ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国民生活センター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民生活センター」に関する情報が集まったページです。

SNSで売買持ちかけドロン……仮想通貨取引でトラブル急増
仮想通貨の投資をめぐるトラブルが多発している。業者がSNSで上場前の通貨の購入を持ちかけ、支払いを受けた後に連絡を絶つといった悪質事例が相次いでいる。(2018/8/17)

国民生活センターが注意喚起:
ダイソー、筆箱8万個を自主回収 購入者がふたで指を切る「重大事故」
大創産業が、筆箱「CRISP バナナandチェリー」「CRISP レモンandオレンジ」計約8万個を自主回収。購入者がふたで指を切る事故が起きたため。国民生活センターが「絶対ふたに触れないで」と注意喚起している。(2018/8/16)

ダイソーがカンペンケースを回収 鋭利な縁で指先を2針縫う事故
商品を持っている人は使わないようにしてください。(2018/8/16)

佐川急便かたるSMSの相談急増 IPAが対策公開
情報処理推進機構(IPA)が佐川急便をかたるSMSの被害が7月中旬から急増したとして、被害に遭わないための対策を公開。(2018/8/8)

ドラレコ、録画されていないことも SDカード異常が原因 「定期的に確認を」国民生活センター
「ドライブレコーダーに映像が残っていなかった」という相談が増加傾向にあるとし、国民生活センターが注意呼び掛け。SDカードの不具合で、正常に記録されていないケースがあるという。(2018/8/3)

「香害」で体調不良に 柔軟剤や制汗剤で……「誰もに起こり得る」化学物質過敏症に注意
柔軟剤や制汗剤に含まれる香料が原因で体調不良を訴える人が増えている。街中にあふれる過剰な臭いの元を「香害」だとして、消費者の意識改革や規制を求める動きも出ている。(2018/8/1)

消費者庁が注意喚起:
架空請求の手口に異変 古典的な「はがき」が急増した理由
はがきを駆使した架空請求詐欺が増えている。電子メールのフィルタリング技術が発展していることを踏まえたという。消費者庁の調査で判明した。(2018/7/23)

消費者庁と国民生活センター、電池の事故に注意喚起
誤った使い方していませんか?(2018/7/21)

夏祭りで販売の玩具、子どもの事故に気をつけて 消費者庁が注意喚起
折り曲げると発光するケミカルライトやおもちゃのボタン電池などに注意。(2018/7/16)

Amazonかたり「動画の未納料金がある」とSMSで架空請求 消費者庁が注意喚起
アマゾンジャパンをかたって実際には発生していない有料動画の料金を請求するSMSを使った架空請求に消費者庁が注意を呼び掛けている。(2018/7/2)

JALが自転車輪行用の箱「SBCON」を開発 自転車ファンが「泣いて喜ぶ」のはなぜか?
そもそも「輪行」って、何?。「いきなりロングライド!!」著者アザミユウコさんにも対策を聞きました。(2018/7/2)

わびしく見える温泉街の実情は?:
伊東温泉の現状から地方の観光地の縮図が見えてきた
「伊東に行くならハトヤ! 電話はヨイフロ」というテレビCMをご存じの方も多いだろう。かつて伊東は温泉街として全国にその名を轟かせた。しかし最近、伊東を訪れた人々は皆、街に活気がない、寂れているという印象を持つ。その現状を探ってみたら日本の観光産業の縮図が見えてきた。(2018/6/27)

災害に便乗した悪質商法にご用心 大阪の地震を受けて消費者庁が注意喚起
過去の災害時には、不審な人から募金を求められたという相談事例が。(2018/6/19)

相次ぐ消費者トラブル:
「絶対に安全な手術」「必ず成功」の表現はNG! 医療広告規制、ウェブサイトも対象に
医療機関のウェブサイトを広告規制の対象とする改正医療法が6月、施行される。(2018/6/1)

