ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外食」最新記事一覧

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業績好調のサイゼリヤ 成長の理由は?
サイゼリヤの業績が好調だ。国内既存店の売上高は13カ月連続で前年同月比プラスとなった。成長要因について外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

宴会では7皿に1皿が食べ残し 農林水産省が飲食店等での「食べ残し」について注意喚起
廃棄される「食品ロス」を減らすため、外食での食べきりを促しています。(2017/5/19)

日本の外食、アジア進出を活発化 中間・富裕層取り込み、頭打ちの国内カバー
日本の外食産業によるアジア進出が活発化している。経済成長に伴う中間所得層の増加に加え、日本食ブームが続いているのが理由だ。(2017/5/15)

全日空は荷物の搬出入、吉野家は食器洗浄を時短 ロボットが労働環境改善に貢献
物流や外食業界を中心に人手不足が深刻さを増すなか、ロボットベンチャーが労働環境の改善に貢献している。(2017/4/3)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

約110店舗が協力:
プレ金、独自のイベントやサービスで盛り上げ
月末金曜日の午後3時の早帰りを促し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」。流通や小売り、外食、旅行業界などは独自のイベントやサービスを企画し「プレ金」を盛り上げようとしている。(2017/2/21)

過去最高益でも歩を止めず:
すかいらーくが出店拡大路線に転換する事情
2016年12月期通期で最終利益182億円と、過去最高益を更新した外食大手のすかいらーく。2017年からの3年間で約450の新規出店を目指すなど、出店を急加速させる。その狙いとは……?(2017/2/10)

スピン経済の歩き方:
「ロイホ24時間営業廃止」の正しい読み方
ファミレスの「ロイヤルホスト」が2017年1月までに24時間営業を廃止するという。大手マスコミは「外食産業の営業時間短縮は最新トレンド」といった感じで報じているが、ロイホの場合はちょっと違う。というのも……。(2016/11/22)

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表
若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。(2016/11/15)

サイドメニュー拡充の裏側:
牛丼も好調! くら寿司、“外食の何でも屋”を目指す
60〜70種類の本格的なサイドメニューを提供するくら寿司。「何屋さんか分からない」と言われることが多くなったが、実際同社は“外食の何でも屋”を目指しているという。(2016/11/14)

ワタミ、最終赤字は13億円 16年4〜9期 新業態で外食事業の立て直し急ぐ
業績不振の続く居酒屋チェーン・ワタミが2016年4〜9月期の連結決算を発表。最終損益は13億5600万円の赤字に。専門性をもった新業態チェーンで国内外食事業の立て直しを急ぐ。(2016/11/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“超長寿業態” 日本初のビヤホール「銀座ライオン」の歴史をひも解く
首都圏に38店、全国に63店を展開している老舗ビアホール「銀座ライオン」。流行(はや)り廃りが激しい外食業界の中で世代を越えて愛好される、超長寿業態となっているその秘訣、歴史をひも解く。(2016/11/9)

外食大手コロワイド、フレッシュネスバーガーを買収 ファストフード事業に参入
外食大手のコロワイドと連結子会社のレインズインターナショナルが、ハンバーガーチェーン事業「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」を買収する。同グループファストフード事業参入は初めて。(2016/10/14)

電力供給サービス:
ワタミが「仮想発電所」を構築、宅配営業所に蓄電池導入
日本国内で「仮想発電所」を構築する実証試験が相次いで始まっている。このほど外食大手のワタミの子会社であるワタミファーム&エナジーも実証を開始した。同社の営業所に蓄電池を設置し、遠隔制御により需給調整などに活用する。(2016/9/12)

来週話題になるハナシ:
米マクドが復活の兆し! 外食産業が注目する「朝食」事情
米国で「朝食戦争」が勃発している。ファストフードチェーンやレストランなどが、次々と新しい朝食メニューを投入し、顧客の争奪戦を繰り広げている。このトレンドの波にうまく乗っているのが、マクドナルドだ。(2016/7/29)

外食で痩せる!:大戸屋の「四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食」
(2016/7/14)

外食で痩せる!:疲労回復には大戸屋の「ミニ野菜の黒酢あん」
(2016/7/13)

外食で痩せる!:夏もアツアツ 東京スンドゥブの「ヘルシースンドゥブ」
(2016/7/12)

外食で痩せる!:バーミヤン「たっぷり野菜の7品目冷やし中華」
(2016/7/11)

外食で痩せる!:バーミヤンの「豆腐のバンバンジーサラダ」
(2016/7/10)

外食で痩せる!:ジョナサン「12品目とれる彩りバランスサラダ」
(2016/7/9)

外食で痩せる!:ココスの「十三穀米と豆腐ハンバーグのプレートランチ」
(2016/7/8)

外食で痩せる!:ロッテリアの「デニッシュベジタブルサンド」
(2016/7/7)

外食で痩せる!:ファーストキッチン「豆乳クラムチャウダー」
(2016/7/6)

外食で痩せる!:モスバーガーの「ソイパティ ハンバーガー」
(2016/7/5)

外食で痩せる!:モスの「ライスバーガー 彩り野菜のきんぴら」
(2016/7/4)

外食で痩せる!:びっくりドンキーの「ゆずおろしポンバーグステーキ」
(2016/7/3)

外食で痩せる!:ジョイフル「よくばりうどん」はよくばりなのに低カロリー
(2016/7/2)

外食で痩せる!:パスタなのに低カロリー ジョイフルの「明太おろしスパゲティ」
(2016/7/1)

外食で痩せる!:ジョイフルの「豚肉と4種類のポン酢かけ定食」
(2016/6/30)

外食で痩せる!:具だくさんでカラダに優しい「ジョイフル雑炊」
(2016/6/29)

外食で痩せる!:ロイヤルホストのアサイー&ヨーグルトモーニング
(2016/6/28)

外食で痩せる!:ボリュームたっぷり 上島珈琲店の「海老アボカドサンド」
(2016/6/27)

外食で痩せる!:魚介たっぷり サイゼリヤの「地中海風ピラフのオーブン焼き」
(2016/6/26)

外食で痩せる!:ボリューム抜群 ガストのきのこ雑炊
(2016/6/25)

外食で痩せる!:大戸屋「手造り豆腐のトロトロ煮定食」
(2016/6/24)

外食で痩せる!:ダイエット中でもOK 安楽亭の牛上ミノ味噌ダレ
(2016/6/23)

外食で痩せる!:赤身は味方 ジョナサン「国産牛の赤身ステーキ」
(2016/6/22)

外食で痩せる!:びっくりドンキーの「レギュラーバーグステーキ」
(2016/6/21)

外食で痩せる!:リンガーハットの「野菜たっぷり食べるスープ」
(2016/6/20)

外食で痩せる!:500kcal以下のペッパーハンバーグ
(2016/6/19)

外食で痩せる!:カレーが食べたいならココスの「タイカレー」
(2016/6/18)

外食で痩せる!:炭水化物ラバーに ココスの和風きのこスパゲッティ
(2016/6/17)

外食で痩せる!:デニーズの「彩り野菜のスープごはん」
(2016/6/16)

外食で痩せる!:サブウェイの「ローストビーフサンド」
(2016/6/15)

外食で痩せる!:ケンタッキーで食べるなら「カーネルクリスピー」
(2016/6/14)

外食で痩せる!:ロイヤルホストの「レンズ豆とチキンのグリル」
(2016/6/13)

外食で痩せる!:シャトレーゼの「やさしい糖質生活 どら焼き」
(2016/6/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。