ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外食」最新記事一覧

産業用ロボット:
吉野家やロイヤルなどが協調ロボットを導入
ライフロボティクスが協調ロボット「CORO」の導入先を公開した。導入先はトヨタ自動車、オムロン、吉野家、ロイヤルなどで、自動車から電子機器、外食・食品と多岐にわたっている。(2016/5/20)

外食チェーン二極化 「牛丼より安い」豚丼VS. 高価格路線のハンバーガー
大手外食チェーンの価格戦略が二極化してきた。吉野家など牛丼チェーン各社は低価格に重点を置く一方、日本マクドナルドなどハンバーガーチェーン各社は高価格帯商品の拡充に軸足を移している。(2016/5/11)

電気料金の新プラン検証シリーズ(30):
「グリーン」を目指すワタミ、狙いは高齢者世帯――電源の3割はFIT電気
外食チェーンなどを展開するワタミグループは、家庭向け電力小売事業に参入することを発表した。2016年3月から受け付けを開始し2016年5月から電力の供給を開始する。(2016/3/28)

白米と比べて何が良いの? 玄米と雑穀米の違いとは
外食で「玄米と雑穀米もありますがどちらにしますか」と聞かれたら……そもそも白米との違いはなんでしょうか?(2016/3/5)

ブルーボトルやシェイクシャックも進出:
“日本初上陸ブーム”に沸いた2015年外食業界 なぜ大行列できる?
2015年は海外から日本に初進出する外食店のラッシュだった。さらにオープンから長期間にわたって連日のように行列が続く店も少なくなかった。なぜそこまで人々が集まるのだろうか。(2016/1/26)

電力供給サービス:
東京電力がガス会社と3社目の提携、セット販売で攻めと守り
1月から家庭・商店向けの契約変更の受付が始まるのを前に、東京電力がガス会社との販売提携を加速させている。神奈川県を中心にLPガスと宅配水を供給するレモンガスと新たに提携関係を結んだ。LPガスを利用する30万世帯の家庭と900店舗の外食チェーンに電力と宅配水をセットで販売する。(2015/12/25)

店内用は10%:
持ち帰りを店内で食べたらどうなる? 軽減税率導入で戸惑い
平成29年4月の消費税増税時に導入される軽減税率が適用される飲食料品と、適用されない「外食」との線引き案がほぼまとまった。関係業界では戸惑いや不満の声が少なくない。収益環境に影響を及ぼすと懸念する声も出ている。(2015/12/17)

日本一ハンバーガーを食べているのはあの県のあの市です!
日本全国、ハンバーガーはどの都道府県、どの都市で多く消費されているのでしょうか? 外食のハンバーガーについて統計データを元に、ランキング結果をチェック。(2015/12/12)

外食チェーン大手のIT戦略:
ケンタッキーFCが“ネット注文システム”を導入した理由
外食大手のケンタッキーがネットオーダーシステムを導入した。「え、今までなかったの?」と思われる方もいるかもしれないが、外食産業でネット予約注文に対応している企業は意外と少ない。このシステムが同社の“クリスマス商戦”を支えるのだという。(2015/12/11)

ワタミ、今期営業益はゼロに 外食・宅食とも不振続く
ワタミが16年3月期通期の連結業績予想を修正し、13億円の黒字を見込んでいた営業損益はゼロになる見通しに。(2015/11/11)

ワタミ復活のために求められる「理念経営」との訣別
外食チェーン大手のワタミは、2015年4〜6月期の連結決算を発表しました。発表された連結決算を見ると赤字幅が拡大し、大変厳しい結果となっています。このような状況のもとで、ワタミの復活は本当に可能なのでしょうか?(2015/9/14)

成長に伴うシステム拡張を柔軟に
すかいらーくのデータセンター運用、10年先まで見据えたファシリティ設計とは?
企業の心臓部であり頭脳でもあるデータセンター。日々の運用を円滑に行う一方、事業の成長に伴うシステムの拡張にいかに備えるかは多くの企業に共通する課題だ。外食産業大手すかいらーくの事例に学ぶ。(2015/9/3)

