ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「弁護士」最新記事一覧

関連キーワード

特選ブックレットガイド:
モノづくりで押さえておきたい「著作権」「意匠権」「製造物責任法」の話
何が大丈夫で、何がダメなのか? 弁護士に聞いた。(2016/5/24)

少人数でも月間140本の記事を配信
「弁護士ドットコムニュース」編集部に学ぶ、急成長スタートアップ的IT活用術
小さくても強い会社には武器がある。本稿ではユニークな新興メディアとして急速に知名度を高める「弁護士ドットコムニュース」編集部のIT活用術について話を聞いた。(2016/3/10)

TwitterのGIFアニメ添付機能、ユーザーが「著作権侵害」に問われる可能性は?――福井弁護士に聞く
TwitterのGIFアニメ添付機能は米国では「フェアユース」だが、日本では「著作権侵害」に当たる?――日米で異なる著作権の扱いについて、福井健策弁護士に見解を聞いた。(2016/2/29)

嵐・松本潤が「0.1%」の真実を探すドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」 TBSで4月放送開始
事実はたった1つ!(2016/2/25)

アディーレ法律事務所に措置命令 「今だけ」“期間限定”キャンペーン、実際にはほぼ常時
弁護士法人が法律違反。「今だけの期間限定」などと展開していたキャンペーンが実際には約5年の間事実上継続して実施していたとして、アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令。(2016/2/16)

異常な土下座要求にNO! 「モンスターペアレント」の“とんでもクレーム” 弁護士の大ヒット対処マニュアルは万能か
「モンスターペアレント」は学校現場の脅威であり続けている。教師たちの悲鳴を受け、近畿弁護士会連合会が実際のクレーム事例と具体的対処法を記したマニュアル本をまとめた。(2015/12/25)

弁護士事務所サイト掲載の「漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ」が削除 「人権意識に欠ける」批判受け
他事例からセリフを入れ替えただけの使い回しでした。(2015/12/18)

「“やらせ”と言われても仕方ない」東芝の第三者委報告書にダメ出しの嵐 企業不信さらに増幅……
「東芝のための“御用”報告書だ」、「“やらせ”報告書といわれても仕方がない」――東芝の第三者委員会報告書の内容が、弁護士らでつくる組織からダメ出しの嵐を食らっている。(2015/12/18)

「弁護士を名乗る悪質な詐欺電話に注意」――警察庁かたる偽造文書、内容を信じて拡散してしまうケースも
特定の弁護士へのいたずら、嫌がらせではないかと見られています。(2015/12/5)

Googleマップへのいたずらなど弁護士への業務妨害について第一東京弁護士会が声明
「弁護士制度に対する重大な挑戦であり、当会は断固抗議する」(2015/12/3)

新潟日報、Twitterで弁護士中傷の元報道部長を無期限の懲戒休職に 「極めて不適切な行為」
新潟日報社の上越支社元報道部長(解任済み)がTwitterで弁護士を中傷するツイートなどを投稿していた問題で、同社は、元報道部長を懲戒休職(無給・無期限)処分とした。(2015/11/27)

新潟日報、「Twitterで中傷書き込み」の報道部長を25日付けで解任 「一両日中にも社としての対応を決定し、公表する」
匿名で高島弁護士に対し「はよ、弁護士の仕事やめろ」とツイートしていました。(2015/11/26)

新潟日報、Twitterで弁護士中傷の報道部長を処分 社としての対応も公表へ
新潟日報の支社報道部長が弁護士を中傷するツイートの投稿を繰り返していたとして、同社が処分を発表。(2015/11/25)

何がOK? 何がNG?:
作ったモノを売るときに知っておきたい「法律」の話
個人でモノづくりを楽しんでいる皆さんの中には、「自分の作品を売ってみたい」と考える方もいるはずだ。しかし「売る」となると、何に注意したらいいのか全く分からない……。そんなときに知っておきたい「法律」の基本について、シティライツ法律事務所の水野祐弁護士に伺った。(2015/11/4)

紙と印鑑要らず、Web上で契約作業を完結「クラウドサイン」 弁護士ドットコムがリリース
Web上で契約を締結できるクラウド契約サービス「クラウドサイン」を弁護士ドットコムがリリースした。(2015/10/19)

「デモに参加した孫が還らぬ人に」悪質デマツイートに東京地裁がIPアドレス開示を命じる決定
特に悪質性が高かったことから今回の決定が下されたようです。代理人の斎藤弁護士にお話を伺いました。(2015/10/16)

