ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インフルエンサーマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフルエンサーマーケティング」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
「インフルエンサー・ホイホイ」9選、思わずシェアしたくなるアイテムは?――LIDDELL調べ
インフルエンサーマーケティングを行うLIDDELLは、インフルエンサーが喜ぶ鉄板アイテムやシーンを調査した「インフルエンサー・ホイホイ」の2018年版を発表シました。(2018/8/10)

今日のリサーチ:
過半数の企業がインフルエンサーを活用、フォロワー数1万〜10万人規模が人気――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは、マーケティング活動におけるインフルエンサーの活用状況に関する調査を実施。その結果を発表しました。(2018/6/26)

コスプレイヤーさんをマネジメントするブランド「レラブル」誕生 プロデューサーは人気レイヤーの宮本彩希さん
活躍の場が広がりそう。(2018/6/15)

山口義宏がマーケティング賢人と語る:
ナイキジャパンからアダストリアへ移って学んだこと――久保田 夏彦氏:前編
ナイキジャパンで「NIKE.jp」や「NIKE iD」の立ち上げを担い、2016年に「グローバルワーク」「ニコアンド」など多数のブランドを展開するアダストリアに転じた久保田 夏彦氏に、ブランド戦略コンサルタントの山口義宏氏が聞く。(2018/5/28)

こんな企業が嫌われる:
残念な企業の口コミマーケティングはどこがまずいのか? インフルエンサーが本音を語る
インフルエンサーを困らせる口コミ依頼とはどういうものか。逆にどう接すれば喜んでもらえるのか。インフルエンサーが本音を語った。(2018/5/22)

企業からニーズが多かった依頼を実施可能に:
インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」が機能拡充
LIDDELLは、同社のインフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」に、「Instagram ストーリーズ」機能やハイライト、リポスト、カルーセルなどタイアップ広告のプラン拡充した。(2018/5/7)

「SNKRS アプリ」が日本上陸:
Nike ロン・ファリス氏が語る「マーケティングの未来」とは?
デジタルコミュニケーションで顧客の心をつかむNikeならではのやり方とは何か。Nikeニューヨーク・デジタル・スタジオ「S23NYC」ジェネラルマネージャーのロン・ファリス氏が語った。(2018/4/13)

広告事業が好調:
UUUM、今期予想を上方修正 営業益が従来予想比1.5倍に
UUUMが、2018年5月期(17年6月〜18年5月)の通期業績予想を上方修正。広告事業が好調に推移したためという。今後は海外事業をさらに強化する方針だ。(2018/4/13)

メルカリとUUUMに学ぶ:
進化する「インフルエンサーマーケティング」最前線
インフルエンサーマーケティングが注目を浴びている。早い段階から取り組んできたメルカリと、インフルエンサーをプロデュースするUUUMが見る“最前線”とは?(2018/4/10)

特定の事物の投稿をしているインフルエンサーを検索:
画像解析技術で投稿画像からインフルエンサー検索、「iCON Suite」に新機能
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」に「クリエイティブ検索機能」を提供開始した。(2018/4/4)

固定給とボーナスを支給:
セブン‐イレブンが募集する「年収711万円のお仕事」
セブン‐イレブン・ジャパンが年収711万円である業務を担う人材を募集している。日本に住む20歳以上の健康的な人ならば基本的に誰でも応募できる。週に1回、あることをするのが日常業務というが、どんな内容なのだろうか。(2018/4/3)

4月1日のプレスリリース:
「サイバービージェント設立」他、2018年のデジタルマーケティング系 #エイプリルフール “やらかし”まとめ
毎年この日に行われる業界の慣例であり企業カルチャーのリトマス試験紙ともいえるエイプリルフール企画。マーケ×ITの領域から気になるネタを拾ってみました。(2018/4/1)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
YouTuberのタイアップ起用ランキング、売れっ子の基準は?──サイバーエージェント子会社とエビリーが調査
テレビCMの出演社数はタレントの人気を占う1つのバロメーター。そのYouTuber版といえるのがタイアップ動画起用社数。2017年の動向は?(2018/3/20)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
インフルエンサーの強みはフォロワー数にあらず――高村彰典氏
SNSで影響力のある投稿者「インフルエンサー」の力を借りたマーケティング活動に高い関心が寄せられている。インフルエンサーが企業にもたらす価値とは何か。サイバー・バズ代表取締役社長の高村彰典氏が語る。(2018/2/8)

「WELQ後のSEO」「横浜DeNAのマーケティング戦略」他:
2017年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2017年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2017/12/29)

流行語大賞「インスタ映え」とは何だったのか 2017年を振り返る
2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれた。世代を問わず注目を集めた言葉だが、実際にはどのようなことが起きていたのか。(2017/12/27)

