ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「Leopard」最新記事一覧

Skype、旧バージョンのAndroidやSnow Leopardなどのサポートを終了へ
Microsoftが、SkypeのP2Pからクラウドへの移行で快適なユーザー体験を提供するために、旧版OSのサポートを終了する。今後はAndroidは4.0.3以降、iOSは8以降をサポート。10月以降はWindows RT、Mac OS X 10.6 Snow Leopard、Windows Phone 8/8.1のサポートを終了する。(2016/7/21)

Tech TIPS:
Mac(OS X)でパスワード付きZIPファイルを作成する
ZIPファイルにパスワードを付けて暗号化しておくと、その内容を保護し、安全に保管したり、電子メールで送信したりできる。Windows Vista以降のWindows OSの場合、パスワード付きZIPファイルの作成にアーカイブツールが必要だが、OS Xの場合、OS X Leopard以降、標準でZIPファイルにパスワードを付ける機能が実装されている。その方法を紹介する。(2015/11/20)

Google Chrome、「Windows XP」や「OS X Mountain Lion」などのサポートを2016年3月末に終了へ
Googleが、Chromeブラウザでの旧OSのサポート(セキュリティを含むアップデート)を2016年3月末で終了する。対象となるOSは米Microsoftの「Windows XP」「Windows Vista」および米Appleの「Mac OS X 10.6(Snow Leopard)」「同10.7(Lion)」「同10.8(Mountain Lion)」だ。(2015/11/11)

「Google日本語入力」がXPサポート終了へ
「Google日本語入力」のWindows XPサポートが終了する。Mac OS X 10.6(Snow Leopard)/10.5(Leopard)のサポートも終わる。(2014/3/18)

SafariとQuickTimeの更新版も公開、だがSnow LeopardはXP状態に?
AppleはOS X向けのSafariとWindows向けQuickTimeの脆弱性を修正したが、Snow Leopardのサポートは打ち切ったとの見方が強まっている。(2014/2/27)

AppleがSafariとOS X Mavericksの更新版を公開、脆弱性や不具合修正
Mavericksでは日本語キーボード関連の不具合も修正された。一方、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)向けのSafari更新版は公開されていない。(2013/12/18)

Apple、OS Xの脆弱性を修正 Snow Leopard向けのSafari更新版も公開
AppleがSnow LeopardとLion、Mountain Lion向けのアップデートを公開。また、Snow Leopard向けSafariの脆弱性にも対処した。(2013/9/17)

Apple、Mac OS Xのセキュリティアップデートを公開
Snow LeopardとOS X LionおよびMountain Lionの深刻な脆弱性を修正するアップデートが公開された。(2013/7/3)

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 旧版提供を継続
Snow LeopardはJava 7への更新ができず、AppleとOracleがいつまでJava 6の更新版の提供を続けるのかも分かっていない。(2013/6/20)

Apple、OS XとSafariの更新版公開 深刻な脆弱性を修正
Appleが「OS X Mountain Lion v10.8.4」およびSnow LeopardとLion向けのアップデートをリリース。「Safari 6.0.5」も公開された。(2013/6/5)

Apple、Snow Leopard向けのSafari更新版を10カ月ぶりに提供
「Appleはソフトウェアのセキュリティアップデートに関する一貫したポリシーが必要だ」とIntego。(2013/3/21)

Appleがセキュリティアップデート公開、Mac OS XとSafariの脆弱性を多数修正
Snow Leopardはそれ自体のセキュリティアップデートの提供は続ける一方で、Safariの更新の対象には含めないというちぐはぐな状況が続いている。(2013/3/18)

OS X向けのSafari更新版がリリース、Snow LeopardとWindowsには未対応
「Safari 6.0.2」はOS X Lion v10.7.5とOS X Mountain Lion v10.8.のみに対応する。2件の深刻な脆弱性が修正された。(2012/11/5)

Appleの「Safari 6.0.1」、OS X向けに公開 Snow LeopardとWindowsには対応せず
AppleはSnow Leopardのセキュリティアップデートを公開する一方で、Snow Leopard向けのSafari更新版は公開していない。(2012/9/20)

AppleがOS Xのセキュリティアップデートを公開、Snow Leopardの脆弱性にも対処
今回のセキュリティアップデートは、OS X Mountain Lion(10.8)とOS X Lion(10.7)に加え、Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard)も対象となっている。(2012/9/20)

