ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「表現の自由」最新記事一覧

Twitterのいじめ対策の不完全さを指摘するBuzzFeedの記事にTwitterが反論
BuzzFeedがTwitterの多数の元従業員の証言に基づいて執筆したTwitterのいじめ対策の不備を指摘する記事について、Twitterと同社の元CEOのディック・コストロ氏がそれぞれに「記事は不正確だ」と表明した。Twitterは「記事は今日初めて読んだ」というが、BuzzFeedは「かなり前にコメントを求めて原稿を見せたが反応がなかった」としている。(2016/8/12)

「ネット選挙は票にならない」覆す 参院選29万票の山田太郎氏、落選後も「表現の自由守る活動続ける」
7月の参院選でネットユーザーの支持を受け、29万票を獲得しながら落選に終わった前参院議員の山田太郎氏が、参院選の振り返りと今後についてブログで発表した。(2016/8/10)

「オタク層が票田になる可能性示した」 表現規制反対派・山田太郎議員、落選も30万近い票獲得
表現規制反対派の山田太郎議員は、今回の参院選で“オタク層”からの支持を受け、30万近い票を得たものの、再選を逃した。赤松健氏は「オタク層が票田になる可能性を示した」とツイート。(2016/7/11)

2ちゃんねるでは「和田が来たからクリエイターが辞めた」とディスられた―― 元スクエニ社長・和田洋一氏がFacebookで過去ぶっちゃける
5月31日の「黒川塾」で語られた内容を補足して公開。(2016/7/8)

米「Gizmodo」運営元破たんの理由 セックスビデオ盗撮訴訟で賠償150億円、「報道の自由」論も
米国で「Gizmodo」「Lifehacker」などを運営するGawker Mediaが破産申請。ハルク・ホーガン氏の性行為を隠し撮りしたビデオをサイトで公開しプライバシー侵害で訴えられ、約150億円もの損害賠償を命じられたためだ。(2016/6/20)

今日は何の日?:単純所持を禁止、改正児童ポルノ法が成立(6月18日)
(2016/6/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
大物IT起業家がハルク・ホーガンを利用してメディアを潰しにかかったワケ
今、米国で物議を醸している裁判がある。プロレスラー、ハルク・ホーガンのセックス・スキャンダルをめぐる裁判だ。W不倫の暴露記事をめぐって争われているが、この裁判の裏には“陰謀”があった。それは……。(2016/6/16)

デザインから見る二次元:
アニメ、コミック、ラノベの「デザイン」とは何か? 人気デザイナーに聞く仕事の裏側
アニメ、コミック、ラノベなど幅広いジャンルで装丁やパッケージデザインを担当してきたデザイナーの團夢見社長にデザインの裏側を聞いた。(2016/6/13)

Facebook、Twitter、Google、MicrosoftがEUの対ヘイトスピーチ行動規範に署名
欧州委員会は、Facebok、Twitter、YouTube(Google)、Microsoftが欧州におけるヘイトスピーチ対策を目的とする「code of conduct(行動規範)」に署名し、欧州で通知から24時間以内にヘイトスピーチを削除あるいは遮断することに合意したと発表した。(2016/6/1)

「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門
毎日のようにインターネットで目につく「炎上」。企業のPRや個人Twitterでのツイートなど、無防備に炎上していく例は多い。炎上を防ぐために必要な「ポリティカル・コレクトネス(PC、ポリコレ)」とは何なのか。(2016/5/26)

まさかの「4DX」解禁:
「関西は笑いに貪欲でした」 「キンプリ」菱田監督が応援上映の“予想外”を語る
興収6億円を突破した劇場アニメ「キンプリ」の監督に、同作がヒットした理由や制作の裏側を聞いた。応援上映はさまざまな“予想外”が起きたという。(2016/5/20)

「コンビニでは性表現が氾濫」? “目隠し”成人向け雑誌めぐり議論沸騰……堺市vs雑誌協会の行方は
コンビニに並ぶ成人向け雑誌を子供が目にする機会を減らすため、堺市とファミリーマートが始めたビニールカバーで表紙の写真などを隠す取り組みをめぐり、論争が起きている。(2016/4/22)

勤務先の「児童ポルノ専用検知システム」がきっかけに 「単純所持」容疑で逮捕された34歳男
児童ポルノの「単純所持」容疑で34歳の男が書類送検された。きっかけは、男性が勤務していた外資系会社内の「児童ポルノ専用の検知システム」が作動したためだった。(2016/4/18)

