ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ガイガーカウンター」最新記事一覧

ソラコムのSIMが広げる新しい世界、テレマティクスとの連携も――SORACOM Conference
ソラコムがMVNOとなり、ドコモとの相互接続をクラウド上で実現する「SORACOM Air」。既存の格安SIMとは一線を画するこのプラットフォームで、どのようなサービスが生まれるのだろうか。「SORACOM Conference」の基調講演で、その一端を見てきた。(2016/1/27)

MVNOに聞く:
モノとクラウドがSIMでつながる――誰もがMVNOになれる可能性を秘めた「SORACOM Air」
MNOとの相互接続をクラウド上で実現するIoTデバイス向けプラットフォーム「SORACOM Air」。このユニークなサービスを提供するソラコムの玉川憲氏に、その狙いと今後の目標を聞いた。(2015/12/7)

烏賀陽弘道の時事日想:
フクシマの被災者たちは忘れられつつある――社会の「忘却」は“残酷”
東日本大震災から4年が経ったが、避難生活を続ける人は、福島県だけでまだ約12万2000人(2014年末)もいる。避難生活を続ける人たちはどうしているのだろうか。筆者の烏賀陽氏は、ある家族の「一時帰宅」に同行した。(2015/3/30)

D89クリップ(63):
「Makeすることで世界は変わる」〜「Make」編集長が語るMakerムーブメント
Makerムーブメントの旗振り役であるマーク・フラウエンフェルダー氏に、「Make誌が目指すもの」「Makerムーブメントが世の中に及ぼす影響」について聞いた。果たして、Makerムーブメントは世界をどのように変えていくのだろうか。(2013/6/27)

ソフトバンク、放射線を測定できる「AQUOS PHONE ss 205SH」を6月21日に発売
ソフトバンクは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」を6月21日に発売する。片手でも快適に使えるコンパクトボディに放射線測定機能を搭載した。(2013/6/13)

KDPで電子書籍の稲穂は実ったか
AmazonのKindle ダイレクト・パブリッシングが登場したことで、個人出版が改めて注目されている。早くから電子書籍に並々ならぬ関心を寄せ、いち早く著作を販売して話題となった漫画家の鈴木みそさんに話を聞いた。描き下ろしイラストにも注目。(2013/2/18)

ソフトバンクBB、iPhone/iPad用の放射線測定器などを発売
ソフトバンクBBは、iPhone/iPad/iPod touchで放射線量の測定が可能な「Pocket Geiger Type4」を発売する。(2012/12/21)

Radiation-watch、iPod/iPhoneで放射線を測れる“ポケットガイガー”新モデル3製品
リンクスインターナショナルは、Radiation-watch製となるiPod/iPhone/iPad向けの小型ガイガーカウンタ「Pocket Geiger」シリーズ3製品の取り扱いを開始する。(2012/11/12)

UXClip(3):
自分の時間にテクノロジで遊ぼう!〜Make:Ogaki Meeting 2012レポート
「自分の時間にテクノロジを!」カテゴリを超えてテクノロジで遊ぶMakerたちの祭典、Make:Ogaki Meeting 2012の様子をレポートします(2012/9/18)

PR:「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」の放射線測定機能に開発者が込めた“技”と“思い”
多彩なカラーと充実機能が特長のスマートフォン「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」は、携帯電話として初めて放射線測定機能を搭載したことも注目を集めている。他社に先駆けて登場したこの機能に込められた思いや工夫を、シャープ開発陣に聞いた。(2012/7/30)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
測定結果をネットで共有できるGPS付き放射線カウンター「PiPi」
今回紹介するのは、GPSを搭載したガイガーカウンター「PiPi」。移動しながら計測することで放射線量を位置情報とともに記録し、専用サイトにアップロードすると測定データをGoogleマップ上で確認できる。ほかのユーザーと測定値を共有することも可能だ。(2012/6/29)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
“卓上ルンバ”に吸い寄せられて――『大人の科学』の魅力を探ってみた
レコード盤蓄音機からプラネタリウム、二眼レフカメラ、卓上ルンバに至るまで、さまざまな付録が魅力の『大人の科学マガジン』。どんなコンセプトをもとに付録を制作しているのか。編集長の西村俊之さんに尋ねてみた。(2012/2/23)

金山二郎のAndroid Watch(4):
Android搭載タブレット端末で成功する鍵とは何か
金山二郎のAndroid Watchの第4回。発売当初、さまざまな課題により普及に結び付かなかったAndroid搭載タブレット端末だが、最近、急速に進化を遂げている。「IceCreamSandwich」の登場、高性能なCPUが安価に手に入るようになったことを背景に、スマートフォンやタブレット端末にとどまらず、多種多様な組み込み機器にまでその活躍の場が広がりそうだ。今回はこうした流れを踏まえ、Android搭載タブレット端末の今後あるべき姿に迫る。(2012/2/15)

