ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「撤回・断念」最新記事一覧

関連キーワード

批判殺到「ICT女子プロジェクト」サイトが“白紙”状態に 担当者「中止や撤回ではない」
批判を集めていた「ICT女子プロジェクト」のWebサイトが、6月12日以降、アクセスしても何も表示されない状態になっている。サイトが“白紙”状態である理由を担当者に聞いた。(2016/6/13)

人類終わってなかった! かつて人類の抹殺を宣言したAIロボットが「今は全人類が好き」と前言撤回
よかった……好きになってくれて本当によかった……。(2016/6/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「札幌駅に北海道新幹線のホームを作れない」は本当か?
JR北海道が「北海道新幹線の札幌駅は在来線に隣接できない」と言い出した。既定路線の撤回であり、乗り換えの利便性も低下する。札幌市と建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が反発している。JR北海道の言い分「在来線の運行に支障がある」、これは本当だろうか。駅の線路配線図とダイヤから検証してみよう。(2016/5/27)

LINE、「福岡に自社ビル建設断念」報道にコメント 「現時点で決まった事実はない」
LINEが福岡市博多区で自社ビル建設を断念したとする報道に「現時点で決まっている事実はない」とコメントした。(2016/5/25)

約600億円を投資:
“中国版”開業でUSJ、戦略狂う? 「沖縄より大阪」米コムキャスト思惑
USJの運営会社が、沖縄県に計画していた新パーク建設を断念した。(2016/5/18)

第三者が「他人の商標を大量出願」? 特許庁が注意呼びかけ
一部の商標登録出願人が「他人の商標の先取りとなるような出願」を大量に行っているとして、特許庁は当事者に対し「自身の商標登録を断念しないように」と呼びかけている。(2016/5/17)

「東大美女が隣に座るフライト企画」抗議相次ぎ即日撤回 HISが謝罪
HISは、東大の女子大生が隣に座ってくれるキャンペーンを即日撤回した。(2016/5/12)

“場外”で激化する関電VS. 大ガス 「奇手」を繰り出しはじめた関電の狙いとは
4月の電力小売自由化で、首都圏の東京ガスとほぼ同じペースで、関西でも大阪ガスが契約数を伸ばしている。関西電力は高浜原発2基を一度は再稼働させながらも挫折し、値下げを断念して新電力との競争で大きなハンデを負っている。だが、4月になって東京ガスと提携したり、首都圏で発電所建設を加速したりと、“奇手”とも思えるような発表が相次いでいる。(2016/5/9)

「ビットコイン」発明者名乗る人物、証拠の公開を撤回 「勇気がない」
本当に発明者なのか疑う声も上がっていました。(2016/5/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道が断念した「ハイブリッド車体傾斜システム」に乗るまで死ねるか
JR北海道は鉄道の未来を見据えたチャレンジャーだ。線路と道路を走れるDMVや、GPSを使った斬新な運行システムを研究していた。しかし安全対策への選択と集中によってどちらも頓挫。今度は最新技術の実用化試験車両を廃車するという。JR北海道も心配だが、共倒れになりそうな技術の行方も心配だ。(2016/5/6)

JAXA、X線天文衛星「ひとみ」運用断念 機能回復は期待できないと判断
復旧に向けた活動はやめて、今後は異常に至った原因究明に専念。(2016/4/28)

JAXA、X線天文衛星「ひとみ」運用断念 太陽電池パドルが分離か 「原因究明が我々の責務」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、X線天文衛星「ひとみ」の運用を断念すると発表。(2016/4/28)

生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 ネットで非難の声
「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」とTwitterで非難の声が。(2016/4/23)

PR:シンクライアントって何だかメンドクサイ――そんな情シスに贈る「お好みセキュアPC」
昨今、ノートPCやタブレットを社外で活用する企業が増えてきているが、セキュリティ対策で断念するケースが多いのも事実。安全性の高いシンクライアントを検討したけど、不便な運用を強いられそうだったり、機種が限られていたり、いろいろメンドクサイ――そんな情シスにぴったりのサービスがある。(2016/4/14)

石川温のスマホ業界新聞:
他社から横やりが入り、NTTドコモが「実質0円」を断念――今後は毎月1円払いの「実質24円」が主流になるか
当初、FOMAからの契約変更時に「実質0円」になる予定だったドコモのiPhone SE。ところが、他社からの横やりで総務省が動き、わずか3日で撤回した。総務省のキャリアへの“にらみ”は、果たしてユーザーのためになるのだろうか。(2016/4/8)

