ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FOXCONN」最新記事一覧

鴻海精密工業/Hon Hai Precision Industry

TSMCが米国に工場建設へ:
アジア系サプライヤーの対米投資、拡大の見込み
ドナルド・トランプ政権の政策により、米国において、TSMCやFoxconn Technology Groupなどアジア系サプライヤーの投資が増加すると見込まれている。(2017/3/24)

シャープ、賞与を最大8カ月分に 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分
シャープの戴社長は来年度のボーナスについて業績への貢献に応じ、8〜1カ月分を支給することを明らかにした。(2017/3/15)

「新生東芝」うたうも……:
「二部降格は覚悟している」東芝の危機的状況
東芝が危機的状況にある。東証一部から二部への降格はほぼ確実で、上場廃止の可能性も十分にある。原発事業の巨額損失を抱え、主力のメモリ事業を手放す必要に迫られている同社は、今後どのような生き残りの道を選ぶのか。(2017/3/15)

東芝どうなる 再建に外交の壁 半導体売却先は「日米連合が望ましい」
東芝の経営再建が日米両政府の関与によって難航する恐れが出てきた。(2017/3/10)

アブダビの出資確保が狙い?:
ソフトバンク、ARM株式の25%をファンドに売却か
Financial Timesによると、ソフトバンクが、ARMの株式の25%(約80億米ドルに相当)を、ソフトバンクが設立するファンドに売却する計画だという。アラブ首長国連邦アブダビ政府系の投資グループであるMubadalaから、同ファンドへの出資を確保することが狙いだとFinancial Timesは報じている。(2017/3/9)

自然エネルギー:
太陽光100%、アップル向け部材を製造
再生可能エネルギーを利用して企業を運営する。さらに最終製品の製造から利用、リサイクルまでを通じて、二酸化炭素排出量を最小限にとどめる。このようなプログラムを進める企業の1つが、米Appleだ。Apple向けの部品を製造するイビデンは、日本企業として初めて同プログラムに参加。太陽光発電で実現する。(2017/3/9)

ホンハイ傘下が強みに:
シャープ、PC事業に再参入か?
ホンハイ傘下のシャープがPC事業に再参入する可能性が出てきた。今夏、ホンハイとの共同開発でプロジェクター市場に再参入する予定で、今後はサーバやPCなどの取り扱いも検討するという。(2017/3/7)

「金額」最優先に……東芝、半導体売却条件を変更 再入札スタートも絞られる候補
経営再建中の東芝が半導体事業の株式売却の条件を変更し、再入札の手続きを始めた。新たな条件は1兆円以上の資金調達ができる「金額」がまず優先された。(2017/2/28)

Mobile World Congress 2017:
懐かしのフィーチャーフォン「Nokia 3310」、パワーアップして復活
Nokiaが2000年に発売したフィーチャーフォン「Nokia 3310」の新モデルをHMD Globalが発表した。OSは「Nokia Series 30+」で、セルフィーカメラもタッチディスプレイもなく、LTEもサポートしないが、オリジナルよりカラフルな4色ラインアップで49ユーロ(約5800円)と安価だ。(2017/2/27)

東芝の半導体、海外6社が出資提案も「みんな提示額悪い」
東芝が3月末に分社する半導体事業について、台湾の鴻海や韓国のSKハイニックスなど海外の6社が出資提案している。(2017/2/8)

iPhone生産地どこへ? トランプ氏の圧力に翻弄される台湾・鴻海
鴻海が困惑を深めている。iPhoneなどの製造を中国で請け負ってきたが、製造業の米国回帰を掲げるトランプ大統領の圧力を受け始めたからだ。(2017/2/7)

翻弄される台湾・鴻海:
iPhone生産地どこへ? トランプ氏の圧力と中国の意向
シャープを傘下に収め新たな成長モデル構築に取りかかった台湾の鴻海精密工業が、困惑を深めている。中国各地の拠点で米アップルの「iPhone」などの製造を請け負ってきたが、製造業の米国回帰を掲げるトランプ大統領の圧力を受け始めたからだ。(2017/2/7)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
トランプ政権による“米国内生産回帰”で何が起こるのか
日本の製造業にとってリスクでもあり、チャンスでもあります。(2017/1/24)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10は単なるWindows 7の移行先? 真価を問われる2017年
リリースから1年半が経過したWindows 10にとって、Windows 7のサポートが終了する2020年までのこれから3年間は、まさに真価を問われることになるだろう。Microsoftはどんな施策を考えているのか。(2017/1/16)

