ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立コンシューマエレクトロニクス」最新記事一覧

実装ニュース:
日立の最薄35mm液晶テレビの付属ACアダプターが不具合、原因は難燃剤の劣化
日立コンシューマエレクトロニクスは、2007〜2010年に販売した超薄型液晶テレビ「Wooo UTシリーズ」などに付属しているACアダプターに不具合があることを発表した。プラグ部の絶縁材に添加された難燃剤が大気中の水分と反応して次第に絶縁性が劣化し、通電すると発熱・発煙を起こすようになるのが原因だった。(2014/1/23)

日立の「Wooo」で本格カラオケ、「JOYSOUND.TV」スタート
日立の薄型テレビ「Wooo」向けに、本格的なカラオケを楽しめるサービス「JOYSOUND.TV」が登場。お手本の歌声が入った「ガイドボーカル楽曲」も多数用意。(2013/3/13)

日立コンシューマエレクトロニクスの液晶プロジェクター事業、6月末までに日立マクセルへ移管
日立マクセルと日立コンシューマエレクトロニクスが、液晶プロジェクター事業の強化を発表。日立コンシューマエレクトロニクスの液晶プロジェクター事業を6月末までに日立マクセルへと移管するほか、関連する2社の子会社化も行う。(2013/3/1)

注目製品/エネルギー管理:
家庭内のエネルギーを見える化、省エネ活動を支援するHEMS
日立コンシューマエレクトロニクス、2013年6月21日発売(2013/2/26)

製品ディレクトリ/エネルギー管理:
空調の制御と見える化で消費電力量節減を図るBEMS
日立コンシューマエレクトロニクス、2012年6月1日発売(2012/5/21)

従来機も無償アップデート:
アイ・オーの“RECBOX”にiVDR-S対応モデルが登場
アイ・オー・データ機器は、録画用ネットワークストレージ「RECBOX」にiDVR-S対応の「HVL-AVSシリーズ」を追加する。また「HVL-AVRシリーズ」向けのアップデートプログラムも提供。(2012/4/25)

日立CE、大会議室向きの高輝度液晶プロジェクター「8000」シリーズ
日立コンシューマエレクトロニクスは、ホールや大会議室向きとなる液晶プロジェクター「8000」シリーズ計5機種を発表した。(2012/2/29)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
日立“Wooo”「L46-S08」で作る“男の趣味部屋”
日本を訪れた外国人にいわれて初めて気づくことだが、わが国ほど高画質放送が充実している国は他にない。だからこそ画質が飛び抜けてよい、使い飽きしないデザインの美しい高級テレビがほしいと思うのである。(2012/2/23)

日立、薄型テレビ事業の事業統括機能を移管――営業主導型の運営体制へ
日立製作所は、薄型テレビ事業の事業統括機能を日立コンシューマエレクトロニクスから日立コンシューマ・マーケティンググループに移管すると発表した。(2012/1/23)

日立、テレビの自社生産から撤退
日立が薄型テレビ事業の再編を発表。テレビの自社生産は9月末までに終了する。(2012/1/23)

モバイル派に:
Wooo「GP08/XP08シリーズ」が録画番組の“スマホ持ち出し”に対応
日立コンシューマエレクトロニクスは、3月にWooo「GP08/XP08シリーズ」のソフトウェアアップデートを実施。録画番組のスマートフォン持ち出し機能を追加する。(2012/1/17)

ぜ〜んぶ録画テレビ:
自動録画に超解像、日立“Wooo”に2タイプのパーソナルサイズ新製品
日立コンシューマエレクトロニクスは、液晶Woooの新製品として、パーソナルサイズの「HP09シリーズ」および「K09シリーズ」を発表した。これで同社製テレビは全ラインアップが録画対応となる。(2012/1/17)