イベント×ソーシャルメディア:
「ビールが注げる蛇口」×インフルエンサー、かまぼこの老舗「鈴廣」の狙い
小田原・箱根エリアで人気のクラフトビール「箱根ビール」20周年を記念して、販売元であるかまぼこブランドの「鈴廣」が「イベント×ソーシャルメディア」施策を展開した。老舗とインフルエンサーの意外な親和性とは?(2017/12/22)

限定ライブ配信も可能:
インフルエンサーの会員制ファンコミュニティー形成を支援、THECOOが「fanicon」を提供
THECOOは、ファンコミュニティーアプリ「fanicon」の提供を開始した。(2017/12/8)

インフルエンサーマーケティングの広がりに対応:
WOMJが「クチコミマーケティングに関するガイドライン」を改定、ハッシュタグによる便益明示など定める
WOMマーケティング協議会は「クチコミマーケティングに関するガイドライン」を5年ぶりに改定した。【訂正】(2017/12/5)

D2Cと資本業務提携:
BNK48が登場、東南アジアのインフルエンサーマーケティング企業「Gushcloud」が日本法人を立ち上げ
D2CとGushcloud Japanは、Gushcloud Japanのオープニングイベントを開催。女性アイドルグループ「BNK48」のメンバーなど、東南アジアのインフルエンサーも登壇した。(2017/11/13)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
YouTuberヒカル氏らが所属する「VAZ」、純損失5700万円
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/19)

「Domo Japan Launch」開催:
マーケティングのサイロ化をどう乗り越えるか――「データの透明性」が会社を救う
「Domo Japan Launch」の基調講演およびDomoでCMOを務めるシェーン・アッチソン氏のインタビューから、レポーティングツールを超えた経営の武器としてのBIの意義を考える。(2017/10/18)

トップインフルエンサーからナノインフルエンサーまで採用可能:
アライドアーキテクツ、インフルエンサー事業を本格開始
アライドアーキテクツは、インフルエンサー事業を本格開始した。(2017/10/3)

コンテンツ制作からデジタルマーケティングまでトータルで展開:
東北新社がトレンダーズと業務提携
東北新社はトレンダーズとコンテンツマーケティング領域における業務提携を開始した。(2017/10/2)

女性消費者へのリーチとエンゲージメント最大化へ:
宝島社の女性誌公式Instagramアカウントとマイクロインフルエンサーの同時タイアップ投稿、THECOOが提供開始
THECOOは宝島社と提携し、女性誌『sweet』『mini』などのInstagram公式アカウントとマイクロインフルエンサーとの同時タイアップ投稿を行うパッケージを提供開始した。(2017/9/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グリー買収の3ミニッツ、売上12億円も3.6億円の赤字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/4)

アップルPickUp!:
Appleオリジナル番組「Planet of the Apps」が面白いのに全然注目されていない件
日本語字幕もあります。(2017/8/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
PRのポイントは「買う理由」をつくる――中身は同じでも包みの工夫で商品は売れる!
もはや、「商品力」や「宣伝力」だけでものは売れない時代である。そこで重要になるのは、いかに消費者に「買う理由」を提供するかだ。「買う理由」をつくりだす6つの法則を紹介する。(2017/8/28)

1年以内には1万人限定のサービスへ:
インフルエンサーマッチングの「SPIRIT」、優良インフルエンサーのみのネットワーク構築へ会員数を2万人に制限
LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」において登録インフルエンサーの質を保つ目的で会員数に上限を設けることを発表した。(2017/8/23)

ヒカキンさんら所属:
YouTuberプロダクション「UUUM」、マザーズ上場へ
YouTuberのヒカキンさんらが所属するマネジメントプロダクション「UUUM」がマザーズ上場へ。(2017/7/27)

アパレルブランド「#FR2」とコラボ:
「ステマ撲滅Tシャツ」、インフルエンサーマーケティングのLIDDELLが限定発売
LIDDELLは、アパレルブランド「#FR2」とのコラボレーションにより「Influencers alive」「Stealth marketing kills」という2種のメッセージTシャツを販売開始する。(2017/7/10)

週刊「調査のチカラ」:
「ポスト真実」時代の情報収集はどうなっている?
2017年も後半に突入。時の流れの速さがウソであってほしいと思う今日このごろ。真実を知りビジネスを加速させてくれそうな調査レポートを紹介します。(2017/7/1)

広告商品とより親和性の高いインフルエンサーを抽出:
THECOO、「iCON Suite」にインフルエンサーとフォロワー双方の興味関心データを提供
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」において「インフルエンサー及びフォロワーの興味関心データ」を提供開始する。(2017/6/27)

「CMO Japan Summit 2017」レポート:
スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャパン長見 明氏の講演の内容をダイジェストでお届けする。(2017/6/28)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第2回:
本田哲也×佐藤尚之:「人が動く」とはどういうことか? コミュニケーションのプロと語る
インターネットとSNSの浸透で個々人の興味はさらに細分化されていく中、企業はどのように消費者とコミュニケーションすべきか。戦略PRのプロとコミュニケーションのプロが語る。(2017/6/23)

