ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「弁護士」最新記事一覧

「STORIA法律事務所」ブログ:
知らないと損をする? コインチェック「賠償責任を一切負わない」利用規約は有効か 弁護士が解説
仮想通貨流出問題で揺れるコインチェック。「当社は賠償責任を一切負わない」という利用規約は有効なの?──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/2/16)

「音楽家の駆け込み寺になりたい」 音楽専門の無料法律相談団体、弁護士の思いとは
「専門外のことに時間がとられるくらいなら、法律のプロに聞いてすぐ終わらせて、音楽活動に専念した方がいい」。(2018/2/10)

「STORIA法律事務所」ブログ:
出川哲朗氏に賠償責任はある? コインチェックのCM出演で 弁護士が解説
580億円相当の仮想通貨を流出させたコインチェックの問題。CMに出演している出川哲朗氏に法的責任はあるのか──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/1/30)

レンタルした顧客の対応は困難:
「はれのひ」破産管財人が電話相談開始 振り袖の返還進める
「はれのひ」破産管財人の増田尚弁護士が電話相談窓口を開設。購入者が明らかになった振り袖の送付を早急に進める。18年の成人式用の着物の返還を優先し、19年以降の着物は多少の時間を要するという。(2018/1/29)

業務停止アディーレ 弁護士会、新興勢力を“断罪” 世代間の対立鮮明に
昨年10月、東京弁護士会がアディーレ法律事務所を業務停止とする懲戒処分を発表し、法曹界に激震が走った。この処分には、東弁と新興勢力との確執もささやかれた。アディーレは若手の「弁護士会離れ」を象徴する存在なのだ。(2018/1/25)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

漫画海賊サイトを追い詰めた松文館の執念 損害賠償金は作家へ分配 「やる価値は十分にあった」
2017年に管理人逮捕が話題になった海賊サイト。今冬に違法アップロードサイトと示談を成立させた著作権管理会社と本件を担当した弁護士に、経緯やサイトの実態を取材しました。(2017/12/23)

「STORIA法律事務所」ブログ:
萌えキャラ生成AI、学習データを“ネットの海”からゲッチュするのはアリか?
「萌えキャラを作れるAIがすごい」「学習データは通販サイトから拝借?」「それって大丈夫なの?」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが考えます。(2017/11/28)

ネットのダークマター:
巨大ビジネス化する海賊版 悪質「リーチサイト」の台頭、止める策はあるか
年2億冊もの海賊版ダウンロードを誘導していたリーチサイト「はるか夢の址」の運営者が逮捕された。リーチサイトは巧妙な手段で追及から逃れようとしており、実際、追及は難しい。対策はあるのか――。弁護士・福井健策さんによる寄稿。(2017/11/24)

再発防止策を発表:
日産、今期中に検査員85人純増 年内に期間従業員の正規雇用促進
日産は、無資格者が新車出荷前に安全性などを最終確認する完成検査を行っていた問題で、第三者の弁護士らを交えた調査報告と再発防止策を発表した。(2017/11/17)

アディーレ「悪質性際立つ」 業務停止処分、理由の詳細判明
「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反にあたるとして、東京弁護士会が法人を業務停止処分とした問題で、処分理由の詳細が判明した。(2017/10/31)

処分理由の詳細判明:
アディーレ「手段の悪質性際立つ」と認定 東京弁護士会の懲戒委員会
アディーレ法律事務所の広告が景品表示法違反に当たるとして東京弁護士会が法人を業務停止処分とした問題で、処分理由の詳細が分かった。(2017/10/30)

広告が「極めて悪質」:
アディーレ法律事務所に業務停止2カ月 東京弁護士会
東京弁護士会は、広告を巡り景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から措置命令を受けた弁護士法人・アディーレ法律事務所を業務停止2カ月とする懲戒処分を発表した。(2017/10/11)

TBS、レディビアードさんを「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手」と紹介して炎上 所属事務所は今後の対応を弁護士に委任
事務所とTBSを取材しました。(2017/10/6)

Mostly Harmless:
弁護士や高級官僚も? クリエイティブな仕事だってAIに奪われる
クリエイティブな仕事はAIに取って代わられないといわれているが、果たして本当なのだろうか。(2017/10/6)

「罰金3万円」という駐車場の看板、法的な根拠はあるの?
弁護士の見解は。(2017/10/1)

借金の「過払い金が取り戻せます!」は本当なのか? 弁護士事務所に聞いてみた
借金が減るなんてあり得るの?(2017/9/29)

