ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「邦画」最新記事一覧

これが新しい古典? BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100」を発表、邦画では「千と千尋の神隠し」が4位に
やはり1位にはあの鬼才が。(2016/8/24)

「ゴジラ」シリーズ29作品、累計動員数が1億人を突破!
シン・ゴジラは公開4日間で動員71万人、興行収入10億円を記録。(2016/8/3)

「ゴジラ」シリーズ動員、1億人突破 実写邦画初 「シン・ゴジラ」は4日で興収10億円
「ゴジラ」シリーズの映画の累計動員数が1億人を突破。最新作「シン・ゴジラ」は公開3日間で56万5000人を動員した。(2016/8/3)

ドラマやアニメ、雑誌が888円で見放題 フジテレビ「FODプレミアム」登場
動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」に、ドラマやアニメが見放題になる新プラン「FODプレミアム」が加わった。月額888円(税別)。(2016/8/1)

10代で「映画離れ」は進んでいない
若者の間で「テレビ離れ」が進んでいると言われているが、映画を見ている人はどのくらいいるのだろうか。10〜70代に聞いたところ……。NTTコム リサーチ調べ。(2016/7/11)

ガルパンはゆくよどこまでも ムック「ガールズ&パンツァーWalker」爆誕
また言語能力が低下しそう。(2016/6/29)

フジテレビ、定額動画配信プラン「FODプレミアム」 雑誌読み放題も込みで月額888円
フジテレビオンデマンドに定額プラン「FODプレミアム」が登場。ドラマやバラエティ番組が見放題になり、雑誌読み放題サービスも利用できる。(2016/6/27)

4DXのキンプリは今日から:
人はなぜ「応援上映」にハマるのか 映画館で大騒ぎする新体験を図解してみた
映画館で声援OK、サイリウムOK、コスプレOKの「応援上映」。そんな応援上映にハマる仕組みを図解しました。(2016/6/18)

「ガルパン劇場版」BDがオリコン初週1位 邦画アニメBDで歴代4位の16万2000枚
興行収入もBD初週売り上げも「まどマギ」越え。(2016/6/1)

「鋼の錬金術師」実写映画化決定! エド役山田涼介、ウィンリィ役本田翼で2017年冬公開
監督は映画「ピンポン」の曽利文彦。(2016/5/24)

菊地凛子さんが夫・染谷将太さんとの間に第1子を妊娠したことを報告
「新たな家族が増えるという喜びと感動を大切に、また日々精進していきたいと思っております」(2016/5/7)

ゴジラ史上最大のゴジラ! 全身ビジュアルがついに解禁 ニッポン・総勢328人のキャストで「シン・ゴジラ」を迎え撃つ
尻尾が頭上を通り過ぎたときの絶望感。(2016/4/14)

Twitterで「面白い邦画あげてけ」タグが加熱! 新旧面白そうなオススメ邦画が集結中
ゴールデンウィーク中に見まくりましょうか。(2016/4/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(後編)
前編に引き続き、「第8回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」のレビューをお届けしよう。後編は音質・画質のほかに、Blu-ray Discならではのパッケージ性という点が評価されたタイトルがそろった。(2016/4/4)

LGBTを扱った映画が、映画界に新たな歴史を作り、古典となっていく
キャロルはいいぞ……。連載「ネットは1日25時間」。(2016/2/21)

第8回ブルーレイ大賞――グランプリに輝いたのは、あのバイオレンスアクション映画
DEGジャパンは2月17日、第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の表彰式を開催し、受賞作品を発表した。(2016/2/17)

第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」、入賞作41タイトルを発表
DEGジャパンは、2015年に発売されたBlu-ray Discタイトルの中で「最もBlu-ray Discの特徴を生かした作品」を表彰するアワード、第8回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の入賞作41タイトルを発表した。(2016/1/21)

「永遠の0」トリオ再び 岡田准一主演、山崎貴監督で百田尚樹「海賊とよばれた男」が来冬映画化
これ絶対ヒットするやつ。(2015/11/5)

桐谷美玲さん主演「ヒロイン失格」が興行収益23億3000万円を突破 少女マンガ実写化作品で今年度トップに
観客動員数でも200万人を突破する勢い。(2015/11/4)

