ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「格安航空会社(LCC)」最新記事一覧

いまさら聞けないTPM(5):
新製品開発部門や調達・製造をサポートする管理間接部門の活動もTPMの重要な柱
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説する。第5回となる今回は、「TPMの8つの活動(8本柱)」のうち開発管理と管理間接部門のスタッフに着目した活動を紹介する。(2016/5/24)

IC乗車券普及率5割、首都圏に「負けている」関西 訪日外国人向けサービスが変化起こすか?
関西のIC乗車券普及率は約5割と、首都圏の約9割に比べまだまだ低い。訪日外国人の利用促進によって、普及率アップにつながるか。(2016/5/20)

サイプレス CY294X:
110フェムト秒のRMSジッタ性能備えたオシレーター
サイプレス セミコンダクタは、高性能プログラマブルオシレーター「CY294X」ファミリーを発表した。RMSジッタ性能110フェムト秒で、非標準周波数を含む15M〜2.1GHzの周波数を生成できる。(2016/5/20)

水曜インタビュー劇場(1分1秒公演):
飛行機に“最後に乗る”のはどんな人か 羽田空港を分析
飛行機に乗るとき「できれば早く乗りたい」という人もいれば、「できれば最後に乗りたい」という人もいる。搭乗口で最後に手続きを済ませているのはどのような人なのか。羽田空港で飛行機の遅延分析をされている、JALの担当者に話を聞いたところ……。(2016/5/11)

「うまみのない空港だ」JAL、ANAから冷遇される関空
大阪空港とともに関西国際空港が4月、国内空港として初めて民営化した。オリックスと仏空港運営会社バンシ・エアポートなどが出資する「関西エアポート」による運営は、訪日外国人の増加と格安航空会社の誘致成功を追い風に視界は良好といえるが……。(2016/4/26)

MVNOに聞く:
「間もなく黒字です」――新プラン導入で“大人の階段”を上り始めたエックスモバイル
他社がなかなか手を出さないサービスや製品を投入する“やんちゃぶり”が話題を集めていたエックスモバイルが、4月に新しいプランを導入した。「超絶赤字だった」というサービス開始当初から、どのような変化があったのか。木野将徳社長に聞いた。(2016/4/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
羽田空港を便利にする「たった200メートル」の延長線計画
国土交通大臣の諮問機関「交通政策審議会」が、2030年を見据えた東京圏の鉄道計画をまとめた。過去の「運輸政策審議会答申18号」をほぼ踏襲しているとはいえ、新しい計画も盛り込まれた。その中に、思わずニヤリとする項目を見つけた。(2016/4/15)

五感を研ぎすませ:
少しのミスでも「大惨事」――女性航空整備士の1日を追った
エンジンや機体、コンピュータの不具合がないかを点検し乗客の命を守る仕事、航空整備士。関西国際空港を拠点とするLCC「ピーチ・アビエーション」の航空整備士・笠井春香さんに話を聞いた。(2016/4/4)

ANAシステム障害、サーバ4台全てダウン 同期機能に問題?
22日に発生した、ANAの大規模なシステム障害。国内線システムのサーバ4台のうち1台が突然停止し、残る3台も次々に停止した。(2016/3/23)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

大手航空会社の3分の1以下:
LCCをバカにするな、香港の富豪だって利用。でも
LCCの就航拡大で、関西国際空港の旅客数は2015年、前年比20%増の2321万人と過去最高を記録した。(2016/3/9)

全国のローソン、ミニストップで:
ピーチの格安航空券がコンビニで購入可能に
LCCのピーチ・アビエーションは全国のローソン、ミニストップで航空券の販売を開始した。(2016/2/23)

前年比305%も:
外国人が“爆買い”する3大ブランド菓子
関西国際空港の免税店のお菓子に「勝ち組」が出てきた。中国人観光客が帰国の際に、好んで購入するお土産は「3大爆買いブランド」といわれ、売り場が殺気立つほどの争奪戦が起きることもあるという。(2016/2/12)

競争が激しいLCC。各社の経営状況は“視界不良”
格安航空会社(LCC)の拠点化に成功した関西国際空港で、東アジアのLCCの“国際線競争”が激化している。(2016/2/3)

企画乗車券は1500円:
ひらパーを南海がPR? 京阪と同盟、上位グループ攻める
京阪電気鉄道と南海電気鉄道が、互いの利用促進に向けコラボを続けている。両社に競合路線がなく、京阪、南海連合で利便性向上を図り売上高規模で上位の近鉄グループホールディングスと阪急阪神HDに挑む。(2016/1/13)

日本企業、海外空港事業に参画相次ぐ 双日、パラオで初受注へ
日本企業が、海外での空港の建設・運営事業に相次ぎ参画する。(2016/1/12)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の導入で何が変わったのか?
日本から未就航だった都市へ、新規路線の開設ラッシュが続いている。その立役者として活躍するのが、ボーイング787だ。“ドリームライナー”の愛称を持つ787は、何を実現したのか?(2016/1/6)