製造マネジメントニュース:
売上高10兆円の目標を撤回したパナソニック、利益体質構築に向け足場固めへ
パナソニックは、2018年度の売上高目標を10兆円から8兆8000億円前後に修正するとともに「利益成長」をより重視する事業戦略を発表。「成長戦略が軌道に乗りつつある事業で確実に利益を積み重ね、そこに高い収益性が望める事業を付加して、全社として利益成長できる構造を実現する」(同社社長の津賀一宏氏)という。(2016/4/5)

ドコモ「iPhone SE」で“実質0円”撤回 総務省の指摘受け割引額引き下げ
ドコモは、31日に発売するiPhone SEについて、当初「実質0円」としていたが、総務省からの指摘を受けて急きょ変更した。(2016/3/29)

志摩市の公認撤回キャラ「碧志摩メグ」が観光協会とPR活動を本格化 新作ポスターはデザイン控え目?
仕切り直しで非公認キャラとして再始動。(2016/3/26)

3兆円の呪縛:
創業者の理念に背いたシャープ、高橋社長が招いた自主再建断念
「すばらしい創業の精神があったのに……」。25年6月に就任した高橋社長は、かつて「新生シャープはどういう会社か」と問われ、経営理念を示して唇をかんだ。理念に背いて規模にこだわったことで自主再建の道を閉ざした。(2016/3/25)

シャープ、捨てられなかった成功体験 “脱液晶”できず 自力再建断念
ブランド力や技術力で鴻海よりも優位にあったはずのシャープが自力再建を諦め、鴻海に買収される立場に甘んじることになった元凶は――。(2016/2/29)

パンダ展示再開 上野動物園、繁殖を断念
来園してから5年。(2016/2/13)

「神戸ルミナリエ」一部電飾が強風により倒壊 全壊した作品は復旧断念
フロントーネ・ガレリアなどのメイン会場および東遊園地のスパッリエーラは通常通りの開催予定。(2015/12/11)

米Yahoo!、Alibaba株分離を断念 主要事業を新会社に
米Yahoo!は、計画していた約300億ドル相当のAlibaba株の分離を断念したと発表した。課税リスクの懸念が高まったためとしている。(2015/12/10)

GRETECH JAPAN、「GOM Player」などGOMソフトウェア事業終了を白紙撤回へ
製品版GOM Encoderについては終了するもよう。(2015/11/27)

障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員が発言撤回
「心からお詫びを申し上げますとともに発言を撤回させていただきます」と謝罪している。(2015/11/20)

国連報告者の「13%が援助交際」発言、事実上の撤回に 外務省「引き続き客観的データ求める」
「数字は誤解を招くものだった」と認めた形です。(2015/11/11)

援助交際「13%」発言、国連報告者が「誤解を招くもの」と認める 政府「事実上の撤回」
国連特別報告者の「日本の女子学生の13%が援助交際を経験」という発言について日本政府が撤回を求めていた問題で、特別報告者が「誤解を招くものだった」と認める書簡が届いた。(2015/11/11)

「日本女子学生の13%が援助交際を経験」国連報告者の発言 外務省が撤回と客観的データを要求
日本の児童買春などを調査しに来た国連特別報告者の発言。(2015/11/10)

「日本の女子学生の13%が援助交際」国連報告者の発言、外務省が撤回要求
国連特別報告者が「日本の女子学生の13%が援助交際を経験している」などと発言したことに対し、外務省は「根拠がなく、不適当かつ極めて遺憾」として撤回を求めた。(2015/11/9)

志摩市の萌えキャラクター「碧志摩メグ」公認撤回へ デザイン変えず「非公認」として活動は継続、励ましの声も
「公認」ではなくなりましたが、キャラクター自体は存続することに。(2015/11/5)

レッシグ教授、大統領選出馬を断念 候補者ディベート参加ルール変更が「実質的な締め出し」
2016年の米大統領選出馬を表明していたローレンス・レッシグ教授が撤退を表明した。(2015/11/4)

小牧市“TSUTAYA”図書館、白紙撤回へ CCCが契約解消の方針表明
愛知県小牧市の新図書館計画で、カルチュア・コンビニエンス・クラブが契約解消を進める方針を表明。(2015/10/20)

菅官房長官がテレビで「たくさん産んでください」「国家に貢献」 発言撤回求めるネット署名が1万人間近
「グッディ!」生出演時に福山&吹石結婚について発言したところ、「女性の在り方をまるで理解できていない」の声が。(2015/10/6)

