、実際に数字を回す前に、プロローグとして“環境問題とは結局何なのか”、ということを筆者なりに考えてみたいと思います。(2014/11/12)

11月22日(土)全国公開:
PR:映画『インターステラー』から見える、地球の未来と宇宙への挑戦の今
食糧が枯渇し、地球上に住めなくなった人類は、宇宙に活路を見いだす――11月22日に全国公開される映画『インターステラー』は、そんな“少し未来の地球”を描いた作品だ。映画で描かれたようなことは本当に地球上で起きているのか? また、宇宙の探索はどこまで進んでいるのか? 実際に惑星探査に携わる東京大学の宮本英昭准教授と、映画ライターの新谷里映さんに、「地球の今と宇宙への挑戦」と、映画『インターステラー』について聞いていこう。(2014/11/4)

“カイゼン”と“ビッグデータ”を稲作へ:
トヨタ流米作りで“ニッポン農業”を強く、元気に
トヨタ自動車が新境地に挑む。農業分野にカイゼン活動を持ち込むとともに、クラウドとビッグデータを駆使した稲作支援サービスを開発。早くも劇的な成果が出ているという。(2014/10/10)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
YKKのファスナーが、他社に追随されない理由
洋服やカバンのファスナーを手にしたとき、「YKK」というロゴを見たことがある人も多いのでは。YKKファスナーの世界シェアは45%とも言われていますが、なぜそんなに数値を維持できるのでしょうか。その理由は……。(2014/10/3)

普通の女子高生が「難民」に? 社会と大人のあり方を問う
「ダメな子」とレッテルを貼られ、街を徘徊する女子高生たちを救う道標とは。女子高校生サポートセンターColabo代表の仁藤夢乃さんの著書を紹介します。(2014/9/25)

日本酒にベビーリーフ:
農業を支えるクラウドで「日本品質」を世界に
2008年ごろから食・農分野に本格的に参入した富士通は、現在数百社に対してクラウドサービス「Akisai」を提供する。そこから得られた知見を基に、日本の農業品質のさらなる向上を図る。(2014/9/10)

世界を「数字」で回してみよう(5):
“電力大余剰時代”は来るのか(後編) 〜原発再稼働に走る真の意図〜
前編で、「日本では、あと十数年もすれば“電力が余る時代”が到来する」という結論に至りました。ではなぜ、政府はあれほどまでに原子力発電所を再稼働させたがっているのでしょうか。その真の意図を読み解くキーワードは「オイルショック」であると、考えられます。(2014/9/5)

製造マネジメントニュース:
JFEエンジニアリング、北海道苫小牧市に「スマートアグリプラント」を完成
天然ガスをエネルギー源とするガスエンジン・トリジェネレーションシステムに、提携先のオランダPrivaの高度栽培制御システムを組み合わせて、栽培に最適な環境をつくる。(2014/8/28)

製造マネジメントニュース:
パナソニックがシンガポール初の屋内型植物工場稼働――食料自給率向上に貢献
パナソニックファクトリーソリューションズ アジアパシフィックはシンガポールで初めての野菜工場を稼働したことを発表した。生産した野菜は、シンガポール国内で飲食店チェーン展開する大戸屋に提供するという。(2014/8/26)

仕事をしたら“軽油”ができそう(前編):
ミドリムシがクルマを走らせる? “夢の燃料”ができる日
いすゞ自動車とユーグレナが共同で、次世代の燃料開発を始めるという。ミドリムシの油を使ってクルマを動かすということだが、どのような研究を行うのだろうか。ユーグレナでミドリムシのことを研究している鈴木健吾さんに話をうかがった。(2014/7/9)

松岡功の時事日想:
「IoT」時代に企業が準備すべきことは何か
あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT(Internet of Things)」時代が到来しようとしている。この動きをビジネスに取り込むために、企業が準備すべきことは何か。(2014/5/7)

世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる:
「持続可能なしくみ」にはお金が必要
自分の「やりたいこと」を実現、持続させるためにはお金が必要です。強い情熱を持っている人は、稼ぐことにも力を注ぎます。やりたいことを実現するためにいろいろ考えるほうが、結果的に成功率は上がるのです。(2014/3/19)

肉食の皆さん、GWの予定が決まりましたよ! 全国の肉料理が集う「肉フェス」開催
好きな色は肉の赤色と焼きの茶色です。(2014/3/17)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
「山崎製パン」が自社トラックを持っているのはなぜか
高速道路で立ち往生している人に、トラックの荷台に積んでいたパンを配った――。山崎製パンのドライバーが話題になりましたが、そもそも同社はなぜ自社トラックを所有しているのでしょうか。今回はその謎に迫ってみました。(2014/2/26)

製造マネジメントニュース:
田植え作業を“カイゼン”!? 農業に生きる製造業ノウハウ――富士通
富士通は農業向け基幹システム“Akisai”や、同社の植物工場、施設園芸への取り組みを総括。農作業の“見える化”などにより、農業経営を支援していく方針を示した。(2014/1/22)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(3):
「もうダメだ!」と思ったとき、誰が助けてくれた? ユーグレナの社長に聞く
体長0.1ミリ以下で、藻の一種である単細胞生物。人間の目には見えないミドリムシを増やすことに成功したユーグレナの出雲充社長は、創業当時どんなことを考えていたのだろうか。(2014/1/8)

