ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「相続」最新記事一覧

株価上昇と生前贈与の推進がカギ:
資産1億円超の「富裕層」が増加中、なぜ?
1億円以上の資産を持つ富裕層が日本社会で増加している――NRI調べ。(2016/11/28)

マネーの達人:
社長、それでも自分の「給料」上げますか?
業績が好調だと役員報酬も上げたくなります。でも、ちょっと待ってください。給料を上げる前に、2人の経営者の会話を聞いてみましょう。(2016/11/14)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
父・家康とは対照的 側室は一人もいなかった徳川秀忠はマジメ?
偉大な父親、徳川家康の陰であまり目立たない存在だった2代将軍・徳川秀忠。一人の側室も持たず、マジメキャラのイメージがありますが、実際には……?(2016/10/22)

3人の主人公:
テレビドラマもびっくりの修羅場 お家騒動の大戸屋HD「お骨事件」とは
定食店「大戸屋ごはん処」を中心に飲食事業を展開している大戸屋ホールディングスで創業家と会社側の対立が続いている。3日に公表された第三者委員会の調査報告書には、まるでテレビドラマに出てくるような“内紛の修羅場”が描かれていた。(2016/10/19)

「不動産売却、ネットだけで完結は困難」 不動産大手6社が専門ポータルサイト
不動産流通大手6社が不動産売却専門のポータルサイトを開設した。(2016/10/7)

マークシート式の試験に運だけで挑戦! 「鉛筆ころがし」でキセキは起こせるのか検証してみた - PR
俺は「鉛筆ころがし」の力を信じる。(2016/9/30)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

FM:
老朽化不動産を強くもうかる資産に「再生」、旧耐震基準も対応
三井不動産は老朽化不動産の再生コンサルティングサービスを開始した。老朽化した住宅や建築物の耐震化が進まないことが問題となっているが、その要因となっている高額な改修費用や資金調達、投資回収を含めた採算性の課題解決をまとめてサポートする。実際の改修は青木茂建築工房の「リファイニング建築」の手法を活用し、建て替えの70%程度のコストに抑える。(2016/9/2)

世界を「数字」で回してみよう(33) 人身事故:
鉄道人身事故に打つ手なし!? 数字が語るその理由
鉄道への飛び込みはどうもお手軽らしい。それは前回、明らかになりました。もしかすると鉄道会社はそれを体感的に知っているのかもしれません。対策を取ろうとは、しているのです。ところが、これは遅々として進みません。なぜか――。その理由は、ちゃんと数字が伝えてくれているのです。(2016/8/24)

「売れる商品」の原動力:
考えていることを「見える化」する
ブランドビジョンを全員が共有するにはどうすればいいのでしょうか。モチベーションにつなげるためにもトップダウンで落とすのではなく、できるだけ多くの人がビジョン作りに参加することが理想的です。(2016/8/19)

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

話題の女優・森川葵、ぐんにゃりし過ぎてダンゴムシになる
「座椅子みたい」「ガラケーみたい」「森の妖精みたい」と人以外の何かを連想した人多数。(2016/6/21)

週刊「調査のチカラ」:
コミュニケーションロボットによる接客、約半数が「抵抗はない」
子どもの時間の使い方の今昔からコミュニケーションロボットやVR(バーチャルリアリティ)など注目の新技術まで。時代を越えたトピックの数々を調査データで振り返ります。(2016/6/11)

マネーの達人:
空き家を放置すると、どのような事態がおきるのか?
近年、空き家問題はますます深刻化しています。もし、実家を相続することになった場合、どうすればよいのでしょうか。(2016/5/17)

マネーの達人:
空き家対策法の次は「空き地・空き部屋問題」の対策が必須
社会の高齢化に伴い、空き家・空き地問題が深刻化しています。(2016/5/3)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
国内住宅の40%が空き家になる? それでも「空き家ビジネス」が難しい理由
“民泊”を筆頭に盛り上がりを見せつつある「空き家ビジネス」。今後数十年で多くの国内住宅が空き家になると見込まれる一方、日本ならではの課題もある。そのポイントを分析してみたい。(2016/4/25)