人気剣客漫画「無限の住人」が実写映画化 主演は木村拓哉、監督は三池崇史の豪華タッグで2017年公開
不老不死の侍・万次を、キムタクが演じるだと……!(2015/10/5)

「テレビがつまらない」が8割:
Hulu、今後利用したいVODサービスで1位獲得――スカパー!調べ
9月1日〜8日までの期間でテレビ視聴に関する意識調査を実施したところ、「今後利用したいと思う動画配信サービス」でHuluが1位を獲得した。(スカパー!調べ)(2015/9/29)

PR:新作も見放題も楽しめる動画配信サービス「ビデオパス」の魅力とは?――5つのポイントから迫る
新しい動画配信サービスが次々登場して注目を集めているが、auユーザーが利用できる動画配信サービスに「ビデオパス」がある。ビデオパスはほかの動画サービスと比べ、どんな魅力があるのだろうか。5つの特徴から迫った。(2015/9/24)

月額590円で映画やドラマ、成人向けなど8万タイトル以上の配信コンテンツが見放題 ゲオとエイベックスの提携VODサービス「ゲオチャンネル」
開始は2016年2月予定。(2015/9/16)

月590円で8万本が見放題:
レンタル大手ゲオも参入、定額見放題サービスの「VOD元年」到来か
レンタル大手のゲオが映像配信サービス市場に参入する。全国に約1600店あるリアル店舗の強みを生かした“ハイブリッドVOD”として2016年にスタートする予定だ。(2015/9/15)

定額動画配信「Netflix」日本版スタート
「Netflix」日本版が9月1日夜にスタートした。2日のオープンを予定していたが、わずかに早まった。利用料金は月額650円(税別)から。(2015/9/2)

オンライン動画サービス特集:
音楽プレーヤーとしても便利! ソフトバンクの「UULA」ならワンコインで映画と音楽を楽しめる
ソフトバンクが提供する定額制動画配信サービス「UULA」は、月額500円以下の安さが魅力。その実力はいかに?(2015/8/31)

ソフトバンク、Netflixと業務提携 キャリア決済対応、月額650円から
ソフトバンクが定額制動画配信のNetflixと提携。月額料金のキャリア決済に対応し、オリジナルコンテンツ制作も視野にいれる。(2015/8/24)

オンライン動画サービス特集:
お笑い好きなauユーザーへ 毎月1本の新作レンタルチケットが付く「ビデオパス」
各キャリアが定額制動画配信サービスを提供しているが、auの「ビデオパス」もその1つ。その特徴を見ていこう。(2015/8/19)

オンライン動画サービス特集:
実はドコモユーザー以外も使える! 月500円でオリジナル作品も充実の「dTV」
NTTドコモとエイベックス通信放送が提供する「dTV」は、月額500円という低価格で利用できるのが特徴だ。HuluやU-NEXTよりも割安なキャリアサービスの実力は?(2015/8/13)

オンライン動画サービス特集:
新作映画をいち早くチェックしたい人に! 映画館や電子書籍にも使える独自ポイント採用の「U-NEXT」
11万本以上もの動画を配信する「U-NEXT」。定額制動画サービスの中では高額な月額約2000円の料金を払ってでも使いたいのはどんなユーザー?(2015/8/11)

定額動画配信「Netflix」日本版、9月2日スタート 「テラスハウス」新シーズンなど配信
米国発の定額動画配信サービス「Netflix」の日本版が9月2日にスタートする。「テラスハウス」新シーズンなど、日本オリジナルコンテンツも用意する。(2015/8/4)

米映像配信サービス「Netflix」、9月2日から日本でのサービス開始 「デアデビル」や「テラスハウス」新作など配信
全世界6500万人以上の会員数を誇る映像配信サービスが、いよいよ日本に上陸!(2015/8/4)

カレーが好きすぎて「和カレー」を編み出してしまった――漫画家・カラスヤサトシさん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場いただくのは、漫画家のカラスヤサトシさんです。(2015/7/17)

3DCGアニメ映画「GAMBA ガンバと仲間たち」 ガンバ役に梶裕貴、ヒロイン役に神田沙也加が参加
劇中歌も披露する。(2015/7/14)

