ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Optimus Vu L-06D」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Optimus Vu L-06D」に関する情報が集まったページです。

開発陣に聞く「JOJO L-02K」(ACT4):どうして月々サポート無し? ジョジョスマホの価値を考える
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」の開発者インタビュー。第4回では、OSバージョンアップや月々サポート無しの理由に焦点を当てる。果たしてJOJO L-02Kは12万円強の価値があるのだろうか。(2018/4/5)

「JOJOエディター」で振り返る:
買えばよかろうなのだァァァァッ!! ジョジョスマホ「JOJO L-02K」購入&開封レポート
ジョジョスマホ「JOJO L-02K」がついに発売された。当日購入するまでの流れを、「JOJOエディター」や実機の写真で振り返っていきたい。最高に「買い!」ってやつだァァァァァ!(2018/3/26)

開発陣に聞く「JOJO L-02K」(ACT3):docomoロゴを巡る「覚悟」、画集のような壁紙とは?
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」の開発者インタビュー。第3回では、端末の外観や壁紙に焦点を当てる。荒木飛呂彦先生が描き下ろしイラストに込めた意図とは?(2018/3/21)

開発陣に聞く「JOJO L-02K」(ACT2):「スタンド使いはすれ違う」 前作にはないジョジョスマホの新コンテンツ
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」の開発者インタビュー。第2回では、オリジナルコンテンツに焦点を当てる。「擬音モード」や「JOJOエディター」「SBRトラッカー」とは?(2018/3/19)

開発陣に聞く「JOJO L-02K」(ACT1):テーマは「ジョジョニケーション」 ジョジョスマホで働いた“引力”とは
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」が3月下旬に発売される。第1弾「L-06D JOJO」から約5年半。JOJO L-02Kはどんな経緯で開発が決まり、何を目指したのか?(2018/3/14)

一足先に黄金体験! 写真で解説するジョジョスマホ「JOJO L-02K」
3月の発売を予定しているジョジョスマホ。実機を一足早く見せてもらったので、外観とソフトウェアの注目ポイントをお伝えする。ドコモのジョジョスマホの開発力はァァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ!(2018/2/11)

ジョジョスマホ「JOJO L-02K」は「月々サポート」なし 覚悟はいいか?
ジョジョスマホ「JOJO L-02K」には、毎月の利用料金から最大24カ月割り引く「月々サポート」が付かない。本体の価格は12万5712円(税込)。一体なぜ?(2017/12/20)

ジョジョスマホ「JOJO L-02K」の詳細が明らかに 1万台限定、価格は12万5712円(税込)
ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」の詳細が公開。1万台限定で、オンラインショップでの価格は12万5712円(税込)。プリインストールするオリジナルコンテンツも判明した。(2017/12/15)

プチインタビュー:
単なる「第2弾」ではない ドコモがジョジョスマホ「JOJO L-02K」にかける思い
前作から約5年ぶりに発表されたジョジョスマホ「JOJO L-02K」。2018年1月以降の発売ということで、まだ情報が少ない。今話せる範囲で、ドコモの企画担当者に「根掘り葉掘り」聞いた。(2017/10/30)

黄金体験再び:
約5年ぶりィィィィィ! “ジョジョスマホ”第2弾「JOJO L-02K」登場ッ!
ジョジョスマホの第2弾が登場。前作から実に5年ぶりィィィィィ! 2018年1月以降の発売を予定している。(2017/10/18)

ドコモが2017年冬・2018年春モデルを発表 2画面スマホやJOJOなど15機種が新登場
NTTドコモが2017年冬〜2018年春商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン11機種、タブレット2機種が新たに登場するほか、既存の2機種に新色が登場する。【更新】(2017/10/18)

gooスマホ部:
LINEの友達削除について
LINEで友だちを削除しても、その人からのトークは受信できるのでしょうか。(2014/12/19)