アップデートから取り残されたMacの行く末、Appleの責任を問う声も
Mountain Lionの登場に伴い、「次のSnow Leopardの修正パッチは存在しないと思った方がいい」とIntego。つまり、大量の脆弱性が放置されたままになる恐れがある。(2012/8/2)

Apple、Leopardでも古いFlashを無効に Flashback削除ツールも提供
AppleがMicrosoftに比べて早期にOSのサポートを打ち切ってしまうことについては批判の声も出ていた。(2012/5/16)

ピンク×ヒョウ柄の女子っぽいカメラ「Diana Mini & Flash - Leopard」
フィルムカメラ「Diana Mini & Flash - Leopard」は、ハーフフレームフォーマットやスクエアフォーマットを利用できる。(2012/3/6)

Snow Leopardのアップデートに不具合発覚、Appleが再リリースで対処
「セキュリティアップデート2012-001 v1.1」がMac OS X v10.6.8(Snow Leopard)向けに公開された。(2012/2/7)

Apple、Mac OS Xのアップデート公開 多数の深刻な脆弱性に対処
Mac OS X v10.7(Lion)とv10.6(Snow Leopard)のセキュリティアップデートが公開された。(2012/2/3)

「Pocket WiFi(GP02)」の最新ソフト公開 動作の安定性を向上
イー・アクセスは、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」の最新ファームウェアを公開した。microSD装着時の安定性が増すほか、Snow Leopardを搭載したMacにドライバをインストールする際の安定性も向上する。(2011/8/10)

Apple、QuickTimeの脆弱性に対処 LeopardとWindowsに深刻な影響
「QuickTime 7.7」ではMac OS X v10.5.8(Leopard)とWindowsに影響を及ぼす深刻な脆弱性に対処した。(2011/8/5)

セキュリティ強化のSafari最新版、多数の深刻な脆弱性に対処
OS X Lionに組み込まれた「Safari 5.1」はSnow LeopardとWindowsにも対応。Lionではセキュリティ機能の「サンドボックス」が実装された。(2011/7/21)

Mac OS Xの更新版が公開、App Storeは「Lion」へのアップグレードを準備
Mac OS X 10.6とMac OS X 10.5の深刻な脆弱性が修正され、Snow Leopardでは次期Mac OS X「Lion」へのアップグレードに備えてMac App Storeを切り替えた。(2011/6/24)

亜種出現にも対応:
Mac OS X 10.6のアップデートが公開、「MacDefender」の削除機能を追加
今回のアップデートではMac狙いの偽ウイルス対策ソフト「MacDefender」が検出・削除できるようになった。対象となるのはMac OS X 10.6(Snow Leopard)のみ。(2011/6/1)

QuickTimeの更新版がリリース――LeopardとWindows向けに
QuickTimeの脆弱性はMacとWindowsの両方に影響するが、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)では先に解決済みだった。(2010/12/9)

Apple、IBMに次いでOracleのOpenJDKへの参加を発表――OS X向けJavaはOracleが提供へ
AppleとOracleが、Mac OS X向けのOpenJDKプロジェクトを発表した。Snow LeopardおよびLion向けJava SE 6はAppleが提供するが、Java SE 7以降はOracleが提供することになる。(2010/11/15)

アップルがMac OS X/Mac OS X Server向けのアップデータを公開
アップルがSnow Leopardのグラフィックスアップデートと、Snow Leopard Serverが対象のアップデートをリリースした。(2010/8/19)

フロントライン、Snow Leopard対応の「DAVE v8」「ADmitMac v5」をリリース
フロントラインは、米Thursby Software製となるMac OS X用Windows環境統合ソフト「DAVE v8」「ADmitMac v5」の取り扱いを発表した。(2010/2/3)

Windows 7とSnow Leopardがけん引、2009年のOS販売は好調
2009年の米小売りソフト市場は不調だったが、新OSのおかげでOS分野は唯一好調だった。(2010/1/26)

チェック・ポイント、Snow Leopard対応の暗号化製品を発売
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、Mac OS X Snow Leopardに対応したフルディスク暗号化の新製品を発売した。(2009/12/14)

シマンテック、Mac版「ノートン」をSnow Leopardに対応
シマンテックは、Mac OS用セキュリティソフト「ノートン インターネット セキュリティ」「ノートン アンチウイルス」Snow Leopard対応アップデートを実施した。(2009/12/11)