胸の内:
丸亀製麺の創業者が語る、「世界トップ10入り」の青写真
「丸亀製麺」を運営するトリドールが、外食産業「世界トップ10入り」を目指して、今後の方針を明らかにした。創業者の粟田貴也社長は、どのような構想を描いているのか。(2015/7/30)

夏はすぐそこ! メタボのあなたに贈る外食で選ぶべきメニュー3選
健康管理の基本は自炊ですが、料理が作れない、料理をする時間がない人のために今日は外食で選ぶべきおすすめメニューをご紹介いたします。(2015/6/16)

ワタミの外食事業、既存店売上高10.8%減 客数も減少続く
ワタミが5月の事業実績を発表。居酒屋チェーンを主力とする外食事業は長らくマイナス成長が続いている。(2015/6/10)

15年3月期決算:
“ブラック企業”問題も影響 ワタミ創業初の営業赤字 最終損失は126億円に
主力の国内外食事業を中心に業績不振が続くワタミ。2015年3月期通期の決算は大幅な減益など厳しい結果となった。(2015/5/13)

好調続く:
サイゼリヤが業績を上方修正 15年8月期は純利益34億円に
外食チェーンのサイゼリヤが2015年8月期 第2四半期決算を発表。併せて通期業績予想を上方修正した。(2015/4/8)

タコスの「タコベル」、日本再出店へ 外食企業がフランチャイズ契約を発表
タコスなどで知られるファストフードチェーン「Taco Bell」(タコベル)が日本に出店する見通しに。「牛角」店舗などを運営するアスラポート・ダイニングが国内出店に向けたフランチャイズ契約を結んだ。(2015/2/26)

「すかいらーく」がデータ分析基盤を刷新したワケ
成熟しつつある外食産業でどう売り上げを伸ばすか。各社、プレミアム路線や新業態への進出などさまざまな施策を展開しているが、すかいらーくはデータ分析でマーケティングの効果を向上させようとしている。そんな同社が導入したデータ分析基盤とは。(2015/2/26)

顧客データの質/量ともに充実へ:
ブレインパッド、すかいらーくのビッグデータ分析基盤に「SAP InfiniteInsight」を導入
データ分析事業を手掛けるブレインパッドとSAPジャパンは2月18日、外食大手のすかいらーくにデータマイニング・ソフトウェア「SAP InfiniteInsight」を導入したことを発表した。顧客データを解析し、各種キャンペーンやクーポン施策の精度の向上と効率化を図る狙い。(2015/2/19)

中国、香港、シンガポールに新規出店:
サイゼリヤ、9月〜11月期経常利益は50.3%増 海外店舗が好調
外食チェーンのサイゼリヤが連結決算を発表。2014年9月〜11月期は新規出店や商品力強化などで大幅に売り上げを伸ばした。(2015/1/13)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)年間の延べ客数4億人それぞれのニーズをつかむ――すかいらーく
「イートイン」「デリバリー」「テイクアウト」という3つのチャネルで外食事業を展開するすかいらーく。1人ひとりの顧客のニーズに合わせた形でさまざまなチャネルに接してもらうためにも、デジタル技術の積極的な活用が鍵になる。同社 マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター 神谷勇樹氏に話を聞いた。(2014/12/15)

2014年の外食トレンドで、最も注目されたのは?
2014年の外食トレンドで、あなたが最も注目したものはなんですか? グルメサイト『食べログ』に登録しているユーザーに聞いたところ……。(2014/12/8)

外食産業の識者に聞く:
コロワイドの「かっぱ寿司」買収に学ぶ低価格路線の限界
「牛角」などをチェーン展開するコロワイドが、「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトHDに仕掛けた企業買収。これをきっかけに外食産業の業界再編が大きく進む可能性もある。(2014/10/29)