「L-06D JOJO」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus Vu L-06D」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus G L-01E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。(2014/3/18)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
auファブレット3機種レビュー(第2回)――片手操作、大画面の工夫、手書きアプリを比較する
G Flex、GALAXY Note 3、Xperia Z Ultraはいずれも大きなディスプレイを搭載しており、一般的なスマートフォンとは操作感が異なる。そこで、今回は片手での操作性や大画面を生かした工夫、そして手書きアプリを検証した。(2014/3/6)

ドコモ、「L-06D JOJO」ほかLG製スマホ1機種のソフトウェアアップデート
ドコモは、LG製スマホ「L-06D JOJO」「Optimus Vu L-06D」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2013/11/5)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

ドコモショップ丸の内店には60人以上の行列――加藤社長から差し入れも
「iPhone 5s」「iPhone 5c」発売前日の9月19日20時過ぎには、ドコモショップ丸の内店に60人ほどの行列ができていた。そこには加藤社長の姿も……。(2013/9/20)

片手で持ちやすい?:
ちょっとだけ写真で見る「Xperia Z Ultra」
6.4インチの大画面と6.5ミリの薄さが目を引く「Xperia Z Ultra」。日本での発売は未定だが、スマートフォンとタブレットの中間に位置する“ファブレット”として期待が集まる。その見どころをちょっとだけ紹介しよう。(2013/7/19)

PR:最新スマホから懐かしのケータイまで――「ケータイアウトレット」で白ロムを売買しよう
携帯電話は数ある家電の中でも特に買い替えサイクルの短いものといえるが、最近は7万〜8万円ほどする機種も多く、そうそう頻繁に買い替えられる代物ではない。そこで注目したいのが、中古携帯や白ロムを売買できるサービス「ケータイアウトレット」だ。(2013/3/15)

Mobile World Congress 2013:
「Nexus 4」や最新のOptimusシリーズを展示するLGブース
LGエレクトロニクスのブースでは、Android 4.2を搭載するGoogleの「Nexus 4」やOptimusシリーズの最新ラインアップを中心に展示。各種家電との連携機能も紹介されていた。(2013/3/1)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第4回 バッテリー容量が大きいモデルは? 卓上ホルダは利用できる?
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第4回では、26機種のバッテリー容量、連続待受時間・通話時間、卓上ホルダの有無などを調べた。(2013/1/29)

2013 International CES:
新製品から変わり種まで――CESで見たモバイルデバイス約40機種を一挙紹介
1月8日〜11日に開催されたCESでは、さまざまなスマートフォンやタブレットが展示された。海外の展示会ということで、日本ではなかなか見られないデバイスも多数見られた。注目の新製品から変わり種まで、会場で気になったモバイル機器を一挙に紹介しよう。(2013/1/19)

2013 International CES:
「Optimus G」「Optimus Vu II」の独自機能、「Nexus 4」を紹介――LGブース
LGブースでは、「Optimus G」や「Optimus Vu II」などスマートフォンのハイエンドモデルを展示し、新機能や操作性を中心としたデモを行っていた。(2013/1/12)

Mobile Weekly Top10:
2012年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2012年最後のMobile Weekly Top10では、いつもの週間ランキングに加えて、年間を通して読まれた記事ランキングと1カ月ごとのTop10も集計した。(2012/12/31)

ITmediaスタッフが選ぶ、2012年の“注目ケータイ&トピック”(編集部田中編):
ジョジョ、透明、IGZO、ひと目惚れ――差別化が難しい中で“スゴ味”を感じたスマホたち
2012年は数多くのスマートフォンが登場した一方で、スマートフォンの差別化の難しさも感じさせられた。そんな中で筆者にとって特に印象の強かったモデルをピックアップしてみた。(2012/12/29)

防水・防塵のLTE対応7インチ:
写真で解説する「AQUOS PAD SHT21」
auが発売予定の「AQUOS PAD SHT21」は、7インチのIGZO液晶を搭載したシャープ製のAndroidタブレット。防水・防塵仕様のボディは幅106ミリとスリムで、約280グラムと軽量なのが特徴だ。(2012/11/13)

