ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Larrabee」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Larrabee」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバイル機器でのエッジAI向け:
Arm MLプロセッサ、明らかになったその中身
2018年8月に開催された「Hot Chips 30」では、Armの「ML Processor(MLプロセッサ)」の中身が明らかになった。その詳細を解説する。(2018/10/10)

プロセッサ/マイコン:
【VLSI 2010】インテル、Single-chip Cloud Computerの詳細を明らかに
(2010/6/22)

Intel、50コア以上のHPC向けプロセッサ「Knights Corner」発表
「Knights Corner」は50個以上のコアを搭載し、Many Integrated Coreアーキテクチャを基盤とする。(2010/6/2)

Larrabee計画中止で盛り上がる「IntelがNVIDIA買収」説
Intelが「Larrabee」を中止すると発表したことで、同社がGPU参入のためNVIDIAを買収するのではないかとの憶測が流れている。一方では、そうした憶測を「世間知らず」と否定する意見も。(2009/12/11)

Core i7より少ない電力で“48コア”SCCを動かす
米Intelは、12月2日(米国時間)に48コアをワンチップに実装したSCCの動作デモに成功した。同日、SCCの概要について日本の関係者に説明を行った。(2009/12/3)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノが上から下まで──IDFで公開された2010年のロードマップと「動く!」Larrabee
IDFのキーノートといえば、欠かせない存在だったパット・ゲルシンガー氏がIDF 2009直前にIntelを去った。彼に代わって登場したマロニー氏は何を語るのだろうか?(2009/9/24)

Trend Insight:
GPUコンピューティング戦争に勝機を見いだすNVIDIA
Intel、AMDなどとGPUコンピューティングの覇権を賭けて戦うNVIDIA。自社でCPUの設計も手がけるのではないかとうわさされるNVIDIAだが、新たにチーフサイエンティストに就任したビル・ダリー氏に話を聞いた。(2009/5/29)

グラフィックス対決に本腰:
Intel、ビジュアルコンピューティング研究機関をドイツに設立
Intelは1200万ドルを投資してドイツのザールラント大学内にVisual Computing Instituteを設立した。GPU統合型マルチコアプロセッサ技術開発の拠点とする。(2009/5/13)

残るのはオープンな規格──AMDのGPGPU「ATI Stream」と「OpenCL」の関係
日本AMDは、同社のGPGPUサポート技術である「ATI Stream」の説明を、AMD本社から来日したスタッフを交えて行った。(2008/12/17)

NVIDIAのGPUでさらに羽ばたく東工大「TSUBAME」
東工大のグリッド型スーパーコンピュータ「TSUBAME」にNVIDIAのGPUコンピューティングが導入され、Top500上位にランクイン。NVIDIAのフアンCEOは「プロセッサはCPUだけではない。非常に光栄だ」と喜ぶ。(2008/12/3)

4分が40秒に!──ペガシス、CUDA対応TMPGEncを披露
ペガシスは、NVISION 08で紹介されたCUDA対応版「TMPGEnc 4.0 XPress」のパフォーマンスを国内の関係者に紹介した。(2008/9/11)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

NVISION 08:
NVIDIAが予測する2013年のGPU
NVIDIAのイベントが終わった。「Intel X58 ExpressでNVIDIA SLIをネイティブサポート」というサプライズもあったが、ここでは地道に「5年後のNVIDIA」を紹介する。(2008/8/29)

NVISION 08:
GPUをあらゆる分野で使えっ――CUDAで攻勢をかけるNVIDIA
NVIDIAが主催するイベント「NVISION 08」が米国のサンノゼで8月25日から27日にかけて行われた。「CUDA」がメインテーマの“開発者”会議でCEOは何を語ったのだろうか。(2008/8/28)

Intel、Nehalemプロセッサを段階的に投入
Intelは、ハイエンドデスクトップ向けNehalemを第4四半期に、2ソケットおよび4ソケットサーバ向けを2009年後半までに投入する計画だ。(2008/8/22)

Intel Developer Forum 2008:
“Nehalem”と“組み込み”で一気に攻勢をかける
秋以降の新製品ラッシュを控えて注目されるIDF 2008。初日に行われたゲルシンガー氏のキーノートスピーチでは、IntelがPCの次に目指す“市場”について紹介された。(2008/8/21)