インフルエンサーマーケティングの効果を最大化:
インフルエンサーの投稿写真から広告バナーを制作、THECOOとクリエイターズマッチがサービス提供
THECOOとクリエイターズマッチは事業提携し、インフルエンサーマーケティングの一環としてインフルエンサーが投稿した写真から広告バナーを制作するサービス「Adgenic」の提供を開始した。(2017/6/14)

【連載】インフルエンサーマーケティングの効果を可視化する 最終回:
「流行りものだから取りあえずInstagram」などと安直にメディアを選んでいませんか?
InstagramかYouTubeか、それともTwitter? 最終回となる今回は、インフルエンサーの効果を最大化する「プレースメント」について考えます。(2017/5/29)

ファッション誌を中心に:
集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入
集英社はインフルエンサーマーケティング事業に参入すると発表した。出版社ならではの強みを生かして発信力のあるインフルエンサーがソーシャルメディア上で各企業の商品やサービスを投稿し、拡散を図る。(2017/5/24)

「Seventeen」モデルなど、SNSで商品宣伝 集英社が“インフルエンサー”事業参入
集英社のファッション誌で活躍するモデルなどが、SNS上で商品やサービスを紹介する。(2017/5/24)

ターゲティングから運用、効果測定までワンストップで支援:
ソーシャルリスニングのMeltwaterがインフルエンサーマーケティングツール「expaus」を販売開始
Meltwater Japanは、インフルエンサーマーケティングツール「expaus」を提供するLxgicとパートナー契約を結び、同ツールの販売を開始したと発表した。(2017/5/19)

【連載】インフルエンサーマーケティングの効果を可視化する 第2回:
インフルエンサーの表現力を引き出すオリエンテーション、「伝え方」のポイントは?
存在するだけで影響を与えるインフルエンサーだが、そのパワーを最大限に引き出し最良のクリエイティブを作り出してもらうには商品への理解が大切。そこで重要になるのがオリエンテーションだ。好評連載第2回。(2017/5/15)

【連載】インフルエンサーマーケティングの効果を可視化する 第1回:
「フォロワー数が全て」の何が間違っているのか?
定量的に見えにくいインフルエンサー施策の効果をどう評価していけばよいのか。「エンゲージメント」を築いた先に何があるのか。「バズの法則」を知りつくすエキスパートが解説する。(2017/5/1)

インフルエンサー起用プロモーションの増加受け:
HIKAKIN所属のUUUM、インフルエンサーのキャスティングサービスを開始
HIKAKINなど人気YouTuberのマネジメントとインフルエンサーマーケティング事業を手掛けるUUUMは2017年4月20日、インフルエンサーキャスティングサービス「BUUUM」をリリースした。(2017/4/21)

「Instagram」で獲得した「いいね」「コメント」数の推移を日時で可視化:
インフルエンサーマーケティングツールの「iCON Suite」に有償プレミアム版
THECOOはインフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」の有償プレミアム版を提供開始した。(2017/4/14)

インフルエンサーのマネジメントを実施:
THECOOと吉田正樹事務所、インフルエンサープロダクション「HUITMORE」を設立
インフルエンサーマーケティングを手掛けるTHECOOは2017年3月9日、吉田正樹事務所との共同出資によりインフルエンサープロダクション「HUITMORE(ユイモア)」を設立したと発表した。(2017/3/9)

オンラインタレント育成へ:
HIKAKINなどYouTuber所属のUUUMが松竹芸能と業務提携
HIKAKINやはじめしゃちょーなどトップYouTuberのマネジメントを手掛けるUUUMは松竹芸能とオンラインタレント育成を目的に業務提携した。(2017/3/7)

第1弾サービスはYouTuber活用パッケージ:
アライドアーキテクツとVAZ、若年層向け動画マーケティング支援で協業
アライドアーキテクツとVAZは、若年層に向けた動画マーケティング支援事業を共同で推進すると発表した。(2017/2/8)

「MINE BY 3M」を傘下に:
グリー、動画マーケティングの3ミニッツを子会社化
グリーは動画マーケティングなどを手掛ける3ミニッツの株式を取得し、子会社化すると発表した。(2017/2/3)

Instagramに特化:
インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」がのべ2000万フォロワー突破
レモネードは、Instagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE」において、国内のインフルエンサーが抱えるフォロワー数がのべ2000万人を超えたことを発表した。(2017/1/17)

インフルエンサーマーケティング新時代:
「マイクロインフルエンサー」のビッグな訴求力に注目せよ
影響力のある個人の情報発信が消費にレバレッジをかける。いわゆる「インフルエンサー」と組んだマーケティング活動が注目されて久しい。スマホ時代に進化するインフルエンサーマーケティングの新潮流とは?(2017/1/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。