電子黒板機能付き超短投写プロジェクター:
プロジェクターと電子黒板が1台で――ビジネスや教育現場を革新する「CP-AW2519NJ」
日立コンシューマエレクトロニクスは、電子黒板機能を搭載した超短投写プロジェクター「CP-AW2519NJ」を2月上旬に発売する。壁や黒板などの投写できる平面さえあれば、大画面で電子黒板機能を使用できる。(2012/1/11)

「Wooo」を「iPad」で快適操作、「Wooo Remote for iPad」登場
日立コンシューマエレクトロニクスは、薄型テレビ「Wooo」をリモート操作できるiPad向けアプリ「Wooo Remote for iPad」をリリースした。録画番組一覧とリモコン機能に加え、Woooへの録画予約、放送中番組一覧、注目番組一覧などが利用可能。(2011/12/7)

日立CE、iPadでWoooの録画予約を行えるリモートアプリ「Wooo Remote for iPad」
日立コンシューマエレクトロニクスは、同社製テレビ“Wooo”専用アプリケーション「Wooo Remote for iPad」の配信を開始した。(2011/12/7)

日立CE、“机上投写”機能も備えた超短焦点液晶プロジェクター「CP-A301NJ」など2製品
日立コンシューマエレクトロニクスは、超短投写に対応する液晶プロジェクター計2製品「CP-A301NJ」「CP-AW251NJ」を発売する。(2011/11/30)

本田雅一のTV Style:
年末商戦向けテレビ総括(2) デザイン重視? 画質に技あり“Wooo”「L46-S08」
先週の続き。各社のテレビを次々に視聴していくと、意外なところで素晴らしいテレビと出くわした。日立の“Wooo”「L46-S08」である。アルミボディーを得て洗練された外観とともに、「S-LED」によるローカルディミングに注目だ。(2011/11/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4KはBDの感動を4倍以上にする? CEATEC総括
5日間でのべ17万2137人が来場し、盛況のうちに幕を下ろした「CEATEC JAPAN 2011」。国内でも4Kのスタートを印象付けるイベントとなったが、AV評論家の麻倉怜士氏はどのように受け取ったのか。詳しく話を聞いていこう。(2011/10/25)

「W52CA」「W53CA」「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」が対象:
auケータイ3機種のバッテリーパックで発煙や溶解の恐れ――約201万個を交換
auケータイ「W52CA」「W53CA」「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」のバッテリーパックに発煙や溶解の恐れがあることが判明した。KDDIはこれら3機種のバッテリーパック約201万個を回収し、交換する。(2011/9/30)

S-LED搭載:
洗練されたアルミボディー、Wooo「L46-S08」登場
日立コンシューマエレクトロニクスは、アルミボディーをまとった46V型液晶テレビ“Wooo”「L46-S08」を発表した。S-LEDを活用したユニークな節電機能も搭載。(2011/9/29)

日立、偏光方式の3Dに対応した“Wooo”「V09シリーズ」4機種を発売
日立コンシューマエレクトロニクスは、液晶テレビ“Wooo”の新製品として、偏光方式の3D表示に対応した「V09シリーズ」4機種を発表した。(2011/9/29)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
“芸術点”の高い3Dテレビ、Wooo「GP08シリーズ」で再確認したプラズマの底力
今回は、日立初の3D対応プラズマテレビ「GP08シリーズ」を取り上げよう。使いやすさに定評のある録画機能はスマートフォン連携で進化。さらに初めてとは思えない3Dの画質を見せてくれる。(2011/9/16)

iPad版「Gガイド」でテレビの視聴スタイルが変わる?
テレビやレコーダーの電子番組表「G-guide」で知られるRovi(ロヴィ)が、「App Store」でiPad用アプリ「Gガイド」の販売を開始した。iPadならではの操作性も加えたというGガイドアプリについて、詳しい話を聞いた。(2011/9/2)

iPad連携が充実:
スマートに録画する新型“Wooo”、2シリーズ6機種を発表
日立コンシューマエレクトロニクスは8月11日、薄型テレビ“Wooo”の新製品6機種を発表した。録画機能をブラッシュアップしたほか、iPhone/iPadによるリモート操作にも対応する。(2011/8/11)