朝または夜に外食する人は、約半数が新卒時より「太った」
独身の働く男女で、規則正しい食事がとれている人はどのくらいいるのだろうか。20〜35歳の独身男女に聞いた。オウチーノ総研調べ。(2014/10/20)

NEC、外食/製造現場作業向けの堅牢Androidタブレット「AGT10」
NECは、各種業務現場向けとなるAndroid搭載10.1型タブレット端末「AGT10」を発表した。(2014/9/11)

仕事をしたら“うどん”のことが見えてきた(後編):
次のブームは? “変わりうどん”が流行る日
うどんの本場「香川県」から大手外食チェーン店が生まれていないが、ラーメン業界はどうなのか。香川大学大学院の高木准教授に話を聞いたところ、意外な事実が。それは……。(2014/9/3)

ネット予約が急増、悩む飲食店:
iPadレジで「予約革命」──外食産業「実はIT化が重荷」なぜ?
リクルートのモバイルPOSレジアプリ「Airレジ」の利用者が増えている。ターゲットは外食店など「実は、IT化が重荷な部分もある」と考える各種サービス業の店舗。なぜ、外食産業はIT化で悩んでいるのか(2014/8/29)

コンビニ食続きでも太りにくい「食べ順」ダイエット
不規則な生活や外食が増えると気になる体重。でも、食べ方を少し変えるだけで体重の増加は抑えられるかも。(2014/5/29)

SNS積極派は「外食・グルメ」への関心が強い
SNSで情報発信を“積極的に行っている人”と“それ以外の人”で、「食事」に関する考え方にどのような違いがあるのだろうか。カカクコム調べ。(2014/5/27)

「食べログ」ユーザーに聞く――増税後、外食費はどうなった?
4月に消費税が5%から8%に増税されたが、増税後に外食費を減らした人はどのくらいいるのだろうか。カカクコム調べ。(2014/4/28)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「外食産業の社会的地位向上」という理念のもと、永遠に成長し続ける組織を作る
会社は社会の公器。全国にチェーン展開をして規模を拡大することで、社会に貢献できる。大きくするために必要な組織のありかた、そして人材とは。(2014/4/25)

「干し草の中から針を探すような作業」を効率化
従業員による盗難防止にビッグデータ活用、そんな企業が増えている
小売業者などでは、現金や商品の盗難/紛失の問題が発生することがある。ある外食企業では、ビッグデータマイニングを活用し、この問題に対応している。(2014/2/26)

五感を使った通信が可能に
株価の変動を指先で感じる時代に? 金融業界も注目するウェアラブル端末
触角や嗅覚など五感を使うことで、人間はより多くの情報を処理できる。近年の技術の発達により、そんな近未来的な世界が現実味を帯びてきた。金融や外食、医療などさまざまな業界が関心を示している。(2013/12/4)

グルメサイトで“おいしい店”、見つけたことがありますか
外食をしたいなあと思ったとき、情報はどこから仕入れているのだろうか。10〜30代の男女に聞いたところ「普通の身の回りの知人・友人」と答えた人が最も多かった。リビジェン調べ。(2013/10/9)

文藝春秋、『中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド』の電子書籍版を発売
文藝春秋が、『中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド』(『週刊文春』特別取材班 著)の電子書籍版を発売した。(2013/9/19)

導入事例:
ミスタードーナツ、外食向けクラウドサービスとタブレットで店舗運営の評価時間を半減
ダスキンは同社の「ミスタードーナツ」事業において、NECのソリューションを活用した「Q.S.C.管理システム」を導入した。(2013/7/9)

メタボ体型が気になるビジネスマンのための外食術
どうしても外食が多くなってしまい、体型に気を使うのが難しい独り暮らしの男性。そんな方にお勧めの、外食時や酒席で使えるカロリー&糖質量オフのコツを紹介します。(2013/5/23)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本で培った力を生かす 外食産業のアジア市場進出における成功要因
「クールジャパン」が象徴するように、日本の文化が海外に広まりつつある。日本食も一つのブームとして、海外にビジネスを展開する日本の外食企業は増加しつつある。中でも近年ホットなのが、アジア市場である。(2013/5/20)