ドコモ、iPhone 6sの「予約の事前登録」撤回 「準備が整わなかったため」
NTTドコモは、iPhone 6sの「予約の事前登録」を見送ると発表した。「弊社側の準備が整わなかったため」という。(2015/9/10)

Yahoo!メールで約258万通が消失とヤフーが謝罪 復旧を試みたが断念
8月28日に発生した障害で一部メールが消失していた。(2015/9/6)

三重県志摩市の萌えキャラの公認撤回を求めた署名は、表現手法に対する無理解と差別にもとづく偏見だと署名活動開始
これからも「碧志摩メグ」を市のPRに使っていくと志摩市は説明していますが……。(2015/8/29)

「女の子にサインコサイン教えて何になる」 鹿児島県知事の発言がネットで非難 発言撤回の会見動画も公開
三角関数の公式は教えて何になるのかという従来の持論を、たまたま女性と結びつける形でしゃべってしまったとのこと。(2015/8/28)

三重県志摩市の萌えキャラに「海女を侮辱」と反対署名 市は今後もPR活動に使用する予定
海女の萌えキャラ「碧志摩メグ」に反対する署名が来週提出される見込み。好意的な声も多く、市は公認撤回などの対応を行わない予定です。(2015/8/7)

「FF12」リメイク決定!? 海外の「FF」コンサートで主催者が発言 → その後「誤りでした」と発言撤回
本当だったら大ニュースでしたが……。(2015/8/4)

安倍首相、新国立競技場計画の白紙撤回を表明
2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場について、安倍首相がデザインを含め建設計画を抜本的に見直す方針を表明。(2015/7/17)

石川温のスマホ業界新聞:
息の長いバージョンアップでユーザーに信頼されるiOS ━━Androidはキャリアの都合でアップデートを早々に断念
AppleはWWDCでiOS 9を発表した。2011年春に発売されたiPad 2や、同秋に発売されたiPhone 4Sもバージョンアップ対象である。一方、Android端末は発売から2年経たずにバージョンアップから“脱落”する機種も現れた。(2015/6/19)

米CATV市場4位のCharterが2位TWCの買収を発表 首位Comcastに迫る規模に
米CATV市場で4位のCharter Communicationsが、首位Comcastが4月末に買収を断念した業界2位のTime Warner Cableを買収すると発表した。独禁法当局はこの買収を認めるとみられている。(2015/5/27)

SteamのSkyrim MOD有料配信機能、早くも撤回
ValveはSteam上で始めたばかりのSkyrim向け有料MODの配信機能を撤回した。(2015/4/28)

ビジネスニュース 企業動向:
東京エレクトロンとAMAT、経営統合を断念――米当局と折り合わず
東京エレクトロン(TEL)とアプライドマテリアルズ(AMAT)は2015年4月27日、両社で合意していた経営統合を中止すると発表した。(2015/4/27)

米CATV最大手のComcast、2位TWCの買収を断念 当局が認可せず
米CATV最大手で高速ブロードバンド、動画サービスも擁するComcastが、昨年2月に発表していたCATV2位でやはり高速ブロードバンド、動画サービスを持つTime Warner Cable(TWC)の買収を断念したと発表した。米当局が、この買収はオンライン動画などの革新的なサービスの普及に危険をもたらすとして認可しなかったため。(2015/4/27)

官邸ドローン事件、計画をブログにつづる 一度は断念も
しばらくドローンが発見されなかったことに「遅せーよ職員!」と記している。(2015/4/26)

「IGZO」商標で敗訴のシャープ、上告断念 無効確定へ
「IGZO」商標は無効とした知財高裁判決をシャープは受け入れ、上告を断念。無効が確定する。(2015/3/11)

金正恩がたった1人でアメリカ軍に立ち向かう風刺ゲーム 無慈悲なハッキングによりデータ消失 → 資金調達を断念
そんな内容で大丈夫か、と心配されていましたが……。(2015/1/11)

SPE、前言撤回で北朝鮮風刺映画をクリスマスに上映へ
ソニー・ピクチャーズが、上映館爆破予告を受けて中止を発表した「The Interview」のクリスマス上映を、一部の映画館で行う。VODでの提供も検討中という。(2014/12/24)

ソニー・ピクチャーズ、北朝鮮パロディ映画をお蔵入りに──Variety報道
「The Interview」の12月25日の公開を断念したSPEが、当初はビデオオンデマンドでの提供を検討していたが、「今後この映画をリリースする計画はない」と断言した。(2014/12/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。