怖い痴漢冤罪、アプリで“潔白”証明 弁護士対応付き保険も
「痴漢に間違われたら」との不安は電車を利用する多くの会社員らに共通する悩みだ。手と指の動きを記録して“潔白”の証明を手助けしたり、疑われたときに適切な対応をナビゲートしたりするアプリが誕生した。(2017/9/5)

VALU、YouTuberヒカル氏らが所属するVAZにユーザーへの損害賠償など勧告
顧問弁護士から内容証明郵便で通知書を送付。(2017/8/23)

YouTuberヒカル氏のVALU騒動、法的にどう見る? 「弁護士YouTuber」の解説動画に注目
人気YouTuber・ヒカル氏の「VALU」をめぐる一連の騒動について、「弁護士YouTuber」が解説した動画が注目を集めている。(2017/8/18)

海外では警察が注意喚起した事例も 「わが子の写真をSNSにアップするのが危険な理由」を弁護士に聞いてみた
投稿しているパパさん、ママさんは多いはず。(2017/8/19)

ディルバート(508):
同僚以上、友人未満
同僚からの頼まれごとを聞いたディルバート。それに対して出てきたのは……弁護士!?(2017/7/6)

漫画『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』について、飛鳥新社に強く抗議します
今後は弁護士同席の上で話し合いの場を設け、速やかな対応を求めていく所存です。(2017/6/30)

「あれもこれもダメ」ではダメ――弁護士と企業法務が語る「ストックフォト」
写真や画像に関する「トラブル」が増えつつある現代社会。その回避策の1つとして注目されているの「ストックフォト」について、クリエイティブに詳しい弁護士と実際にサービスを利用する企業の法務担当が語った。(2017/6/30)

ITライフch:
痴漢えん罪に巻き込まれた!そんな時は逃げずに相談 スマートフォンアプリ「弁護士トーク」iOS版に新機能追加
弁護士に無料相談できるチャットアプリ「弁護士トーク」のデザインが一新された。「よりカンタンに」「よりわかりやすく」相談内容を弁護士に伝えられるように変更されている。痴漢をめぐる線路内逃走などが社会問題化していることが背景にあるという。(2017/6/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(42):
こんなことも知らないんですか? ベンダーって勉強不足ですね
集団訴訟を管理するシステムを開発したベンダーが、要件になかった項目を“自主的に”追加しなかったからと弁護士に訴えられた。弁護士の常識vs.ベンダーの常識、勝つのはどっちだ!?(2017/6/12)

Uber、ドライバーによるレイプ被害者の診断書保持幹部をメディアに発覚後解雇
Uberが弁護士事務所に依頼した社内調査の過程で、2014年にインドで起きたレイプ事件の被害者の診断書をアジア担当責任者が保持していたことが明らかになり、この幹部は退社した。(2017/6/8)

芸能人の権利を守る擁護団体、弁護士が設立 芸能人の法知識向上やセカンドキャリアまで支援
田中聖さんや橋爪遼さんの逮捕に際しては、「犯人前提の報道がないよう求める」と声明。(2017/6/6)

「STORIA法律事務所」ブログ:
自動運転で事故を起こしたら、ドライバーに責任はある? 弁護士が解説
日夜、しのぎを削って開発が進む自動運転車。もし自分がハンドルを握っていないときに乗っている車が事故を起こしたら──AIと著作権に詳しい弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2017/5/24)

STORIA法律事務所ブログ:
人工知能を利用した「ビジネスモデル」 弁護士が考えてみた
「人工知能を使ったビジネスモデルは?」「AIを作った人、流通させた人、それぞれの権利配分は?」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが考えます。(2017/5/19)

STORIA法律事務所ブログ:
人工知能が作った創作物、現行の法律ではどうなる?
「AIがすごいすごいと言っていると、いつの間にか人間のクリエイター全員が飢え死にしていた、という状況は冗談ではなく生じうるわけです」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2017/3/16)

YouTubeで日本のMVの多くが海外から視聴できず 背景にはGoogleとの規約問題、国内レーベルの葛藤
エイベックスなど大手音楽レーベル、ネットの著作権問題に詳しい福井健策弁護士に取材した。(2017/3/12)

ポルノ動画をファイル共有サイトにアップロード、DLしたユーザーを脅す――弁護士が詐欺で有罪認める
自分が権利を持っている動画をダウンロードさせて脅すという手口。(2017/3/7)

STORIA法律事務所ブログ:
人工知能が作ったものは誰のモノ? 弁護士が体を張って解説してみた
AI(人工知能)が及ばないとされていた“クリエイティブ領域”の進歩が著しい。AIが描いたコンテンツの権利は誰にあるのか。AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2017/3/1)