半径300メートルのIT:
例えば私が明日、この世に存在しなくなったら
銃乱射事件の容疑者が持っていたiPhoneのロックを解除するか否かの議論が注目を集めましたが、同じロック解除の話でも私が気になったのは、「死んだ息子のiPhoneに残っている写真を見たいからロックを解除してほしい」という親の訴えでした。(2016/4/12)

マネーの達人:
入社したら勤務条件が違っていた――そんな場合の対処法
「手取りでも20万円は固いと言われたのに」「残業がないと聞いていたのに」――。いざ働いてみると、開示された雇用条件と異なる場合があります。今回は、入社後の労働条件のトラブルとその対処法について紹介します。(2016/3/29)

今年は「ふるさと納税」の扱いに注意――確定申告初心者が陥りやすいミスは?
今年の確定申告は「ふるさと納税」の変化に注意――確定申告初心者が陥りやすいミスや注意点をまとめたアンケート結果をマネーフォワードが発表した。(2016/2/5)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
離婚で共有名義のマンションを売却 確定申告はどうする?
離婚で共有名義のマンションを売却。所得として確定申告しなくてはいけません。(2016/2/2)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(22):
賃貸vs.持ち家、どっちがお得?――住居選びも戦略だ
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「エンジニアの住居戦略」を考える。(2016/2/1)

人気の高い駅ランキング(中古マンション編)
オウチーノ総研は中古サイトのアクセス数をもとに「2015年、人気の高かった駅ランキング(中古マンション・首都圏編)を発表した。(2016/1/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(前編)
近い将来に大きな問題となるのが、自分や身近な人が亡くなった時における大切な写真やメール、インターネットサービスなどのデータだ。この「デジタル遺品」について解説しよう。(2015/10/23)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第7回 従業員以外で必要となるマイナンバーを把握する
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。7回目は、従業員以外に誰のマイナンバーを取り扱うかを整理する。(2015/9/9)

“終活”専用PCソフト登場 「はじめてのエンディングノート」、筆まめから
通帳の情報や印鑑の場所、遺言など、自分の身の回りの情報を整理できるPCソフト「はじめてのエンディングノート」が筆まめから登場。(2015/8/19)

本人確認を効率化 マイナンバー収集の新サービス、A-SaaSが開始
「A-SaaS」を展開するアカウンティング・サース・ジャパンが、マイナンバー対応の追加サービス「マイナドライブ」を開始する。収集時の本人確認書類を画像データとしてクラウド上へ一元保存し、本人確認の手間とリスクを軽減する。(2015/8/13)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第5回 見落としがちな「マイナンバー記載時期」と「例外・注意点」
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託を考慮した対策」が必要。5回目は「税務関係番号記載への記載時期」と「例外や注意点」、中小企業や税理士に向けたサービス選定のポイントを解説する。(2015/7/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ文章力があるとビジネスは成功するのか?
お客さまが満足してくれればリピータになり、口コミで広がりビジネスが拡大する。どうすればお客さまは満足してくれるのか。(2015/7/16)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第1回 「マイナンバーと税理士」の密接な関係
マイナンバー制度は全ての企業で、さらにその委託先、例えば税理士の業務も考慮して対応しなければならない。中小企業はもともと、税務を税理士に委託している実情があるからだ。「税理士への委託」を考慮した実践的な対策方法をできるだけ分かりやすく解説していく。(2015/6/10)

初めてのハーレクインコミックス、ジャンル別おすすめ15作
「ハーレクイン」って何? という方のために、今さら聞けないハーレクインの基礎知識と、人気ジャンル別「はじめに読みたいハーレクインコミックス」を一挙紹介。(2015/6/9)

東京・渋谷区区議会で「同性パートナーシップ条例」可決 同性婚やパートナーシップ法への大きな一歩との声
3月31日の渋谷区区議会で賛成多数で可決されました。(2015/3/31)