今すぐこの場で訴えてやる! 弁護士と無料チャットで法律相談できるアプリが登場
友達のスーパー弁護士に言いつけてやりましょう。(2015/10/9)

安全法案採決について新潟弁護士会会長がコメント まさかのあっさり具合が斬新すぎると話題に
「安全保障関連法案の強行採決についての会長コメント」を新潟県弁護士会が公式サイトで公開したところ……。(2015/9/19)

東京五輪のエンブレムに盗作疑惑? 海外事務所が類似性指摘し「弁護士に相談中」
開催までの課題増える。(2015/7/29)

弁護士ドットコムの元榮社長、参院選・自民公認候補に
自民千葉県連が弁護士ドットコム社長の元榮太一郎氏を来年夏の参院選千葉選挙区に擁立。(2015/6/15)

週刊新潮の「18歳実名報道」に日本弁護士連合会が「極めて遺憾」声明
少年事件の実名報道は少年法で禁止されていますが……。(2015/3/6)

ネットの「物乞い配信」で書類送検、これってAmazonの「ほしい物リスト」もアウトなの? 弁護士に聞いてみた
ポイントは「同情をかう行為」「反復継続的な物乞い」。(2015/2/26)

1万3000円の会計でお釣り4万6000円もらった男が詐欺容疑で逮捕 「これって店員は悪くないの?」→弁護士に聞いてみた
「酔っぱらってた」「確認しなかった」は通じないかも?(2015/1/8)

「パズドラ」そっくり「パズルキングダム」は“クロの疑いが強い”―― 弁護士に聞いてみた
チュートリアルのテキストもまったく同じ。これは……。(2014/12/25)

zenmono通信:
そろそろオープンIPについて語ろうか
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、zenmonoのトークイベントの内容をお伝えする。テーマは「企業知財のオープンソース化」。ゲストにはシティライツ法律事務所の弁護士 水野祐氏、エムテドのデザイナー 田子學氏、ニットー 代表取締役の藤沢秀行氏を迎えた。(2014/12/22)

株価左右のインサイダー情報狙う集団、上場企業100社のメールに不正侵入
企業経営者や顧問弁護士など社外秘情報に触れる機会の多い内部関係者に狙いを定め、メールアカウントのユーザー名とパスワードを入手して内容を盗み見する手口が利用されている。(2014/12/3)

「名探偵コナン」「金田一少年の事件簿R」など読売テレビの番組Huluで配信開始へ
連続ドラマ「ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します」や「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」なども。(2014/11/28)

電子コミック・プチレビュー:
ヤクザの組長が、「金持ち弁護士」に託した切ない恋の行方は?
弁護士マンガの面白さは、法律の専門知識と、ヒューマンドラマにあります。『ドーラク弁護士』はその両方を兼ね備えた、一流のエンターテインメントです。(2014/11/28)

児童ポルノをリツイートしたらアウト? 弁護士に直接聞いてみた
やっぱりアウトでした。(2014/11/21)

ぐうかわなっしー! ふなっしーとラスカルのコラボグッズ詳細決定なっしー!
あの人気女性弁護士も並ぶかも!?(2014/11/14)

個人情報流出で弁護士がベネッセ提訴へ 訴状のひな形公開、「500円で納得できない人は参加を」
自分と子どもの個人情報が流出し、プライバシーが侵害されたとして、弁護士がベネッセに慰謝料を求める民事訴訟を提起へ。訴状のひな形も公開し、「自由に使ってほしい」としている。(2014/11/14)

弁護士ドットコムがマザーズ上場へ
弁護士ドットコムが東証マザーズ上場へ。(2014/11/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
説得せずに説得する
相手が饒舌であればあるほど不信感を抱いたことはないだろうか。話し方や伝え方が上達すれば説得できるのだろうか。弁護士として多くの人を説得してきたその秘訣とは?(2014/10/30)

エド・はるみさん、ネット上の中傷に法的措置へ
弁護士事務所が発信者情報の開示など、裁判上・裁判外の法的手続き対応を行う。(2014/10/3)

マネーの達人:
不倫による離婚――探偵や裁判所、弁護士費用の相場は?
最近、配偶者のようすや行動パターンがおかしい……。どんな夫婦でも、浮気を疑う瞬間は少なからずあるでしょう。とはいえ、相手に直接浮気の真偽を問うのは勇気がいります。事前に浮気の証拠を集めるなど、できる限りの準備をしておきましょう。(2014/8/20)