Androidの父ルービン氏、“iPhoneキラー”のAIスマートフォンを年内発売か
Androidの生みの親であるアンディ・ルービン氏がAppleやGoogleの元従業員を集めて立ち上げたEssential Productsが、年内にiPhone 7 Plusよりディスプレイが大きく、ベゼルレスなハイエンド端末を発売するとBloombergが報じた。(2017/1/15)

編集長、どれか買ってください!:
気になっているIoTデバイスを10個まとめてみた
年末休みモードということで、私が気になっているIoTデバイスを10個紹介します!(2016/12/29)

コア時間当たりのコストは1/10:
ARMサーバを用いたベアメタルクラウド、日本へ
米国のスタートアップであるPacket Hostが、「ARMv8」アーキテクチャを搭載したサーバを用いたベアメタルクラウドサービスの提供を、2016年12月16日に日本で開始した。専用サイトへの申し込みから10分以内に専用サーバが構築され、80円/時間という低価格で同サービスを利用できる。(2016/12/20)

鴻海とシャープ、Samsung向け液晶パネル供給中止
鴻海とシャープが共同運営する堺ディスプレイプロダクトが、Samsung向けのテレビ用液晶パネルの供給を来年から中止する。(2016/12/15)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

実働1日17時間? シャープの猛烈社長、戴正呉氏 掟破りの言動で社内に激震
シャープの戴正呉社長が、刺激的な言動で社員を焚きつけている。1日17時間働くとされ「有言実行」を宣言。その流儀はシャープ社員にどこまで浸透するか。(2016/11/7)

製造マネジメントニュース:
シャープ戴社長「IoTによるスマート化の世界では一番強い」
シャープは2017年3月期第2四半期の決算を発表するとともに、IoTを活用したスマート化による「成長軌道への転換」に向けた戦略を説明した。(2016/11/4)

シャープ、今期は営業黒字に 新企業スローガン制定
シャープの17年3月期通期は営業黒字化する見通し。(2016/11/1)

実働1日17時間:
シャープの猛烈社長・戴正呉氏、掟破りの言動で社内に走る激震
経営再建中のシャープに台湾・鴻海精密工業から社長として送り込まれた戴正呉氏が、刺激的な言動で社員をたきつけている。「有言実行」を宣言する戴社長の流儀は、シャープ社員に浸透するか。(2016/11/1)

ベンチャー、縮む家電市場で存在感 機能に“一芸” 消費者志向とマッチ
家電市場で、ベンチャーや中小企業の躍進が続いている。(2016/10/18)

イノベーションのレシピ:
下請けからパートナーへ、元世界2位が「脱EMS」を掲げる理由
EMSの大手企業であるシンガポールのフレクストロニクス・インターナショナルが業態転換への取り組みを加速させている。「製造」だけを受託する下請け的な関係から、製品戦略の今後を担う「パートナー」としての位置付けへの転換を狙う。(2016/10/17)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ソニーがハイエンド商品を続々投入できた理由、そして欧州のオシャレな有機ELテレビ事情――麻倉怜士のIFAリポート2016(後編)
2016年のIFAでは、多数のハイエンド製品を発表したソニーや、欧米における復活の第一歩を歩みだしたシャープなど、モノとテクノロジーの本質が垣間見えるブースがあちらこちらで見られた。リポート後編は、こうした製品やブースにおける各社のコンセプトを麻倉怜士氏独自の目線で読み解いていく。(2016/10/12)

8月に新体制開始:
攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下入りした“日の丸家電”の戦略二分
シャープに加え、東芝の白物家電子会社も外資傘下で経営を立て直すことになり、8月にそれぞれ新体制をスタートさせた。両社は親会社のグローバルな部品調達や販売網を活用してコストダウンを図り、海外市場で競争力を高めるというシナリオを描く。(2016/10/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
新生CEATECでまだ家電を展示しているシャープだからできること
他の電機メーカーにできないことがあると思うんです。(2016/10/11)

攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下の“日の丸家電” ブランド価値維持に腐心
今年、“日の丸家電”が外資の軍門に下る動きが相次いだ。シャープと東芝の白物が外資傘下に。多くの課題を背負っての“船出”だ。(2016/10/7)

シャープ、「複合機事業の売却検討」報道を否定 「事実に反する」
シャープが複写機事業の売却を検討しているという一部報道を否定した。(2016/10/6)