製品ディレクトリ/エネルギー管理:
多店舗・他拠点企業向け省エネ支援サービス
日立コンシューマエレクトロニクス、2011年7月1日発売(2011/7/1)

KDDI、auケータイ73機種のアップデートを実施
5月12日から順次、auケータイの通話品質を改善させるなどのアップデートが開始される。(2011/5/12)

日立、“Wooo”「XP07シリーズ」購入者にカセットHDDをプレゼント
日立コンシューマエレクトロニクスは、ハイビジョンテレビ“Wooo”の新製品「XP07シリーズ」購入者を対象にカセットHDD「iVDR-S」をプレゼントするキャンペーンを実施する。(2011/5/10)

本田雅一のTV Style:
日立の録画テレビは“総力戦”、さらに熟成された“プラズマWooo”
昨年、エコポイント半減直前に私がコストパフォーマンスなら最高と伝えた日立コンシューマエレクトロニクスの“Wooo”。その後継機は、パネルなどのメジャーアップデートはないものの、それだけに熟成された印象を受ける。(2011/4/25)

日立CE、23センチの近距離設置が可能な超短投写液晶プロジェクター
日立コンシューマエレクトロニクスは、ミラー反射式を採用した超短投写液晶プロジェクター「CP-A300NJ」「CP-AW250NJ」を発売する。(2011/4/18)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
実力が試される薄型テレビ(2)――映像のダイナミックレンジ拡大とは
前編では、超解像技術の進化について解説してもらったが、この春はメーカー各社がそれぞれに特長のある個性的な製品を相次いで発表している。春の新製品と2010年の市場トレンドについて、AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらった。(2011/4/4)

NHKのBS再編に関連:
日立、液晶テレビ「L32-C05」のソフトウェアアップデートを実施
日立コンシューマエレクトロニクスは、NHKのBS放送再編後に同社液晶テレビの「L32-05」が、一部のリモコン操作により不具合が発生すると発表した。その対策として、ソフトウェアのアップデートを実施する。(2011/4/1)

3Dテレビと映画館で共用できる3Dメガネ仕様「M-3DI」
パナソニックとXPAND 3Dは3月29日、家庭用3DテレビとXpanD方式の映画館で共用できるアクティブシャッター式3Dメガネの共通仕様「M-3DI」を発表した。(2011/3/29)

スマートグリッド:
日立コンシューマエレ、省エネ支援サービス事業を7月開始
環境配慮型生活インフラ事業として、今後の本格的な需要の拡大を見込んで多店舗・多拠点企業向けの省エネ支援ASPサービス事業に参入する。 (2011/3/16)

レコーダー並み?:
日立、録画機能充実のWoooハイエンドモデル「XP07シリーズ」
日立コンシューマエレクトロニクスは、薄型テレビ“Wooo”の新製品として、ハイエンドモデルの「XP07シリーズ」を5月中旬に発売する。(2011/3/16)

日立、“Wooo”録画テレビ「HP07」など3シリーズ発表
日立コンシューマエレクトロニクスは、デジタルハイビジョンテレビ“Wooo”の新製品3シリーズ9機種を発表した。(2011/1/6)

日立、前方排気のモバイル型プロジェクターなど9モデル
日立コンシューマエレクトロニクスは、業務用液晶プロジェクター9機種を1月12日に発売する。(2010/12/13)

日立CE、超短投写に対応したLCD液晶プロジェクター「CP-D30NJ」
日立コンシューマエレクトロニクスは、超短投写を可能とした高輝度液晶プロジェクター「CP-D30NJ」を発売する。(2010/9/15)