アイ・オー、WiMAXデータカード「WMX-U」用最新ファームウェアを公開――Windows 7/Snow Leopardに対応
アイ・オー・データ機器は、WiMAXデータカード「WMX-U」用最新ファームウェアを公開。Windows 7/Mac OS X 10.6に対応する。(2009/12/9)

「Symbian」と「Snow Leopard」をサポートした「Qt 4.6」が登場
Nokiaは、オープンソースのクロスプラットフォームUI/アプリケーション開発フレームワーク「Qt 4.6」を発表した。Symbianなどが対応プラットフォームに加わったほか、グラフィック機能などが強化されている。(2009/12/2)

イー・モバイル端末、Mac OS X Snow Leopardに対応
イー・モバイルが、Mac OS X Snow Leopard対応のユーティリティソフトを提供した。(2009/11/26)

Snow Leopardの更新版リリース、40項目以上の脆弱性に対処
AppleはMac OS Xの更新版となる「セキュリティアップデート2009-006」「Mac OS X v10.6.2」をリリースした。(2009/11/10)

Appleの「Boot Camp」、年内にWindows 7をサポート
Mac OS X Snow Leopard上でWindows 7のHome Premium、Professional、Ultimateを実行できるようになる。(2009/10/23)

Microsoft、Mac向け「Live Mesh」をSnow Leopard対応に
Microsoftが同期サービス「Live Mesh」のMac用クライアントをアップデートし、Appleの最新OSに対応させた。(2009/10/21)

64ビットに対応:
VMware、Snow LeopardとWindows 7対応の「Fusion 3」発売へ
VMwareのMac向けWindows環境仮想化ソフト「VMware Fusion」の新版が、10月27日に発売される。(2009/10/7)

元麻布春男のWatchTower:
見えにくいSnow Leopardの明と暗
Mac OS Xの最新バージョンであるSnow Leopardがリリースされて約1カ月。改めて新OSのポイントを確認しよう。(2009/10/6)

座談会 後編:
Snow Leopardが登場!! Macはどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾としてお届けする座談会の後編は、Snow Leopardが登場したばかりのMacについて語りあった。(2009/10/2)

トラの4倍、ヒョウの2倍:
AppleのSnow Leopard、売り上げ好調――米NPD調査
Appleの新OSの発売2週間の売り上げ本数は、前バージョンのLeopardの2倍、その前のTigerの4倍以上と好調だ。(2009/9/18)

Snow Leopard初:
アップルがMac OS X“Snow Leopard”アップデート10.6.1をリリース
アップルがMac OS X 10.6のシステムアップデータを公開した。さまざまな不具合が修正される。(2009/9/12)

Flash最新版を含む:
Snow Leopardの初アップデート「Mac OSX 10.6.1」公開
Snow Leopardのインストールで古いFlashに後戻りしていた問題を解消したほか、安定性、互換性、安全性を向上させたとしている。(2009/9/11)

アイ・オー、Mac用地デジチューナー「m2TV」用アップデータを公開――Snow Leopardに対応
アイ・オー・データ機器は、Mac用USB外付け地上デジタルチューナー「m2TV」用アップデータを公開した。(2009/9/9)

今度はLynnfieldで:
深夜のアキバで、つぶやいていました
前回のSnow Leopardに続き、インテルの新CPU「Core i7/i5」とチップセット「Intel P55 Express」の深夜販売の模様をTwitterでお届けします(した)。(2009/9/8)

ラネクシー、「Parallels Desktop 4.0」最新アップデートを公開――Snow Leopardに対応
ラネクシーは、Intel Mac向け仮想OSソフト「Parallels Desktop 4.0」の最新アップデートを公開。Snow Leopardでの動作をサポートした。(2009/9/4)

Mac OS X 10.5のアップデート公開、Javaの脆弱性に対処
いずれの問題もMac OS X 10.6「Snow Leopard」は影響を受けないという。(2009/9/4)

「Snow Leopard」で古いFlashに後戻り、Sophosが報告
たとえユーザーが自分でFlashを最新バージョンに更新していたとしても、Snow Leopardを導入すると古いバージョンに戻ってしまうという。(2009/9/3)

Appleがセキュリティ業界に進出? マルウェア対策をKasperskyが批判
「Snow Leopard」のマルウェア対策機能提供により、Appleは実質的にウイルス対策ソフトメーカーとの競争に参入したとKasperskyは言う。(2009/9/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。