シャープ、大阪・田辺ビルを買い戻しへ 9月中の契約に向け協議
シャープが、売却した田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と合意したと発表。9月中の契約締結に向け、協議を進めているという。(2016/9/21)

シャープ、売却した大阪・田辺ビルを買い戻し
シャープは、売却した大阪の田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と一致した。(2016/9/21)

ITはみ出しコラム:
そりゃ品薄にもなる? iPhone 7のジェットブラックは作るのが大変
iPhone 7のジェットブラックは安定供給に向けて、今日も海の向こうで磨かれ続けています。(2016/9/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
デンソー傘下になった富士通テンはどう変わるのか
社名が一番気になりますが、それ以外について。(2016/9/13)

ソフトバンクが「LoRaWAN」提供、“IoTの足回り”に本腰を入れる
ソフトバンクがLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの提供を発表、第1弾として、LPWAの1つである「LoRaWAN」を2016年度中に提供開始する。(2016/9/12)

iPhone 7の試作機写真を掲載?
iPhone 7の実機とみられる写真が公開された。MACお宝鑑定団の見方は?(2016/8/5)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「蚊取空清」のCMのひみつ
テレビCM見ましたか?(2016/8/2)

iPhone 7同梱の3.5mmヘッドフォンLightningアダプターが流出?
MACお宝鑑定団が以前、噂として取り上げたもののFoxconn流出物か。(2016/7/29)

Pepper海外展開、第1弾は台湾から
台湾にてロボット「Pepper」の法人向け販売が開始される。(2016/7/25)

Weekly Access Top10:
ジブリ鈴木敏夫P「ごり押しします」
「ジブリの大博覧会」に行ってきました。(2016/7/19)

コヴィア、2万円台で買える11.6型フルHD液晶搭載の2in1ノート「BREEZ Book W11」
コヴィアは、台湾Foxconnとのコラボレーションモデルとなる11.6型2in1ノートPC「BREEZ Book W11」の販売を開始する。(2016/7/19)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(6):
空気清浄機が蚊を取る? シャープが狙う新市場
シャープが2016年4月に発売した「蚊取空清」は、蚊取り機能を持つ「世界初」の空気清浄機である。なぜ空気清浄機に蚊取り機能を持たせたのか、開発にはどのような苦労があったのか。小寺信良氏が探る。(2016/7/12)

太陽光:
世界最高効率の太陽電池モジュールは、シャープが取り戻す信頼の第一歩
シャープは「PVJapan2016」に出展し、モジュール変換効率で世界最高を記録した太陽電池モジュールを紹介。経営体制が揺れ動く中でも粛々と技術を磨き続けてきたことをアピールした。(2016/6/30)

シャープ株価、100円割れ 東証2部への変更で売りが続く
6月27日の東京株式市場で、シャープが節目の100円を割り込んだ。(2016/6/27)

シャープ本社から創業者の銅像撤去 なぜ?
「けさから、創業者の銅像がいなくなった」――鴻海の傘下入りが正式に決まった日、シャープ本社から早川徳治氏の銅像が消えた。なぜか。(2016/6/24)

1MORE、密閉型ヘッドフォンとオープンイヤー型イヤフォンを発売
フリーウェイは1MORE(ワンモア)の密閉型ヘッドフォン「OVER-EAR HEADPHONES MK801」とオープンイヤー型イヤフォン「Platon Pod EO320」を6月25日に発売する。(2016/6/24)

鴻海のシャープ買収、ソフトバンク孫社長が「橋渡し」していた
ソフトバンクの孫正義社長は、鴻海のシャープ買収にあたり、鴻海のテリー・ゴウ会長と、日本の銀行のトップとの間を橋渡ししたことを明かした。(2016/6/23)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/02
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月2日)(2016/6/3)

三菱自の益子会長は正しい決断をした
三菱自動車の燃費データの不正計測・公表問題をきっかけに、日産が三菱自へ第三者出資することで傘下に収めることになった。(2016/6/1)

太陽光:
太陽電池モジュール出荷がついに減少、パネルメーカーの生存競争が激化
太陽電池モジュールの出荷がついに2015年度は減少に転じた。苦境に立つ太陽電池メーカーはこれらの状況に対し、どのような戦略を取るのか。太陽電池メーカー各社の2015年度の動向と2016年度の取り組みについてまとめた。(2016/5/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。