弁護士や外科医が“理由(ワケ)あって”アイドルに 「アイマス」男性版、アニメ化決定
3月15日にニコニコ生放送にて、新規情報を公開予定。(2017/2/13)

STORIA法律事務所ブログ:
「NAVERまとめ」と著作権 LINEに法的責任を問えるか? 弁護士が考察する
「NAVERまとめ」のコンテンツは著作権侵害に当たるのか。著作権侵害が認められた場合、LINEに法的責任を追及できるのか。弁護士の杉浦健二さんが解説する。(2017/1/31)

ITに詳しい弁護士に聞いた
意外と知らない、不正送金されたお金はどれくらい戻ってくるのか?
不正送金の被害は、必ず補填(ほてん)されるとは限らないという。それは本当なのか。補填の有無を分ける条件とは。ITに詳しい弁護士が、こうした疑問を解き明かす。(2017/1/27)

鍵アカウントのツイート内容をテレビで放送するのはアウト? 弁護士に聞いてみた
プライバシーはどこまで守られるのか。(2016/12/29)

STORIA法律事務所ブログ:
「WELQ」はアウトか? セーフか? DeNAの責任は? 著作権法の観点から弁護士が分析してみた
WELQをはじめとした「まとめサイト」の問題は、倫理面や法律面が複雑に絡み合っている。WELQの「リライト」は、著作権法の観点からアウトか、セーフか。著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2016/12/21)

イニシアチブを始動:
倫理観に基づくAI規格の策定へ、IEEEが始動
IEEEが、AI(人工知能)を活用したシステムの設計プロセスに倫理観を取り入れることを掲げたイニシアチブを立ち上げた。エンジニアからだけでなく、ビジネスマンや弁護士、経済学者、哲学者からも広く意見を求めている。(2016/12/16)

DeNA、キュレーション問題調査で第三者委員会設置 弁護士ら4人
DeNAは、「WELQ」をはじめとするキュレーションサイト問題の運営実態を明らかにする第三者委員会のメンバーを公表した。(2016/12/15)

ジミー・ペイジの演奏がなかった「The Classic Rock Awards」、弁護士が主催を訴える 「告知を装った可能性を拭い去れない」
主催に出していた質問状に対しての回答が十分でないとしています。(2016/12/1)

「ジミー・ペイジ演奏せず」のロックイベント、参加者の1人が主催者を提訴 「事実関係、明らかにしたい」
11月に開かれたロックイベントでジミー・ペイジ氏が演奏するかのように宣伝していたにも関わらず、実際は演奏しなかった問題で、参加者の1人で弁護士の奥山倫行さんが、主催者を相手取って訴訟を起こした。(2016/12/1)

ASKAのタクシー内映像報道に批判の声 弁護士「プライバシーの侵害であり問題がある」
テレビ局の責任については微妙なところ、とのこと。(2016/11/30)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
自動運転車が裁判の被告になるとどうなるか、弁護士に聞いてきた
「安全だと思ったから買ったのに!」(2016/11/17)

サイバー空間は戦場になっている:
日本がセキュリティを、地政学的見地からもっと議論すべき理由
2016年9月23日、東京でセキュリティカンファレンス「SGR 2016」が開催された。これは2016年5月に死去した奈良先端科学技術大学院大学教授、山口英氏を記念したイベント。本記事では、国際弁護士の橋本壕氏による講演の内容をお届けする。同氏は、政治、経済、文化が与える影響の観点から、各国のサイバー法、プライバシー法について語った。(2016/11/17)

出演予定のジミー・ペイジが演奏しなかった「The Classic Rock Awards」 弁護士が主催のKLabに公開質問状を送付
今後の動向についても報告していくとのこと。(2016/11/16)

張本氏、箱根駅伝予選落ち大学に「内紛ある」発言 TBS系「サンデーモーニング」が抗議を受けて謝罪
中央大学陸上部の部長を務める野村修也弁護士がTwitterで抗議の意を示していました。(2016/10/20)

張本氏、中大陸上部の駅伝敗退に「内紛もある」とTBS系番組内でコメント 部長の野村修也弁護士が謝罪を求めてTwitterで怒りの反論
野村弁護士「私が学生の名誉を守らずに、一体誰が守るのでしょうか」。(2016/10/16)

絶好調のライブイベント産業と、進むコンテンツの「ライブ・シフト」
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、この数年の勢いが止まらないライブイベント市場の課題を考えます。(2016/10/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。