ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「文化庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化庁」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
スマホから補償金を徴収しようとする音楽権利団体――私的複製の標的にされた「スマホのスクショ機能」
文化庁において進む「著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会」という会合。その場でスマートフォンに「私的録音・録画補償金」を適用しようという議論が持ち上がっている。実際に適用すれば、録音・録画しないユーザーからも補償金を取ることになってしまい、不公平感が拭えなくなる。配信中心となった現代において、これで良いのだろうか。(2018/11/3)

【御の字】の意味は「極めて満足」なのか、「一応納得」なのか?
たまに耳にする表現だけど、どういう意味?(2018/10/26)

【マンガ】雨模様が“天気予報で使うべきではない言葉”になった理由
便利だけど、ややこしい表現。(2018/10/23)

東北ずん子の3Dアニメ制作プロジェクトが開始から24時間以内に達成 ファミレスが舞台のショートアニメ
コツコツ作って長く続けることを目的としています。(2018/10/19)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

「こんにちわ」が間違いではない時代が来る?
よく見る表記だけど……。(2018/10/16)

「名前が長すぎる美少女宇宙人」を地球に引き留めたい 青年が“平凡なやり方”で解決する漫画の尊さがすごい
SFあるあるとラブコメ的展開が4ページに凝縮された、ときめくショート漫画。(2018/9/29)

「檄を飛ばす」「なし崩し」この意味分かる? 文化庁が「国語に関する世論調査」の結果発表
言葉に対する新たな認識が定着しつつあることが現れています。(2018/9/27)

「朝=とも」ってよく考えたらおかしくない? 「源頼朝」はキラキラネームと何が違うのか
「よりあさ」みたいに読む方が自然じゃない?(2018/9/10)

どこにいってしまうのか:
サラリーマンの「背広」が、“死語”になりつつある
高度成長期などにサラリーマンたちが使っていた「背広」という言葉が死語になりつつある。大阪の街頭で20代の男女に聞いたところ、「分からない」「思い浮かばない」などと30%近くが全くこの言葉を知らず、正確に知っている人でもほとんどが日常的に使っていなかった。(2018/8/20)

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた
お墓で土地がいっぱいにならないの?(2018/8/9)

Surface Book 2を漫画家がガチで仕事に使ったらどうなる?
漫画「AIの遺電子」で第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞した山田胡瓜氏が「Surface Book 2」をレビュー。仕事で使ってみた結果は……?(2018/7/27)

歴史資料館でなぜゲーム展? 城陽市歴史民俗資料館で「CONTINUE 〜“ゲーム”90年の歴史〜」開催中
城陽市歴史民俗資料館にて、9月2日まで開催。盛況ぶりを取材しました。(2018/7/20)

JASRAC、音楽教室21事業者36施設と包括契約
日本音楽著作権協会は、7月10日の記者会見で、音楽教室からの著作権料徴収について4月から全国の事業者に対して契約手続きの案内を開始したと明らかにした。既に21事業者36施設と包括契約を交わしたという。(2018/7/11)

雲田はるこ『昭和元禄落語心中』が主演・岡田将生で実写ドラマ化 NHK総合で10月12日から
落語監修は“キョンキョン”こと柳家喬太郎さん。(2018/7/4)

漢字の「令」の書き方、どっちが正しい?
下をちょんって書く人いるよね。(2018/7/2)

PR:プロ漫画家がクリエイター向けPC「DAIV」の“クリスタ推奨”モデルを試す
マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」には、イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の推奨モデルが用意されている。人気SF漫画「AIの遺電子 RED QUEEN」を連載する山田胡瓜氏がDAIVのクリスタ推奨モデルを使ってみた結果は?(2018/6/28)

文化庁メディア芸術祭受賞「AIの遺電子」×「PaintsChainer」イベント開催
気鋭のAIマンガと深層学習応用ソフトの作者らが語るAIの未来。(2018/6/11)

初代はこんな形だった! 東京駅の「銀の鈴」誕生50年 「これからも待ち合わせはこの場所で」
さまざまな人生模様や駅の発展を見つめてきた、東京駅の変わらない名所。(写真28枚)(2018/5/31)

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産へ ユネスコ諮問機関が勧告
ユネスコの諮問機関「イコモス」が「記載が適当」と勧告。(2018/5/4)

ブロッキング対象、なぜ「漫画村」「Anitube」「MioMio」なのか 権利者団体・CODAに聞く
「漫画村」「Anitube」「MioMio」について、政府がISPにブロッキングを促した問題。「権利者はどこまで対策を採ったのか」など疑問の声も上がっている。対象がなぜこの3サイトなのか、また、権利者はどこまで対策したのか。CODAの後藤代表理事に聞いた。(2018/4/26)

海賊サイト対策会議、一部議事録に「なぜ非公開?」の声 事務局側の説明は
非公開を決定した内閣府の知的財産戦略推進事務局に取材しました。(2018/4/13)

表現することが生きることそのもの――のんに聞く「この世界の片隅に」から2年後の自分
のんさんインタビュー!(2018/4/13)

「漫画は今、本来届くべきところに届いていない」 『AIの遺電子』作者が語る、2018年に漫画を描くということ(1)
違法な海賊版サイトの存在、漫画家と出版社の役割の変化、問題視される労働環境――気になること全部、聞いてきました。(2018/4/6)

漢字「とめ・はね・はらい」で減点はおかしい? 文化庁「骨組みが同じなら誤っているとはみなされない」
もしも「とめ・はね・はらい」で減点されたらどうすれば良いのかも聞いてみました。(2018/3/13)

