ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イチロー」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローが「日本人のアイデンティティー」にこだわる理由
マーリンズのイチロー外野手が「日米通算」でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打4256本の記録を塗り替えようとしている。2001年から大リーグでプレーし、数々の記録を塗り替えてきたイチローのモチベーションはどこにあるのか。(2016/6/15)

「五郎丸ポーズ何の意味もない」女性博士が語る開発秘話……「験担ぎではありません」
「五郎丸ポーズ」を五郎丸選手とともに作り上げたのが、日本代表のメンタルコーチを約3年半務めた荒木香織教授だ。荒木氏に開発秘話を聞いた。(2016/5/6)

任天堂、マリナーズ株式を売却へ 筆頭オーナー降りる
任天堂がシアトルマリナーズ運営会社の株式の一部を売却へ。(2016/4/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
周囲の人間はどう見ているのか イチローと本田圭佑のスゴさ
日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。イチローと本田圭佑選手だ。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声などを取材したところ……。(2016/4/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「イジメ」「逆風」に屈しなかったイチローのスゴさ
大リーグのイチローが金字塔を打ち立てようとしている。メジャー通算3000本安打まで残り65本、日米通算でいえば、最多安打を誇るピート・ローズ氏の4256安打にあと43本。「やっぱりスゴいなあ」と思われたかもしれないが、そのイチローも海を渡った直後は苦労を味わっていた。それは……。(2016/3/24)

今井優杏のエコカー☆進化論(22):
デザインの賛否は分かれても……新型「プリウス」はスーっと加速してキモチイイ
トヨタ自動車が2015年12月9日に発売した新型「プリウス」を街角で見かける機会が増えてきた。納車を待つ方や、デザインの違和感が気になる人に向けて、筆者の今井優杏氏が新型プリウスの完成度をお伝えする。(2016/3/8)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第63回:
卓球とは100メートル走をしながらチェスをするようなスポーツである! 掛丸翔「少年ラケット」の面白さ
卓球少年だった社主も納得の面白さ。(2016/2/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
ベースボールの“情報漏洩事件”から見えるスポーツのサイバースパイ
2014年、米大リーグで情報漏洩事件が発生し、全米で話題になったことをご存じだろうか。カージナルスの幹部がライバルチームの情報を盗んでいたことが明らかになったわけだが、彼はどのようにしてハッキングを行ない、極秘情報を盗みとったのか。(2016/1/14)

「ライチ☆光クラブ」俳優が公開収録イベントで新成人にエール 「同世代を大切にしてほしい」
それぞれの思いが込められた書き初めも披露されました。(2016/1/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
まだ間に合う、やはり小久保監督は辞任すべき
初の国際大会「プレミア12」で、日本代表の侍ジャパンは3位に終わった。大会前から「世界一を獲る」とぶち上げ続けていた小久保監督に対し、批判が集中。ネット上では今も沈静化する気配はまったくない。(2015/11/26)

東京モーターショー2015:
イチローが代弁する豊田章男氏の志「後退も成長に向けた大切なステップ」
「東京モーターショー2015」のプレスブリーフィングで最も報道陣を集めたトヨタ自動車。同社社長豊田章男氏のスピーチのゲストにプロ野球選手のイチロー氏がサプライズ登場し、「後退も成長に向けた大切なステップ」などと自身のアスリートとしての信念を述べた。豊田氏の考えるクルマづくりや企業経営の姿勢を代弁した形だ。(2015/11/4)

Weekly Access Top10:
2年に1度の遊園地
東京モーターショーは、近未来を予感させる“夢の国”でした。(2015/11/2)

東京モーターショー2015:
マツダのロータリー「RX-VISION」、トヨタのコンパクトFR「S-FR」 次世代占うスポーツカーが競演
「RX-VISION」(マツダ)と「S-FR」(トヨタ)など、次世代のスポーツカーが「東京モーターショー2015」に集結。(2015/10/28)

どこまでオープンにし、どこまでクローズドにするかがオープンイノベーションの経済学
うちの会社の商品はなぜ売れないのか。理由は、簡単で良くないからである。良い、悪いを決めるのは企業の視点ではなく、顧客の視点である。顧客により良い価値を提供するためには、外部の技術やアイデアを活用するオープンイノベーションが有効になる。(2015/10/26)

イチロー選手がメジャーでまさかのピッチャーデビュー 最速143キロの好投を披露
やっぱりイチローがナンバーワン!(2015/10/5)

宇宙ビジネスの新潮流:
今、シアトルが宇宙ビジネスで熱い!
日本人にとっても馴染みのある米国・シアトル。この都市が今、宇宙ビジネスで大きな注目を集めているのをご存じだろうか?(2015/8/7)