シンチレーション式で業界初をうたう:
線量マップへの応用も期待――スマホ連動できる手のひらサイズの放射線測定器
堀場製作所は、空間放射線量を測る手のひらサイズの環境放射線測定モニタ「Radi(ラディ)」の新型「PA-1100」を開発、発売する。測定データをAndroid搭載スマートフォン/タブレット端末に送信する機能を備える。(2012/2/10)

金山二郎のAndroid Watch(3):
「IceCreamSandwich」はAndroidの将来を照らす光明となるか
金山二郎のAndroid Watchの第3回。2011年はAndroidにとって混迷を極めた1年であったといえる。そんな中、さまざまな不安を吹き飛ばす存在として、待望の「IceCreamSandwich(Android 4.x)」が登場した。今回は激動の2011年を振り返るとともに、ICSの全体像を踏まえた上で、2012年のAndroidの展望を占う。(2012/1/13)

2011年のアキバ(前編):
「PCパーツショップである前に、アキバにある店なんだな……と」――アキバの1年を振り返る
2011年はSandy Bridgeマザーの不具合問題が発生し、ようやく事態が収拾し始めたころに東日本大震災が発生。その衝撃はその後の街の風景をめまぐるしく変えた。自作PCの動向を基本に、アキバ全体の1年を見渡していく。(2011/12/29)

「早野黙れ」と言われたけど……科学者は原発事故にどう向き合うべきか
3月11日の東日本大震災にともない、発生した福島第一原発事故。日本科学未来館で行われたイベント「未来設計会議第2回『科学者に言いたいこと、ないですか?』」で、東京大学の早野龍五教授は、科学者の本分は「データの出典を示して、解析して、公開して、議論することである」という思いのもと、情報を発信し続けていると語った。(2011/12/29)

誠 Biz.ID年間アクセスランキング:
「節電」「自炊」が人気ワード――誠 Biz.IDで2011年に最も読まれた記事は?
2011年の年間アクセスランキングを発表! 今年最も読まれた記事は、トレンド格付にもランクインしたあのキーワードに関係するものでした。(2011/12/28)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
2011年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
東日本大震災が日本に大きな衝撃を与えた2011年。Business Media 誠で最も読まれた記事は何だったのだろうか?(2011/12/22)

ビジネスメガネ男子コンテストの優勝者が登場!:
読者が選んだ2011年のトレンドは――第3回「ビジネステレビ誠」
2011年最後のビジネステレビ誠は、「ビジネスメガネ男子コンテスト」と「誠トレンド格付2011」という“読者が選ぶ”企画の結果発表2本立て。記事の最後にプレゼントのお知らせがあります。(2011/12/22)

Biz.ID Weekly Top10:
誠 Biz.ID読者が選ぶ2011年のトレンド1位は「節電」
先週まで受け付けていた「誠トレンド格付」の結果が出ました。スマートフォン、SNS関連のキーワードを抜いて誠 Biz.IDピックアップの中で1位になったのは、今夏の象徴ともいえる「節電」でした。(2011/12/20)

誠編集部が選ぶ2011年のトレンドは?
東日本大震災という大きな出来事があった2011年。今年話題となった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが5つずつ選んでみました。(2011/12/16)

誠トレンド格付2011:
Business Media 誠の読者が選ぶ2011年のトレンドは?――投票お待ちしています!
あなたが選ぶ「2011年のトレンド」は何ですか? 編集部が厳選したキーワードの中から読者の皆さんにNo.1を決めてもらいたいと思います。回答者には抽選でAmazonギフト券(3000円)をプレゼント!(2011/12/1)

SFC ORF 2011 Report:
「何か行動しなくては」――“地球丸ごとスキャン”計画の展望、伊藤穰一氏ら語る
膨大な環境データの共有で、社会はどう変わるのか――MITメディアラボの伊藤穰一所長と慶應義塾大学の村井純教授が、放射線データ共有プロジェクトの展望を語った。(2011/11/25)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
原発から20〜30キロ、住み続ける決断をした人々の声を聞く
9月30日に解除された緊急時避難準備区域。原発20〜30キロ圏内で、計画的避難区域ではないこの地域。住み続ける決断をくだした人々の声を聞きに行くと、それぞれの思いがあった。(2011/11/2)

正しく怖がる第一歩:
見えない不安を見える数字に――放射能線量計を持って、東京・福島を行く(前編)
放射線量に右往左往するケースが目立つが、実際にガイガーカウンターを測ってみたらどうだろうか。筆者が東京と福島で実地計測する。(2011/10/31)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
「秋のヘッドフォン祭り」で見つけた注目の新製品を一気聴き!
今年の「秋のヘッドフォン祭り」は、その充実ぶりに驚かされた。各社とも、初披露の新製品や発売予定の製品を列べ、その大半が実際に試聴できた。数多ある新製品のなかから、実際に試聴できた注目製品のファーストインプレッションをお届けしよう。(2011/10/31)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
事故から25年、チェルノブイリ原発ツアーに参加してきた
25年前、福島第一原子力発電所と同じレベル7の事故を起こした、ウクライナのチェルノブイリ原発。それにも関わらず、今でも同国では電力供給の半分を原子力発電でまかなっている。現地を訪れ、街の人の声を聞き、ウクライナで事故はどのように受け止められているのかを調べた。(2011/10/4)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
放射線測定器の「そもそも論」 どう利用すべきか
安価な放射線測定器では正しい測定が難しいことが明らかになった。今回は「正しく」測ることと活用について解説したい。(2011/9/24)