Google Glass着用で起訴されるケースも
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/18)

Computer Weekly:
弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク
ウェアラブルテクノロジーは新たなプライバシー問題を引き起こすと、業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのようなことが起こり得るのか?(2014/8/6)

難関資格 合格する人はココが違う
狭き門である「公認会計士」「弁護士」といった難関資格。時間を無駄なく成果に結びつけるための勉強法や時間の使い方を教えてくれる書籍を紹介します。(2014/7/31)

オトナのエンタメ小説、MFブックスの新作を丸ごと先行無料公開――「先読み」サービス
第1弾は9月発売予定の『異世界弁護士 1』。閲覧期間は8月8日まで。(2014/7/28)

ベネッセ、情報漏えい調査の委員選出 ラックの西本氏らが就任
小林英明弁護士を委員長とする調査委員会メンバーに、社内外から計5人を選出した。(2014/7/22)

著作権情報センターのシンポジウムをライブ配信 ネットと著作権を語る
公益社団法人著作権情報センター(CRIC)のシンポジウムをライブ配信する。「『ネット×著作権』−日本の文化発信のための最適ルールとは−」と題して議論する。パネリストは慶応義塾大学の中村伊知哉教授、ニワンゴ杉本誠司社長など。コーディネーターは弁護士の福井健策さん。配信は7月9日14時0分〜。(2014/7/4)

毎日放送Webサイトが改ざん被害 弁護士事務所の画像に転送
毎日放送(MBS)の公式サイトが改ざん被害。都内の弁護士事務所の画像に転送されるようになっていた。(2014/6/13)

片山被告、起訴内容全て認める 弁護士「悪魔が仮面をかぶっていた」
PC遠隔操作事件の公判で、片山被告は起訴内容を全て認めた。佐藤弁護士は「悪魔が仮面をかぶっていた」と述べ、彼を犯罪に駆り立てた「社会がかかえている悪魔」を解明すべきと訴えている。(2014/5/22)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その3:
iesysを作るくらいのC#スキルはあった 「取り調べ可視化されていればもっと早く解決したのではないか」
IT業界でもさまざまな議論になった遠隔操作ウイルスとC#だが、片山被告は作ることはできたのだという。佐藤弁護士は、取り調べが可視化されていれば早くに事件が解決できた可能性を指摘している。(2014/5/20)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その2:
「サイコパスは自分」 有罪なら送信タイマーでメールを送るつもりだった 河川敷では見られていないと思っていた
横浜CSRF事件はやってみたら簡単にできてしまった。送信タイマーによるメールトリックは以前から考えていた。雲取山のUSBメモリは自分で埋めた。佐藤弁護士が事件について、片山被告から聞いたことを語った。(2014/5/20)

詳報・遠隔操作事件・佐藤弁護士会見その1:
「先生すみません。自分が犯人でした」 カギになった「onigoroshijuzo2」
遠隔操作ウイルス事件で起訴されていた片山被告が犯行を認めた。佐藤弁護士は今回のきっかけになった「真犯人からのメール」や、これまで謎だった点の真相などについて、本人から聞いた話について語った。(2014/5/20)

恐ろしい「報道被害」、なぜ起こる?
報道されてしまった人の生活基盤、人間関係、名誉などを破壊し、深刻な人権侵害をもたらす、報道被害問題。弁護士としてこの「報道被害」に取り組む梓澤さんの著書を紹介します。(2014/5/20)

PC遠隔操作事件、片山被告との連絡取れない状態に 弁護士「無罪の考え揺るがない」
河川敷に被告が埋めたとみられる携帯電話からメールを送った痕跡が見つかったとの報道に、警察、検察は「河川敷のストーリーに賭けている」と語った。(2014/5/19)

PC遠隔操作事件、真犯人名乗るメールに片山被告がコメント
PC遠隔操作事件の真犯人と称する人物が弁護士らにメールを送った件について、片山祐輔被告が「信憑性が高いと思う」とコメントした。(2014/5/16)

遠隔操作ウイルス事件の真犯人名乗る「小保方銃蔵」からのメール、落合弁護士などに届く
PC遠隔操作ウィルス事件の「真犯人」を名乗る人物からのメールが、落合弁護士などに届いた。同事件をめぐっては、元IT会社員の片山祐輔被告が逮捕・起訴され公判中だが、メールには、片山被告を犯人に仕立てるために行った工夫などが書かれている。(2014/5/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。