航空機のエンジン修理で依頼殺到 「IHI」の職人技が世界の航空機産業支える
在日米軍の軍用機が飛び交う米軍横田基地に隣接するIHIの瑞穂工場には、世界19カ国から航空機のエンジンが毎日のように持ち込まれる。「マイスター」と呼ばれる特殊作業を専門とする職人によって修理を受けるためだ。(2015/12/21)

ポタフェスで聴ける:
耳を大切にする人のカスタムイヤモニ、米64 AUDIO「ADEL A-Series」の仕組み
米64 AUDIOの「ADEL A-Series」は、人間の鼓膜にかかる有害な音圧を外に逃がす仕組みを持った耳に優しいカスタムIEM(インイヤーモニター)だ。12月19日に「ポタフェス」でお披露目される。(2015/12/18)

IHI、世界中から航空エンジンのメンテ依頼殺到 強みはマイスターの存在
IHIの瑞穂工場には、世界から航空機のエンジンが毎日のように持ち込まれる。「マイスター」と呼ばれる特殊作業を専門とする職人によって修理を受けるためだ。(2015/12/14)

最低落札額は2兆2000億円:
「爆買い」で満足できない関空 外資のコネで欧州便獲得
2016年4月から、関西国際空港と大阪空港の運営権がオリックスとフランスの空港運営会社バンシ・エアポートなどでつくる企業連合に移管される。(2015/12/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ガンダム、ジェット機、スターウォーズ……南海電鉄「ラピート」の革命
南海電鉄は11月21日から、特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号を運行している。元になった車両は関空特急ラピート専用車「50000系」だ。鉄道車両としては異形のデザインに驚かれたかたも多いだろう。この電車は、20年前に登場し、鉄道車両のデザインに転機をもたらした革命児だ。(2015/11/27)

新連載・アジアの玄関口・福岡のキーパーソン:
市長が語る、「アジアのリーダー都市」を目指す福岡市の現在地
古くから日本の玄関口として海外との交流が盛んだった福岡。そして今、ビジネスや文化などの面から「アジアのゲートウェイ」としての存在感が高まっているのだ。本連載では「福岡×アジア」をテーマに、それにかかわるキーパーソンの声を聞いていく。第1回は高島宗一郎 福岡市長だ。(2015/11/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手詰まり感のJR北海道、国営に戻す議論も必要ではないか?
北海道新幹線開業を控え、JR北海道は背水の陣で経営の立て直しに取り組んでいる。しかし同社の報道発表も地元紙のスクープも悲しい情報ばかり。現場の士気の低下が心配だ。皆が前向きに進むために、斬新な考え方が必要ではないか。(2015/11/20)

総務大臣も出席:
料金の公平負担に向けた課題は――総務省、携帯料金タスクフォースの第2回会合を開催
安倍内閣総理大臣の発言から始まった、携帯電話料金の値下げに向けた検討。提言をまとめるために設置されたタスクフォースの第2回会合では、消費者相談員の団体、キャリア、MVNOからの意見聴取が行われた。(2015/10/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新函館北斗駅不要論、北海道新幹線は1日も早く札幌へ
JR北海道は北海道新幹線の上限運賃・特急料金を申請した。東北新幹線とは合算制となり、割高感は否めない。運賃体系の決定は航空運賃を意識しているはず。しかし、函館はもともと空港が近い。北陸新幹線のような成功方式は見えない。早く札幌まで完成させるべきだ。(2015/10/16)

通信は実効速度を重視:
ソフトバンクが「Nexus 6P」を“独占”販売、Y!mobileとの2ブランド戦略でAndroidを展開
インフラは実効速度重視で整備。買い物、ポイント、健康、病院と、ライフスタイルを変える4分野の新サービスも開始する。(2015/10/13)

ANAが「雑談」を奨励しているワケ
(2015/9/21)

飛躍:
AECがもたらすASEANヘルスケア産業の未来
AECは、EUがもたらしたような単一経済圏の誕生を意味するのか、それとも同床異夢の加入国の意向が折り合わず、これまでと変わらない事業環境が続くのか。ヘルスケア産業にもたらすであろう変化と、そこで生まれる事業機会とは?(2015/9/15)

視点:
次世代メンテナンスのあり方
保全の対象である設備・インフラが時代とともに大きく進歩してきたように、保全方式も進化を遂げてきた。原始的で無駄の多い手法から、よりハイテクで効率的に進化してきた保全方式は、大きく3つの世代に区分される。(2015/8/17)

