ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外食」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外食」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:カレー専門チェーンの壱番屋が働き方改革に本腰 人不足解消の秘策とは?
長らくパートやアルバイトが不足している外食産業。その中で少ないながらもスタッフが安定して勤めているのが、カレー専門店チェーン「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋だ。その働き方改革に迫った。(2018/5/17)

誰が飲んでいるのか?:
ハンバーガーチェーンで「ちょい飲み」が増えている理由
ちょい飲み客を獲得するために外食各社は知恵を絞っているが、ついにハンバーガーチェーンでも同様の動きが出てきた。その背景にあるのは?(2018/3/16)

「見下ろすためが、見下ろされる存在に」:
残るはあとわずか 消えゆく回転展望台
外食がまだぜいたくだった昭和30〜40年代、眺望を楽しみながら食事できることを売り物として、床が360度周回する「回転展望台」が次々に登場。だが現在、残るものはわずかになっている。(2018/3/6)

ボーナスも大盤振る舞い:
「休日を毎年3日ずつ増やす」 串カツ田中の狙い
高い離職率に悩まされてきた串カツ田中が新しい福利厚生策を導入する。「外食産業は待遇が悪くて離職率が高い」というイメージを払拭できるだろうか。(2018/2/23)

使いやすさを追求し、飲食店の全てを“ラク”にしたい:
PR:「外食」の時間をデータを活用してより良くする「ホットペッパーグルメ」の思想
私たち生活者にとって身近な「外食」。リクルートライフスタイルは、店舗のさまざまな業務負荷を軽減して本来の飲食サービスに力を注げるよう支援するとともに、データ解析を通じて、目的や嗜好(しこう)に最もぴったり合う店舗をネット予約できる仕組み作りに取り組んでいる。(2018/2/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?
韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。(2018/2/20)

加速度的に高まるニーズ:
外食産業最後のフロンティア? 急拡大するネット出前市場
自宅でゆっくり食事をしたいというニーズの高まりを受けて、ネット出前市場が拡大している。外食産業にとっては無視できない存在だ。(2018/2/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
厚生労働省が受動喫煙防止法案を骨抜きにする代替案の検討を開始するなど、同法案が事実上の廃案となる可能性が出てきた。飲食店の経営を守るというのが建前だが、一連の動きは、別な形で外食産業に影響を与える可能性がある。それはデリバリービジネスの急拡大である。(2017/12/28)

「Amazon Echo」に外食業界が注目 スシロー、すき家が注文予約サービス
音声アシスタント「Alexa」対応のスピーカー「Amazon Echo」に、スシローやすき家が対応。テークアウト商品の予約注文サービスを始める。(2017/11/10)

ゆうこす「SNSで夢を叶える」:
「SNS映え」がよく分からないビジネスパーソンの特効薬
「無添くら寿司」のような大衆的な外食店ですらも「インスタ映え」を意識するご時世。「ビジネスに生かせと言っても、SNS映えなんてよくわからないんだよな……」――そんな悩みを抱いている人の“特効薬”になるのが、ゆうこす「SNSで夢を叶える」だ。(2017/11/2)

小売・流通アナリストの視点:
24時間営業縮小から思う「地方創生」の真実
早朝深夜営業における人手不足などによって24時間営業の小売店や外食チェーンなどが減少している。そうした社会情勢と地方のつながりについて考えてみたい。(2017/10/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ高収益? 急成長する「ブロンコビリー」の戦略とは
ブロンコビリーが急成長を続けている。特筆すべきは利益率の高さで、外食企業ではトップクラスだ。成長性と高収益の秘訣(ひけつ)はどこにあるのだろうか。(2017/10/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不人気だった「ガスト」が再び成長している理由
安いだけでパッとしない店――。そう言われていたガストだが、近年の業績は好調だ。どのようなニーズに対応したことで、新たな顧客層を取り込んでいるのだろうか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/9/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
高級焼肉店「叙々苑」が飛躍できた理由
首都圏を中心に57店を展開する高級焼肉店の「叙々苑」。従来の焼肉店のイメージを覆してきたその軌跡を、外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/8/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調のサイゼリヤ 成長の理由は?
サイゼリヤの業績が好調だ。国内既存店の売上高は13カ月連続で前年同月比プラスとなった。成長要因について外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

宴会では7皿に1皿が食べ残し 農林水産省が飲食店等での「食べ残し」について注意喚起
廃棄される「食品ロス」を減らすため、外食での食べきりを促しています。(2017/5/19)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

過去最高益でも歩を止めず:
すかいらーくが出店拡大路線に転換する事情
2016年12月期通期で最終利益182億円と、過去最高益を更新した外食大手のすかいらーく。2017年からの3年間で約450の新規出店を目指すなど、出店を急加速させる。その狙いとは……?(2017/2/10)