TBSが“スポンサーへの圧力”を示唆した団体へ抗議声明を発表
「放送法に違反しているとはまったく考えておりません」とのこと。(2016/4/7)

成人雑誌をフィルムで包装 堺市の協定に日本雑誌協会など解除求める
コンビニで成人雑誌の表紙をフィルムで隠す堺市の協定に対し、日本雑誌協会などが図書選択の自由を阻害すると反対しています。(2016/4/5)

田中圭一はもともとパロディを描くつもりはなかった? 手塚るみ子とのトークイベントで明らかに
いつもの熱いかけあいも展開されました。(2016/3/1)

TPP「アクセスコントロール回避規制」にMIAUが意見 「権利者に不利益ない行為は規制対象外に」
TPP批准に伴う著作権法の改正について、インターネットユーザー協会(MIAU)が文化庁への意見書を公開。権利者の不利益にならないアクセスコントロールの回避は、規制対象外にするように求めている。(2016/2/24)

Twitter、いじめ対策で「Trust and Safety Council」立ち上げ
「いじめとの戦い」と「表現の自由」との最適なバランスを模索するTwitterが、この問題を解決するために人権やいじめに関する外部の専門組織と協力する評議会「Trust and Safety Council」を立ち上げた。(2016/2/10)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/12/31)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Wikipediaのジミー・ウェールズ氏、政府のネット監視を「口撃」(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/12/12)

村上春樹の図書貸出記録を報道した問題 神戸新聞「公益性がある」 日本図書館協会「プライバシー侵害」
村上さんの高校時代の図書カードを報じた神戸新聞に、ネットから疑問の声が。(2015/12/1)

スピン経済の歩き方:
ジュンク堂「非公式アカウント騒動」が「言論問題」にすり替えられてしまった理由
MARUZEN&ジュンク堂書店が、渋谷店で実施されていた「自由と民主主義のための必読書50」というブックフェアを中止し、店頭にあった書棚を撤去した。事の発端は「ジュンク堂渋谷非公式」というアカウントが、Twitterでブックフェアを告知して……。(2015/10/27)

トランスフォーマーの起源:
タカラトミーの変形合体ロボ「ダイアクロン」が35年ぶりに復活 「ダイアバトルスV2」予約開始
1980年代の変形ロボット玩具「ダイアクロン」が35年ぶりに再始動。第1弾として10月7日に主力メカ「ダイアバトルスV2」の予約受付を開始した。(2015/10/7)

reddit、人気投稿をキュレートするニュースサイト「Upvoted」を立ち上げ
ソーシャルニュースサイトのredditが、reddit内で人気のある投稿を一般社会に紹介するためのニュースサイト「Upvoted」を立ち上げた。キュレーターチームがコンテンツを管理し、コメント欄もないので炎上する恐れもない。(2015/10/7)

作家・町田康さんの現代語訳「こぶとりじいさん」がポップと話題に 「やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」
あの「こぶとりじいさん」がマジでヤバいことに!(2015/10/6)

Twitterの正式CEOはジャック・ドーシー氏に決定 SquareのCEOも続投
Twitterが、7月から暫定CEOを務める共同創業者のジャック・ドーシー氏を正式CEOに指名した。同氏はモバイル決済サービスのSquareのCEOも続ける。(2015/10/6)

要約すると「みんな空気読め」 ニコニコがみんなで楽しむための活動ガイドラインを新たに策定
「ニコニコ運営の対応に過度の期待をしないようにしましょう」とも。(2015/10/1)

「川内は改二です」「那珂ちゃんのことも嫌いにならないでください!!」 議員同士がTwitter上でオタトークを繰り広げる
議員兼提督(強い)。(2015/8/11)

redditの新CEO、AMAで新コンテンツポリシー案を説明
redditの新CEOに就任したスティーブ・ハフマン氏がAMA(Ask Me Anything)を開催し、新コンテンツポリシーへの質問を受け付け、閉鎖あるいはログインしないと閲覧できなくするsubredditの判断基準なとについて議論した。(2015/7/17)

メモリ:
時間がたったら自動的にデータが壊れる! 「忘れられる権利」を行使できるメモリ技術
フラッシュメモリのデータを所望の時間が経過すれば、自動的に壊れる技術が開発された。(2015/6/19)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年5月第3週
大阪屋が帳合書店に楽天のポイントサービスを導入したことなどが話題に。(2015/5/18)

安倍晋三の「A」はアドルフ・ヒトラーの「A」 芥川賞作家の野心作
あからさまにモデルが特定できる挑戦的なタイトルと、タイトル以上に過激な内容が、昨年文芸誌上で発表されて以来大きな話題を呼んでいる『宰相A』(田中慎弥)。田中さんにお聞きしました。(2015/4/30)