速度も出ます:
通話もデータ通信も安くて満足いくものを――エックスモバイル木野社長が語る“通話定額”の狙い
通話時間と回数の制限付きではあるが、MVNOとしては初めて通話定額サービスの提供を発表したエックスモバイル。今回の新プランの狙いは? そもそもMVNOに参入を決めた経緯やビジョンは? 木野社長が説明した。(2015/8/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「交通政策白書」が示す地方交通の現状と将来
「交通政策白書」に目を通した感想は「地方鉄道は厳しい」だった。国の責任で国民の移動手段を確保するにあたって、やはり地方鉄道はコストがかかりすぎるのだろう。白書は国の方針として「地方はバス」と宣言しているようにみえる。(2015/7/31)

世界のホテルランキング――日本は?
旅行サイトを運営しているエクスペディア・ジャパンは27日、「世界ベストホテルランキング」を発表した。(2015/7/27)

円安倒産、4期連続で増加
帝国データバンクは7月8日、2013年1月から2015年6月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中から、円安の影響を受けて倒産した企業を集計し、その結果を明らかにした。(2015/7/8)

日本人も大好き和牛、寿司、ラーメン、お好み焼き! 「外国人に人気の日本のレストラン2015」発表
1位は京都の和牛ステーキ店「おおつか」。(2015/6/28)

ブリヂストンとGEの意外な共通点
(2015/6/23)

iPadで“ペーパーレス操縦室”を実現した航空会社
競争の激化で厳しさが増す航空業界で、ITを使ってコスト削減をしようとする会社は多い。そんな中、デスクトップ仮想化で「Windows XP」の移行を低コストで済ませ、さらには飛行機のパイロットにiPadを支給した会社がある。(2015/5/19)

再生請負人が見る製造業(7):
構造不況に陥る日系造船業は未来をどう切り開くべきか
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回は中国や韓国を中心としたグローバル競争が激化していることで構造的な不況にさらされている造船業を取り上げる。(2015/5/1)

スピン経済の歩き方:
アシアナ航空の謝罪会見が遅かった背景に「3つの要素」
アシアナ航空162便が広島空港で着陸を失敗して、乗員乗客27名が負傷するという事故が起きた。アシアナ航空側の「広報対応」があまりにも遅いが、筆者の窪田氏は「その背景には3つの要素がある」という。それは……。(2015/4/21)

「R2-D2」の飛行機、空を舞う! スター・ウォーズとANAがコラボ
激熱……!(2015/4/17)

LCCのジェットスター、成田−香港線を就航へ――週3往復
6月1日に運航開始、片道運賃で7500〜4万5700円。(2015/4/7)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

最大倒産はスカイマーク:
円安倒産、14年度は2.2倍に急増 大半は中小企業
帝国データバンクが円安関連倒産の調査結果を発表した。円安が急速に進んだ2014年度は倒産件数が大幅に増加した。(2015/4/6)

ソフトバンク通信4社が合併 今後も「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドは維持
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルのグループ4社が合併した。スマホやケータイ、ルーターは引き続き「ソフトバンク」「Y!mobile」ブランドで提供する。(2015/4/1)

ジェットスター・ジャパン、社長辞任は「黒字化が見えた」から
LCCのジェットスター・ジャパンは、立ち上げ時から社長を務めていた鈴木みゆき氏が辞任したと発表。同社がいう“黒字化の道筋”とは?(2015/4/1)

R25スマホ情報局:
GWに向けて足の確保はお早目に
もうすぐゴールデンウィーク。さまざまな交通機関や旅行会社について、料金などを横断的に比較できる検索サービスを紹介しよう。(2015/3/31)

台北101付近で50Mbpsを記録:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――プリペイドでLTE利用が開始「台湾2015年」編
日本人に人気の渡航先である台湾。各社がプリペイドSIMを販売しているが、LTE対応のものが出そろい、旅行者も高速なデータ通信が利用できるようになった。3社のLTEプリペイドSIMを購入してみた。(2015/3/30)

杉山淳一の時事日想:
“火中の栗拾い”に立ち向かう――WILLER TRAINSの「京都丹後鉄道」に期待
ピンクの高速バスとして親しまれているウィラーグループが「京都丹後鉄道」として鉄道事業に参入する。それは「ピンクの列車を走らせる」「高速路線バスと連携した観光促進」という単純な話ではなかった。赤字に苦しむ地方鉄道再生の手本になるかもしれない。(2015/3/27)

フランス南部でドイツ旅客機墜落 乗員乗客148人
墜落したのは、ドイツ・ルフトハンザ航空傘下の格安航空会社、ジャーマンウイングスの旅客機。(2015/3/24)

旧正月で中華系が急増:
訪日外国人、過去最高の138万人超え
日本政府観光局が訪日外国人数の最新データを発表。2015年2月は月間で過去最高となる138万人7000人に上った。(2015/3/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。