スピン経済の歩き方:
「ロイホ24時間営業廃止」の正しい読み方
ファミレスの「ロイヤルホスト」が2017年1月までに24時間営業を廃止するという。大手マスコミは「外食産業の営業時間短縮は最新トレンド」といった感じで報じているが、ロイホの場合はちょっと違う。というのも……。(2016/11/22)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

サイドメニュー拡充の裏側:
牛丼も好調! くら寿司、“外食の何でも屋”を目指す
60〜70種類の本格的なサイドメニューを提供するくら寿司。「何屋さんか分からない」と言われることが多くなったが、実際同社は“外食の何でも屋”を目指しているという。(2016/11/14)

ワタミ、最終赤字は13億円 16年4〜9期 新業態で外食事業の立て直し急ぐ
業績不振の続く居酒屋チェーン・ワタミが2016年4〜9月期の連結決算を発表。最終損益は13億5600万円の赤字に。専門性をもった新業態チェーンで国内外食事業の立て直しを急ぐ。(2016/11/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“超長寿業態” 日本初のビヤホール「銀座ライオン」の歴史をひも解く
首都圏に38店、全国に63店を展開している老舗ビアホール「銀座ライオン」。流行(はや)り廃りが激しい外食業界の中で世代を越えて愛好される、超長寿業態となっているその秘訣、歴史をひも解く。(2016/11/9)

外食大手コロワイド、フレッシュネスバーガーを買収 ファストフード事業に参入
外食大手のコロワイドと連結子会社のレインズインターナショナルが、ハンバーガーチェーン事業「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」を買収する。同グループファストフード事業参入は初めて。(2016/10/14)

電力供給サービス:
ワタミが「仮想発電所」を構築、宅配営業所に蓄電池導入
日本国内で「仮想発電所」を構築する実証試験が相次いで始まっている。このほど外食大手のワタミの子会社であるワタミファーム&エナジーも実証を開始した。同社の営業所に蓄電池を設置し、遠隔制御により需給調整などに活用する。(2016/9/12)

来週話題になるハナシ:
米マクドが復活の兆し! 外食産業が注目する「朝食」事情
米国で「朝食戦争」が勃発している。ファストフードチェーンやレストランなどが、次々と新しい朝食メニューを投入し、顧客の争奪戦を繰り広げている。このトレンドの波にうまく乗っているのが、マクドナルドだ。(2016/7/29)

外食で痩せる!:大戸屋の「四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食」
(2016/7/14)

外食で痩せる!:疲労回復には大戸屋の「ミニ野菜の黒酢あん」
(2016/7/13)

外食で痩せる!:夏もアツアツ 東京スンドゥブの「ヘルシースンドゥブ」
(2016/7/12)

外食で痩せる!:バーミヤン「たっぷり野菜の7品目冷やし中華」
(2016/7/11)

外食で痩せる!:バーミヤンの「豆腐のバンバンジーサラダ」
(2016/7/10)

外食で痩せる!:ジョナサン「12品目とれる彩りバランスサラダ」
(2016/7/9)

外食で痩せる!:ココスの「十三穀米と豆腐ハンバーグのプレートランチ」
(2016/7/8)

外食で痩せる!:ロッテリアの「デニッシュベジタブルサンド」
(2016/7/7)

外食で痩せる!:ファーストキッチン「豆乳クラムチャウダー」
(2016/7/6)

外食で痩せる!:モスバーガーの「ソイパティ ハンバーガー」
(2016/7/5)

外食で痩せる!:モスの「ライスバーガー 彩り野菜のきんぴら」
(2016/7/4)

外食で痩せる!:びっくりドンキーの「ゆずおろしポンバーグステーキ」
(2016/7/3)

外食で痩せる!:ジョイフル「よくばりうどん」はよくばりなのに低カロリー
(2016/7/2)

外食で痩せる!:パスタなのに低カロリー ジョイフルの「明太おろしスパゲティ」
(2016/7/1)

外食で痩せる!:ジョイフルの「豚肉と4種類のポン酢かけ定食」
(2016/6/30)

外食で痩せる!:具だくさんでカラダに優しい「ジョイフル雑炊」
(2016/6/29)

外食で痩せる!:ロイヤルホストのアサイー&ヨーグルトモーニング
(2016/6/28)

外食で痩せる!:ボリュームたっぷり 上島珈琲店の「海老アボカドサンド」
(2016/6/27)

外食で痩せる!:魚介たっぷり サイゼリヤの「地中海風ピラフのオーブン焼き」
(2016/6/26)

外食で痩せる!:ボリューム抜群 ガストのきのこ雑炊
(2016/6/25)

外食で痩せる!:大戸屋「手造り豆腐のトロトロ煮定食」
(2016/6/24)

外食で痩せる!:ダイエット中でもOK 安楽亭の牛上ミノ味噌ダレ
(2016/6/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。