アナリティクス トレンド ピックアップ:
QlikViewとQlik Senseの違いに見る、セルフBIの現在
クリック・テクノロジーズは、2015年2月にセルフサービスBIツールの新製品、「Qlik Sense」を提供開始した。では、同社がこれまで提供してきたQlikViewとの違いは何なのか。これを分かりやすく説明する。(2015/4/23)

「キモイ」発言 おぎやはぎの番組で侮辱されたとする大阪府議からの申立 BPOが問題なしと判断
山本大阪府議がLINEで中学生とトラブルになった問題を受け、オープニングトークで「思いついたことはキモイだね。完全に」とおぎやはぎが発言。府議が放送人権委員会に申し立てていた。(2015/4/14)

LINEトラブルの元府議に「キモい」発言、「問題なし」とBPO 「議員として受忍すべき」
LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことについて、BPOは「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」と判断。(2015/4/14)

ヤフー、検索結果の削除要請への対応方針を公表
「検索結果とプライバシーに関する有識者会議 報告書」を公開した。(2015/3/31)

ヤフー、プライバシー保護の対応方針を公表 「忘れられる権利」にも言及
プライバシーに関する情報の検索結果への非表示対応について有識者会議での検討結果を発表。検索サービスにおける対応の透明性を高めることが目的だとしている。(2015/3/30)

検索結果からプライバシー情報削除、ヤフーが方針公表 いじめ被害や犯罪被害も対象に
「Yahoo!検索」の検索結果にプライバシーを侵害する情報が含まれていると申告を受けた場合の削除方針をヤフーが公表。表現の自由とプライバシーバランスを鑑みて、削除するか否かを判断する。(2015/3/30)

『境界のないセカイ』打ち切り マンガボックス樹林編集長が公式コメント
(2015/3/26)

「境界のないセカイ」打ち切りにLGBT団体が立場表明 「他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」
「性に関する差別を助長する」可能性があると警告。(2015/3/19)

「境界のないセカイ」発売中止にLGBT団体がコメント「作品の描写に問題はない」
男女が性別を変えられる未来を描いた漫画作品「境界のないセカイ」の単行本発売中止に関連し、LGBT団体のレインボー・アクションが、「作品の描写に問題はない」とコメントを発表した。(2015/3/19)

写真展:
オカダ・キサラ写真展「©TOKYO 出会い頭の点動刹(てんどうせつ)」
(2015/2/16)

宮崎駿はテロ事件や表現の自由論争に何を思うのか TBSラジオ番組が独占インタビューを放送
「風立ちぬ」についての発言も。(2015/2/13)

「アメコミに多様性ない」と書いて炎上した漫画「有害都市」が謝罪 過剰なアメコミ批判は伏線だった
Webサイトに経緯説明が掲示されています。(2015/2/4)

フランスの休暇の多さの秘密とその代償
華やかなイメージがあるフランスの不思議な日常。(2015/1/29)

「I AM KENJI」のカードを掲げた写真を投稿――後藤健二さんの解放を願うFacebookページとTwitterアカウントが開設中
米国やフランスなど世界各地からの投稿も。(2015/1/26)

窪田順生の時事日想:
370万人が参加したデモ行進が、うさん臭く感じる理由
フランスの週刊紙『シャルリーエブド』が襲撃され、12名の命が奪われた。罪のない一般市民に向けられた暴力は許せないが、その後のデモ行進などに対し、筆者の窪田氏は「うさん臭さを感じる」という。その理由は……。(2015/1/20)

Appleも北朝鮮パロディ映画「The Interview」の提供を開始
GoogleとMicrosoftに続き、Appleも北朝鮮パロディ映画「The Interview」のネット配信を、米国のiTunes Storeで開始した。(2014/12/29)

「ハイスコアガール」の著作権侵害は「成否が明らかではない」 刑事手続を反対する声明文を法学者ら26人が発表
ゲームキャラの使用は、「適法な引用(著作権法32条)に該当する可能性」があるという指摘も。(2014/12/22)

「ハイスコアガール」事件、知財専門家らが刑事手続きに反対声明 「侵害が明らかではなく、表現活動に委縮も」
漫画「ハイスコアガール」が作中で他社のゲームキャラを無断使用し、著作権を侵害したとされる件で、知的財産法の有識者らが連名で「権利侵害が明確でない事案での刑事手続きに反対する」という声明を発表した。(2014/12/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。