Wooo 「ZP05シリーズ」を山本浩司が斬る!:
PR:かつてない漆黒と輝く白、新開発「S-LED」が実現した“光のコントロール”とは
「S-LED」(スリムブロックLEDパネル)と呼ばれる新型パネルにより、目の覚めるようなコントラスト表現を獲得した日立の<S-LED>Wooo ZP05シリーズ。この「S-LED」を細かく見ていくと、興味深い事実が浮かび上がる。AV評論家・山本浩司氏が、「S-LED」の仕組みと映像表現を詳しく紹介する。(2010/9/10)

エッジ型と直下型のいいところ取り:
光を操る「S-LED」搭載、Wooo「ZP05シリーズ」登場
日立コンシューマエレクトロニクスは、独自の「S-LED」パネルを搭載した液晶テレビ“Wooo”「ZP05シリーズ」を10月中旬から順次発売する。新しいIPS αパネルに“スリムブロック型”LEDバックライトを組み合わせ、メリハリのあるコントラスト表現を可能にしたという。(2010/9/9)

日立CE、ビジネス/教育現場向けの超短投写プロジェクター計2製品
日立コンシューマエレクトロニクスは、小型軽量デザインを採用した超短投写対応の液晶プロジェクター「CP-AW100NJ」「CP-D20J」を発売する。(2010/7/14)

写真で見る「beskey」
auの「beskey」は、同梱される3種類のキーパッドから、自分のキーの打ち方に適したキーパッドを選ぶことができる防水ケータイ。デコレーション絵文字を簡単に呼び出す機能や宛先の複数選択など、メールを作成しやすくするための多彩な機能を搭載している。(2010/6/7)

キーが変えられる「beskey」とKCP3.0採用「REGZA Phone T004」、6月4日発売
auの2010年夏モデル「beskey」と「REGZA Phone T004」の販売が6月4日から始まる。発売日が明示されていない地域でも、まもなく販売される予定だ。(2010/6/3)

オーディオ処理技術:
スピーカ補正の音響パワーイコライザ技術、テレビの複数機種が採用
(2010/5/27)

LEDバックライト:
“Wooo”のダブル録画モデル「XP05シリーズ」に液晶42V型を追加
日立コンシューマエレクトロニクスは、薄型テレビ“Wooo”のダブル録画モデル「XP05シリーズ」に液晶42V型を追加、6月下旬から発売する。(2010/5/18)

写真で解説する「EXILIMケータイ CA005」
防水という新たな強みを備えながら、EXILIMケータイとして最薄の14.5ミリボディを実現した「EXILIMケータイ CA005」。カメラは有効約1295万画素に高画素化し、高速連写などの特殊撮影機能をさらに充実させた。また、ケータイとしての基本的な使い勝手が向上している点も見逃せない。(2010/5/17)

3種類の選べるキーパッドでケータイを“打ちやすく”カスタマイズ――「beskey」
auから登場した「beskey」は、形状の異なる3種類のキーパッドを同梱し、自分のキーの“打ち方”に適したキーパッドを選べるのが最大の特徴だ。(2010/5/17)

3種のキーパッドを付け替えられるau「beskey」 写真でチェック
au夏モデルには、好みに合わせて3種類のキーパッドを付け替えられる「beskey」(ベスキー)をラインアップした。(2010/5/17)

全機種防水、キー交換、13Mカメラ、高速「KCP3.0」――au 2010年夏モデル10機種を発表
KDDIが2010年夏モデルを発表した。今回は全10機種とも防水機能を備えているほか、カメラ機能や映像機能に注力したモデルや、キーパッドを交換できる機種、ソーラーパネル搭載機をラインアップ。チップセットに1GHzの「snapdragon」を採用した新プラットフォーム「KCP3.0」を導入したモデルも投入する。(2010/5/17)

組み込み技術:
【ESEC 2010】日立ソフトがデータベース搭載テレビを展示
(2010/5/12)

日立の薄型テレビ「Wooo」を買ってTポイントをゲット
日立コンシューマエレクトロニクスとカルチュア・コンビニエンス・クラブは、日立の薄型テレビ「Wooo」」XP05/HP05/H05シリーズを対象としたTポイントサービスを開始すると発表した。(2010/4/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。