Intel Developer Forum 2008:
Nehalemに隠された「最後の新機能」とは
IDF 2008が8月19日(現地時間)から始まった。初日のキーノートスピーチからNehalemやSSDに関する興味深い機能や性能が明らかにされた。その“エッセンス”をIDFの第一報として紹介しよう。(2008/8/20)

Intel、IDFでNehalemファミリーの計画を明らかに
IntelはNehalemベースのCore i7とサーバ版「Nehalem-EP」を投入した後、2009年後半に第2世代のNehalemプロセッサ「Nehalem-EX」「Havendale」などをリリースする。(2008/8/20)

「Nehalem? もちろんウェルカムだ」――IDF目前にAMDが優位性をアピール
8月19日(米国時間)に始まるIDFを目前にした15〜18日にかけて、AMDは関係者向けのブリーフィングを行い、45ナノプロセスルールに関する最新情報でライバルを“けん制”した。(2008/8/20)

元麻布春男のWatchTower:
「Larrabee」の姿が見えてきた
8月12日から米国で開催されるSIGGRAPH 2008に合わせて、インテルは開発中であった「Larrabee」(開発コード名)のアーキテクチャに関する概要を公開した。(2008/8/5)

海外ダイジェスト(8月5日)
EarthLinkの創業者が退任、Motorolaが共同CEO体制に、など。(2008/8/5)

Intel、メニーコアプロセッサ「Larrabee」の概要を公開
Intelがグラフィックス用途向けメニーコアプロセッサLarrabeeの概要を初めて公開した。(2008/8/5)

Intelのテラスケール技術、2年以内に登場か
Intelが80コアプロセッサ向けに開発している技術の一部は、2009年または2010年にリリース予定のLarrabeeに組み込まれる予定だ。(2008/6/13)

トップからボトムまでインテルがやります
Intelのゲルシンガー氏が日本を訪れた。COMPUTEX TAIPEI 2008が来週から始まるという、このタイミングで、彼は日本人になにを伝えたかったのだろうか。(2008/5/30)

Intel対NVIDIA、グラフィックス対決は近い
Intelの次なる狙いはグラフィックス市場のようだ。対するNVIDIAも128コアの「Telsa」で勢力拡大を目指している。(2008/4/1)

Intel、6コアCPUなど次期プロセッサの詳細を明らかに
Intel初の6コアCPU「Dunnington」、次期版Itanium、次世代アーキテクチャ「Nahalem」、メニーコアプロセッサ「Larrabee」、新しい命令セットについて解説した。(2008/3/18)

元麻布春男のWatchTower:
インテルの次世代プラットフォームを考える
Intel 4シリーズチップセットやCentrino2と、徐々にではあるがインテルの次世代プラットフォームが姿を現しつつある。その概要をまとめた。(2008/3/12)

Intel Developer Forum 2007:
WiMAXとMoorestownで広がるモバイルデバイスの行動圏
IDF 2007の2日めは「モバイル・デイ」がテーマだった。ここでは、ノートPC、UMPC、新しいカテゴリの小型デバイス、そしてWiMAXに関するIntelの発言をまとめていく。(2007/9/21)

Intel Developer Forum 2007:
「Nehalem」が動いたっ!──IDF初日基調講演から
年2回の開催から年1回となったIDF(北京は特別版ということで)。そのおかげで内容も充実している。リポート第2弾は「Penryn」「Nehalem」をカバーしよう。(2007/9/20)

Intel Developer Forum 2007:
ムーアの法則が終わる日──ゴードン・ムーア氏特別講演から
Intel Developer Forum 2007が9月18日(米国時間)から始まった。初日はIntel CEOの基調講演などが行われたが、IDF 2007の第一報は「インテルといえばこの人」が登場した特別講演からお届けしよう。(2007/9/19)

インテルが“ナマPenryn”を日本で披露
「最も知られた人物の1人」とインテルが紹介するゲルシンガー氏が来日。話題盛りだくさんのIDF北京を総括した。(2007/4/20)

Larrabee、Tolapai、QuickAssist――IDFで新技術発表
(2007/4/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。