「絶対に安全な手術」「必ず成功」はNG! 医療広告規制、Webも対象に
医療機関のWebサイトを広告規制の対象とする改正医療法が6月、施行される。今後はネット上でも不適切な表示は違法となるほか、患者の主観による体験談、説明が不十分な術前や術後の写真掲載も厚生労働省令で禁じられる。(2018/5/31)

「コピペだけで月収50万円!」→多額の初期費用を請求 よく見るうさんくさい広告に消費者庁が注意喚起
そんなわけない。(2018/4/26)

トラブル頻発で二次被害の恐れも:
「かぼちゃの馬車」問題で謎の団体が暗躍か?
投資に失敗し、わらにもすがる思いで救いを求めた相手から、さらに搾り取ろうというのか−。投資向けの女性専用シェアハウスを販売・運営していた不動産会社「スマートデイズ」(破綻)をめぐる物件購入者への賃借料支払い停止問題で、“二次被害”とも呼べる問題が起きている。(2018/4/24)

マグネットボールの誤飲で幼児の内臓に穴があく事故 国民生活センターが販売者や行政に管理と指導を呼びかけ
磁力が強力なため、複数を誤飲した場合は体内で引き合って内臓を貫通するケースが。(2018/4/20)

「簡単に稼げる」在宅ワーク、副業の“落とし穴” キャッチコピー作成、インスタ投稿……
「副業」や「在宅ワーク」などに絡み、トラブルに巻き込まれる消費者が相次いでいる。ネットで「簡単に稼げる」と持ちかけられ、初期費用や商材購入費などとして多額の金を請求されるケースが多い。警戒が必要だ。(2018/4/4)

ハンドスピナーの部品を子どもが誤飲する事故 国民生活センターが注意喚起
子どもが部品を誤飲した事故が報告されています。(2018/3/16)

家庭に潜む重大リスク:
ドラム式洗濯機で5歳男児窒息死 子供の命守る手立ては
ドラム式洗濯機内で男児(5)が意識不明の状態で見つかり、搬送先で死亡する事故が起きた。(2018/3/9)

内ゲバで終止符:
カネの切れ目が縁の切れ目 学生狙ったマルチ商法グループの末路
「紹介したいバイトがあるんだけど」──マルチ商法であることを隠して学生らを勧誘したなどとして、一部業務停止を命じられたビジネススクール運営会社。仲間内の金銭トラブルを発端とした窃盗・監禁事件で、同社役員ら計9人が逮捕されている。(2018/3/6)

家庭に潜む重大リスク……ドラム式洗濯機で5歳男児窒息死 子供の命守る手立ては
1月、ドラム式洗濯機内で男児が意識不明の状態で見つかり、搬送先で死亡した。家族が目を離した隙に男児が誤って密閉空間に入り込み、窒息死したとみられる。安全対策の担当者は「洗濯機はそもそも危険なもの」と強調している。(2018/3/1)

消費者庁、在宅ワーク事業者2社に注意喚起を発表 HP作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる
取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。(2018/2/19)

「申し込み殺到でサーバがパンク状態」 飲食店“ドタキャン”防止システム 19日からスタート
飲食店が、客の直前キャンセル歴を確認できるサービスが19日からスタートする。申し込みが殺到しているという。(2018/2/16)

「初回630円」のはずが1万円以上の注文に 誤認トラブル相次ぐ「すっきりフルーツ青汁」を消費者団体が提訴
「初回630円」だと思って注文したら……という消費者相談が相次いでいたそうです。(2018/2/14)

「加熱式タバコ」を乳幼児が誤飲 国民生活センターが注意喚起
子どもの手が届かないところに置きましょう。(2018/1/26)

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起
所有者の2割弱が理解していない。(2018/1/24)

「成人式に晴れ着が着られない」「商品券が紙くずに」 “倒産被害”にあわないために消費者ができること
国民生活センターに聞いてみた。(2018/1/20)

“自動ブレーキ”過信しないで 国民生活センターが注意喚起
国民生活センターが「衝突被害軽減ブレーキ」への過信が事故につながる危険性があると指摘。人や自転車が急に飛び出してきた場合には作動しないこともあるという。(2018/1/18)