「仕事人」か「会社人」:
日本人選手に決定力がないと言うあなたに
スポーツの世界では「日本は組織力に優れているが、個人の力となるといまひとつぜい弱で、大事なところで勝ちを逃す」といったことがよく言われている。では、自分自身は「個として強い職業人」なのか。考えてみたところ……。(2015/7/14)

世界1万人以上の女の子を笑顔にした日本人女性、知っていますか?
(2015/6/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ田中将大はメジャーでも通用しているのか
野村監督から「マー君 神の子 不思議な子」と言われた、田中将大投手が大リーグでも活躍している。昨季は途中で戦列を離れたが、ここまでしっかり結果を残している。その理由について、地元メディアは……。(2015/6/18)

理想の男性上司「松岡修造さん」が初のトップ
あなたにとって理想の上司は誰ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ、男性上司1位はスポーツキャスターの「松岡修造さん」が昨年の6位から上昇していることが、産業能率大学の調査で分かった。(2015/4/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
新天地でも“転校生”ではない、イチローのハイレベルな「EQ」
メジャー15年目のシーズンを迎えたイチロー選手は、今季から新チームに合流。新天地なので苦労するのでは? と思いきや、チームメートと楽しそうに会話をしている。“転校生”のような立場なのに、なぜすぐにチームに溶け込むことができたのか。(2015/4/9)

新連載・水曜インタビュー劇場:
バーモントカレーが、中国で売れている秘密
ハウス食品の看板商品「バーモントカレー」が、中国で売れている。中国では白いご飯の上にカレーをかけて食べる習慣がなかったのに、どのようにして普及させたのだろうか。同社・国際事業部の担当者に話を聞いたところ……。(2015/4/1)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
41歳のイチローは「外野4番手」? まだ決まっていない
マーリンズ・イチローが正式に誕生した。チームの外野にはメジャーリーグを代表する選手がそろっているので、イチローは「4人目の外野手」と言われているが、本当にそうなのか。(2015/2/5)

ヤンキースの背番号に隠された秘密
メジャーリーグにまつわるマニアックな裏話。(2015/1/8)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
Business Media 誠 年間アクセスランキング〜2014年編
2014年もあと数時間で終わり。御嶽山噴火などの自然災害や、STAP細胞やゴーストライター騒動などの「ウソ」が話題になることが多かった今年、Business Media 誠でもっとも多く読まれた記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2014/12/31)

ネジも専用:
写真で解説する“採算度外視”なFirefoxスマホ「Fx0」
KDDIが国内キャリアとして初めて発売したFirefox OS搭載スマホ「Fx0」。田中プロ自らが「ギーク向けで採算度外視」と紹介する超個性派モデルに触ってみた。(2014/12/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
2年半の摩天楼生活で、イチローがヤンキースの面々に見せた“流儀”
ヤンキースのイチローが、来季から新天地でプレーすることになりそうだ。現場で一緒に戦ってきた他の選手たちは、彼についてどのような印象を持っているのだろうか。チームメートに取材したところ、意外な言葉が……。(2014/12/4)

ICHIROYAのブログ:
小さな会社を10年やってきて学んだ5つのこと
マーケットの変化や社内外の人間関係といった仕事を取り巻く状況について、起業したからこそ、よりリアルな経験を紹介。会社勤めをしている人にも、思い当たるふしがあるのではないだろうか。(2014/10/10)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第2回 「基本統計量」と「グラフ」を使えばデータは丸裸にできる!
いきなりデータを分析するのは手ぶらで樹海に乗り込むのに等しい。例えばエクセルを使うだけで、今まで見えなかったデータの切り口が出てくる。その鍵は「基本統計量」と「グラフ」にある。(2014/9/30)

最終回・上阪徹が探る、リクルートのリアル:
リクルートの最年少役員が語る、求人サイト「indeed」買収の舞台裏
外資系企業とのM&Aは難しいと言われているが、なぜリクルートは米国で生まれた世界最大の求人サイト「indeed」の買収に成功したのか。M&Aを仕掛けたのは、リクルートホールディングスの最年少執行役員・出木場久征氏。彼に当時の話を振り返ってもらった。(2014/7/4)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
つまらなそうな仕事を楽しむコツ
なんの苦労もなく仕事をしている人のほうが楽しそうに見えますが、そうでしょうか? イチロー選手は苦労した方が楽しいと語っています。その理由とは……?(2014/6/24)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月26日〜6月1日):
今年の梅雨は長くなる?
先週のBusiness Media 誠は、メジャーリーグ関連の記事に人気が集まりました。通信サービスのクーリングオフ制度についての解説記事も注目です。(2014/6/6)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
マー君やダルビッシュが活躍する裏で、期待される活躍ができずに米国で迷走する二人の現役日本人プレーヤーがいる。アスレチックスの中島内野手、カブスの藤川投手。この二人の現状を知り、改めて私たちビジネスパーソンに通じる教訓としよう。(2014/5/29)