お金もセンス:
シニアの不安は「お金」だけなのか 与えられた「10万時間」という恐怖
超高齢化社会を迎える中で、「多くのシニアはお金を使わない」と言われている。「医療費などを考えると、貯蓄を崩すことはできない」といった声をよく耳にするが、問題は本当に「お金」だけなのか。(2015/4/1)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
死後にPCやデータをどうすればいいか――IT終活のススメ
還暦が近いと出会いの数より別れの数が多くなる。今回は読者の皆さんもいずれ直面するであろう「死後」における自身のPCやデータなど扱いについて解説したい。(2015/3/27)

あなたはどっち? 「ずっとお金持ち」の人 VS 成金で終わる人
(2015/3/26)

マネーの達人:
空き家になった実家――それは資産? 負債?
1人暮らしだった母が特別養護老人ホームに入居し、実家は「空き家」となったのだが……。今回は、空き家の現状を紹介します。(2015/3/11)

40代・働き盛りの夫が“がん”に…… 明るく描かれた家族の闘病記
家族が病気になったとき、私達はどう向き合うべきなのか。病気と向き合う一家を描いたコミックエッセイを紹介します。(2015/3/3)

マネーの達人:
中古マンション購入時に押さえておきたいポイント3つ
低金利時代、消費税増税前にマンションを購入したいと考える人も少なくないのではないでしょうか? 今回は、購入後にトラブルにならない選び方のポイントを紹介します。(2015/2/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
情報セキュリティと「終活」 “その時”に備えておくこと
昨年の情報セキュリティセミナーで初めて「終活」、つまり人生をどう結ぶのかについて講演を試みた。たぶん受講者は目が点になっていたに違いない。いざ“その時”が来た時に、円滑に対応できるかという点で情報セキュリティと終活に共通するものがある。(2015/2/13)

マネーの達人:
持ち家か賃貸か? 「妻の言い分、夫の言い分」
持ち家が得か? それとも賃貸が得か?――今回は、私の住宅メーカーの営業マンとしての経験をもとに、「妻の言い分、夫の言い分」という視点から考えてみます。(2015/2/12)

プロが語る マイホーム購入で陥りやすい落とし穴
不動産コンサルタントの後藤一仁さんに、失敗しないマイホーム選びのポイントをお聞きしました。(2015/2/3)

現場のプロが知っている、財産相続でもめる家族に“6つの要因”
家族や兄弟同士でもめないよう、今から準備できることは?(2015/1/6)

2015年から相続税負担増! 家族が“争族”にならないためには?
2015年1月の相続税増税を控え、注目が集まる節税のポイントを紹介。(2014/12/25)

あなたの老後、大丈夫ですか?
サラリーマンの老後に必要なお金とは。長生きとインフレに備えることを目的とした「守りのマニュアル」を示した書籍を紹介。(2014/12/23)

文藝春秋が『電子書籍ベスト100』を無料配信――今年最も売れたうちの電子書籍はこれだ
作品ごとの紹介分も掲載している。(2014/12/15)

夫の遺産を子どもに相続させてはいけない理由
従来の遺産相続の方法で「割を食う人」とは(2014/12/11)

窪田順生の時事日想:
法改正で課税対象者2倍! もはや他人事ではない「相続破産」を避ける方法
「相続税」と聞くと、多くの人は「自分には関係がない」と思われるかもしれないが、法改正によって、あなたも相続税の課税対象者になるかもしれないのだ。そうなったら、あなたはどうする?(2014/11/18)

マネーの達人:
亡くなった夫の預金、すぐに下ろせないってホント?
夫が亡くなったとき、妻が通帳や印鑑などを持っていても預金は引き出せません。故人の預金を下ろすにはいろいろと手続きが必要です。家族のためにも、元気なうちに準備をしておくことをおすすめします。(2014/11/18)

相続税増税まで2カ月 資産1億円以上には○○○○○が有効?
改正が行われ、増税となる相続税について詳しいマンション購入のセカンドオピニオンサイトを運営する沖有人氏の著書を紹介します。(2014/11/4)

マネーの達人:
「106万円の壁」を解説――サラリーマンの夫を持つパート主婦必見
夫の税金が軽減される配偶者控除制度だが、平成28年10月施行の法改正で、社会保険における被扶養者の認定基準が、年収130万円未満から年収106万円未満に引き下がる。今回は「106万円の壁」について考えてみよう。(2014/10/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。