ドコモ、ARROWS X F-10DやL-06D JOJOなど4機種のソフトウェア更新を実施
ドコモのスマートフォン「ARROWS X F-10D」「L-06D JOJO」と、iモードケータイ「SH-03D」「SH-05D」の不具合を修正するソフトウェア更新が開始された。(2012/11/12)

パーツも日本仕様:
クアッドコアでUIも進化 さらに“小技”を効かせた「Optimus G」の開発背景
ドコモから発売された「Optimus G L-01E」は、ハイスペックなグローバルモデルとしてだけでなく、ワンセグ&NOTTV、赤外線、FeliCaと国内サービスにもフル対応しているLGの意欲作。その開発背景を担当者に聞いた。(2012/10/29)

ドコモ、「Optimus Vu」「MEDIAS TAB」のソフト更新を開始
NTTドコモは、LGエレ製の「Optimus Vu L-06D」と「L-02C」、NECカシオ製の「MEDIAS TAB N-06D」のソフトウェア更新を開始した。(2012/10/29)

“未来の通信機器”の秘密とは?:
写真で解説する「N-02E ONE PIECE」
ワンピースコラボスマホ「N-02E ONE PIECE」が、5万台限定で12月に発売予定。外観から中身までワンピース色に染まったこだわりのモデルで、「サウザンドサニー号」の特製充電台と麦わらの一味のキャラピンを同梱する贅沢仕様だ。10月11日の発表会場で展示された試作機をチェックする。(2012/10/19)

本当に“ひとめぼれ”する?:
写真と動画で解説する「HTC J butterfly HTL21」
LTE、5インチフルHD液晶、クアッドコアCPU、Android 4.1などau冬モデルの中でも一際高いスペックが目を引く「HTC J butterfly」。デザインも初代HTC J以上に洗練された印象で、美しさと高機能を兼ね備えた注目の1台だ。(2012/10/18)

写真と動画で解説する「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」
従来よりも液晶の消費電力を抑えられることを特長とする「IGZO液晶」を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。発表会場ではSH-10DやSH-09Dと消費電力を比較するデモも実施していた。ハードウェアスペックや使い勝手も、夏モデルからさらに向上している。(2012/10/12)

withシリーズ:
佐藤卓デザイン監修 内も外もスタイリッシュなXiスマホ――「Optimus LIFE L-02E」
LGエレクトロニクス製の「Optimus LIFE L-02E」は、デザイナーの佐藤卓氏が端末デザインを監修したモデル。外観デザインだけでなく、カラーバリエーションに合わせたUIやコンテンツを収録した。(2012/10/11)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第8回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いAndroidスマホは?
スマートフォンのCPUやグラフィックなどの性能を客観的に測れるツールとしてベンチマークアプリが提供されている。そこで今回は「Quadrant Professional Edition」と「Vellamo」アプリを使い、スコアを比較してみた。あわせて起動時間も調べた。(2012/10/8)

石野純也のMobile Eye(9月24日〜10月5日):
イー・アクセス買収の狙いと疑問/低価格で攻めるNexus 7/ドコモ冬の注目機種
iPhone 5発売の余韻が冷めやらぬ中、ソフトバンクがイー・アクセスを完全子会社化するという衝撃的なニュースが発表された。業界はどう変わっていくのだろうか? 今回はこれに加え、Android 4.1搭載のタブレット「Nexus 7」と、CEATECで先行展示されたドコモの冬モデルについて解説する。(2012/10/6)