君を成長させる言葉:
僕は天才ではありません――イチロー
成功するのは、天才だからではないのです。(2014/5/29)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/28)

ブログで話題のアスリート、1位は浅田真央選手 アメブロ7年分11億件を分析
過去7年分のアメーバブログの約11億件の記事で最も多く言及されていたアスリートは、フィギュアスケートの浅田真央選手だった。(2014/4/25)

新入社員に聞く、理想の上司はどんな人?
理想の上司はどんな人ですか? この春就職した新入社員に、理想の男性上司を聞いた。産業能率大学調べ。(2014/4/23)

仕事をしたら“珍しい花”を見つけた(後編):
全く興味がなかったのに、なぜ「花の魔力」に取りつかれたのか
世界中の珍しい花を採りつづける――職業「プラントハンター」。あまり聞き慣れない仕事をしている西畠清順氏は学生時代、花には全く興味がなかったという。しかし、ある山を登って、そこで目にしたものは……。(2014/4/16)

誠 Weekly Access Top10(2014年3月31日〜4月6日):
社内最後の“XP戦士”、PC移行に大苦戦
今回のランキングは、国際情勢について触れた記事がトップに。メジャー14年目を迎えたイチローの年俸に触れた記事も上位に入りました。(2014/4/11)

なかなか見えないアイツに恐怖 映画「ゴジラ」の最新予告がゾクゾク
その全体像は謎に包まれたまま……。(2014/4/8)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
年俸6億5000万円は、本当に「高い」のか? ベテラン「イチロー」の価値
天才バッターが岐路に立たされている。新戦力下のヤンキースでは「開幕スタメン落ち」で「外野手の5番手」という扱い。ただ、一方では「他のどんな選手にも勝る」と高い評価を受けている。この“ベテランの価値”をビジネスの現場になぞらえながら再認識しよう。(2014/4/3)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
「侍ジャパン」を常設化するもサポートが足りない日本野球機構
日本人メジャーリーガーを呼んで「日米野球」を2014年11月に開催したいと発表した日本野球機構。だが、具体案を聞くと、そもそも実現するかどうかは今後の交渉次第だという。なぜ、このタイミングで発表したのだろうか?(2014/3/6)

著名人も虜になった「5つの感動実話」
短いけれど、1つ1つが人間の強さや優しさを感じさせてくれる物語を収録した書籍『心に響く小さな5つの物語』を紹介します。(2014/3/4)

海老蔵も絶賛 実話を元にした5つの掌編が話題に
少年を立ち直らせた母の真意とは? 人間が大きく羽ばたく瞬間をとらえた掌編集『心に響く小さな5つの物語』の内、その1エピソードを紹介します。(2014/2/20)

転機をチャンスに変えた瞬間(12)〜野球審判員 平林岳:
人生には、失敗なんてない!
40歳を過ぎてなおチャレンジし続ける平林さん。そんな彼が好きな言葉は「やってみなければ分からない」だ(2014/1/31)

発想をカタチにする技術:
30歳過ぎまでさえなかった、「あまちゃん」ディレクターの仕事術
NHKで「サラリーマンNEO」や「あまちゃん」を担当したディレクターが、企画やアイデアの作り方、特に、新しいアイデアをいかに多くの人に受け入れてもらうか、そのコツをまとめました。(2014/1/23)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロスポーツ選手の活躍を陰で支える通訳という存在
セリエAのACミランに入団した本田圭佑選手についてチーム幹部は「ホンダは専属通訳を付けない」と語った。世界で活躍するプロスポーツ選手にとって専属通訳の存在意義とは?(2014/1/9)

一流の働き方:
周りに流されるぐらいなら「孤立」を選ぶ
一流の人間はやる気をなくしてしまう状況でもへこたれることがない。むしろ、それをチャンスと受け止め、新たな自分への変化のときと考えるのだ。(2013/12/12)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
珍言連発の原辰徳監督は「名将」か、それとも「迷将」か?
現役時代は「若大将」、監督になれば実績はすでに王、長嶋を超えている。にもかかわらず、名監督と認められないのが原辰徳という人物だ。なぜなのか?(2013/12/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。