主婦に聞く、平日の外食ランチはどんな店に行く?
外食ランチの際、周りに合わせて予算オーバーのメニューを注目したことがある主婦はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の主婦に聞いたところ「見栄をはったことがある」と答えた人は24.2%だった。ドゥ・ハウス調べ。(2013/2/14)

自然エネルギー:
3台の風車でグループ全体の10%の電力を発電、2号機と3号機が稼働開始へ
外食大手のワタミは風力発電事業を手掛ける企業と連携し、再生可能エネルギー市場を推し進めていく。現在建設中の2台の風力発電機の事業に、出資、資金貸付という形で事業に参画する。(2013/2/13)

「外食」の予算はいくら? 男性の「内食」化が進む
あなたはランチに行くとき、どんなお店に行きますか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「定食屋・食堂」「社食」が同率でトップであることが分かった。ロイヤリティ マーケティング調べ。(2013/1/25)

Kinect for Windowsセンサーを活用:
有楽町ワイン倶楽部で、インタラクティブサイネージの実証実験を展開
大手外食企業とIT企業などが参加するオープン・フードサービス・システム・コンソーシアム(OFSC)のセールスプロモーション分科会は、ダイナックが運営する有楽町ワイン倶楽部で、インタラクティブデジタルサイネージの実証実験を開始している。(2012/12/21)

1カ月に、自由に使えるお金はいくら?
あなたは自由に使えるお金を何に使っていますか? 全国の男女に聞いたところ「外食」と答えた人が最も多く、次いで「書籍、雑誌、新聞代」だった。マイボイスコム調べ。(2012/11/7)

App Town フード/ドリンク:
“ランチ情報”を共有するソーシャルグルメアプリ「みんなのランチ」
ランチ情報に限定した外食情報を投稿し、コメントしあうことのできるソーシャルグルメアプリがD2Cから登場。店舗検索機能等も充実している。(2012/10/17)

自然エネルギー:
使用済み食用油で電力を、外食企業が運用開始
外食チェーン店などを経営するプレナスは、店舗から回収した使用済み食用油を改質し、バイオマス燃料の一種「バイオディーゼル燃料」として発電などに利用する。(2012/10/11)

スマートデバイス導入のお悩み相談室:
オーダーシステム以外の使い道ってあるの? 外食産業でiPad導入
スマートデバイスは飲食業ではどのような使い方が考えられるのか? オーダーシステムの置き換えや店舗チェック時のフロー、社員育成など、活用事例を聞きました。(2012/9/6)

ローソンの海外物語(中国編):
お弁当が売れない? お茶が売れない? 中国のランチ事情
平日のランチといえば、外食をしたり、コンビニの弁当を買うという人が多いだろう。ところでお隣の中国ではどのような形で食べているのだろうか。「温かいモノでないと食べない」という人が多いようだが……。(2012/6/27)

被災や節電の影響で、外食市場は2年ぶりに縮小
日本フードサービス協会は1月25日、全業態トータルの年間の全店売上高は前年比1.2%減と、2年ぶりに減少したと発表した。東日本大震災や、それに伴う節電や自粛などで、3月の売上高が前年同月比10.3%減と大きく落ち込んだことが影響したようだ。(2012/1/26)

マネージャーを“作業”から開放せよ:
SaaSとモバイルで進化する勤怠管理――店舗運営の“現場”が生んだ「DAIM」
全体的なシステム化が進めづらい人事労務管理。その理由のひとつは、業種や業態によってまちまちで複雑になりがちな「勤怠管理」にある。キズナジャパンが提供する「DAIM」は、外食チェーンでの社内開発から生まれた、多様な企業の労務管理ニーズに応えるサービスである。スマートデバイスやFeliCaとも連携可能で、初期導入コストの削減をはじめとする多様なメリットを実現する。(2012/1/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。