世界の人口が100億人になったら地球はどうなる?
増加している人口が100億人になったとき、社会はいったいどうなるのか? 現代社会が抱えるさまざまな問題を書籍『世界がもし100億人になったなら』から取り上げる。(2013/12/3)

クーポンをもらえて、寄付――ケンタッキーフライドチキンがユニークな試み
日本ケンタッキー・フライド・チキンが、ちょっとユニークなキャンペーンを展開している。キャンペーン名は「自分も美味しい、みんなも美味しい。『ハートフル・クリスマス』」で、期間は11月18日から12月20日まで。(2013/11/18)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2013:
社会の持続的成長の実現にICTのチカラを――NEC遠藤社長が講演
NECの「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2013」が開幕。遠藤信博社長が「社会ソリューション事業」への意欲を語った。(2013/11/14)

ロボット×モーション制御×エネルギー変換:
3つのモノづくり技術で「次世代植物工場システム」を実現――安川電機が2016年に事業化
安川電機は、中期経営計画「Realize 100」で掲げる新規事業創出の一環として、第一次産業領域への市場拡大を狙い「次世代植物工場システム」の研究開発に着手。2015年の創立100周年に向けて研究開発を加速させ、2016年よりシステム販売事業をスタートさせる計画だ。(2013/10/10)

CEATEC 2013:
CEATEC JAPANに見る農業の未来、「モノづくり」としての農業にご注目!
最先端IT・エレクトロニクスの展示会である「CEATEC JAPAN」だが、自動車や新エネルギー関連の出展の陰でひそかに増えているのが農業関連ソリューションだ。TPPなどで農業強化に注目が集まる中、IT・エレクトロニクスは農業を救えるのか。CEATEC JAPANでの農業関連の出展を紹介する。(2013/10/7)

製造ITニュース:
「植物工場」はシャープの目指す「違う未来」になりうるのか――中東で実証実験
シャープは、UAEのドバイでイチゴ植物工場の実証実験を開始した。シャープの持つLED照明やプラズマクラスター技術、光制御技術などを用い、2015年までに「植物工場」の事業化を検証する。(2013/9/25)

時代の変化に合った働き方:
上場は考えず、非正規雇用全廃。牧場経営へ――異端のIT企業家、リンク岡田元治社長に聞く
株式は公開しない。正規雇用を守る。リンクの岡田社長は「当たり前のことをやれば、自然かつシンプルに『やるべきこと』が見えて来る」と話す。(2013/9/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/28)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(1):
英語だけではダメ? 海外で活躍するために必要なこと――田村耕太郎さんの話
「グロバール化に対応するために、英語を勉強しなくては」と考えている人も多いだろう。ビジネスパーソンにとって英語力アップは大きな武器になると思うが、本当にそれだけでいいのだろうか。海外事情に詳しい識者に、グローバル人材になるための方法を聞いた。(2013/7/10)

閲覧注意:
かっぱえびせんみたいな味……サソリパスタを昆虫食女子と食べに行ってきた
グロい見た目にひるむことなく実食。果たしてお味は……。(2013/7/2)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(3):
先進国にとっての労働は「暇つぶし」なのか
モノ余りの時代、必要とされるサービスは先進国ではほぼ提供されている。人々は何のために「働く」のか。労働の意味とは何か。一方でまだ残る貧困をどう解決していけるのか。(2013/6/24)

製造ITニュース「植物工場・スマートアグリ展」:
野菜の工場生産本格稼働へ――成否のカギは出口戦略と製造マネジメント
天候の影響などを受けやすい農業において、工場で環境を徹底管理して生産する植物工場が注目を集めている。既に技術的には実現可能となっているが、その鍵を握るのが出口戦略と製造マネジメントだ。2013年5月29〜31日に開催された植物工場・スマートアグリ展で関係者の話を聞いた。(2013/5/31)

昆虫を食料に 国連食糧農業機関が報告書
昆虫は栄養豊富で、ポテンシャルは大きいと国連食糧農業機関は期待をかける。(2013/5/14)

日本の「水」に忍び寄る危機の本質とは?
日本の水問題について執筆活動を行ってきたジャーナリスト、橋本淳司にインタビューを行った。(2013/3/5)

ミドリムシ入り合格祈願スイーツ「受験に勝トーショコラ」発売
東大スイーツ同好会が開発に協力した。(2013/2/6)

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(後編):
本当に? ミドリムシで飛行機が飛ぶ日
「ミドリムシを使って飛行機を飛ばす」――。そう聞いても「信じられない」と思う人も多いのでは。ミドリムシの大量生産に成功したユーグレナと大企業が共同研究を始めていて、数年以内にミドリムシの油を使って飛行機が飛ぶ日がやって来るかもしれないのだ。(2013/1/30)

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(前編):
ミドリムシが世界を救う? そんな時代がやって来るかもしれない
「ミドリムシ」と聞いて、どんなことを想像するだろうか。「青虫」「ミトコンドリア」などを思い浮かべる人も多いのでは。ミドリムシを増やして、地球そして人類を救おうとしている会社がある。その名は「ユーグレナ」。社長の出雲充氏に話を聞いた。(2013/1/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「豆と油で生まれ変わる! からだキレイダイエット」は哲学的な本なのである
現実生活の中で、食の問題は占める位置が大きくまたプライオリティも高い。その大切な食について考えてほしい。(2013/1/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。