復興の現場:
Game Jamは福島にITという復興の種をまく
東日本大震災の被災地各所で復興の種がまかれている。例えば福島では「Game Jam」というイベントが行われた。5人または6人一組になって、30時間ぶっ通しでプレイ可能なゲームを作るというイベントなのだが、復興の種になるか――。(2011/9/14)

Androidスマホで放射線が測定できるセンサー「AndroBeta」
ガイヤージャパンは、Androidスマートフォンと接続する放射線センサー「AndroBeta」を発表した。専用アプリと組み合わせることで、ガンマ線とX線を測定できる。(2011/8/12)

5分で分かった気になるアキバ事情:
自作PCの万能ぶりを地道に示した7月のアキバ
自作PCなら、地デジ番組を見たり、3Dゲームをキビキビ動かしたり、リビングにぴったりハマるマシンが作れたりする。7月はその万能ぶりが端的に示された1カ月だった。(2011/8/10)

漫画で分かる「放射線の正しい測り方」――鈴木みそ氏が無償公開
漫画家の鈴木みそ氏が、電子コミック「放射線の正しい測り方」をパブーで無償公開した。(2011/7/21)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――中国製「RAY-2000」と米国製「CD V717」 そして自作のメリット、デメリット
ガイガーカウンターの性能や使い勝手などを比較するガイガーカウンターガイド。第4回の今回は、中国製「RAY-2000」と米国製「CD V717」を紹介。さらに自作のメリット、デメリットを考えてみよう。(2011/7/20)

Google上半期検索ワードランキング 3位「iPad 2」を上回ったAndroid端末とは……!?
Googleが今年上半期の急上昇検索ワードランキングを発表。1位は「原発」。3位の「iPad 2」を抑えて2位に入ったAndroid端末とは……!?(2011/7/14)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――中国製「FJ2000」とロシア製「GAMMA」
ガイガーカウンターの性能や使い勝手などを比較するガイガーカウンターガイド。第3回の今回は、中国製「FJ2000」とロシア製「GAMMA」の2機種を紹介する。(2011/7/8)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
震災から3カ月、南相馬に住むということ
東日本大震災からちょうど3カ月経った6月11日、私は福島県南相馬市にいた。地震、津波、原発事故に揺れるこの町は緊急時避難準備地域に指定され、住民は悩みながら暮らしている。(2011/7/2)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――TERRA-P MKS-05
「TERRA-P MKS-05」は、チェルノブイリ原子力発電所が残るウクライナのECOTEST製で、β線とγ線が検出できる。操作ボタンが2つと非常にシンプルなガイガーカウンターだ。ロシア製、ウクライナ製の製品は総じてつくりがよいが、なかでもTERRA-Pの完成度は特に高い。(2011/7/4)

ガイガーカウンターガイド:
放射線測定器、ガイガーカウンターとは?
東日本大震災の大津波により起きた福島第一原発の事故で、日本で放射能汚染が現実的なものとなってしまった。放射線という目に見えない恐怖にどう立ち向かっていけばいいのか。まず放射線の知識のほか、放射線を検知する測定器について学んでいこう。(2011/6/24)

「身近な放射線量を知ろう」 ガイガーカウンター講座、尻Pも登場
「君もガイガーカウンターで身近な放射線量を知ろう」――放射線測定器「ガイガーカウンター」の使い方を解説するイベント「ガイガーカウンターミーティング」を「3331 Arts Chiyoda」(東京都千代田区)からライブ配信する。大阪大学サイバーメディアセンターの菊池誠教授、SF作家の野尻抱介さん、高エネルギー加速器研究機構の野尻美保子教授によるパネルディスカッションも。配信は6月11日14時0分〜6月11日18時0分。(2011/6/9)

支援にガイガーカウンター5000台:
Mac向けセキュリティソフトなど法人向け製品を発表――カスペルスキー
カスペルスキーが法人向けセキュリティ製品を発表。最高責任者のユージン・カスペルスキー氏が来日し、震災被災地への支援策についても言及した。(2011/4/13)

ボタン1つで測定可能:
レッドスター、国産ガイガーカウンター「Radi」を限定販売
レッドスターが堀場製作所製の放射線測定器「Radi」の予約を開始。価格は15万5800円。(2011/4/11)

心霊現象とITの関係
霊感のまったくない人でも“心霊現象”を体験できる――“IT”の力を借りて。いかにもネタくさい実験だが、困ったことに、参加者はちょっぴり本気だ。(2006/9/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。