「Hulu」がAndroidスマートフォンに対応――アニメ作品も追加配信
フールージャパンLLCのオンライン動画配信サービス「Hulu」が、Android 4.0以降を搭載した2012春夏モデルのスマートフォンに対応。また「ポケットモンスター」や「夏目友人帳」などのアニメ作品もさらに追加配信する。(2012/10/4)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第7回 Android 26機種の通信速度を計測――高速な機種はどれ?
LTEやWiMAXなどの次世代通信サービスに対応するスマートフォンが続々と登場しており、夏モデルでは特にドコモのXiに対応する機種が増えた。実際の通信速度はどれくらいか? 9月上旬に都内で26機種を検証した。(2012/9/28)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第6回 バッテリーが持つAndroidスマホは?――28機種を比較
スマホのバッテリー容量は公開されているが、容量が大きいからといって必ずしもバッテリーが長持ちするとは限らない。そこで、Androidスマホ28機種で、YouTube動画を再生し続けるテストを実施し、どれだけ持つのかを確認した。(2012/9/25)

ナントカ5には負けない:
スペック勝負の“直球ど真ん中”スマホ――「Optimus G」に見るLGの本気度
LGエレクトロニクスがドコモの秋モデル「Optimus G L-01E」についての製品説明会を開催。Snapdragon S4 Proを搭載した世界初の端末であると同時に、防水やおサイフ、ワンセグ、NOTTVなど国内向け機能にも対応する。(2012/9/18)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第5回 持ち心地に優れたモデルは?――Android 28機種を採点
スマートフォンの持ち心地はスペックからは計れないが、毎日手にすることを考えると軽視できない項目だ。そこで今回は、各社の夏モデルを手にして、丸み、細さ、薄さ、軽さ、片手での操作性を検証した。(2012/9/13)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第5部 「役員とケンカしてクビになってもいい」――暗闇の荒野を切り開いた開発陣の“覚悟”
いよいよ最終回となったジョジョスマホのインタビュー。今回はジョジョの名ゼリフを使った予測変換、2巻までをプリインストールしたジョジョコミック、擬音やセリフと合成できるジョジョカメラ、そして今後の意気込みを聞いた。(2012/9/12)

Mobile Weekly Top10:
海外で新製品ラッシュ 次期iPhoneも今週登場(たぶん)
9月第1週は、ドコモの秋モデル発表に続いて海外でも新製品の発表ラッシュだった。中には日本での発売が予定されているものもあり、注目を集めた。ちなみにAppleは日本時間の13日午前2時から米国で発表会を開催する。ここでは次期iPhoneが披露されるとみられている。(2012/9/10)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第4回 大容量バッテリーを備えている機種は? 卓上ホルダは使える?
スマートフォンを使う上で気になるバッテリーの持ち。Android夏モデルの比較レビュー第4回では、バッテリーの容量、連続待受時間、連続通話時間、卓上ホルダ対応/同梱の有無をまとめた。(2012/9/5)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第4部 それは“スタンド能力”を持った携帯電話――ようこそ……ジョジョスマホの世界へ
ジョジョスマホの第一印象として「デザインが控えめだなぁ」と思った人もいるかもしれないが、この端末の醍醐味は、多数の登場人物やスタンドが登場するコンテンツにある。インタビューの第4部では、コンテンツにまつわるこだわりを聞いた。(2012/9/4)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第3回 ディスプレイのスペックは何が違う?――Android 27機種を比較
ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコムの夏スマホを比較するコーナー。第3回では「ディスプレイ」に焦点を当て、各機種のスペックなどを調べた。(2012/8/31)

ふぉーんなハナシ:
最高に「買い!」ってやつだアアアアア!――ジョジョスマホを購入してきた
いよいよ発売されたジョジョスマホこと「L-06D JOJO」。18日の予約完了後、首を長くして待っていた方も多いのではないだろうか。筆者もその1人だ。当日は開店直後に購入ッ!とまではいかなかったが、さっそく購入してきた。(2012/8/30)

写真で解説する「Optimus G L-01E」
28日に発表されたドコモ秋モデルで唯一のNEXTシリーズ端末が、LG製の「Optimus G L-01E」だ。クアッドコアCPUにHD表示のIPS液晶、そして大容量メモリを搭載した。Xiのほか、NOTTVやおサイフや赤外線にも対応している。(2012/8/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。