日本人向けのレコメンドが鍵:
Huluの船越社長が語る、「NETFLIX」に勝つ方法
HJホールディングスの船越社長とエイベックスデジタルの村本常務取締役が、業界関係者向けのイベントでVODサービスに関する対談を行い、国内上陸間近の「NETFLIX」について言及した。(2015/7/13)

月額500円で映像・電子書籍が見放題――Y!mobileユーザー向け「エンタメパック」
ソフトバンクとヤフーは、Y!mobileのスマートフォン/タブレット利用者を対象としたオプションサービス「エンタメパック」を提供開始。月額500円で映像・電子書籍が見放題になる。(2015/7/1)

実写で立体機動キター! 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」最新映像が公開に
新ビジュアルのポスターも初公開!(2015/6/23)

J:COM、4K VoD商用サービスを5月29日にスタート――新STBも登場
ジュピターテレコムは、商用の4K VoDサービスを5月29日から提供する。8月までに31タイトルを用意する計画だ。(2015/5/22)

「スカパー!4K映画」にハリウッドメジャー作品8タイトルが初登場
スカパー!は、4K専門チャンネル「スカパー!4K映画」で「スター・トレック」や「アメイジング・スパイダーマン」などハリウッドメジャー作品8タイトルを放送すると発表した。6月より順次放送を開始する。(2015/5/13)

松竹の前期、営業益12.7%減 映画好調も演劇落ち込む
松竹の前期は営業益12.7%減。映画などは好調だったが一方、演劇は落ち込んだ。今期も減益を見込む。(2015/4/14)

タップ or クリック!!:
e-onkyo musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「e-onkyo music」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップは、懐かしい邦画のヒット曲セットだった。(2015/3/27)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
これぞ高画質&高音質のBlu-ray Disc、第7回DEGジャパン・アワード(前編)
「第7回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の授賞式が行われ、画質や音質に優れたタイトルが選出された。今年も審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に各賞の評価ポイントや審査の裏話を聞いていこう。(2015/3/11)

移動中でも楽しめる:
ひかりTV、視聴期限なしの購入型VODサービス開始――スマホなどへもダウンロード可能
NTTぷららが3月2日、ひかりTV加入者向けに、無期限で視聴できる購入型VODサービスの提供を開始する。コンテンツは、るろ剣伝説の最期や、ワンピース フィルムゼットなど約100本。(2015/2/25)

ユーザー大賞はやっぱり:
DEGジャパンの第7回「ブルーレイ大賞」、グランプリは300万枚も売れた“あの作品”
「第7回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞式が開催され、各賞の受賞作品が決まった。各部門の受賞作から選ばれる「グランプリ」の行方は?(2015/2/17)

スカパー!、4K専門チャンネルの第1弾ラインアップを公表――ハリウッド映画は交渉中
スカパーJSATが3月1日に開局する4K専門チャンネル「スカパー!4K総合」および「スカパー!4K映画」の第1弾ラインアップを発表した。(2015/2/5)

映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」 邦画初のIMAX3D上映が決定
絶対迫力ある。(2015/1/28)

どんどん増えるカテゴリー:
第7回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」、各部門の入賞作45タイトルが決定
DEGジャパンは第7回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の入賞作45タイトルを発表した。今年は「ベスト高画質賞ライブエンターテイメント部問を新設し、カテゴリーは過去最高の14部問となった。(2015/1/22)

スカパーJSATの4K専門チャンネルは「映画」と「総合」の2つで3月スタート――2億円かけて目玉企画を公募
スカパーJSATは12月24日、同社が2015年春に開局する4K専門チャンネルの概要を発表した。合わせて開局時の目玉となる番組の企画を募集する。(2014/12/24)

「GyaO!」から「GYAO!」へ――メジャーコンテンツで無料動画のビジネスモデルを追求
GYAOは、ヤフーと協力して運営する無料映像配信サービス「GyaO!」のブランドを刷新し、サービス名称やロゴを変更した。新サービス名は「GYAO!」。(2014/10/27)

芸術の秋は映画を観よう! この秋行きたい東京の映画祭5選
映画を観ると、いいこと尽くしなのだ。(2014/9/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。