「知的財産教育協会財団」を名乗る架空請求ハガキにご用心 「著作権侵害訴訟」の名目で不安をあおる手口
ハガキに書かれた電話番号にかけるのは禁物。(2017/11/29)

水素水、バストアップ、関節に効く…健康食品に本当に効果はあるのか? 「商品テスト」から見る健康食品との付き合い方
「健康被害」にあわないために。(2017/11/19)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

アマゾンかたる架空請求に注意 「有料動画の未納料金」をAmazonギフトで支払い要求
ネット通販大手のアマゾン(Amazon.co.jp)とは無関係です。(2017/11/16)

「買い取り額、安すぎ!」 宅配買い取りトラブル増加
不要な本やゲームなどを宅配便で事業者に送り、買い取ってもらう「宅配買い取りサービス」について、「買い取り金額が極端に安かった」などの相談が増えているとし、国民生活センターが注意を呼び掛けている。(2017/11/10)

「宅配買い取りサービス」のトラブル増加 国民生活センターが注意を呼びかけ
簡易査定と実際が大きく違うことも。(2017/11/10)

「瞬間接着剤は布や紙に染み込むと発熱。火傷することも」 セメダインが注意喚起
化学変化が原因です。(2017/10/31)

「写真をネットに投稿するだけで稼げる」とうたう情報商材事業者による被害増加 消費者庁が注意喚起
ネットに写真を投稿するだけで稼げるとうたって勧誘し、やがて高価な情報商材を購入するよう誘導する手口。(2017/10/30)

ICOには「高いリスク」 金融庁が注意喚起
ICOについて「高いリスクがある」と注意を喚起する文書を金融庁が公表した。(2017/10/30)

「架空請求ハガキ」に注意 法務省かたり「訴訟で財産差し押さえ」 数百万円詐取された被害者も
「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」などと、実在しない組織を名乗る不審なハガキが全国の家庭に送りつけられている。法務省は「法務省と無関係」とし、注意を呼び掛けている。(2017/10/20)

「罰金3万円」という駐車場の看板、法的な根拠はあるの?
弁護士の見解は。(2017/10/1)

借金の「過払い金が取り戻せます!」は本当なのか? 弁護士事務所に聞いてみた
借金が減るなんてあり得るの?(2017/9/29)

急増するSNS広告のトラブル 「お試しのつもりが定期購入」の罠とは?
男性のトラブルも増加傾向。(2017/9/23)

国民生活センターが不用品訪問買い取りのトラブルについて注意喚起 相談件数の大部分が60歳以上
高齢の女性ほどトラブルにあいやすい実情がうかがえます。(2017/9/9)

一度課金してしまった「ゲーム内通貨」は払い戻しできる? サービス終了したゲームはどうなる?
もう使っていないゲーム内課金、ありませんか?(2017/9/9)

使わなくなった自転車って、どうやって処分するの?
いくつかある自転車の処分方法。具体的なやり方についてまとめました。【追記あり】(2017/8/30)

MVNOの深イイ話:
MVNOと消費者保護ルール
改正された電気通信事業法が施行されて、約1年がたちました。電気通信事業法の消費者保護ルールがMVNOにはどのように適用されているか、MVNOにとっての今後の課題は何か、皆さんにお伝えしようと思います。(2017/7/26)

財布をなくしたらまず何をすればいい? 警察からカード会社まで、不正利用を防ぐためにすべきこと
自分だけは大丈夫と思わず、がんばって手続きしよう。(2017/7/14)

心当たりのないメールには反応しないで 国民生活センターが増加する迷惑メール相談に関して注意喚起
相談者で60歳以上の割合が高まり、また女性の割合が半数を超えています。(2017/7/7)

宅配ボックスに子どもが閉じ込められる事故 国民生活センターが注意喚起
夏場は特にご注意を。(2017/7/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。