JASRAC、楽器教室からの楽曲使用料を4月から徴収
当分の間、個人が運営する楽器教室は対象にしないとしています。(2018/3/8)

JASRAC、音楽教室から著作権料徴収 4月1日分から
JASRACが音楽教室からの著作権料徴収を4月1日分から始める。音楽教室側が徴収の保留を求めていたが、文化庁長官が「保留を行わない」との裁定を出したため。(2018/3/8)

JASRACの徴収「保留せず」答申に、音楽教室側は「大変残念」 行政指導求める
JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する方針に対し、音楽教室側が保留を求めたところ、文化庁の文化審議委員会は「保留を行わない」との答申。音楽教室側は「大変残念」とし、文化庁長官に「行政指導を求める」としている。(2018/3/6)

「妥協は死」が社訓 「ポプテピ」で話題のCGアニメスタジオ・神風動画の社員はなぜ徹夜をしないのか
死屍累々なスタジオかと思いきや……?(2018/3/11)

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』がアニメ映画化 声優に北香那と蒼井優、制作はスタジオコロリド
監督は、映画「台風のノルダ」でキャラクターデザインと作画監督を務めた石田祐康さん。(2018/3/1)

漫画海賊サイトの「海外サーバだから合法」はどこまで通る? 政府の対策について文化庁著作権課に聞いた
2018年に入りますます議論が盛り上がっている漫画の海賊版サイト問題。サイトの違法性、対抗策について文化庁に取材した。(2018/2/23)

SNSでよく見るテレビ番組のキャプチャー画像、著作権上の問題は?
何気なく行われていることですが、実は……?(2018/2/16)

「よーしパパ特盛頼んじゃうぞー」 「吉野家コピペ」Twitterトレンド入りを受けてFLASH動画「ゴノレゴ」が再びネットに
懐かしがるとおっさん扱いされる諸刃の剣。若者にはおすすめできない。(2018/2/6)

貯金は「取り崩す」、それとも「切り崩す」? 間違えやすい日本語
どっちでもいい気もするけど、間違いたくはない。(2018/2/5)

文化庁、「音楽権利情報検索ナビ」を2月限定オープン 音楽の権利者情報がすぐ分かる
JASRACや日本レコード協会、niconicoの協力により、メジャー系だけでなくインディーズやボカロPの作品まで網羅。(2018/2/1)

建築(家)のシンギュラリティ(2):
建築のアルゴリズムとは何か──「他者」を巡る設計方法論の発展史
建築学と情報工学の融合が進む昨今、これからの「建築家」という職能はどう変化していくのか――キーパーソンへのインタビューを通して、建築家の技術的条件を探る本連載。第2回は、慶應義塾大学SFC教授の松川昌平氏とともに、建築における「設計」技法の発展について考えます。(2017/12/21)

JASRAC、音楽教室からの徴収一時保留へ
JASRACは音楽教室からの著作物使用料徴収を一時保留にすると発表した。(2017/12/21)

JASRACによる音楽教室への徴収延期へ 「音楽教育を守る会」、文化庁長官宛に裁定申請
1月1日からの徴収が延期になりそう。(2017/12/21)

JASRACの“徴収“に待った 音楽教室側が裁定申請
「音楽教育を守る会」がJASRACの徴収の保留を求め、文化庁に裁定を申請。申請が認められると、2018年1月に始める予定だった徴収は先送りにされる可能性がある。(2017/12/21)

ゲイ同性婚がテーマの漫画『弟の夫』、NHKが実写ドラマ化 弟の夫役は元大関の把瑠都
主人公の兄・弥一役は佐藤隆太さんです。(2017/12/5)

「再従兄弟」は何と読む? 平仮名で書いた方が字数が少ない「コスパが悪い熟語」
どう考えても平仮名を使った方が楽ちん。(2017/11/24)

「話のさわり=最初の部分」ではない? 過半数の人が「さわり」「足をすくわれる」を本来とは違う使い方 文化庁が調査
世代別に言葉の理解などを調査。知恵熱は、若者と高齢者で意味が変わってしまう不思議な表現に。(2017/9/22)

「細菌で文字を描く作品」に「画像圧縮アルゴリズムを物語にした作品」も メディア芸術祭に行ってきた
今年のメディア芸術祭でビビッときた作品を紹介する。(2017/9/19)

これぞ未来のポケモンGO体験? 「相棒ポケモンと記念撮影」イベント開催
「平成29年度[第20回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」にて、実際のプレイヤーとCGのポケモンを一緒に撮影できるイベントを実施中だ。(2017/9/16)

失われていくデジタル作品をどうアーカイブすべきか? 「メディアが消える時代」のマンガ・アニメ・ゲームを守るには
残すべきものは「作品」だけではない。(2017/9/16)

約1700年前の女性のミイラ、3Dスキャンで顔を復元
「Lady of Cao」と呼ばれる女性のミイラ。その顔は?(2017/7/6)

湯浅政明監督「マインド・ゲーム」「夜は短し」「ルーのうた」3本一挙上映 早稲田松竹で8月開催
アニメーション映画の湯浅政明監督の劇場公開作品が、一気に観られる!(2017/6/17)

東北ずん子のアニメ「ずんだホライずん」制作プロジェクトが目標金額達成 続編制作の可能性も
追加クラウドファンディングの結果によっては2話が制作される可能性も。(2017/6/13)

JASRAC、音楽教室からの著作権料徴収を正式発表 来年1月から
原則として、音楽教室が得た受講料の2.5%を徴収する。(2017/6/8)

JASRAC、音楽教室に対する使用料規定を届け出 2018年1月から実施
受講料収入の2.5%を徴収。(2017/6/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。